1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート
    6. 【第257回】アンケート結果

青山ハッピー研究所 ハピ研

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”

ハピ研について

毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査

秋の夜長にしたいことは?

猛暑に泣かされた今夏も、ようやく朝晩に涼しさを感じ始めてきました。同時に「陽が短くなったなぁ・・・」と何とも言えぬ寂しさを感じている人もきっと多いのではないでしょうか。とはいえ、陽が短くなった分だけ、夜が長くなったとポジティブに考えることもできます。そこで今回は、皆さんに「秋の夜長」をテーマにご意見を聞きました。

全体の6割以上が「金・土曜日」に秋の夜長を楽しむ

秋の夜長を楽しむ絶好のタイミングは?

SA(単回答)

さて、皆さんが「秋の夜長」を楽しむのに絶好のタイミングとは、一体いつでしょうか。「金曜日の夜が一番開放的で良い。1週間の仕事の疲れを癒しつつ、週末は何をしようかと楽しい計画を立てながら楽しいひとときを過ごせる」(女性20代)など、「金曜日の夜」と回答した人が33.4%。さらに「土曜日の夜」という声も28.5%を数え、全体の6割以上が「金・土曜日」に秋の夜長を楽しんでいることが明らかとなりました。さらに「旦那の休みが火曜日なので、月曜の夜は次の日の朝を考えず過ごせる・・・」(女性20代)という声からもうかがえるように、「金・土曜日の夜」というよりも、むしろ次の日のことを考えなくても良い、気楽な「休前日の夜」といった方がより正確と言えるかもしれません。


次に世代別ではいかがでしょうか。20代〜50代では「金曜日の夜」「土曜日の夜」という声が圧倒的でしたが、60代以上では「金曜日の夜」「土曜日の夜」という声は一気に急減。代わって、急増したのは「特にタイミングはない」(54.0%)でした。「若い時には時間に追われていましたが、今はたっぷりと時間がある」(男性60代)という声からもうかがえるように、比較的に時間に余裕のある60代以上では、曜日に関係なく秋の夜長を満喫している人が大変多いようです。いわば、秋の夜長を楽しむ余裕は、現代においては仕事に大きく左右されるものと言えます。

世代別:秋の夜長を楽しむ絶好のタイミングは?

SA(単回答)

秋の夜長にしたいことナンバーワンは、“ちびちび”とお酒を楽しむこと

では皆さんは、「秋の夜長」に具体的にどんなことをするのでしょうか。最も回答が多かったのは「じっくりとお酒を味わう」(32.7%)でした。「お酒をちびちびと飲みながら、まったりと映画鑑賞をしたい」(女性30代)、「好きなお酒を飲みながらナツメロを楽しむ」(男性60代)など、“ぐびぐび”と枯渇した喉を癒した夏場から、“ちびちび”と何かをしながらじっくりとお酒を味わうという声が増え、お酒との付き合い方の変化から秋の訪れを実感する人も少なくありませんでした。中には「夜空が美しくなる秋に星を見ながら酒を味わう」(男性50代)、「フクロウの鳴き声を肴にお酒を飲んだりする」(女性40代)など、自然との神秘的な結びつきを感じながらお酒を楽しむというロマンティックな声も寄せられました。また同様6位に「ゆっくりと食事を楽しむ」(20.5%)、10位「夫婦や家族でゆっくり話をする」(16.1%)が挙げられ、お酒ばかりではなく、「食事」「家族の団らん」も、夏場に比べて、のんびりと時間を掛けて過ごすご家庭が多いことがうかがえます。

■秋の夜長にしたいことは何?

1 じっくりお酒を味わう 32.7%
2 ゆっくりと湯船につかる 31.5%
3 読書にふける 31.4%
4 映画・レンタルビデオ・DVD鑑賞 23.5%
5 好きなテレビ番組を観る 21.5%
6 ゆっくりと食事を楽しむ 20.5%
7 過ごしやすくなってきたので、とにかく快眠 18.8%
8 ゆっくり星を眺める 17.5%
9 趣味に没頭したい 16.4%
10 夫婦や家族でゆっくり話をする 16.1%

MA(複数回答)/n(有効回答数)

シャワーに代わって、秋はお風呂が恋しくなる季節

続いて、回答が多かったのは「ゆっくりと湯船につかる」(31.5%)でした。「やっと湯船が気持ちいい季節になった」(男性40代)、「秋になるとお風呂にゆっくり浸かって疲れを癒せる」(女性50代)など、夏場、シャワーだけで簡単に済ませていたという人も、気温の低下とともにのんびり湯船に浸かる機会が増えたという声が多数寄せられました。中には「ゆっくりと休みがあれば、夫婦で温泉にでもゆっくり行きたい。露天風呂で秋を感じるのが一番」(女性40代)など、温泉に出かけたいという声も寄せられ、秋はお風呂が恋しくなる季節と言えるかもしれません。

「文化の秋」、読書や趣味に勤しむインドア派が目立つ

第3位は「読書にふける」(31.4%)。「窓を開けて、虫の音を聞きながら読書をしたい」(女性40代)、「金曜の会社帰りに本を買い、深夜までじっくり読書する。中でも好きなのはウィスキーを飲みながら、ハードボイルド小説を読むこと」(男性40代)など、暑くなく、寒くなく心地よい気候で集中力が増すせいか、誰にも邪魔されない1日の終わりに読書にふけるという声が目立ちました。同様4位に「映画・レンタルビデオ・DVD鑑賞」(23.5%)、5位「好きなテレビ番組を観る」(21.5%)、9位にも「趣味に没頭したい」(16.4%)が挙げられ、「文化の秋」と言われるようにインドアで娯楽や趣味に勤しむ人が案外多いことうかがえます。

秋の夜長に「夜釣り」「大掃除」「競馬の予想」をするという声も

そのほか、「金曜日の夜に競馬の検討をのんびりして過ごしたい」(男性30代)、「テレビを観ながら、デザートレシピのアレンジや研究をしている」(女性40代)など、さまざまな研究に取り組む人。「30分〜60分程度ウォーキングをしている」(女性30代)、「愛犬の気分次第で、夜の散歩」(女性60代)など、夜の散歩や運動を楽しむ人。「夜釣りを愉しみながら星を見るのが楽しみ!!」(男性40代)、「ジグソーパズルをゆっくり楽しむのが、秋の夜長には良いと思う。慌てず急がず、少しずつ完成に近づけるのが楽しみ」(男性40代)など、趣味の世界に没頭する人。中には「衣替えのついでに押入れを整理したり、網戸を洗いベランダをタワシで磨いたり・・・、大掃除を始める。年末は忙しく思うようにはかどらないため、前倒しでやるようになりました。途中でやめると散らかるので、金曜の夜からだと集中して出来る」(女性40代)という声も寄せられ、秋の夜長も十人十色、日ごろ出来ないことをこの時期に思う存分楽しむという人が大変多いようです。

秋に飲みたいお酒のトップは「ビール」、さらに食事との相性の良い「ワイン」も人気

■秋の夜長に飲みたいお酒は?

1 ビール 46.2%
2 ワイン 32.6%
3 缶チューハイ・缶カクテル 26.1%
4 焼酎 20.4%
5 発泡酒・第3のビール 17.9%

MA(複数回答)/n(有効回答数)

秋の夜長にしたいことのトップに「じっくりとお酒を味わう」が挙げられましたが、では具体的に秋に似合うお酒とは何でしょうか。堂々の1位は「ビール」(46.2%)でした。「ちょっと長めのお風呂に入りビールをぐいっと、それから推理小説を読む」(男性50代)、「ビール片手にクロスワードに取り組む」(女性50代)など、夏同様に秋もビール人気の高さがうかがえます。続いて、2位は「ワイン」(32.6%)。「本当はビールが好きなのだが、暑くないので、時間をかけて飲むにはワインが一番と思っている」(女性50代)など、ゆっくり、じっくりと飲むならビールよりもアルコール度数の高いワインという声も目立ちました。中には「秋になると濃い味のお酒が恋しくなる。重い赤ワインで、秋ならではの食材を使ったつまみを楽しみたい」(女性30代)など、味覚の秋、食事やつまみとの相性の良さもワインが持つ魅力のひとつと言えます。以下、3位「缶チューハイ・缶カクテル」(26.1%)、4位「焼酎」(20.4%)、5位「発泡酒・第3のビール」(17.9%)が続きました。


次に世代別で見てみると、「ビール」や「ワイン」は世代間での好みに大きな隔たりはないものの、「缶チューハイ・缶カクテル」や「日本酒」は顕著な違いが垣間見られました。20代で「缶チューハイ・缶カクテル」は「ビール」に次いで高い支持を集めたものの、年齢とともに減少。代わって急増したのは「日本酒」で、60代以上では実に25.9%に達しました。また「焼酎」「ウイスキー」も同様な傾向が見受けられ、年齢とともにアルコール度数の高いお酒を求める人が多いことがうかがえます。

世代別:秋の夜長に飲みたいお酒は?

MA(複数回答)/n(有効回答数)

晩酌に合う夜食の1位は「チーズ」、続いて旬の「秋刀魚」が続く

では、秋の晩酌に合う夜食(つまみ)とは何でしょうか。最も回答が多かったのは「チーズ」(36.0%)でした。「ほとんど毎日ワインを飲む。ワインのつまみといえば、当然チーズでしょう。特にクリーム・カマンベールチーズが大好きで赤ワインに合う。まさに至福の時」(女性40代)、「モルトウイスキーが好きなので、つまみは生ハム、チーズは燻製のもの・・・」(女性20代)など、アルコール度数の高いお酒の飲用が増すに連れ、それに合うつまみとして「チーズ」を挙げる声が多数寄せられました。続いて2位は「秋刀魚(さんま)塩焼き」(32.2%)。「ビールに秋刀魚の塩焼きは、いかにも秋って感じで最高」(男性40代)など、脂ののった旬の秋刀魚に舌鼓を打つ人も目立ちました。同様9位に「秋茄子の料理」(17.0%)、10位に「戻り鰹ほか、刺身」(16.9%)が挙げられ、秋の味覚は最高の酒の友となっていることがうかがえます。そのほか4位「おでん」(22.8%)、7位「湯豆腐・鍋もの」(18.1%)など、体も心も温まる鍋物にも高い人気が集まりました。

■飲みたいお酒に合う夜食(つまみ)は?

1 チーズ 36.0%
2 秋刀魚(さんま)塩焼き 32.2%
3 生ハム・ソーセージ類 30.3%
4 おでん 22.8%
5 枝豆 20.0%
6 串焼き・焼き鳥 19.2%
7 湯豆腐・鍋もの 18.1%
8 スナック菓子類 17.9%
9 秋茄子の料理 17.0%
10 戻り鰹ほか、刺身 16.9%

MA(複数回答)/n(有効回答数)


今回は「秋の夜長」をテーマに、皆さんにご意見を聞いてきました。全体の6割以上の人が「秋の夜長」を楽しむ絶好のタイミングとして「金・土曜日」を挙げ、次の日のことを考えなくても良い「休前日」に集中していることが明らかとなりました。主な過ごし方は「ゆっくりと湯船に浸かる」「じっくりとお酒を飲む」「読書にふける」という声が上位に目立ち、特別なことではないものの、日ごろ忙しくてゆっくりと出来ないことを「秋の夜長」に思う存分したいと考えている人が大変多いようです。風呂上がりに秋の味覚を肴にお酒をちびちび飲みながら、好きな本を読みふける・・・、まさに最高に至福な瞬間と言えるかもしれません。気候的にも過ごしやすく、集中力や思考力も高まるこの季節、あなたならではの夜長を十二分に満喫してみてはいかがでしょうか。