1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート
    6. 【第295回】アンケート結果

青山ハッピー研究所 ハピ研

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”

ハピ研について

毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査

晩ご飯を外食するなら・・・

景気に暗雲が立ちこめ、財布の紐が固くなっているご家庭がきっと多いことでしょう。とはいえ、我慢、節約だけでは、ストレスが蓄積してしまうばかり。たまには美味しい食事やお酒を楽しみ、憂さ晴らしをしたいもの。そこで今回は、「夜の外食」をテーマにお店選びのポイントや、あったらいいなぁと思う飲食店のサービスについて聞きました。

全体の7割以上が「月1回」ペースで外食を楽しむ

晩ご飯を外食する頻度は?

SA(単回答)

さて皆さんは、どの位の頻度で晩ご飯を「外食」しているのでしょうか。「月に一回くらいは、友達とワイワイしながらお酒を呑んで美味しいものを食べ、情報交換と親睦を深めている」(女性40代)など、最も回答が多かったのは「月1回程度」(26.7%)。さらに「月2〜3回」(23.4%)、「週1回以上」(23.3%)が続き、全体の7割以上の人が少なくとも「月1回以上」の頻度で、晩ご飯を「外食」していることが明らかとなりました。中には「自炊していないため、ほぼ毎日外食。いわゆる定食で1,000円未満」(男性30代)など、「ほぼ毎日」(1.0%)という人もいました。次に世代別で「週1回以上」という声を見てみると、20代では32.7%、30代では26.6%を数え、若い層では比較的に高い頻度で外食を楽しんでいる様子がうかがえます。その一方、「わざわざ食事だけに出かけるのが、億劫になってきたから。また、自分で作った食事のほうが、安心だから・・・」(女性50代)など、「週1回以上」という声は40代で22.4%、50代で17.3%・・・と、年齢とともに外食頻度が減少する傾向が見受けられました。

1回の外食費は一人3,000円未満

では1回の「外食」にかける一人当たりの平均予算は、おおよそ幾らでしょうか。「一人ご飯のときはスープカレーやカフェなどで1,000〜1,500円くらい」(女性20代)など、最も回答が多かったのは「1,000〜2,000円未満」(28.9%)。次に「2,000〜3,000円」(27.0%)が続き、全体の65.2%が1回の外食費を「3,000円」以内に手堅く抑えていました。一方、「2ヶ月に1回くらいの頻度でフレンチやイタリアンへ。2人で30,000円くらい」(女性30代)など、頻度はそう多くないものの、たまにリッチな食事を楽しむという声も寄せられました。また「食事だけの時は一人1,000円〜2,000円の予算。お酒を飲む時は一人3,000円〜4,000円の予算」(女性40代)など、飲酒するか否かで設定予算が増減するという声も目立ちました。次に世代別で平均予算を見てみると、20代、30代では「1,000円未満」「1,000〜2,000円未満」という声が目立ったものの、世代とともに次第に減少。代わって、40代以上では「2,000〜3,000円未満」「3,000〜4,000円未満」「4,000〜5,000円未満」という声が増加し、年齢とともに1回の食事にかける平均予算は高まっていました。

晩ご飯の外食にかける1人当たりの予算は?
世代別:晩ご飯の外食にかける1人当たりの予算は?

SA(単回答)

男性の外食は「家族団らん」「仕事の付き合い」など、
家族の繋がりや人間関係の構築がメイン

7割以上の人が「月1回」の頻度で外食をしていることが明らかとなりましたが、では、なぜ外食をするのでしょうか。次に男女別で外食する理由や、その魅力について見ていきましょう。まず、男性のトップは「家族団らんのため」(41.6%)でした。「遠方の大学に通うために一人暮らしをしている子供が帰省してくると、家族の団らんのため、その期間中は週に2〜3回くらいの頻度で外食する」(男性50代)など、日ごろは各々が忙しく家族一緒に食卓を囲む機会が少なくなりつつありますが、一方で家族が揃う日は外食をするという声が目立ち、「外食=家族団らんの場」として捉えている男性が案外多いようです。

■男性:晩ご飯を外食する主な理由は?

1 家族団らんのため 41.6%
2 家庭では作れない、美味しいものを食べたい 34.2%
3 友だちと会うため 22.0%
4 会社の先輩・同僚との付き合い 19.3%
5 時々は家事を休みたいので 18.5%
6 結婚記念日・誕生日など「家族の記念日」のため 18.4%
7 お酒が飲みたいので 16.1%
8 ストレス解消・憂さ晴らしのため 15.0%
9 (一人暮らしなど)自炊していないため 5.0%
10 残業で支度ができないため 3.7%

MA(複数回答)/「外食をしていない」と答えた人以外


また男性回答で見逃せないのは、4位「会社の先輩・同僚との付き合い」(19.3%)。「会社の同僚、部下とのコミュニケーションとストレス発散」(男性50代)など、ときに仕事の愚痴や不満をぶつけながら、同僚と一杯やるのを楽しみにしているという声が多数寄せられました。また10位にも「残業で支度が出来ないため」(3.7%)が挙げられ、男性の外食は仕事と密接に結び付いていることがうかがえます。そのほか、9位「(一人暮らしなど)自炊していないため」 (5.0%)も男性ならではの回答でした。

女性は「美味しいもの食べたい」「家事を休みたい」など、
家事疲れやストレスを外食で解消する

その反面、女性のトップは「家庭では作れない、美味しいものを食べたい」(46.2%)でした。「自分のうちでは、作れない本格的インド料理や焼肉を食べることが多い」(女性50代)など、寿司、天ぷら、焼肉、インド料理等々専門店ならではの味を求め、外食を楽しみにする女性が案外多いようです。中には「外食をしてプロの味を舌で覚え、今後自分で作る料理に生かしたい」(女性30代)など、家庭料理のレパートリーを増やすため、外食で味を盗むという声も寄せられました。続いて、2位は「時々は家事を休みたいので」(41.8%)。「自営業で終業時間が遅いので、家事労働に限界がある。週1回は晩ご飯で外食」(女性40代)など、男性が人とのコミュニケーションを重視する一方、女性は家事疲れやストレスを外食で解消していることがうかがえます。

■女性:晩ご飯を外食する主な理由は?

1 家庭では作れない、美味しいものを食べたい 46.2%
2 時々は家事を休みたいので 41.8%
3 家族団らんのため 36.3%
4 友だちと会うため 28.5%
5 結婚記念日・誕生日など「家族の記念日」のため 22.5%
6 ストレス解消・憂さ晴らしのため 22.4%
7 お酒が飲みたいので 11.1%
8 会社の先輩・同僚との付き合 10.0%
9 新しいグルメ情報を入手するため(調査や勉強のため) 4.2%
10 ママ友同士の情報交換のため 3.4%

MA(複数回答)/「外食をしていない」と答えた人以外


また女性回答で目立ったのは、9位「新しいグルメ情報を入手するため(調査や勉強のため)」(4.2%)。「TVや雑誌などで、おいしそうな情報があると、行ってみたくなる」(女性30代)など、新しいグルメやニューオープン情報等々、食に対して好奇心旺盛な女性が大変多いようです。さらに10位には「ママ友同士の情報交換のため」(3.4%)が挙げられ、ストレス解消をするとともに、育児や家事に関する情報交換の場として「外食」を上手に利用する女性たちの姿が垣間見られました。

気取らない「回転寿司」は、子連れファミリーにも大人気!

さて皆さんが「夜の外食」でよく利用するのは、どんなタイプのお店でしょうか。堂々の人気ナンバーワンは「回転寿司屋」(36.6%)でした。「週末、家族を連れて回転寿司によく行く。やはり子連れでも行きやすい店が大事」(女性40代)など、気取らず気軽に入れて、大人も、子供も好きなネタを好きな量だけ選んで食べられる点に魅力を感じる、という声が多数寄せられました。また「小さい子供が2人いるので少しくらい騒いでも大丈夫そうな、ファミリーレストランをよく利用する」(女性30代)など、同様3位にも「ファミリーレストラン」(32.5%)が挙げられ、外食選びは「子連れファミリーOK」が大きなポイントとなっていることがうかがえます。

■晩ご飯の外食でよく利用するのは、どんなお店?

1 回転寿司屋 36.6%
2 居酒屋・ビアレストラン 35.9%
3 ファミリーレストラン 32.5%
4 焼肉・韓国料理店 30.5%
5 和食レストラン 21.0%
6 中華料理店 20.9%
7 イタリア料理店(パスタ) 20.6%
8 ラーメン屋 18.5%
9 蕎麦・うどん・丼もの屋 11.9%
10 焼き鳥屋 11.0%

MA(複数回答)/「外食をしていない」と答えた人以外

大人同士の外食は、お酒が飲める「居酒屋」「焼き鳥屋」

続いて、人気の2位は「居酒屋・ビアレストラン」(35.9%)。「お酒が好きなので居酒屋。美味しくてリーズナブルなことが一番」(女性40代)、「あまり気取らない大衆向けの居酒屋」(男性60代)など、お酒を飲みながら、くつろいで食事が楽しめるという声が多数寄せられ、仕事の付き合いや友人との外食では「居酒屋」が定番となっていました。同様10位にも「焼き鳥屋」(11.0%)が挙げられ、大人同士の食事では「お酒が飲めるお店」も大きな決め手となっていることがうかがえます。

男性はボリューム感のある「中華」、
女性はお洒落さと落ち着きのある「イタリアン」

また男女別ではいかがでしょうか。男性回答で目立ったのは「中華料理店」(男性=23.6%、女性=18.7%)でした。「中華バイキング」(男性60代)、「価格に比して味がよく、量の多い中華に行く」(男性30代)など、リーズナブルな価格と食欲を掻き立てるボリューム感から、お腹を十分に満たすスタミナグルメとして男性支持の高さが目立ちました。一方、女性回答で多かったのは「イタリア料理店(パスタ)」(男性=13.5%、女性=26.2%)。「女性同士だとイタリアンでおしゃれなところが多い」(女性30代)、「パスタが美味しいお店。食後にプチケーキを2種類選ぶことができるお店には、よく利用する」(女性40代)など、「おしゃべり」と「料理」をゆっくりと楽しみたいという声が目立ち、お洒落さと落ち着きを兼ね備える「イタリア料理店」に支持が集まりました。

「クーポン」や「食べ放題」は来店動機を左右するポイント!

皆さんが飲食店を選ぶとき、味や価格以外で重視するポイントとは一体何でしょうか。最も回答が多かったのは「割引やクーポンなどの特典」(45.8%)でした。「携帯クーポンが使えるお店だと、半額でお子様ランチが頼めたり・・・。そういうメリットがあるとファミリー層はとても行きやすい」(女性20代)、「フリーペーパーなどのクーポン券やポイントカードが使えるラーメン屋さんによく行く」(女性50代)など、飲食店における「クーポン等の割引サービス」の有無が、来店動機を左右する重要なポイントとなっているようです。さらに「定額で食べ放題、飲み放題! 息子がたくさん食べるので・・・」(女性50代)など、同様6位にも「食べ放題・飲み放題がある」(16.8%)が挙げられ、「クーポン」や「食べ放題」は不況で懐の寂しいサラリーマンや、家計に頭を悩ます主婦の強い味方となっていることがうかがえます。

■飲食店を選ぶとき、(味や価格以外で)重視するポイントは?

1 割引やクーポンなどの特典 45.8%
2 接客態度が良い 42.0%
3 騒がしくない・落ち着いている 38.1%
4 店内が清潔でオシャレ 24.8%
5 客層が良い 17.5%
6 食べ放題・飲み放題がある 16.8%
7 トイレや化粧室がきれい 12.1%
8 個室がある 11.8%
9 座敷がある 10.7%
10 店内全面禁煙サービス 10.0%

MA(複数回答)/n(有効回答数)

「接客態度」「客層」は、リピートするか否かの決め手

2位には、トップと僅差で「接客態度が良い」(42.0%)。「カウンターに座って話しかけたときに、適度な親近感のもてるマスターがいるようなお店が好き。スタッフの清潔感や応対がいいと、また次も安心して行くことができる」(女性30代)など、味や価格同様にスタッフの対応の良し悪しが、そのお店をリピートするか否かを決定付ける大きな要因となっていました。さらに「女性やカップルが多いお店を利用する。客層は自分と同世代(30代)〜上層のお店・・・」(女性30代)など、3位に「騒がしくない・落ち着いている」(38.1%)、5位に「客層が良い」(17.5%)を挙げる声が目立ち、スタッフ対応のほか、利用者側の年齢や雰囲気もお店を見極めるポイントとなっていることがうかがえます。そのほか、4位「店内が清潔でオシャレ」(24.8%)、7位「トイレや化粧室がきれい」(12.1%)など、掃除の行き届いた店内やスタッフの身嗜み等々、気持ちよく飲食を楽しめる清潔感を求める声も寄せられました。

「オムツ交換」「代行サービス」「シルバー割引」など、
飲食店に望む新サービスも個々で様々

ここまで皆さんが日ごろ利用している飲食店のサービスについて聞いてきましたが、では現在はないものの、「もしあったら便利だなぁ」と思う飲食店の新サービスとはどんなものでしょうか。「子ども用のエプロンが常備されていると嬉しい」(女性30代)、「子供用の離乳食が置いてあるお店。オムツ交換や授乳が出来る個室のあるお店が増えるとうれしい」(女性20代)など、小さなお子さんを抱えるママ向けのサービス向上を望む声。「帰りの代行料金をサービスしてくれる」(女性50代)、「やっぱり酒を飲みたいので、乗合でいいから、無料の送迎」(男性40代)など、帰りの足を気にせず飲めるサービス。さらに「お持ち帰りが出来るお店がもっと増えると嬉しい。お店で食べる料理を家に持ち帰って食べたい時があるので・・・」(女性30代)など、エコ志向からドギーバッグを求める声や、「若者向けの大盛りや食べ放題ではなく、これからの高齢化ではシルバー割引」(女性40代)など、お年寄りのサービスをもっと増やして欲しいという声まで、社会環境の変化とともに飲食店に望むニーズも、個人個人で大きく異なっていることがうかがえます。


今回は、晩ご飯の「外食」について皆さんのご意見を聞いてきました。「月1回以上」の頻度で晩ご飯を「外食」しているという声は全体の7割以上を数え、定期的に「外食」を楽しんでいる人が大変多いことがうかがえます。男性の主な理由は「家族団らん」、さらに「仕事の付き合い」という声が目立ち、家族との繋がりや、人間関係の構築の場として外食を活用していることがうかがえます。その一方、女性の主な理由は「家庭では作れない、美味しいものを食べたい」「時々は家事を休みたいので」が上位に挙げられ、家事疲れのストレス解消のため、定期的な外食を通じて心と身体を癒している人が多いようです。いわば、私たちの食生活の中で「夜の外食」は、単なる食事のひとつに留まらず、人との繋がりや精神的な安らぎを与えてくれる存在と言えるかもしれません。不況で財布の紐が堅くなっているとはいえ、「外食」が担っている役割の大きさを改めて実感させられる結果となりました。いよいよ夏休み、家計と相談しながら、ご家族揃っての「外食レジャー」を十分楽しんで見てはいかがでしょうか。


最後に皆さんから寄せられた自由回答の中から、「今後、こんなサービスがあったら、利用するのになぁ〜」と感じる飲食店の新サービスやアイデアをいくつかご紹介します。


飲食店の新サービス&アイデアは?

マイボトル
  • 「個人情報の問題もあるので難しいと思うが、客の顔写真を撮ってボトルに貼って、店員が客の名前を覚え、店に行ったらすぐにマイボトルが出るような家族的な店を作って欲しい。店側に名前を覚えられると、客は特別扱いされていると嬉しくなる」(男性50代)
時間制限なし
  • 「時間制限のない飲み放題」(女性30代)
食材持ち込み可
  • 「なかなか少ないですが、自分が食べ物を持っていって好きなように料理してくれるサービス」(男性30代)
消臭サービス
  • 「服に臭いが付いてしまう事がよくあり、この点を改善してもらったらもっと(行く)回数は増えるでしょうね。もしサービスしてもらえるのなら、臭い消しのスプレーなんかを置いてもらえると嬉しい」(男性50代)
空き有りメール
  • 「今日は空いているのでサービスします、っていうメールがくるようなサービス」(女性30代)

ペット同伴OK
  • 「最近犬を飼いだしたのですが、散歩がてら外食したい時にドッグゲージがあるとうれしい。ドッグカフェは最近多いが、ファミレスのように車を停められて、なおかつ犬も一緒に店内でごはん出来るファミレスがあるとうれしい」(女性50代)
離乳食用レンジ
  • 「大手のファミレスに、離乳食を温める電子レンジを用意していてくれたらなぁ…と思ったことがある」(女性30代)
膝掛け
  • 「時々すごく冷房がきいて寒いことが。個別に調節出来ないなら、ひざかけなどを貸して欲しい」(女性50代)
1日過ごせる
  • 「朝フラッと行って、うだうだして3食食べてお昼寝してお酒飲んで、おやつ食べて1日ぼーっと過ごせるお店」(女性30代)
おひとり様の店
  • 「おひとり様専用のお店。ふと行きたくなっても、一人では行きづらい」(女性30代)
PC&テレビ
  • 「各部屋、テーブルにパソコンを設置して面白いゲームやTVを見ながら、まるで家で飲んでいるようにくつろげるお店があってもいいような気がする」(女性30代)
食べ残しなし割引
  • 「ホテルのブッフェで『お残しするのをやめる宣言』をやっていました。残さずキレイに食べると500円の割引券がもらえるという画期的アイデア♪ぜひ、ファミレスとかでも実行して欲しい」(女性30代)
セルフサービス
  • 「生ビールをセルフサービスにしたお客さんは1杯50円引きなど・・・」(男性20代)
混雑チェック
  • 「ナビや携帯から、お店のリアルタイムの混み具合などが分かるようになるといいなと思う」(女性30代)