1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート
    6. 【第340回】アンケート結果

青山ハッピー研究所 ハピ研

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”

ハピ研について

毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査

一度で良いから、お酒を飲み交わしたい歴史上の人物は?

「腹を割って本音で話し合いたい!」と思うとき、お酒を一緒に飲み交わすことで、普段は見えない友人や同僚の意外な一面を発見することが案外多いもの。お酒は人とのコミュニケーションを円滑にする最良のツールと言えるかもしれません。そこで今回はちょっといつもの「毎アン」と趣向を変えて、皆さんに「一度で良いから、一緒にお酒を飲み交わしたい歴史上の人物」についてアンケートを実施しました。

「日本の政治について考えを聞かせて欲しい」など、人気No.1は「坂本龍馬」

■一緒にお酒を飲みたい人物

1 坂本龍馬 21.6%
2 織田信長 9.7%
3 聖徳太子 4.7%
4 卑弥呼 3.2%
5 徳川家康 2.8%
6 クレオパトラ 2.5%
6 豊臣秀吉 2.5%
8 紫式部 2.3%
9 勝海舟 2.0%
10 篤姫 1.6%
10 西郷隆盛 1.6%

SA(単回答)

お酒を一緒に飲みたい歴史上の人物、堂々の人気ナンバーワンは「坂本龍馬」(21.6%)でした。「大河ドラマを観て、人間としての挑戦心に惹かれる。どうしたらチャレンジ精神が旺盛になるか聞いてみたい」(女性40代)など、現在、NHK大河ドラマで放映中の「龍馬伝」の影響を受け、幕末の志士として太く短く生きた龍馬の生き方に深い感銘を受けたという声が多数寄せられました。


では、多くの皆さんはお酒の席で龍馬に一体何を聞いてみたいのでしょうか。主な回答では「今の日本を見た感想と、今後どうすれば国家が繁栄を続けられるかを聞きたい」(女性70代)、「日本の政治が迷走しているから、改革のための新しい考えを聞かせて欲しい」(男性30代)など、政権交代を果たした後も以前、混迷状態が続く日本の政治に対して、巧みな交渉戦術と行動力を持つ龍馬にアドバイスして欲しいという声。また中には「誰に殺されたのか聞きたい」(女性40代)など、藪の中に包まれたままの暗殺の真相を解き明かしたいという声や、さらに「本当は誰が一番好きだったのかな?恋の話も聞いてみたい。お龍さんの手前、煙に巻かれるかも知れないですけど…」(女性30代)など恋愛話に至るまで、龍馬への興味・関心が多岐に渡っていることがうかがえます。


また「幕末から明治維新の状況を聞いてみたい」(男性50代)など、9位に龍馬が師匠として尊敬した「勝海舟」(2.0%)、さらに「飲みっぷりが豪快そう」(女性50代)など、10位にも「西郷隆盛」(1.6%)が挙げられ、龍馬と共に「明治維新」を率いたリーダーとの飲み会を切望する人が目立ちました。ちなみに幕末維新の強者といえば酒豪のイメージが強いですが、実は勝海舟、西郷隆盛の2人共にお酒に弱く下戸であったと言います。この2人と一席設ける場合は、お酒ではなく、もしかすると「甘いもの」のほうが話も弾むかもしれません。

「天下統一」を目指した戦国の三傑、「信長」「秀吉」「家康」に高い支持!

次に2位は「織田信長」(9.7%)。「創意工夫で戦国時代を生き抜いた武将に戦いの裏話を聞きたい」(男性30代)、「既成概念にとらわれない。新しいことを発想する方法や古いものの壊し方」(男性40代)など、信長の戦術の多彩さや発想の柔軟さは、景気低迷で苦しむ日本経済の突破口を見出す上で大きなヒントになるのではないかという声。その一方で「本能寺で死ななかったらどうしたかったか」(男性40代)、「将来の野望(どのような国にしたかったのか)を直接聞いてみたい」(女性40代)など、天下統一をあと一歩で果たせなかった信長の理想の国づくりや、将来の夢について腹を割ってじっくりと話したいと願う声も目立ちました。同様5位に「天下泰平の世」を築いた「徳川家康」(2.8%)、6位にも信長の遺志を継いだ「豊臣秀吉」(2.5%)が挙げられ、ホトトギスのたとえ話のようにタイプこそ違えども、「天下統一」という同じ理想を持った戦国時代の三傑に人気が集まりました。


そのほか、「一度に複数人と話が出来たと言われるので試してみたい。かつて1万円札の顔であった感想を聞いてみたい」(男性60代)など、3位に「聖徳太子」(4.7%)。「謎が多い邪馬台国が、どこにあったのか聞いてみたい」(男性30代)など、4位に「卑弥呼」(3.2%)、6位に「クレオパトラ」(2.5%)が続きました。

男性人気は「家康」、忍耐強さと情報分析力は現代のビジネスでもお手本に

■男性:一緒に飲みたい人物

1 坂本龍馬 20.0%
2 織田信長 13.3%
3 聖徳太子 5.0%
4 徳川家康 4.6%
5 豊臣秀吉 3.2%
6 卑弥呼 2.6%
7 勝海舟 2.4%
8 西郷隆盛 1.8%
9 クレオパトラ 1.4%
9 ナポレオン 1.4%
9 諸葛孔明 1.4%

SA(単回答)

性別ではいかがでしょうか。男女ともに上位には、日本を近代国家で導いた「坂本龍馬」(男性=20.0%、女性=23.4%)、乱世から天下統一を目指した「織田信長」(男性=13.3%、女性=5.9%)が挙げられ、時代背景やアプローチは異なるものの、「理想の国づくり」を夢見たリーダーに人気が集中しました。中でも男性回答で目立ったのは「徳川家康」(男性=4.6%、女性=0.9%)でした。「人生訓が奥深そうだから。人生の喜怒哀楽を語り合いたい」(男性60代)、「辛抱強く待つことができた秘訣(を教えて欲しい)」(男性20代)など、信長や秀吉はヒラメキや直感に長けた天才的な武将であったのに対し、「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし、急ぐべからず」という言葉を残す家康は、じっと時を待つ「忍耐強さ」と、緻密な「情報分析力」を持った現代にも通じる「企業経営者的な人物」として、男性陣から高い評価を得ていることがうかがえます。いわば、先行きの見えない現代日本にとって、260年も続いた江戸時代は良きお手本として学ぶべきところが多いのかもしれません。


さらに龍馬と共に大政奉還の成立に力を尽くした「勝海舟」(男性=2.4%、女性=1.5%)、「西郷隆盛」(男性=1.8%、女性=1.3%)や三国志の名軍師である「諸葛孔明」(男性=1.4%、女性=0.0%)などがランキング圏内に挙げられ、男性は骨太な豪傑や国を変える志を持つ人物に憧れを抱いていることがうかがえます。

女性人気は「紫式部」「篤姫」「マリー・アントワネット」
テーマは「イケメン談義」「オシャレ」「美容」などガールズトーク炸裂

■女性:一緒に飲みたい人物

1 坂本龍馬 23.4%
2 織田信長 5.9%
3 紫式部 4.6%
4 聖徳太子 4.3%
5 卑弥呼 3.9%
6 クレオパトラ 3.7%
7 篤姫 3.0%
8 マリー・アントワネット 2.4%
9 豊臣秀吉 1.7%
10 勝海舟 1.5%

SA(単回答)

その一方、女性回答で目立ったのは「紫式部」(男性=0.2%、女性=4.6%)でした。「現代のイケメンについてのコメントが欲しい」(女性40代)、「恋愛についてじっくり話したい」(女性50代)など、「源氏物語」の構想や執筆の裏話はもちろんのこと、恋愛やイケメン談義に至るまでお酒を飲みながらガールズトークに花を咲かせたいという声が多数寄せられました。さらに「政略結婚など波乱な人生を歩んだ彼女の考え方やその時代の話を聞いてみたい」(女性30代)など、7位に倒幕運動の激化のする中で江戸城を支えた「篤姫」(男性=0.2%、女性=3.0%)、11位に大奥に君臨した「春日局」(男性=0.2%、女性=1.3%)が挙げられ、社会の表舞台を男性が独占していた時代の中で、影ながらたくましく生きた同じ女性に注目する人が目立ちました。また「どれほどの美女だったのかを自分の目で見てみたい。当時、具体的にどんな暮らしをして、どんな美容法を実践していたのかを話してみたい」(女性20代)など、6位に「クレオパトラ」(男性=1.4%、女性=3.7%)、8位にも「マリー・アントワネット」(男性=0.2%、女性=2.4%)が挙げられ、セレブの暮らしぶりやオシャレ、美容法など女性ならではの話題で盛り上がりたいという声も寄せられました。

「安倍晴明にパワースポットを」「ダ・ヴィンチに謎の真相を」など

そのほか、ベスト10圏外ではあるものの、皆さんから寄せられた自由回答の中からユニークなものをいくつかご紹介します。「源頼朝。源義経について誤解している部分もあると思うので、話をして仲直りさせてあげたい。せっかくの兄弟なので」(女性40代)、「織田信長の妹、お市。夫と兄との関係でどんなに悩んだか、気持ちを知りたい。同じようなことで、悩んでいるので…」(女性50代)など、偉人たちの兄弟、姉妹関係の不仲を案じて相談にのりたいという声。「明智光秀。なぜ本能寺の変を起こしたのか聞いてみたい」(女性30代)など、歴史の上から「悪役」と見なされている人物の本音を聞き出したいという声。さらに「レオナルド・ダ・ヴィンチ。あれだけ豊かな才能・発想があるので、話題が尽きないと思う。彼が後世に残した秘密や謎の真相をこっそり教えてほしい」(女性40代)など、小説「ダ・ヴィンチ・コード」でも知られるように、ダ・ヴィンチが作品の数々に残したと言われる暗号の秘密に迫りたいという声や、さらに「安倍晴明。現在のパワースポットについて」(女性30代)など、陰陽師に運気アップに効果的なスポットを教えてもらいたいという声まで、酒席での話題が尽きない様子がうかがえます。


今回は「一度で良いから、一緒にお酒を飲み交わしたい歴史上の人物」という夢のあるテーマで、アンケート調査を行ってきました。他の追随を許さず、ダントツの一番人気は「坂本龍馬」。こうした背景には、福山雅治さん主演のNHK大河ドラマ「龍馬伝」の人気が後押しをすると共に、政治不信や混迷が続く中で今の日本を立て直す、いわば龍馬のような救世主を待ち望んでいる人が大変多いと言えるかもしれません。また男性では「織田信長」「豊臣秀吉」「徳川家康」など戦国時代の三傑との豪快な飲み会を望む声が目立ち、先を読む力や戦術に長けた彼らから日本経済復活のヒントを得たいと考えているサラリーマンが少なくありませんでした。一方、女性は「紫式部」「卑弥呼」「篤姫」「春日局」から「クレオパトラ」「マリー・アントワネット」まで、国内外の才女、絶世の美女との「女子会」開催で男性抜きの本音トークで盛り上がりたいという声が目立ち、男女間で「一緒にお酒を飲み交わしたい人物」が異なる点も見逃せません。もちろん今日においては実現は不可能ですが、歴史上の偉人たちならこんな時に「何を語るだろうか?」と思いを馳せながら、晩酌をするのも意外に楽しいのではないでしょうか。