1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート
    6. 【第279回】アンケート結果

青山ハッピー研究所 ハピ研

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”

ハピ研について

毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査

あの日に帰りたい

桜前線の北上とともに卒業式の季節がやってきます。卒業証書、はかま姿の学生たちの姿を目にするにつけ、「あ〜、青春っていいなぁ」と懐かしさとともに羨ましさが込み上げてくる人もきっと多いのでは。そこで今回は「あの日に帰りたい」をテーマに皆さんのご意見を聞きました。

人生で一番輝いていたのは「20代前半」
就職、恋愛など、毎日が充実していた青春を懐かしむ

まず、皆さんが今まで生きてきた人生の中で、一番良かったと思うのはいつ頃だったのでしょうか。「怖いもの知らずでのびのびと生きていて、毎日がとても楽しかった」(女性50代)など、最も回答が多かったのは「20代前半」(16.7%)。次に「高校生」(15.2%)、「大学・短大・専門学校」(14.2%)が続き、全体の約2人に1人が子供から大人になる「16歳〜20代前半」を人生最良の時と感じていることが明らかとなりました。特に「就職をして、仕事に恋愛に花が咲いていた気がする」(女性40代)、「バレーボール部で練習漬けの日々だったけど、すごく生き生きしていた」(女性60代)、「受験勉強を必死に頑張っていた」(男性50代)という声が寄せられ、「就職」「スポーツ」「恋愛」「勉強」など多感な青春時代を懐かしむ人が大変多いことがうかがえます。

今まで生きてきた中で、一番良かった時代は?

SA(単回答)

男性は社会と無縁の「高校生」
女性は人生最大のモテ期?「20代前半」が一番

性別ではいかがでしょうか。まず男性回答で最も多かったのは「高校生」(男性=16.1%、女性=14.5%)、次に「大学・短大・専門学校」(男性=16.0%、女性=12.8%)が続き、自由になる時間があった時代を振り返る声が多数寄せられました。さらに男性ならではの回答として目立ったのは「小学生」(男性= 9.9%、女性=6.6%)、「中学生」(男性=10.2%、女性=7.3%)。「友だちと暗くなるまで鬼ごっこやかくれんぼ、野球をしたりして遊びまわっていたのが楽しかった」(男性50代)、「何も心配が無く、無邪気だった」(男性40代)など、何の悩みもなく、遊びに夢中であった小・中学生が一番楽しかったという声が多数寄せられ、社会と無縁であった時代を幸せに感じる男性が案外多いようです。

性別:今まで生きてきた中で、一番良かった時代は?

SA(単回答)

その一方、女性回答で最も多かったのは「20代前半」(男性=12.4%、女性=20.0%)でした。「自分で働いたお給料で好きな事や旅行をして、頑張った自分にたくさんのご褒美ができた」(女性50代)など、仕事に対する意欲、さらにアフター5や余暇を楽しむ体力ともに充実していたという女性が多く、男性とは打って変わり、社会人として働き始めた時期を挙げる声が目立ちました。さらに中には「スレンダーだった頃、よく綺麗だ、綺麗だと言われたもの。一生分を言われ尽くしたようで…」(女性40代)、「ナンパされたり、合コンでは必ず名刺を貰ったり。あああ、戻りた――い!!」(女性30代)など、人生最大のモテ期であったという声も寄せられました。

「今が一番良い」という声も全体の15.0%を占める

人生最良の時を振り返る人が多かった一方で、「今が一番良い」という声も全体の15.0%を数えました。「28歳で離婚をして『もう、結婚はしない』と人生を投げ出したこともありましたが、2年後、新たな出会いをして男の子と女の子に恵まれて幸せ」(女性30代)、「妊娠7か月で、お腹の赤ちゃんの命を感じながら生活できるから・・・」(女性20代)など、20、30代では新しい家族が出来て、人生最高の瞬間を味わっているという声。さらに「子供が独立し、主人と旅行に行ったりして充実している」(女性50代)、「定年を迎え、再就職しているが、人生の重荷が降りて良い余生に入りつつある」(男性60代)など、シニア層では親としての責任を果たして、自分の時間を楽しんでいる最中という声が寄せられました。世代や境遇によって背負ってきた人生は異なるものの、過去を積み重ねてこその「今日の幸せ」と前向きに考える人が多いことがうかがえます。その反面、「今まで全く良いところがない」という声は20代、30代が3.7%、40代が3.2%と若い世代に目立ちましたが、年齢とともに減少し、60代で1.1%、70代以上では皆無でした。

もし過去に戻れるなら、
男性、女性ともに青春真っ只中の「高校生」

ここまで人生の中で一番良かった時代について、皆さんのご意見を聞いてきました。では、もしも自分の過去をやり直せるならば、皆さんはどの時代に戻るのでしょうか。性別で見てみると、男性で最も回答が多かったのは「甲子園を目指していたのですが、自分の意志の弱さと良い先輩に恵まれなかったことから、もう一度チャレンジしてみたい」(男性50代)など、人生最良の時代と同じ「高校生」(男性=19.9%、女性=21.3%)。さらに「中学生」(男性=15.2%、女性=12.9%)、「大学・短大・専門学校」(男性=13.9%、女性=10.9%)、「小学生」(男性=13.5%、女性=10.3%)が続き、「小学生」から「大学・短大・専門学校」までの学生時代に戻りたいという男性の声が多数寄せられました。一方、女性のトップも、男性同様に「高校生」。さらに「生真面目で『腰掛けOL』と言われたくなくて、仕事のみ頑張っていた。若い時にしかできない恋愛をしてみたかった」(女性40代)など、「20代前半」(男性=11.5%、女性=16.0%)を挙げる声が大変多く、男性よりも少し大人の「高校生」から社会人になり立ての「20代前半」に戻ってみたいと思う女性が目立ちました。

性別:もしも過去に戻れるなら、いつの時代に戻る?

SA(単回答)

その反面、「(過去に)戻りたくない」(男性=10.6%、女性=14.0%)という声も寄せられました。主な理由は「とりあえず今の私が『私』だと思うので、過去に戻らなくていいし、他の人生でなくていい」(女性40代)、「違う人生が始まったら、今いる子供2人にもめぐり会えないと思うから、このままでいい」(女性30代)など、現在の自分や生活に満足している声が目立ち、特に男性よりも女性に過去に後悔や未練のない人が多いことがうかがえます。

勉強し直して、今とは違う職業や道に進みたい!

では皆さんは、もしも過去に戻れたら一体何をするのでしょうか。堂々のトップは「勉強する・資格をとる」(39.5%)でした。「小学生に戻って、パイロットになるべく一から勉強したい」(男性50代)、「中学生になってたくさん勉強して、進学校から女医さんを目指したい」(女性40代)など、今とは違う職業や道に進むため、学生になってもっと勉強をするという人が大変多いようです。次に回答が多かったのは「もっと遊ぶ・青春を謳歌する」(28.5%)。「高校生の頃は自分に自信が持てず、静かに過ごしていたので、その頃に戻れたらもっと青春を謳歌したい」(女性30代)、「大学にエスカレーター式で上がれたので、たいして頑張りもせず・・・、何かにすごく打ち込んだという記憶のない高校3年間だった。もう一度高1に戻り、部活をするか、あるいは外部受験するくらい勉強に打ち込むか、自分の進路を真剣に考えたい!」(女性40代)など、不完全燃焼であった青春時代に戻り、とにかく一生懸命に何かに打ち込みたいという声が多数寄せられました。

人生に大きな影響を与えた
「失敗」「決断」をやり直したい

続いて、3位には「失敗したことをやり直す」(19.3%)でした。「(幼稚園の)登園初日にいじめに遭い、その日を最後に登園することはなかった。その後、いじめられの人生を決定付けただけに、やり直しができれば、真っ先に登園日に戻り、そこから人生をやり直したい」(男性40代)、「就職活動時に戻りたい。いま思っても大失敗!人生の大切な分岐点で将来をしっかり考えるべきだった」(女性40代)など、その後の自分に大きな影響を与えた失敗を悔やむ声が目立ちました。同様5位にも「あの時にした決断を変えてみる」 (16.3%)が挙げられ、過去に戻ってやり直しを願う人が案外少なくありませんでした。以下、「高校のクラスメートと結婚したけれど、もっと広い視野で他の人にも目を向けたかった・・・」(女性30代)など、4位に「たくさん恋愛する・本当の愛をみつける」(18.7%)、6位に「夢や目標を諦めないで続ける」(15.5%)、7位に「スポーツクラブ活動に打ち込む」(10.5%)が続きました。

■過去に戻れたら、一体何をしますか?

1 勉強する・資格をとる 39.5%
2 もっと遊ぶ・青春を謳歌する 28.5%
3 失敗したことをやり直す 19.3%
4 たくさん恋愛する・本当の愛をみつける 18.7%
5 あの時にした決断を変えてみる 16.3%
6 夢や目標を諦めないで続ける 15.5%
7 スポーツクラブ活動に打ち込む 10.5%
8 もっと趣味に没頭する 7.9%
9 あの時に言えなかったことを言いたい 7.4%
10 仕事を一生懸命する 3.4%

MA(複数回答)/n(有効回答数)

「亡き母に料理を教えてもらう」「同じ女性と結婚したい」という声も

そのほか、皆さんから寄せられた自由回答をいくつかご紹介します。「母が亡くなることが分かっていたら、もっとたくさんの料理を教えてもらったのに・・・」(女性30代)、「27歳の時に亡くなった父にもっと親孝行をしたい。あと、言えなかったお礼が言いたい」(女性40代)など、亡くなった両親ともう一度過ごしたいという声。「結婚で仕事を辞めましたが 現代の女性のように妻になってもキャリアを積んで、自立した女性として生きてみたかった」(女性60代)、「家が貧乏で工業高校を選んだのですが、一生懸命に勉強をして医者になりたかった」(男性60代)など、時代や家庭の事情で諦めた夢を成し遂げたいという声。さらに「結婚する前に戻り、違う人と結婚する」(女性40代)という声から、「もう一度同じ女性と結婚したい。休日、連休には以前以上に出かけて、思い出を残してやりたい」(男性50代)など、いまの結婚生活をもっと充実させたいという声まで、過去を修正して少しでも幸せになりたいと切望する人が大変多いことがうかがえます。


今回は卒業、入学式シーズンを迎え、「あの日に帰りたい」というテーマでアンケートをしてきました。20代から70代以上までの各世代の皆さんに「もしも過去に戻れるなら・・・」と聞いてみたところ、最も回答が多かったのは「高校生」(20.7%)でした。さらに過去に戻ってしてみたいことのトップは「勉強」。「高校生のときは遊んでばかりいて、少しやんちゃな少女でしたので、人に言えない失敗が沢山ある。もっと勉強して志望の大学に行き、教師になりたかった」(女性40代)など、大人になってから一番後悔しているのは「もっと勉強しておけば良かった・・・」という声。当時、両親に「勉強しろよ、勉強しろよ」と言われ、反発していた自分を今さらながら反省をしている人が意外に少なくないようです。とはいえ、今日の科学技術ではタイムトラベルを実現することは難しく、残念ながら現在の自分を素直に受け入れるしかありません。考えてみれば、昨日、1時間前、1分前と時間は刻々と過去になっていきます。人間ですから時に失敗することもありますが、過去を後悔しないためにも、今を一生懸命に生きることが一番と言えます。季節はちょうど春、高校生に戻った気分で、何か新しいことにチェレンジしてみるのも良いのではないでしょうか。


最後に「もしもタイムトラベルで過去に戻れるなら、誰に会いたいですか?」と聞いてみました。皆さんの自由回答の中から、ユニークなものをいくつかご紹介します。


■タイムトラベルして会いたい人物とは?

三国志
(曹操孟徳、諸葛亮孔明)
  • 「三国志時代の曹操孟徳か諸葛亮孔明。曹操からは抜群のカリスマ性を、孔明からはナンバー2の哲学を直に聞いてみたい」(男性40代)
紫式部
  • 「日本で一番古いキャリアウーマンだと思うので、今の世の中の女性の生き方について話して意見を聞いてみたい」(女性30代)
王貞治
  • 「現役時代の王貞治。偉大な記録に1本でも立ち会ってみたい」(男性30代)
織田信長
  • 「本能寺は危ないと教える。信長が生きていれば日本の歴史は大きく変わっていたはず」(男性50代)
アガサ・クリスティ
  • 「彼女は人間観察に優れている。人間とは、を語るのにふさわしい人物でもあると思っている。何度読んでも飽きない小説の数々。彼女に合って弟子にしてもらいたい」(女性40代)
レオナルド・ダ・ビンチ
  • 「ダビンチの絵の謎など聞いてみたい。そして絵を描いている姿を見てみたい」(女性40代)
オードリー・ヘップバーン
  • 「ローマの休日の撮影現場で直接会って話しをしてみたい」(女性50代)
3億円事件の犯人
  • 「お金を何に使ったのか?また犯人は誰なのか知りたい」(男性40代)
クレオパトラ
  • 「どのくらい美人だったのか確かめたい。ついでにピラミッドがどうやって作られたのかも聞きたい」(女性30代)
坂本龍馬
  • 「現在の日本の状況を伝えて、どう思うか聞いてみたい」(女性40代)
マリー・アントワネット
  • 「皆から悪女王と嫌われていたけど、 処刑されるときに自分の生き方を後悔していなかったか聞きたい」(女性40代)
ジョン・レノン
  • 「ジョン・レノンに会いたい。あの時暗殺されていなかったら、もっと多くの素晴らしい楽曲を作り出していたと思うので、暗殺を回避させる情報を知らせたい」(女性30代)