1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート
    6. 【第418回】アンケート結果

青山ハッピー研究所 ハピ研

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える"しあわせ探しの情報サイト"

PR&Informations

出版物のご案内

ラウンドエッジRound-Edge

現代の高感度消費者は「バランスのいいオタク」。
今の時代の気分やリアルコンシューマーを読み取る一冊。

Symbol of Happiness 〜しあわせのシンボル〜

あなたのしあわせのシンボルは何ですか?ぬいぐるみ?あんこのつまったたいやき?現代の日本人が考えるしあわせの姿を形にした必読の一冊。

毎週アンケート 生活の中のちょっとしたことや、旬な話題をタイムリーに調査!

今年の父の日はどうする?

「母の日」が終わると今度は「父の日」。「母の日」のギフトなら定番は「カーネーション」ですが、では「父の日」はいかがでしょうか。毎年のことで、ギフトのネタもそろそろ切れ気味という人が案外多く、頭を悩ませている人もきっと多いのでは…。そこで今回は「父の日」を控え、今年のギフト選びや父の日のパーティーなどの計画を聞きました。

全体の半数近くが「父の日を祝う」と回答−息子は「照れくさい」と低調気味

「父の日」にプレゼントを贈る?

SA(単回答)

今年、皆さんは「父の日」に何かギフトを贈る予定があるのでしょうか。「趣味のゴルフ用品をプレゼントする予定」(男性40代)など、「何かプレゼント(モノ)を贈る予定」と回答した37.6%。さらに「家族と手作り料理でパーティー」(女性20代)など、「モノでないものを贈る予定」(5.6%)、「両方(モノとモノでないもの)を贈る予定」(2.8%)という声が続き、全体の半数近くの人びとが「父の日」に何らかのプレゼントやお祝いを計画していることが明らかとなりました。自由回答の中には「うちは父が亡くなって17年。家族で墓参りをして、お酒をお供える」(女性40代)など、「父の日」に他界した父親のお墓参りや仏壇に手を合わせる人もいました。


性別で「何かプレゼント(モノ)を贈る予定」「モノではないものを贈る予定」「モノとモノではないものの両方を贈る予定」という声を見てみると、男性回答は33.3%。一方、女性は25%以上も高い58.9%を占め、息子(男性)よりも娘(女性)の方が「父の日」のお祝いに前向きであることがうかがえます。こうした背景には「今さら照れくさい」(男性50代)など、男同士のやり取りに「照れくささ」や「きまりの悪さ」を感じている人も少なくないようです。

4割近くは「『義理の父』にもプレゼントを贈る」と回答
−感謝を込めて「夫」を祝う妻も

■誰にプレゼントする?

1 自分の父 79.1%
2 義理の父 39.0%
3 夫(女性のみ回答) 12.0%
4 自分(男性のみ回答) 1.4%
5 祖父 1.2%

MA(複数回答)/N=803人
「父の日を祝う」と回答した人のみ

半数近くの人びとが「父の日」に何らかのお祝いを計画していることが明らかとなりましたが、では皆さんは、どなたにプレゼントを贈る予定なのでしょうか。「甘い物が好きな実父に、宅配でおいしい和菓子を送る」(男性40代)など、「自分の父」と回答した人が最も多く79.1%。さらに「義理の父」という声も39.0%を数え、「自分の父」のみにならず、夫婦両方の父親にお祝いを贈るご家庭が多いようです。中には「父の日当日に両方の両親を家族で訪ねる」(女性30代)など、親に必ず顔を見せるという人もいました。


次に3位は「夫(女性のみ回答)」(12.0%)。「夫にはバームクーヘンと、子どもに手紙と絵を描いてもらって一緒に渡す」(女性30代)など、子どものいるご家庭では「実父」「義理の父」と同様に、母子から日ごろの感謝の気持ちを込めて「夫」にお祝いをするという声が寄せられました。ちなみに先日、同調査で実施したアンケートテーマ「今年の母の日に何を贈る?」によれば、夫から「(母の日に)妻」にプレゼントを贈るという声も14.8%を数え、「父の日=夫の日」「母の日=妻の日」と捉える夫婦が案外多いことがうかがえます。そのほか、「今まで頑張った自分に車(200万円前後)のプレゼントをする」(男性70代)など、4位に「自分(男性のみ回答)」(1.4%)、5位に「祖父」(1.2%)が続きました。

結婚後は兄弟(姉妹)連携よりも、「義理の父」を含めて「夫婦連名派」が目立つ

■誰かと一緒に贈る?

1 夫婦一緒に 45.2%
2 自分一人で 39.8%
3 兄弟(姉妹)一緒に 11.8%
4 親子(母子)で 10.2%
5 その他 0.5%

MA(複数回答)/N=812人
「父の日を祝う」と回答した人のみ

「実父」「義理の父」という声が目立ちましたが、では「父の日ギフト」は兄弟、姉妹など誰かと連名で贈っているのでしょうか。それとも各自一人で贈っているのでしょうか。最も回答が多かったのは「夫婦一緒に」(45.2%)でした。「夫婦で、父の好きな食べ物を贈ろうと思う」(女性50代)、「(すでに)夫婦名義で申し込んだ」(男性40代)など、夫婦両方の父親に「夫婦連名」で贈るという声。その一方、「自分の父には姉妹3人で…」(女性40代)など、「兄弟(姉妹)一緒に」という声は11.8%に留まり、兄弟(姉妹)間の連携よりも、結婚後は義理の父も含めて夫婦でお祝いをするケースが目立ちました。


2位は「自分一人で」(39.8%)。「毎年兄弟ばらばらにプレゼントを贈る」(男性50代)など、予算を合わせず、あえて各自でプレゼントを選ぶという声。自由回答の中には「プレゼントは各自で選んできて、父と兄弟でご馳走を食べに行く」(女性30代)など、プレゼントは個別で、食事は一緒にというルールを設け、「父の日」を演出する人もいました。そのほか、「夫婦で主人の父にプレゼント。子どもたちと主人にプレゼント」(女性40代)など、「実父」「義理の父」「夫」など贈る先に合わせて連携相手を変えるという人もいました。

一人あたりのギフト予算は「5,000円未満」が主流− 「子どもと手作り派」という声も

「実父」「義理の父」「夫」など、ギフトを贈る人数は「2〜3人」が主流。一人あたりの予算はいかがでしょうか。「庭いじりが好きなので、大きなぼたんの苗木をプレゼントしたい。予算4,000円ぐらい」(女性50代)など、最も回答が多かったのは「3,000〜5,000円未満」(37.5%)。さらに「1,000〜3,000円未満」(28.4%)が続き、全体の7割近くが一人あたりの予算を「5,000円未満」に設定していることがうかがえます。先日、同調査で実施した「母の日」でも「5,000円未満」が全体の7割以上を占め、このラインが「母の日」「父の日」ギフトの相場と言えそうです。

「父の日ギフト」の1人あたりの予算は?

SA(単回答)/N=807人 (「父の日を祝う」と回答した人のみ)


そのほか、「去年は震災で何も出来なかったため、(今年は)6月末に夫婦、両親と一緒に温泉に行く」(男性50代)など、「10,000円以上」という声は8.4%。その反面、「毎年、これからも元気でいてほしいという願いを込めて、子どもと手作りしている」(女性30代)など、「お金はかけない(手作りなど)」(0.9%)という声も寄せられました。

贈りたいギフトの人気ナンバーワンは「お酒」
− 「発泡酒」「新ジャンル」ではなく、「ビール」支持が目立つ

では具体的に、どんなプレゼントを贈ろうと考えているのでしょうか。堂々のトップは「お酒類(ビール、焼酎、ウイスキーなど)」(41.8%)でした。「義理の父は酒飲みなので、日頃から愛飲のウイスキーを贈ろうと思う」(男性60代)、「自分の父はビールが好きなので、ビール。夫の父は、ワイン党なのでワインにすると思う」(女性40代)など、いつも愛飲している種類や銘柄の「お酒ギフト」を贈るという声が多数寄せられました。「母の日ギフト」といえば「カーネーション」が定番ですが、「父の日ギフト」においては「お酒」が重宝がられることがうかがえます。

■今のところ予定しているプレゼントは?

1 お酒類(ビール、焼酎、ウイスキーなど) 41.8%
2 衣服類(ジャケット、シャツ、靴下など) 26.8%
3 甘いもの(ケーキ、和菓子など) 14.0%
4 外食 11.3%
5 ファッション小物類(ネクタイ、ベルト、ハンカチなど) 9.1%
6 家での食事(手料理、奮発した材料を使った料理など) 7.4%
7 財布・バッグ類 4.6%
8 手紙・メッセージカード 3.6%
9 趣味の道具(釣り、ゴルフ、カー用品など) 3.5%
9 現金 3.5%

MA(複数回答)/N=799人 「父の日を祝う」と回答した人のみ


■どんなお酒を贈る?

1 ビール 46.8%
2 焼酎 36.5%
3 日本酒 30.1%
4 ワイン 10.9%
5 ウイスキー 10.3%

MA(複数回答)
/お酒を贈ると答えた人
(n=329人)

ちなみに人気の「お酒ギフト」を見てみると、一番人気は「ビール」(46.8%)。「いつも新ジャンルのビールが多いので、父の日は奮発してビールをプレゼントする」(女性30代)など、「発泡酒」(6位=3.0%)「新ジャンル」(8位=2.7%)ではなく、「ビール」を贈りたいという声が目立ちました。次に2位は「焼酎」(36.5%)。「主人は芋焼酎が好きなので、普段買わないような変わったものを購入する」(女性50代)など、有名銘柄や、珍しい銘柄を入手し、酒好きの父親を喜ばせたいという声。同様3位にも「日本酒」(30.1%)が続き、「地酒」に人気が寄せられました。以下、4位に「ワイン」(10.9%)、5位に「ウイスキー」(10.3%)が挙げられました。

「衣服類」「ファッション小物」も定番化− 夏服の補充を兼ねてポロ、Tシャツも人気

総合ランキングに戻って、人気ギフトの2位は「衣服類(ジャケット、シャツ、靴下など)」(26.8%)。「毎年、父たちには夏の必需品であるポロシャツを贈っている」(女性30代)など、夏服の補充を兼ねて、ポロシャツやTシャツなどのカジュアルファッションを選ぶという声。自由回答の中には「母の日にTシャツを買った際に男物も気に入ったのがあったので、ついでに父の日用にも購入した」(女性40代)など、「母の日ギフト」と一緒に買い求めたという人もいました。さらに「ベルトが傷んでいたので、ベルトと定番のネクタイを予定している」(女性30代)など、同様5位に「ファッション小物類(ネクタイ、ベルト、ハンカチなど)」(9.1%)、7位にも「財布・バッグ類」(4.6%)が挙げられ、「衣服類」のほか、外出時に身に着ける「ファッション小物」や「雑貨類」にも支持が集まりました。

「甘党父さん」に甘いスイーツギフトも!?−ケーキをつまみにお酒を楽しむという声も

また見逃せないのは、3位の「甘いもの(ケーキ、和菓子など)」(14.0%)。「私の父も義理の父もあんこが好きなので、毎年、和菓子を贈っている」(女性30代)など、スイーツ大好きの「甘党男子」ならぬ、「甘党父さん」にちょっと贅沢な高級和菓子やケーキを選ぶという声。中には「主人は辛党で甘いものは食べないが、イチゴのショートケーキは好き。ウイスキーを飲みながら一緒に食べる」(女性40代)など、「辛党父さん」にお酒のつまみとして「スイーツギフト」を贈る人もいました。


そのほか、「父の好きな料理を作って大好きなお酒を飲んでもらい、自宅でのんびり過ごすつもり」(女性30代)など、6位に「家での食事(手料理、奮発した材料を使った料理など)」(7.4%)、8位にも「手紙・メッセージカード」(3.6%)が続き、「手作り」「手紙」など、お金で買えないプレゼントを検討しているという声も寄せられました。

お父さんが欲しいギフトのトップも「お酒」−親子でお酒を酌み交わしたい

今年、贈りたいと考えている「父の日ギフト」の人気ランキングを見てきましたが、果たして、もらう側のお父さんたちはどう考えているのでしょうか。次にお父さんたちが「本当に欲しいプレゼント」をランキング形式で見ていきましょう。堂々の人気ナンバーワンは、子どもたちが贈りたいギフトと同じく「お酒類(ビール、焼酎、ウイスキーなど)」(42.0%)でした。「とにかく暑くなるとビールが飲みたくなるので」(男性50代)、「普段自分では買えない、ちょっと高級な洋酒」(男性70代)など、晩酌に欠かせないお酒が一番という声が目立ち、「お酒」は贈り手ともらい手の意思が通じ合う「失敗の少ないギフト」と言えそうです。中には「お互いお酒が好きだから」(男性40代)など、もらったお酒を親子で酌み交わすことを楽しみにしている人もいました。

■お父さん回答:どんなプレゼントが欲しい?

1 お酒類(ビール、焼酎、ウイスキーなど) 42.0%
2 衣服類(ジャケット、シャツ、靴下など) 14.9%
3 旅行(温泉、海外旅行など) 12.2%
4 甘いもの(ケーキ、和菓子など) 11.2%
4 外食 11.2%
6 ファッション小物類(ネクタイ、ベルト、ハンカチなど) 9.6%
7 財布・バッグ類 9.0%
8 家での食事(手料理、奮発した材料を使った料理など) 8.5%
9 手紙・メッセージカード 8.0%
10 腕時計 6.9%
10 趣味の道具(釣り、ゴルフ、カー用品など) 6.9%

MA(複数回答)/お父さんのみ回答(N=188人)

「腕時計」「家族旅行」など、ちょっとリッチなギフトを望むお父さんの本音も

「衣類がいい。消耗品でもあり、数が多いとアイテムも増えるから」(男性40代)など、2位は「衣服類(ジャケット、シャツ、靴下など)」(14.9%)。同様6位に「ファッション小物類(ネクタイ、ベルト、ハンカチなど)」(9.6%)、7位に「財布・バッグ類」(9.0%)が続き、贈りたいプレゼントの上位にランクインした「ファッション小物」「雑貨類」は、贈られる側のお父さんからも高い支持を得ているアイテムであることがうかがえます。一方、贈りたいギフトではほとんど回答がなかったものの、お父さんの欲しいプレゼントの10位に「腕時計」(6.9%)がランクイン。「腕時計が古いのでほしい」(男性70代)、「無理だとは思いつつも、腕時計ですね」(男性50代)など、高嶺の花と承知しつつも、男にとって嗜好品であり、オシャレアイテムの一つである「時計」に憧れを抱く声も寄せられました。


また「腕時計」同様にお父さん側の本音として目立ったのは、3位の「旅行(温泉、海外旅行など)」(12.2%)でした。「子ども一家と温泉旅行ができると最高にうれしい」(男性80代)、「年金生活で余裕がなく、家内には苦労ばかりかけていたのでゆっくり温泉にでも行きたい」(男性60代)など、「旅行ギフト」が欲しいというよりも、むしろ家族や夫婦でゆっくりと過ごしたいというのがお父さんの本心と言えるかもしれません。以下、4位に「甘いもの(ケーキ、和菓子など)」(11.2%)、5位に「外食」(11.2%)、8位にも「家での食事(手料理、奮発した材料を使った料理など)」(8.5%)が続き、グルメ、ホームパーティーなど、「食」を中心とした「父の日」を演出するご家庭も少なくないようです。

お父さんの平均点は「73.8点」−男どうしのよしみか、息子は父親に甘い?

ここまで今年の「父の日」の計画について見てきましたが、もしお父さんを100点満点で採点するなら、皆さんは一体何点を付けるのでしょうか。点数の合計を回答人数で割った平均点は「73.8点」。「年をとって少し口うるさくなったけれど、小さい頃から可愛がってくれたし孫達にもやさしい」(女性50代)など、「80〜89点」と回答とした人が最も多く22.3%。さらに「90点以上」という声も34.2%を数え、全体の半数以上が「80点以上」の高得点をマークし、家族から信頼され愛される父親が大変多いことがうかがえます。自由回答の中には「人柄も良く子煩悩な人で、子供たちや私たちの面倒を良く見てくれて何の愚痴も言わない良い父」(男性60代)など、減点するところが見当たらない「100点満点」を付けた人も全体の17.6%を占めました。

お父さんの点数は?(100点満点)

SA(単回答)/N=1,234人


また性別で見てみると、女性回答では「80〜89点」(男性=18.2%、女性=25.5%)が最も多く、平均点は「75.6点」。一方、男性回答では「100点満点」(男性=19.7%、女性=15.9%)が最も多く、平均点は「78.1点」を記録し、女性よりも採点が少し甘くなる傾向がうかがえます。自由回答の中には「子どもの頃は嫌いでしたが、自分が社会人になってから父親の偉大さを思い知りました」(男性40代)、「煩悩と困惑とロマンの固まり」(男性50代)など、良くも悪くも同性として尊敬し、その生き方を手本としているという声も寄せられました。


今回は6月第3日曜日にやってくる「父の日」を控え、今年のギフトやお祝いの計画について皆さんのご意見を聞いてきました。「何かプレゼント(モノ)を贈る予定」(37.6%)、「モノではないものを贈る予定」(2.8%)、「モノとモノではないものの両方を贈る予定」(5.6%)という声は全体の半数近くを数え、多くのご家庭でお祝いやプレゼントを贈る計画などを立てていることが明らかとなりました。ちなみに性別で見てみると、「父の日をお祝いする」という声は女性が58.9%。それに対し、男性は33.3%に留まり、素直にお祝いやプレゼントを渡すことが出来ない、男同士の微妙な関係をうかがい知ることが出来ます。とはいえ、その一方、お父さんの採点では、女性回答で最も多かったのが「80〜89点」(男性=18.2%、女性=25.5%)。それに対し、男性では「100点」(男性=19.7%、女性=15.9%)を付ける声が最も多く、「照れ」や「きまりの悪さ」から面と向かって感謝の気持ちを伝えることが出来ないものの、同じ男として父親を尊敬し認めている本心もうかがえます。かしこまると素直に祝えなくなってしまう方は「父の日の…」ではなく、「一緒に酒でも…」と誘ってみてはいかがでしょう。何も語らずとも、親子で一緒にお酒を酌み交わすことで見えてくるもの、察し合うこともきっとあるのではないでしょうか。


最後に皆さんから寄せられた「お父さんの採点」をいくつかご紹介します。


■お父さんの点数は?

100点
  • ・「父はこまめに動く人でキャンプやスキーに行ったり、子ども達と一緒に楽しむことが上手だった。それが当たり前と思っていたが、いろんな人と出会って、自分が親の立場になって、父がすごい人だったのだと改めて感じた」(女性30代、100点)
  • ・「父は職場の上司。良いところも悪いところもすべて含めて目標となる人で、早く追いつき、追い越せるように努力したいと思わせてくれる存在」(女性30代、100点)
  • ・「余計な口は出さず、困った時はすぐに手を差し伸べてくれるありがたい父」(女性40代、100点)
  • ・「口下手な親父だったけど無言の人間教育をしてくれた様な最高の親父。悪い点は無し」(男性50代、100点)
  • ・「お酒を飲み過ぎる、口うるさい等ありますが、それをもひっくり返してしまうくらい、最高の父。責任感は強いし、優しいし、格好良いし、それに孫が出来ても、唯一の娘である私を可愛がってくれる」(女性30代、100点)
80〜99点
  • ・「父は母が大好きで、とても母を大事にしている。奥さんを大事にする人に悪い人っていないと思う。小さいころは父とばかり遊んでいた記憶があり、(今でも)私が実家に帰ったときは満面の笑みで迎えてくれる。マイナス5点は、病気になって家族に心配させていること。薬で今は元気ですが、もう年なので心配」(女性20代、95点)
  • ・「若いころは働きずくめで買いたいものも買えず、学校にも行かせてもらえなかったのに、私と妹は大学まで出してもらった。たまに帰省すると、普段お金を使わずに貯めておいて、私と子どもにお小遣いまでくれる優しい父。もう少し自分の体に気をつけて、好きなことをして欲しい」(女性40代、90点)
  • ・「性格はいいのですが、ルックスがメタボで姿勢が悪いから-20点」(女性50代、80点)
  • ・「頭が固くて、頑固以外は、尊敬する。掃除、洗濯、家事、炊事を普通にこなすから、母よりスゴイと思う」(男性30代、80点)
  • ・「嫌いな点はタバコを吸っていたことと、風呂上りにパンツ一枚でうろうろしていたことでしたが、いい父」(女性50代、80点)
60〜79点
  • ・「自分にそっくりというか、自分が父にそっくりだから」(男性50代、79点)
  • ・「家で韓国ドラマばかりを観て、テレビのリモコンを手放しません」(女性40代、70点)
  • ・「現在、ケンカ中で心の中では0点(怒)。でも、今朝、『駅まで送っていこうか』と車で送ってくれたので、ギリギリ合格点にして"やり"ました(笑)。頑固で自分が明らかに間違っていても絶対に謝らないのが超わるい点!」(女性40代、60点)
  • ・「いざという時にはとても頼りになる人だけど、日ごろは1人でいるのがとても苦手な寂がり屋。相手をしないと、すぐに怒り出すから大変」(女性50代、60点)
40〜59点
  • ・「一番偉い人、少しは相手の気持ちを考えて欲しいな。それが魅力でもあり、うっとうしくあり、うんざりしたりと色々。でも、いざという時は頼りになる」(女性20代、50点)
  • ・「(良い点は)アウトドアの楽しさを教えてくれたこと。悪いところはお金にルーズで、何事も計画性が無いところ」(女性40代、50点)
  • ・「キレイ好きで、家のことをよくするが、細かいことにうるさい」(女性40代、40点)
20〜39点
  • ・「仕事はまじめだったが、休日は一日中寝ているか、趣味の釣りに出かけて行ってしまう。 私たちと遊んでくれることがなかった」(男性40代、30点)
  • ・「子どもの頃、学校の行事にひとつも参加してくれなかったので」(女性40代、20点)
  • ・「母にやさしくないので」(女性40代、20点)
19点以下
  • ・「子どものころから自分勝手な父に対して良い印象がなく、今もあまり会話をしたりしないから」(女性30代、10点)
  • ・「迷惑をかけられた記憶しかないので」(女性40代、0点)