1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート
    6. 【第384回】アンケート結果

青山ハッピー研究所 ハピ研

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える"しあわせ探しの情報サイト"

PR&Informations

出版物のご案内

ラウンドエッジRound-Edge

現代の高感度消費者は「バランスのいいオタク」。
今の時代の気分やリアルコンシューマーを読み取る一冊。

Symbol of Happiness 〜しあわせのシンボル〜

あなたのしあわせのシンボルは何ですか?ぬいぐるみ?あんこのつまったたいやき?現代の日本人が考えるしあわせの姿を形にした必読の一冊。

毎週アンケート 生活の中のちょっとしたことや、旬な話題をタイムリーに調査!

行ってみたい世界遺産は?

先月末、パリで開催された第35回世界遺産委員会で東京都の「小笠原諸島」(自然遺産)と、岩手県の「平泉」(文化遺産)が世界遺産リストに登録されることが正式に決まりました。この明るい話題に両手を挙げて喜んだ方もきっと多かったことでしょう。ただ一括りに「世界遺産」とはいっても、自然遺産、文化遺産などの分野に分けられ、その数は国内外で現在936件にも上るそうです。このうち、皆さんはどのくらいの場所に行ったことがあるのでしょうか。そこで今回は夏休みを控え、「世界遺産」をテーマにアンケートを聞きました。

全体の8割以上が「『世界遺産』に行ったことがある」と回答

世界遺産へ行ったことがある?

SA(単回答)

さて、どのくらいの皆さんが「世界遺産」を観に行ったことがあるのでしょうか。「タージマハルは本当に左右対称でとても美しかった」(女性30代)、「熊野古道は自然が豊かで、神聖な気がした」(女性20代)など、「行ったことがある」と回答した人は80.4%に上り、大変多くの人びとが「世界遺産」に直に触れていることが明らかとなりました。こうした背景には「京都や奈良、日光、白川郷は修学旅行で行きました」(女性40代)など、学生時代の修学旅行を通じ、国内の「世界遺産」を訪れた経験を持つ人が多いことがうかがえます。さらに「興味があるが、まだ行ったことがない」という声も16.5%を数え、「世界遺産」に関心や憧れを抱いている人が目立ちました。


また性別で「行ったことがある」という声を見てみると、男性回答では77.9%。それに対して女性は82.8%を数え、男性以上に自然や文化遺産への探訪に積極的な女性が多いことがうかがえます。

奈良・京都の古都は、日本人に最も身近な「世界遺産」

全体の8割以上の人びとが「世界遺産」を訪れた経験を持つことが明らかとなりましたが、では具体的にはどこへ行ったことがあるのでしょうか。まず、国内の人気スポットをランキング形式で見ていきましょう。第一位は「法隆寺地域の仏教建造(奈良、文化遺産)」(64.9%)でした。「法隆寺は修学旅行も含めて6回も行きました。古都は世界遺産を意識しなくても、とても雰囲気があって落ち着く」(女性30代)など、聖徳太子ゆかり、世界最古の木造建築として知られる「法隆寺」の荘厳さに感銘を受けたという声。さらに「京都や奈良は昔ながらの街並みを大切にしていて良かった。風情を感じ、何度行ってもまた行きたいと思う」(女性20代)など、同様3位に「古都奈良の文化財(奈良、文化遺産)」(54.5%)、4位にも「古都京都の文化財−京都市・宇治市・大津市(京都・滋賀、文化遺産)」(53.1%)が挙げられ、かつての日本の中心であった奈良・京都は、日本人に最も身近で親しまれている「世界遺産」と言えそうです。

■国内の世界遺産で行ったことがあるのは?

1 法隆寺地域の仏教建造(奈良、文化遺産) 64.9%
2 原爆ドーム(広島、文化遺産) 57.5%
3 古都奈良の文化財(奈良、文化遺産) 54.5%
4 古都京都の文化財−京都市・宇治市・大津市
(京都・滋賀、文化遺産)
53.1%
5 厳島神社(広島、文化遺産) 52.8%
6 日光の社寺(栃木、文化遺産) 50.6%
7 姫路城(兵庫、文化遺産) 43.8%
8 白川郷・五箇山の合掌造り集落(岐阜、文化遺産) 32.5%
9 平泉−中尊寺など(岩手、文化遺産) 29.0%
10 知床(北海道、自然遺産) 25.5%

MA(複数回答)/n=3598人「行ったことがある」と回答した人のみ

負の遺産として「原爆ドーム」も上位にランクイン

次に2位は「原爆ドーム(広島、文化遺産)」(57.5%)。「原爆ドームですが、驚きと切なさを感じました。世界に対して何かを発信するメッセージとなればいい」(男性50代)など、「世界遺産」のほとんどが文化や自然保護を目的としている中で、「原爆ドーム」は核爆弾、戦争という過ちを戒める負の遺産として、訪れる者に強烈なインパクトを与えていることがうかがえます。さらに「海の中に真っ赤な大鳥居が建っている姿は何度見ても美しい」(女性30代)など、5位にも「厳島神社(広島、文化遺産)」(52.8%)が挙げられ、広島県から日本三景の一つである「厳島神社」と、畏怖の念すら感じる「原爆ドーム」の2つの世界遺産がランクインしました。


そのほか、「きらびやかな陽明門に度肝を抜かれた」(女性40代)など、6位に「日光の社寺(栃木、文化遺産)」(50.6%)、7位に「姫路城(兵庫、文化遺産)」(43.8%)、8位に「白川郷・五箇山の合掌造り集落(岐阜、文化遺産)」(32.5%)。さらに「平泉中尊寺の金色堂は神々しく幻想的だった」(男性60代)など、9位には世界遺産に新登録されたばかりの「平泉−中尊寺など(岩手、文化遺産)」(29.0%)が続きました。また「文化遺産」がランキング上位を独占する中で「人工的なものよりも、知床のような雄大な自然を背景にしたものには憧れを持つ」(女性70代)など、10位には唯一「自然遺産」である「知床(北海道、自然遺産)」(25.5%)が挙げられました。

「バチカン」「コロッセオ」「フィレンツェ」など、
「世界遺産」を数多く有するイタリアは日本人に人気の観光スポット

次に世界各国の中で、皆さんが渡航したことのある人気スポットを見ていきましょう。最も回答が多かったのは「バチカン市国(バチカン、文化遺産)」(16.6%)でした。「バチカンは絵画の中を歩いているような風景だった」(男性30代)、「本当に小さな国でしたが、厳格雰囲気に包まれていた」(女性30代)など、「サン・ピエトロ大聖堂」といったバロック様式の建築物をはじめ、日本とは大きく異なる西洋文化に圧倒されたという声。さらに「コロッセオは深い歴史を感じ、ローマ帝国時代にタイムスリップしたかのような気持ちになった」(女性30代)など、2位に「ローマの教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂 −コロッセオなど(イタリア、文化遺産)」(15.4%)。3位に「フィレンツェ歴史地区(イタリア、文化遺産)」(13.0%)、6位に「ヴェネツィアとその潟(イタリア、文化遺産」(11.7%)、9位にも「ピサのドゥオモ広場−ピサの斜塔(イタリア、文化遺産)」(9.1%)が挙げられ、数多くの世界遺産を有するイタリアは、日本人に人気の観光スポットとなっていることがうかがえます。と同時に「数千年前の遺産を地元の方々がしっかり守って、共存共栄している。日本も見習ってほしいもの」(男性50代)など、イタリアの文化遺産を保護・維持する姿勢に感銘を受けたという人もいました。

■海外の世界遺産で行ったことがあるのは?

1 バチカン市国(バチカン、文化遺産) 16.6%
2 ローマの教皇領とサン・パオロ・フオーリ・
レ・ムーラ大聖堂−コロッセオなど
(イタリア、文化遺産)
15.4%
3 フィレンツェ歴史地区(イタリア、文化遺産) 13.0%
4 ハワイ火山国立公園(アメリカ、自然遺産) 12.3%
5 万里の長城(中国、文化遺産) 12.1%
6 ヴェネツィアとその潟(イタリア、文化遺産) 11.7%
7 グランドキャニオン(アメリカ、自然遺産) 11.6%
8 古都アユタヤ(タイ、文化遺産) 10.5%
9 ピサのドゥオモ広場−ピサの斜塔
(イタリア、文化遺産)
9.1%
10 モン・サン=ミシェル(フランス、文化遺産) 6.6%

MA(複数回答)/n=3598人「行ったことがある」と回答した人のみ

アジア圏では「万里の長城」「アユタヤ」「アンコール遺跡」に高い支持!

見逃せないのは5位の「万里の長城(中国、文化遺産)」(12.1%)。「万里の長城はスケールがでかく日本にはないスケール。人間が作ったのが信じられない」(男性50代)など、素晴らしい景色、人類史上最大の規模を誇る建築プロジェクトを目の当たりにして息の呑んだという声。さらに「タイのアユタヤは落ち着いた良い都。時間がゆっくり流れているように感じた」(女性50代)など、同じくアジア圏からは8位に「古都アユタヤ(タイ、文化遺産)」(10.5%)、ベスト10圏外ですが12位にも「アンコール遺跡(カンボジア、文化遺産)」(5.2%)が続き、文化、歴史的にも深いつながりのある近隣諸国アジアの世界遺産にも高い支持が寄せられました。そのほか、4位に「ハワイ火山国立公園(アメリカ、自然遺産)」(12.3%)、7位に「グランドキャニオン(アメリカ、自然遺産)」(11.6%)、10位に「モン・サン=ミシェル(フランス、文化遺産)」(6.6%)が挙げられました。

「テレビと違う」「観光客多い」など厳しいコメントも

テレビや雑誌などで見て憧れていた「世界遺産」を実際に訪れ、多くの人びとは深い感動と大きな喜びを得たという声が目立った一方、中には「期待外れ」「嫌な思いをした」という人も少なからずいたようです。主な回答としては「『人生観が変わるよ』と言われていたので、期待ほどではなかった」(女性40代)、「テレビと違うなあと、がっかりした思いが残っている」(女性50代)など、思うほどのスケールや内容ではなく、期待がしぼんだという声。「周辺のさわりの部分しか入山できず、消化不良だった。見学者用の通路を整備する必要があるのではないか」(男性60代)など、観光整備が不完全で不満が残ったという声。さらに「40年前カメラを担いで訪れた時は、ほとんど旅行者に会う事もなく、良い写真が撮れたのですが、最近はテレビの紹介などで観光客の多さに驚く」(男性60代)、「観光地化されて保存が危惧される」(女性40代)など、世界遺産登録で観光地化され、かえって魅力が失われてしまったという厳しいコメントも寄せられました。

神秘のエネルギーに満ちた「屋久島」が人気ナンバーワン!
さらに「小笠原諸島」「知床」「白神山地」など、自然遺産が上位を占める

ここまで、今まで行ったことのある「世界遺産」を聞いてきましたが、では「まだ行ったことがないものの、今後、行ってみたい『世界遺産』」とは一体どこでしょうか。堂々のトップは「屋久島(鹿児島、自然遺産)」(42.2%)でした。「となりのトトロの世界観を見たい」(女性30代)、「縄文杉の生命力を実感してみたい」(男性40代)など、雨の多い気候から「苔むす森」を生み、樹齢1000年以上の屋久杉が自生するなど、神秘的なエネルギーに満ちた大自然に身を委ねてみたいという声が多数寄せられました。

■行ってみたい「世界遺産」は?

1 屋久島(鹿児島、自然遺産) 42.2%
2 マチュピチュ(ペルー、複合遺産) 35.5%
3 小笠原諸島(東京、自然遺産) 29.0%
4 知床(北海道、自然遺産) 21.0%
5 グランドキャニオン(アメリカ、自然遺産) 19.6%
6 モン・サン=ミシェル(フランス、文化遺産) 19.0%
7 アンコール遺跡(カンボジア、文化遺産) 17.0%
8 万里の長城(中国、文化遺産) 15.5%
9 ガラパゴス諸島(エクアドル) 14.7%
10 アテネのアクロポリス(ギリシャ、文化遺産) 14.3%

MA(複数回答)/n(有効回答数)


さらに「小笠原諸島は、東京都に属していながら遥か遠くに位置し、ガラパゴス諸島のような生物進化の過程が見られる島と聞いている。一度訪れてみたい」(男性40代)など、3位は新登録の「小笠原諸島(東京、自然遺産)」(29.0%)。4位に「知床(北海道、自然遺産)」(21.0%)、ベスト10圏外ですが13位にも「白神山地(青森・秋田、自然遺産)」(13.3%)が挙げられ、行ったことがある世界遺産では「文化遺産」が目立ったものの、行ってみたい世界遺産では「自然遺産」に人気が集まりました。

一度は行ってみたい憧れの世界遺産は「マチュピチュの空中都市」
「山登りなので体を鍛えてから」など、行きたくても容易くないという声も

続いて海外で人気が高かったのは、2位の「マチュピチュ(ペルー、複合遺産)」(35.5%)でした。「マチュピチュの空中都市には何かロマンを感じる」(女性50代)など、世界の七不思議にも数えられる「マチュピチュの空中都市」は、古代の高度な文明とその滅亡の真相にミステリアスな点も多く、一度は行ってみたい憧れの世界遺産となっていることがうかがえます。とはいえ、その一方で「マチュピチュは何年も前から候補に挙げていながら行きそびれている。友達から『相当の体力が要るよ』と驚かされて、なかなか踏ん切りがつきません」(男性60代)、「屋久島にぜひ行きたいが、山登りなので体を鍛えてから行きたいと思う」(女性30代)など、「自然遺産」の中には人を寄せ付けない地形と厳しい気候にある場所も多く、「マチュピチュ」「屋久島」は行きたくても容易くない世界遺産の代表格と言えそうです。


そのほか、「地球の生い立ちを想像できるかもしれない。グランドキャニオンに立って世の中の憂いを拭い去りたい」(男性60代)など、5位に「グランドキャニオン(アメリカ、自然遺産)」(19.6%)。6位に「モン・サン=ミシェル(フランス、文化遺産)」(19.0%)、7位に「アンコール遺跡(カンボジア、文化遺産)」(17.0%)、8位に「万里の長城(中国、文化遺産)」(15.5%)、9位に「ガラパゴス諸島(エクアドル、自然遺産)」(14.7%)が続きました。


今回は「小笠原諸島」(東京都、自然遺産)と、「平泉」(岩手県、文化遺産)が世界遺産リストに新登録されたことを受け、「行ってみたい世界遺産」をテーマに皆さんのご意見を聞いてきました。過去に「(世界遺産に)行ったことがある」という声は8割以上を数え、修学旅行やツアー、個人旅行を通じ、大変多くの日本人が「世界遺産」を直に体感していることが明らかとなりました。国内では奈良・京都の古都、広島の原爆ドーム、厳島神社、日光(栃木)など。海外ではバチカン市国、フィレンツェ、ヴェネツィアなどイタリア、万里の長城(中国)などが上位に挙げられ、国内、海外ともに行ったことのある世界遺産のほとんどが「文化遺産」に集中。一方、今後行ってみたい場所では屋久島(鹿児島)、 マチュピチュ(ペルー)、小笠原諸島(東京)、知床(北海道)など「自然遺産」が上位を独占し、豊かな自然やスピリチュアルな神秘性に魅力を感じている人が大変多いことがうかがえます。と同時に「自然遺産」は厳しい自然環境の中に存在するケースも多く、そう容易く私たち人間を受け入れてはくれません。だからこそ、なおさら私たちは「自然遺産」に強い憧れを抱くのかもしれませんね。


さて、もうすぐ夏休みシーズンを迎えますが、世界遺産を含め、皆さんはこの夏、どこへお出掛けになるのでしょうか。最後に皆さんの自由回答に寄せられた「夏休みの計画」をいくつかご紹介します。


■2011年、夏休みの計画は?

伊勢神宮にお参り
  • 「1泊2日で伊勢・鳥羽をめぐってきます。秋には出産予定なので、伊勢神宮にお参りしてパワーをもらってきたい」(女性30代)
中国地方をドライブ
  • 「中国地方を3泊くらいドライブします。出雲大社から石見銀山などを見て、美肌の湯やひなびた温泉に浸かり、美味しいものを食べたい」(女性40代)
九州新幹線で思い出の地へ
  • 「九州新幹線で新婚の思い出深い指宿温泉に行く。40年近くの人生の垢を落として再出発したい」(男性60代)
沖縄のビール工場へ
  • 「夏に沖縄に行きます。子供の社会見学を兼ねて、オリオンビール工場に行く予定。実は、親が一番の楽しみにしています・・・(笑)」(男性50代)
ボランティア活動
  • 「今年はハワイに行くつもりでしたが、中止して家族と友人と一緒に東北にボランティアに行く」(女性40代)
ロングバケーションで
中南米へ
  • 「8月に会社で電力抑制のために初めて長期の夏休みが設定されたため、中南米に行きます。普通、日本人は訪れない場所のため、今情報収集中」(女性40代)
スリランカの世界遺産巡り
  • 「ツアー旅行に参加して、スリランカの6か所の世界遺産を8日間で見て回る予定」(男性60代)
アンコールワットへ
  • 「ベトナム・ホーチミンからカンボジアに渡り、世界遺産のアンコールワットに行きます!」(女性40代)

小笠原で海もぐりの旅

  • 「小笠原諸島の海もぐりの旅へ。今年こそ、自身の目で自然の雄大さを感じたい」(女性30代)

家族で思い出旅行

  • 「北海道の道南へ行きます。長男が6年生の為、ゆっくり家族旅行できるのが最後の機会と考えて。私の両親、妻の母親も含めて計7人での旅行。最高の思い出作りをと期待しています」(男性60代)