1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート
    6. 【第270回】アンケート結果

青山ハッピー研究所 ハピ研

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”

ハピ研について

毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査

鍋料理は好きですか?

凍える冬に堪らなく食べたくなるのが、あたたかい鍋料理ですね。ここ最近では従来の定番鍋に加えて、「カレー鍋」「コラーゲン鍋」「火鍋」などユニークな鍋料理が続々と登場し、高い人気を博していると言います。そこで今回は、皆さんの好きな鍋料理について聞きました。

全体の96.2%が「鍋好き」と回答

鍋料理は好き?

SA(単回答)

さて、「鍋料理が好き」という人はどのくらいいるのでしょうか。「週末に鍋をつつきながら、のんびりこたつでビール三昧。至福の時間ですね」(女性50代)、「寒いときはカラダが温まる鍋を食べたい」(女性30代)など、「大好き」と回答した人は56.9%。さらに「まあまあ好き」という声も39.3%を数え、実に全体の96.2%が「鍋料理好き」であることが明らかとなりました。また「大好き」「まあまあ好き」という声は各世代ともに95%以上を超え、年齢問わず、高い人気を誇っていることがうかがえます。

「直箸が嫌」「家族と食事がバラバラ」などの理由から「嫌い」という声も

その一方、「あまり好きではない」(3.5%)、「大嫌い」(0.3%)という声も寄せられました。主な理由は「他人と直箸で料理を食べるのが嫌」(女性20代)など、人と一つの鍋を囲むことに抵抗があるという人。「家族の食事時間がバラバラなので、1番目の人は充実した鍋料理になるけれど、2番目、3番目とだんだん残り物の様子を呈してきて、わびしさばかり」(女性40代)など、家族が揃わないので食べない人。さらに「熱いものが苦手なので・・・」(女性50代)など猫舌で食べられないという声や、「苦手な野菜が多いので、あまり食べません」(女性30代)という声まで、「鍋料理」を敬遠する人も少なからずいました。

6割以上が「週1回」ペースで鍋料理を楽しむ

鍋料理をする頻度は?

SA(単回答)

いまの季節、皆さんのご家庭では一体どの位の頻度で「鍋料理」をしているのでしょうか。「週2回以上」と回答した人は20.0%。さらに「週1回程度」という声も41.3%に達し、全体の6割以上が「週1回以上」の高い頻度で食していることが明らかとなり、冬の定番メニューとして「鍋料理」が欠かせない存在であることがうかがえます。また中には「中身の具を変える事で、毎日食べても飽きない」(女性50代)など、「ほぼ毎日(食べている)」(1.3%)という大の鍋好きもいました。

「野菜がたっぷり摂れる」「カラダが温まる」など、
健康面で安心して食べられる点に人気が集中!

大変多くの皆さんから「鍋料理」に高い支持が寄せられましたが、では鍋のどんな点に良さがあるのでしょうか。最も回答が多かったのは「野菜がたっぷりと摂れる」(84.4%)でした。「気になる野菜不足を解消できる」(女性30代)など、生野菜では嵩張って量を食べられないものの、鍋なら野菜が十分補給出来て良いという声が多数寄せられました。中には「野菜嫌いの子でも、鍋のときは食べてくれるのでとても有り難い」(女性30代)という声も寄せられ、野菜嫌い解消に大いに貢献していることがうかがえます。また同様2位に「カラダが温まる」(73.6%)、10位にも「肉などの脂が落ちてヘルシー&ダイエットに効果的なので」 (11.3%)が挙げられ、「鍋料理」は安心して食べられる健康メニューのひとつとなっているようです。

■鍋料理の良い点は?

1 野菜がたっぷりと摂れる 84.4%
2 カラダが温まる 73.6%
3 料理するのが簡単なので 44.4%
4 家族団らんに良い 35.5%
5 お酒が美味しく飲めるので 26.4%
6 味のバリエーションが色々楽しめる 22.9%
7 食欲が増進する 19.1%
8 冷蔵庫の残り物を片づけるのに助かる 13.1%
9 洗いもの、片づけがラクチンなので 12.3%
10 ヘルシー&ダイエットに効果的なので 11.3%

MA(複数回答)/「鍋好き」と回答した人のみ

「下ごしらえ簡単」「片付け楽」「残りものでOK」など、鍋料理は主婦の強い味方!

続いて3位は「料理するのが簡単なので」(44.4%)。「野菜などを切るだけで食べる人が勝手に料理してくれるからラクチン♪」(女性20代)など、食材だけ切れば、あとは煮立つのを待つだけという声も多く、下ごしらえの手軽さに高い人気が集まりました。同様8位「冷蔵庫の残り物を片づけるのに助かる」(13.1%)、9位「洗いもの、片づけがラクチンなので」(12.3%)が挙げられ、料理が簡単で、片づけが楽で、かつ冷蔵庫の掃除も兼ねられるとあって、一石二鳥、三鳥の料理となっていることがうかがえます。特に「料理するのが簡単なので」(男性=25.5%、女性=61.5%)、「洗いもの、片づけがラクチンなので 」(男性=3.7%、女性=20.1%)、「冷蔵庫の残り物を片づけるのに助かる」(男性= 5.4%、女性=20.0%)という声は、男性よりも女性の支持が圧倒的に高く、「鍋料理」が主婦の強い味方となっていることが判ります。以下4位「家族団らんに良い」 (35.5%)、5位「お酒が美味しく飲めるので」 (26.4%)、7位「食欲が増進する」(19.1%)が続き、鍋料理は家族間のコミュニケーション、飲酒、食欲などを増進する効果もあるようです。

人気鍋のナンバーワンは、シンプルな「水炊き」

■好んで食べる鍋料理は?

1 水炊き 54.6%
2 寄せ鍋 48.7%
3 キムチ鍋(チゲ) 44.0%
4 しゃぶしゃぶ 38.1%
5 湯豆腐 34.6%
6 ちゃんこ鍋 22.8%
7 うどんすき 19.1%
8 もつ鍋 18.7%
9 カレー鍋 13.7%
10 牡蠣鍋 13.1%

MA(複数回答)/「鍋好き」と回答した人のみ

ではここ最近、皆さんが好んで食べている鍋料理は何でしょうか。人気の鍋料理をランキング形式で見ていきましょう。堂々の人気ナンバーワンは「水炊き」(54.6%)、2位に「寄せ鍋」(48.7%)が挙げられました。「水炊き、寄せ鍋は何でも入れられて美味しく食べられる」(女性30代)、「寄せ鍋は冷蔵庫にある野菜を総動員する」(女性50代)など、残りもの何を入れても美味しいという声が目立ち、厳しいご時世でも家計に優しい定番鍋に人気が集まりました。


続いて3位は「キムチ鍋(チゲ)」(44.0%)。「キムチ鍋は特に体が温まるから・・・」(女性20代)、「キムチ鍋は、あ〜辛いといいながら水を飲み飲みパクつくのが美味しい」(男性20代)など、独特の辛さが体をホットに、さらに食欲を増進するという声が多数寄せられ、韓国料理の人気に伴って、キムチ鍋が一般家庭に広く普及していることがうかがえます。また中には「子供たちにはちょっと辛すぎるので、お鍋の味は甘口にして、私だけキムチの素を小皿に加えている」(男性30代)など、大人と子供で味を変えているご家庭もありました。以下、4位「しゃぶしゃぶ」 (38.1%)、5位「湯豆腐」 (34.6%)、6位「ちゃんこ鍋」 (22.8%)が続きました。

20、30代は「キムチ」「ちゃんこ」「もつ」、50代以上は「湯豆腐」

世代別ではいかがでしょうか。20、30代では「キムチ鍋」人気が圧倒的で、続いて「ちゃんこは塩味でエビや蛤などを入れて、最後にラーメンでしめるのが美味しい」(女性30代)など、「ちゃんこ鍋」「もつ鍋」という声も目立ちました。こうした声は年齢とともに減少し、50代以上に急増したのは「湯豆腐」でした。「湯豆腐は脂分があまりなく、ポン酢や七味唐辛子をかけると本当に美味しい」(男性60代)など、若い層に濃い味が人気であった一方、年齢とともにあっさり味を好む傾向が見受けられました。また小さなお子さんのいるご家庭も多い30代では、ここのところ流行っている「カレー鍋」(30代=16.2%)を挙げる声も目立ちました。

世代別:最近、好んで食べる鍋料理は?

MA(複数回答)/「鍋好き」と回答した人のみ

鍋料理に欠かせない調味料は「ポン酢+薬味」

鍋料理をより美味しく食べるため、つけダレ、薬味に凝っている人もきっと少なくはないはず。そこで次に皆さんが鍋料理を食べる際に、欠かせない調味料や香辛料について聞いてみました。最も回答が多かったのは「ポン酢」(81.1%)でした。「甘い大根をおろして、ポン酢であっさり食べるのが好き」(女性40代)、「ポン酢に長葱のみじん切りを入れると美味しくなる」(女性50代)など、ポン酢とともに「大根おろし」「葱」と合わせて、特製つけダレを作っているという声が多数寄せられました。同様2位にも「大根おろし(もみじおろし)」(34.2%)、3位「唐辛子(七味、一味唐辛子) 」 (31.4%)、5位「葱・あさつき」(24.6%)、9位「おろし生姜」(8.1%)、10位「おろしにんにく」(7.7%)が挙げられ、つけダレとともに薬味が鍋料理に欠かせない存在となっていることがうかがえます。

■より美味しく食べるのに、欠かせない調味料・香辛料は?

1 ポン酢(ゆずポン酢、かぼすポン酢も含む) 81.1%
2 大根おろし(もみじおろし) 34.2%
3 唐辛子(七味、一味唐辛子) 31.4%
4 ゴマダレ 27.9%
5 葱・あさつき 24.6%
6 ゆず胡椒 23.3%
7 醤油 13.9%
8 ゆず果汁 9.2%
9 おろし生姜 8.1%
10 おろしにんにく 7.7%

MA(複数回答)/「鍋好き」と回答した人のみ


続いて、つけダレとして回答が多かったのは「ゴマダレ」(27.9%)。「ほうれん草と豚肉のしゃぶしゃぶ。ほうれん草と豚肉を両方ともしゃぶしゃぶしてゴマダレでいただく」(女性20代)、「ゴマダレにはラー油がマスト、これがあるのとないとでは大違い」(男性30代)など、ポン酢と並び、鍋料理の二大ダレとして「ゴマダレ」人気の高さがうかがえます。自由回答の中には「水炊き、しゃぶしゃぶの時は決まって、ポン酢とゴマダレを混ぜる」(女性30代)など、ゴマダレ&ポン酢のミックスダレを好む人もいました。また見逃せないのは、6位の「ゆず胡椒」(23.3%)です。「我が家ではゆず胡椒を大分からお取り寄せをしている。スーパーで買うのとは香りが違う」(女性50代)など、ゆず胡椒は古くから九州北部で使用されていたものの、ここ最近では人気が全国区に広がり、鍋料理の友として定着しはじめていることがうかがえます。

具を食べた後の締めは「雑炊派」?「麺派」?それとも「チーズ派」?

また鍋料理の楽しみといえば、具を食べた後の「締め」も忘れてはいけません。皆さんから寄せられた自由回答の中から、オススメの締めをいくつかご紹介します。「魚介類が好きなので、カニを入れた寄せ鍋は良くやる。終わった後のおじやは、さっぱりして美味しい」(男性20代)、「骨付きの鳥ブツを圧力鍋で一旦煮て、そのスープで鍋を食べた後、仕上げに雑炊!」(女性40代)など、締めは「雑炊派」という声。「みそ味が一番好き。煮込むほど味もしみるし、豚汁の豪華版のような感じで食べている。締めにはうどんを入れて食べる」(女性30代)、「我が家のキムチ鍋は、キムチの素に味噌・醤油・砂糖・みりんを混ぜてベースを作る。締めは、ちゃんぽん麺を入れて煮詰めて食べる」(男性30代)など、うどん、ラーメンやちゃんぽん等の「麺派」という声。さらには「カレー鍋の最後にチーズとライスを加えたリゾットが美味しい」(男性20代)、「キムチ鍋の締めにとろけるチーズ」(男性30代)という「チーズ派」まで、メインの鍋料理以上に締めを楽しみにしている人も少なくありませんでした。


今回は皆さんに「鍋料理」についてご意見を聞いてきました。「(鍋料理が)大好き」「まあまあ好き」という声は全体の96.2%を数え、寒さの厳しいこの季節の定番メニューとして高い支持を得ていることが判明しました。人気の理由は、野菜をたっぷりと摂取できるヘルシーさのほか、「下ごしらえが簡単」「片付けが楽」など主婦にとってお手軽な料理である点も大きな要因と言えるかもしれません。さらに「鍋を囲んで、家族と和気藹々の食事は楽しい」(女性40代)など、胃袋を満たすばかりではなく、鍋料理の暖かさが人の心をも和やかにさせる効果をもたらしていることがうかがえます。最近では水炊き、寄せ鍋などの定番鍋のほか、「キムチ鍋」「もつ鍋」、さらには「カレー鍋」に至るまで味のバリエーションは広がり、選択の幅、好みも多様化しつつあります。「今週は何味にする?」と家族に相談しながら、週末毎に新しい鍋料理を試してみるのも楽しいのではないでしょうか。