1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート
    6. 【第364回】アンケート結果

青山ハッピー研究所 ハピ研

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える"しあわせ探しの情報サイト"

PR&Informations

出版物のご案内

ラウンドエッジRound-Edge

現代の高感度消費者は「バランスのいいオタク」。
今の時代の気分やリアルコンシューマーを読み取る一冊。

Symbol of Happiness 〜しあわせのシンボル〜

あなたのしあわせのシンボルは何ですか?ぬいぐるみ?あんこのつまったたいやき?現代の日本人が考えるしあわせの姿を形にした必読の一冊。

毎週アンケート 生活の中のちょっとしたことや、旬な話題をタイムリーに調査!

今年一番の買い物は?

長引く不況から家計の引き締めに頭を悩ます人がきっと多いことでしょう。とはいえ、今年は景気対策として「エコカー減税」「家電エコポイント」などが実施され、その割安感から消費拡大。さらに夏場の酷暑も経済活動に良い影響を与えたと言われています。そこで今回は、この一年の消費意識の変化や、一番高かった買い物などについて聞きました。

景気の先行き見えない中とはいえ、全体の約4割が「支出が増えた」と実感

2010年の生活全体の支出額は?
?

SA(単回答)

まず、2010年の皆さんの生活全体の消費(支出額)は昨年と比べて「増えた」のでしょうか、それとも「減った」のでしょうか。「弁当もって行くようになり、外食しなくなった」(女性30代)など、「かなり減った」(8.5%)、「ちょっと減った」(14.6%)という声は2割以上。一方、「家族が増え、子ども関係の教育費や衣食費などが増えました」(女性30代)、「夏の猛暑の影響による電気代の増加、及びそれに伴う野菜等の高騰で・・・」(男性50代)など、「かなり増えた」と回答した人は15.7%。さらに「かなり増えた」という声も24.2%を数え、全体の約4割の人びとが「支出が増えた」と実感していることが明らかとなりました。景気の先行きが不透明なご時世とはいえ、意外にも昨年以上に消費が拡大した人が大変多いことがうかがえます。そのほか、「たばこ代は減ったが、お菓子代が増えた」(男性60代)など、全体として「あまり変わらない」という声も全体の37.0%を占めました。

3割近くが「50万円以上の高額商品を購入した」と回答

全体の4割以上が「支出が増えた」と身にしみて感じていることが明らかとなりましたが、では今年一年間の消費を振り返ったとき、「一番高かった買い物」の出費額は一体どの位だったのでしょうか。「ビデオカメラが壊れてしまったので、10万円くらいで購入。まだそんなに使っていませんが、操作が簡単そうで良かった」(女性30代)など、最も回答が多かったのは「10万〜20万円未満」(23.5%)。さらに「20〜50万円未満」(11.6%)、「50万円以上」(16.2%)という声も約3割近くを占め、全体の半数近くのご家庭で「10万円以上」の商品を何らかお求めになったことが判明しました。中には「600万ちょっと位でシボレーカマロを購入した。前から好きな車で試乗して、さらに気に入った」(男性40代)、「3,000万円程の家を購入。ローンが大変ですが充実感があり、建ててくれた主人に感謝している」(女性30代)など、「500万円以上」(3.0%)の自動車や住宅ローンを組んだという人もいました。

今年一番高かった買い物の値段は?
?
?

SA(単回答)

今年一番高かった買い物のトップは「地デジTV」
次に「パソコン」「冷蔵庫」「エアコン」など、「電化製品」が上位を占める

「10万円以上」の高額出費が目立ちましたが、では皆さんは具体的にどんな商品をご購入されたのでしょうか。堂々の人気ナンバーワンは「地デジTV(3D、プラズマなど)」(23.9%)でした。「地デジ対応・HDD搭載の薄型テレビを購入。アナログ対応のテレビを使っていたので、以前より画面が大きく綺麗になって満足している」(女性20代)など、来年7月の「地上デジタル放送完全移行」まで一年間を切り、「アナログ」から「地デジ対応テレビ」に買い換えたという声が多数寄せられました。中には「11月に最後のお得に釣られて、40型をもう1台購入した」(女性40代)など、「家電エコポイント制度」の半減前に購入したという声が目立ち、先月末までに「駆け込み需要」が急速に進んだことがうかがえます。さらに「大型テレビとブルーレイ・レコーダー、合わせて30万以上」(女性30代)など、同様10位にも「ブルーレイ・HDD」(2.1%)が挙げられ、「地デジ」と一緒に長時間テレビ録画が可能な「ブルーレイ・HDD」をセット購入した人が案外多かったようです。

■「一番高かった買い物」は?

1 地デジTV(3D、プラズマなど) 23.9%
2 パソコン・周辺機器 9.2%
3 クルマ 7.3%
4 エアコン 4.6%
5 冷蔵庫 4.5%
6 洋服(コート、ジャケットなど) 4.3%
7 自転車・電動自転車 2.9%
8 住宅のリフォーム 2.5%
9 株券・有価証券 2.4%
10 ブルーレイ・HDD 2.1%
10 スマートフォン・携帯電話・電子書籍端末 2.1%

SA(単回答 n=996
「高いものは何も買っていない」と回答した人は除く)


2位は「パソコン・周辺機器」(9.2%)。「15万円ほどのノートパソコンを買った。インターネットも光回線に替え、メモリーやハードディスクの容量も大きくなって動作は速く快適になった」(男性80代)など、出費は少々嵩んだものの、最新パソコンの性能や機能の高さに大満足しているという声。さらに自由回答の中には「プリンターが故障して新しいプリンターを買ったら、古いパソコンに対応しておらず、パソコンも買う羽目に・・・」(男性40代)など、突発的な故障や、新旧機種の入れ替わりなど「電化製品」ならではの思わぬ出費も負担増の大きな要因となっていました。そのほか、「この夏めちゃめちゃ扱った猛暑を我慢しきれず、エアコンを購入」(男性30代)など、4位に「エアコン」(4.6%)、5位にも「冷蔵庫」(4.5%)が挙げられ、ランキング圏内には「家電・AV機器」が大きなシェアを占めました。

エコカー減税が後押しして「クルマ」、さらに健康志向から「自転車」購入も進む

続いて3位は「クルマ」(7.3%)でした。「今までの車はあちこち故障しもう限界だと思い、230万円で新車を購入。前よりガソリン代がかからないので、とても良い」(女性40代)など、買い替えサイクルの長期化 、若年層のクルマ離れなどを要因として、年々新車の販売台数が下降傾向を推移する中で、今年は 「クルマ」の需要が高まった一年でした。こうした背景には「新車購入補助金とエコカー減税があったので、思ったより安く買うことが出来た」(女性20代)など、「家電エコポイント制度」同様に景気刺激策として一定の効果が得られたと言えそうです。さて「エコカー補助金」が終了した現在、今後の需要がどのように変化していくのか動向が気になるところです。


また身近な乗り物といえば、7位の「自転車・電動自転車」(2.9%)も見逃せません。「健康のために自転車を買った」(女性30代)など、昨今のエコや健康志向の高まりから「自転車購入者」が急増したことがうかがえます。自由回答の中には「近場は車から自転車を利用するようになり、ガソリン代が減った」(男性50代)という声も寄せられ、今年はエコ減税で「クルマ」購入が目立った一方、「クルマ」から「自転車」へシフトした人も少なくなかったようです。そのほか、6位に「洋服(コート、ジャケットなど)」(4.3%)、8位に「住宅のリフォーム」(2.5%)、9位に「株券・有価証券」(2.4%)が続きました。

「車が動かなくなりレッカーされた」など、
急な故障・老朽化で購入を迫られたという声

「地デジ」「パソコン」から「クルマ」に至るまで高額商品が上位を占めましたが、では購入を最終決定した理由は何だったのでしょうか。最も回答が多かったのは「今まで使っていたものが故障・壊れて仕方なく」(23.8%)でした。「結婚時に購入した掃除機が壊れたので」(女性30代)、「仕事の帰りに急に車が動かなくなりレッカーされました。田舎では車がないとどうにも生活できないので、高くても買い替えることに・・・」(女性30代)など、生活必需品の思いがけない故障に驚いたという声。「風呂釜が老朽化(19年使用)したので改修した」(女性60代)など、同様3位に「既存品が老朽化したので」(20.4%)、9位にも「ないと生活が出来ないため」(5.2%)が挙げられ、財布の紐が堅く結ばれている中とはいえ、選択の余地なく購入を迫られたという声が多数寄せられました。

■高額商品を購入決定した理由は?

1 今まで使っていたものが故障・壊れて仕方なく 23.8%
2 エコポイント・エコ減税を利用して 22.5%
3 既存品が老朽化したので 20.4%
4 節電・省エネ対策として 10.4%
5 趣味や娯楽を充実させるため 9.8%
6 もっと快適な暮らしを目指して 8.9%
7 思ったより値段が下がっていたので(割引していたので) 7.1%
8 自分への「ご褒美」として 6.9%
9 ないと生活が出来ないため 5.2%
10 以前から夢見ていたので念願を叶えた 4.8%

MA(複数回答)/n=996
(「高いものは何も買っていない」と回答した人は除く)

「家電、住宅エコポイント」「エコカー補助金・減税」が購入の決め手に

次に2位は「エコポイント・エコ減税を利用して」(22.5%)。「15年間使ってきた冷蔵庫を買い換えた。特に故障もなくやってきましたが、エコポイントで還元があるのでこれを機会に買った」(女性40代)、「マイホーム、エコポイントの導入で思いきって購入に踏み切りました」(女性30代)など、「家電エコポイント」「住宅エコポイント・減税」「エコカー補助金・減税」の3段ロケットが購入を決心する決め手となったという声。同様4位にも「節電・省エネ対策として」(10.4%)が挙げられ、今年は「エコ」というキーワードが消費を後押ししたことがうかがえます。中には「エアコン2台、液晶テレビ、そして最後に車を買い替えました」(男性60代)など、制度を最大限に活用した人もいました。


また節約意識が高まる昨今であっても、消費は決してネガティブな要因ばかりではなさそうです。「以前から欲しかったホームベーカリーを購入。贅沢かな…と思っていましたが、買ったら毎日が楽しくなった」(女性40代)など、5位に「趣味や娯楽を充実させるため」(9.8%)。さらに「15畳以上のエアコンの購入が一番高かった。快適な夏を過ごせて満足」(女性30代)など、6位にも「もっと快適な暮らしを目指して」(8.9%)が挙げられ、趣味の充実や生活の改善を目指して投資する人もいました。同様8位に「自分への『ご褒美』として」(6.9%)、10位にも「以前から夢見ていたので念願を叶えた」(4.8%)が続きました。


今回は2010年の消費活動全体を総括するため、皆さんのご家庭の今年一番のお買い物についてご意見を聞いてきました。支出全体としては昨年と比べて「かなり増えた」(15.7%)、「ちょっと増えた」(24.2%)という声は全体の約4割を占め、景気の底ばい状態が続く中といえ、大変多くのご家庭で例年以上に消費が拡大したことが明らかとなりました。こうした背景には「家電エコポイント」「住宅エコポイント・減税」「エコカー補助金・減税」の3つの景気対策のほか、今夏の酷暑、さらに来年7月に迫った「地デジ完全移行」なども消費を刺激し、予想以上に消費者の購買意欲を喚起したものと考えられます。その一方、駆け込み需要が高かった分、今後の反動減を懸念する見方も強く、来年以降の景気動向が大変気になるところです。強い寒気の影響で、全国的に冷え込みが一段と強くなる年の瀬ですが、来年こそは「景気回復」に期待し、懐も気温も暖かな春を迎えたいものですね。


さて最後に皆さんから寄せられた自由回答の中から、「今年購入して大失敗した、または後悔している買い物」に関するご意見をいくつかご紹介します。


2010年、買って大失敗、後悔しているものは?

スチームクリーナー
  • 「スチームクリーナーは買ったは良いが、旦那が2回使ったきり。あの頃は『大掃除がんばろう』なんて気力がありましたが、今はひたすら面倒臭いだけ。正直なところ寒いから掃除したくない」(女性30代)
スーツケース
  • 「海外旅行があり、遠出で山岳地帯だったのでとにかく大きいスーツケースを買ったものの、行き先の予定変更で、冬モノ衣類を持って行く必要が無くなった。結局、持っていた普通サイズのスーツケースで事足りた」(男性50代)
掃除機
  • 「サイクロン掃除機を買いましたが、安いものを購入したせいか吸い込みも悪く、すぐにフィルターが詰まってしまう。部屋の掃除をしている時間より、フィルターの掃除をしている時間のほうが長い。ストレスさえ感じる」(女性30代)
大型車
  • 「小型車を手放し大型車にしたのですが、2人家族で買い物や温泉、病院行く程度の利用。ハンドルは重いし、パークする時にも気を使う。家族には内緒ですが、内心かなりガッカリし後悔している」(女性60代)
テレビ
  • 「テレビを購入して2週間後に見たら、7万円も値下がり今はもっと下がっているか・・・。しかも我が家には大きすぎて、テレビを見ていて疲れる」(女性30代)
財布
  • 「彼氏へ、誕生日プレゼントに5万円程度の財布を買いましたが、その後、振られてしまったので勿体なかった」(女性20代)
パスタを茹でるグッズ
  • 「レンジでパスタを茹でるグッズを買ったが、通常よりも時間がかかる(通常+5分)うえ、出来上がりものびたパスタみたいで美味しくない。2度使って、キッチンの奥へ」(女性30代)
ドラム式洗濯機
  • 「ななめドラムの洗濯機を買ったのですが、思った以上に場所をとること、また排水のサイズが合わずブロックを置かなければ使えず、カタカタと音が・・・。もう少し確認してから買えば良かったと少々後悔気味」(女性40代)
ペンダント・ネックレス
  • 「通販のオークションで購入しましたが、PC画面の印象(宝石の色合い)と違ったので、まだ身につけていません、後悔している」(女性30代)
ワンピース
  • 「買ったのに一度も着なかったワンピース。可愛かったので、衝動買いしてしまったけど、着ると妊婦さんみたいに見えるので一度も外に着て行けなかった」(女性30代)

皆様のご協力に支えられた「毎週アンケート」も、今年はこれが最後となります。1年間、誠にありがとうございました。良いお年をお迎え下さいますよう、心からお祈り申し上げます。