1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート
    6. 【第286回】アンケート結果

青山ハッピー研究所 ハピ研

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”

ハピ研について

毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査

お風呂にいつ入る?

火山帯に囲まれた日本は、温泉大国。こうした環境も影響してか、世界の中で日本人ほど風呂好きはいないと言われています。おそらく、GW中に温泉や健康ランドにお出かけになった人もきっと多いのではないでしょうか。そこで今回は、温泉やスパなどレジャーではなく、皆さんに日ごろのご自宅での「入浴法」について聞きました。普段の生活の中で、お風呂は一体どんな役割を担っているのでしょうか。

全体の9割以上が「風呂好き」と回答

お風呂が好き?

SA(単回答)

さて、「風呂好き」という人はどのくらいいるのでしょうか。「入浴は一日の疲れを癒し、明日への活力を醸成するので大好き。入浴後の爽やかな気分で夕食を迎えると、何を食べても美味しく感じるのが不思議」(男性40代)など、「大好き」と回答した人が41.5%。さらに「まあまあ好き」という声も48.7%を数え、実に全体の90.2%もの人びとが「風呂好き」であることが明かとなりました。次に性別で「大好き」という声を見てみると、男性は36.5%であったのに対して、女性はそれよりも約10%上回る46.1%にも達し、バスタイムをエンジョイする女性たちが大変多いことがうかがえます。

「面倒臭い」「熱いの嫌い」などの理由から入浴を敬遠する人も

その一方、「(風呂が)あまり好きではない」(9.4%)、「大嫌い」(0.4%)という声も全体の約1割を占めました。主な理由は「面倒臭いから、あまり好きではない」(女性20代)、「湯船を洗う、お湯が溜まるまで待つのが面倒」(女性40代)など、入浴ばかりではなく、湯を溜める、浴槽を洗うのも面倒という声。また「熱いのが苦手なのでササッと入る」(女性30代)、さらに「お風呂に入るとどっと疲れが出て、その後何もできなくなるから嫌い」(女性40代)など、風呂が苦手で「カラスの行水」で済ませているという声も寄せられました。

全体の8割が「湯船派」、2割が「シャワー派」

シャワー派?湯船派?

SA(単回答)

全体の9割以上が「風呂好き」であることが明かとなりましたが、では皆さんは「シャワー派」、それとも「湯船派」でしょうか。「私は湯船派。シャワーだけだと体が温まりきれないからリラックス出来ないし、なんかお風呂に入った感じがしない」(女性20代)、「やっぱり首までつからないと疲れがとれない」(女性50代)など、「完全に湯船派」と回答した人は39.2%。さらに「どちらかといえば湯船派」という声も38.1%を数え、全体の77.3%の人が「湯船派」でした。その一方、「湯船だと熱く感じる、シャワーでサッ!としたほうが気持ち良いので・・・」(男性20代)など、「完全にシャワー派」と回答した人が6.5%。さらに「どちらかといえばシャワー派」という声も16.2%を数え、全体の22.7%が「シャワー派」であることが判明し、約8:2の割合で「湯船派」が主流となっていることがうかがえます。中には「(気温が)暑くなると朝と夜にシャワー。 冬は就寝前にお風呂に入り 温まってから寝るという習慣」(女性50代)など、季節によって「シャワー」と「湯船」を使い分けているというご家庭も少なくありませんでした。

「不経済」「ユニットバス」という理由から
独身者の多い20、30代では「シャワー派」が目立つ

世代別に見てみると、「シャワー派」は20代で34.6%、30代で29.0%と比較的に高かったものの、年齢とともに次第に減少。代わって、60代では「シャワー派」が9.1%であったのに対して「湯船派」は90.9%に達し、世代とともに「シャワー派」から「湯船派」に移行する人が大変多いことがうかがえます。こうした背景には「独りだと湯を溜めるのが不経済なのでシャワー・・・」(男性30代)、「アパートがユニットなので、シャワーがメインになってしまう」(男性20代)など、独身者の多い20、30代では住環境や経済的な理由から「シャワー派」が結構多いことがうかがえます。

世代別:あなたはシャワー派?湯船派?

SA(単回答)

男性は「夕食前」「夕食後」で半々、女性は圧倒的に「夕食後」

お風呂に入るのはいつ?

SA(単回答)

1日の中で、皆さんがお風呂に入る時間帯はいつ頃でしょうか。最も回答が多かったのは「夕食後」(34.8%)でした。「お腹が空いた状態でお風呂に入ると、気を失いやすいから・・・」(女性20代)、「就寝前だと体が火照っていてすぐには眠れないので」(女性60代)など、夕食でお腹を満たした後、「1日の終わり」の締め括りとしてお風呂に入るという声が多数寄せられました。特に主婦の多くは「食事前だと料理のニオイがまた付きそうで嫌なので、バスタイムは夕食後」(女性30代)など、すべての家事の終了後にゆっくり入浴するという声が目立ちました。その一方で、「夕食前」(24.0%)という回答も全体の4分の1を占めました。「汗、ほこり等を落としてから・・・」(男性40代)、「入浴してビールを1本飲んでからご飯を食べるので」(男性30代)など、晩酌、夕食前に1日の仕事の疲れと汚れを洗い流して、さっぱりしたいという声が寄せられました。特にこうした声は男性回答(男性=29.6%、女性=18.9%)に多く、女性が夕食後、男性が夕食前を「1日の終わり」と感じていることがうかがえます。そのほか、「就寝前」(32.9%)という回答も目立ち、全体の9割以上が「夕食前」「夕食後」「就寝前」の夜帯に入浴していることが明かとなりました。


その反面、「朝食前」 (4.4%)、「朝食後」 (2.6%)は全体の7.0%に留まりました。「朝起きてすぐのボンヤリした頭をシャッキリさせるため」(女性30代)など、眠気覚ましのシャワーが日課という声。さらに「毎朝、ランニングをしているから・・・」(男性40代)、「朝起きたら、体や頭が脂っぽくなっているので、」(女性20代)など、1日の始まりを清潔な状態でスタートしたいという声が寄せられ、少数ながら「朝風呂派」もいました。

バスタイムは、全体の約半数が「15〜30分間未満」

1度の入浴にかける時間はどのくらいでしょうか。「だいたい身体を洗ったりで、20分くらい」(男性30代)など、最も回答が多かったのは「15〜30分間未満」(44.9%)。次に「10〜15分未満」(21.6%)が続き、全体の7割以上の人びとが「30分間以内」で入浴を済ませていました。その一方、「入浴時間は1時間ぐらいだと思う。髪、顔、体を洗ってゆっくりと、湯船に浸かっているとそのぐらいになる」(女性30代)など、「30〜60分間未満」(21.4%)、「1時間以上」(2.9%)の長風呂派も全体の約2割を占めました。また性別で見てみると、「30分間以上」という回答は男性が12.6%であったのに対して、女性は男性の3倍近い34.8%に達し、バスタイムに時間を掛ける女性たちが大変多いことがうかがえます。

1度の入浴にかける時間は?

SA(単回答)

お風呂で1日の汚れを洗い流し
明日に向けて準備万端な身体に整える

では、皆さんにとってお風呂とはどんな役割を担い、一体どんな存在なのでしょうか。当然かもしれませんが、最も回答が多かったのは「カラダの洗浄」(77.9%)でした。「明日に向かって、体の汚れを落とす時間」(男性30代)など、1日の汚れと汗を洗い流し、入浴によって、明日に備えて準備万端な身体に整えるという声が多数寄せられました。また「必ず洗髪し、背中はビニールのタオルを使ってゴシゴシ。その次は首からお腹→両手→脇→お尻→両足→足の指と裏、そして最後に顔と耳のコースで洗う」(女性50代)、「必ず化粧を落とし、髪、体、顔、の順で洗う」(女性30代)など、同じ洗浄でも、身体の洗う順番は人によって大きく異なっていることがうかがえます。

ボディケアばかりではなく、
嫌なことやストレスを解消する「心身ケアの場」

2位は「疲労回復タイム」(54.4%)。「基本的に半身浴。疲れているときには特に有効で、疲れが取れやすい」(女性20代)、「仕事と家の区切りの時間、何も考えずひたすら疲れを落とす癒しの時間」(男性40代)など、血行を促進することにより、仕事で溜まった疲労を解消という声が多数寄せられました。同様5位にも「肩こり・腰痛の解消タイム」(10.2%)、7位「冷え症解消タイム」(8.9%)、9位「美容(美肌・美髪)タイム」(7.3%)が挙げられ、弱ったり、負担の掛かった身体を癒し、日々の健康維持に入浴が欠かせない存在となっていることがうかがえます。続いて、3位は「リフレッシュタイム」(46.9%)、4位に「ストレス解消タイム」(22.4%)が挙げられました。「(昼間にあった)嫌な事を洗い流し、心機一転、気持ちをリフレッシュできる」(男性50代)、「ローズマリーやカモミール等のハーブを湯船に浸し、とても幸せな気持ちになる」(女性30代)など、外的なボディケアばかりではなく、人間関係における嫌なことや仕事で抱えたストレス等々、内面(心)のケアにも入浴が大変効果的であるという声が寄せられました。いわば、お風呂とは現代社会を生き抜くための「心身をケアする大切な場」といえるかもしれません。

■あなたにとってお風呂とは?

1 カラダの洗浄 77.9%
2 疲労回復タイム 54.4%
3 リフレッシュタイム 46.9%
4 ストレス解消タイム 22.4%
5 肩こり・腰痛の解消タイム 10.2%
6 安眠促進タイム 9.4%
7 冷え性解消タイム 8.9%
8 子供・家族とのコミュニケーションタイム 8.4%
9 美容(美肌・美髪)タイム 7.3%
10 物思いにふける・アイデアを膨らませるタイム 6.4%

MA(複数回答)/n(有効回答数)

仕事、家族や将来など、
「冷静に物事を判断出来る場」としてお風呂を活用する人も

また見逃せないのが、10位の「物思いにふける・アイデアを膨らませるタイム」(6.4%)です。「明日のスケジュールを考えたり、しようと思っていたことの段取りを考える。頭がリラックスするせいか、面白いアイデアが浮かぶ」(女性30代)、「『今日もがんばったなぁ』とか、『明日は何をしようか』とか。『将来こんな風な家に住みたいなぁ』と・・・」(女性40代)など、「浴室」は家庭内で自分ひとりになれる唯一のプライベートスペースともいえ、本来の「素の自分」を取り戻せる場となっているという声が寄せられました。仕事、家族や将来など様々な事柄に思いを巡らせ、「お風呂=冷静に物事が判断出来る時間」と捉えている人も案外少なくないようです。


世代別ではいかがでしょうか。「入浴中は美白のパックをしたり、髪のトリートメントしたり・・・」(女性20代)、「冷え性がひどいので、しっかりカラダを温めるようにしている」(女性30代)など、20、30代では「美容(美肌・美髪)タイム」「冷え症解消タイム」という回答が目立ったものの、年齢とともに次第に減少。代わって、50代以上では「肩こり・腰痛の解消タイム」「安眠促進タイム」が急増し、世代間でお風呂に期待する健康効果に少なからず違いが垣間見られました。そのほか、小さなお子さんのいるご家庭も多い30代では「子供・家族とのコミュニケーションタイム」という回答が顕著でした。「子供に保育園の出来事を聞いたり、一緒に歌を歌ったりする」(女性20代)など、ゆっくりと親子で会話をする貴重な時間となっていることがうかがえます。

世代別:あなたにとってお風呂とは?

MA(複数回答)/n(有効回答数)


今回は風呂上がりの一杯が美味しくなりつつある季節を迎え、皆さんに自宅における「入浴法」について聞きました。「(お風呂が)大好き」「まあまあ好き」という声は全体の9割を超え、日本人の「風呂好き」を改めて実感させられる結果となりました。また皆さんが日々の入浴に求めるものは、単に身体の汚れや汗を洗い流すということのほか、「疲労回復」「肩こり解消」「冷え症解消」など外的な健康効果。さらに「リフレッシュ」「ストレス解消」など内的な(心の)ケアを期待する声が目立ち、お風呂に入ることによって、心身ともにリセットされたピュアな自分に戻れると感じている人が大変多いことがうかがえます。100年に一度の経済不況と言われ、仕事や人間関係で様々な苦難を抱えやすい社会の中で、日々のバスタイムによって、オンオフを上手に切り替えて何とか乗り切っている人も案外多いのではないでしょうか。私たちにとって風呂は「百薬の長」と言える存在かもしれませんね。


最後に皆さんから寄せられた自由回答の中から「ユニークな入浴法」をいくつかご紹介します。


■皆さんのユニークな入浴法を教えて?

手作りの入浴剤
  • 「3年前から手作りの『薬草湯』にハマっている。散歩時、どくだみやヨモギを採って来て自宅のベランダで乾燥させ、その日の気分でレモンの皮やリンゴの皮などをトッピングし、要らなくなったストッキングや靴下に入れる」(女性40代)
iPodで音楽鑑賞
  • 「iPodをジップロックに入れて音楽を聴いている」(女性30代)
名言集
  • 「湯船につかる時は、世界の名言集が書かれた文庫本を読んでいる。色々な著名人の名言を読みながら『なるほど!』と思いながらも、熱くなって限界がくると次の名言で終われるのでオススメ」(女性30代)
野球の応援
  • 「野球が好きなので、お風呂ラジオを持ち込んでプロ野球中継を聴きながら入ることも多い」(女性40代)
バラの花びら
  • 「(庭で)バラを60鉢ほど育てているので、花びらを湯船に浮かべ香りを楽しんでいる」(女性60代)

歯を磨く
  • 「必ずと言っていいほど歯を磨く。『お風呂に入る&歯を磨く』はセット」(男性20代)
ろうそくを灯して
  • 「電気を消して、ろうそくを灯して半身浴をする」(女性30代)
家で温泉巡り
  • 「今日は草津温泉、明日は別府温泉といくつも入浴剤パックを買って、毎日温泉地巡りを楽しんでいる」(男性70代)
マンガ本
  • 「マンガ本を読む時間。半身浴をしながら、読みやすいマンガ本を読むのがいい。体が温まってくるとどうしても小説などの細かい字は頭がボーとして読みづらいので、マンガ本が一番私には合っている」(女性30代)
カップアイス
  • 「プチ贅沢したいときは、カップのアイスクリームとスプーンを持って入る。湯船に入りながら食べるのが好き」(女性20代)
足がホッソリ!?
  • 「出る前に膝から下に冷水を浴びる。足がホッソリした気がする」(女性30代)
モンゴルの岩塩
  • 「モンゴルの岩塩"を入れているので温泉気分で長く入っていたい。ミネラルタップリで凄く気持ちがいい!!」(女性50代)