1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート
    6. 【第429回】アンケート結果

青山ハッピー研究所 ハピ研

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える"しあわせ探しの情報サイト"

PR&Informations

出版物のご案内

ラウンドエッジRound-Edge

現代の高感度消費者は「バランスのいいオタク」。
今の時代の気分やリアルコンシューマーを読み取る一冊。

Symbol of Happiness 〜しあわせのシンボル〜

あなたのしあわせのシンボルは何ですか?ぬいぐるみ?あんこのつまったたいやき?現代の日本人が考えるしあわせの姿を形にした必読の一冊。

毎週アンケート 生活の中のちょっとしたことや、旬な話題をタイムリーに調査!

この夏、酒の席(晩酌)で話題になった印象深いニュースとは?

猛暑が続いている今夏も半ばを過ぎ、改めて2012年の夏を振り返ってみたいと思います。 九州地方を襲った歴史的な豪雨や全国的な猛暑などの「天候異変」、さらには「いじめ問題」や「原発・電力問題」に至るまで、ここ最近は心配や不安が募る暗い話題が目につきます。とはいえ、その一方でオリンピックイヤーの今年は、日本人選手の活躍に連日大興奮、大感動したり、東京スカイツリーなど続々と誕生する新観光名所に沸いたりなど、テレビや新聞を賑わせた明るい話題も数多くありました。そこで今回は、この夏に皆さんが友だちや同僚との飲み会、ご家庭での晩酌時に大いに盛り上がった印象深いニュースや話題について聞きました。

トップニュースは「ロンドン五輪」−「お家芸」に限らず、幅広い競技でメダル獲得

今夏、最も注目を集めたナンバーワンのニュースは「ロンドン五輪、メダル総獲得数が前回の北京五輪を超える」(41.7%)でした。「連日夜中まで観戦して、毎日睡眠不足。日本人選手の成績に一喜一憂し、晩酌しながら結局遅くまでテレビにかじりついた」(男性50代)など、寝不足を覚悟しつつ、連日の熱を帯びた応援でオリンピック一色の夏を大いに楽しんだという声。さらに「メダルラッシュに感動」(男性50代)、「史上最多のメダル数だっただけあって、毎日見所があった」(女性20代)など、バドミントンや卓球、ボクシングミドル級など初のメダル獲得も多く、「お家芸」に限らず、幅広い競技・種目で日本人選手の奮闘が目立った大会であったという声が多数寄せられました。

■この夏、酒の席(晩酌)で話題になった印象深いニュースは?

1 ロンドン五輪、メダル総獲得数が前回の北京五輪を超える 41.7%
2 滋賀の中2いじめ自殺問題、県教委対応に批判も 34.0%
3 稚魚不漁などで、ウナギ価格高騰 22.0%
4 消費税増税、社会保障・税一体改革法案の採決をめぐる
国会のせめぎ合い
20.9%
5 食中毒でユッケ、レバ刺し禁止 19.2%
6 九州北部で記録的な豪雨、河川の決壊で大被害 18.4%
7 氷山の一角、生活保護費の不正受給問題 16.8%
8 メジャーリーガー・イチロー選手、
マリナーズからヤンキースへ電撃移籍
16.0%
9 東京都購入に意欲など尖閣諸島問題 14.8%
10 「東京スカイツリー」オープン、
早くも(天望デッキへの)来場者100万人突破
14.2%

MA(複数回答)/n(有効回答数)


自由回答の中には「卓球の愛ちゃんが本当に嬉しそうで、一人、リビングで嬉し泣きしました」(女性40代)、「女性のレスリングで金メダルを3個獲得したのはすごいな〜。(吉田選手、伊調選手の)2人は3連覇だし…」(女性30代)など、卓球やレスリング、なでしこ、女子バレー、アーチェリー女性団体など、特に女性アスリートの活躍が目覚ましく、彼女たちの気迫のこもったプレーに大きな感動と興奮を覚えた人も少なくなかったようです。

海外のトップチームに日本人選手が続々移籍−イチロー選手が名門ヤンキースへ

そのほか、「スポーツ」部門のニュースでは、「イチローは突然で驚いた」(男性40代)など、8位に「メジャーリーガー・イチロー選手、マリナーズからヤンキースへ電撃移籍」(16.0%)。さらに「香川選手、すごいクラブに移籍した」(男性20代)など、「サッカー香川選手が名門マンチェスター・ユナイテッドと契約」(6.9%)、「メジャーリーガー・ダルビッシュ投手が誕生、順調に勝ち星を重ねる」(2.4%)が挙げられ、世界のトップチームに迎えられる日本人アスリートの頼もしい存在に、同じ日本人として誇りと感じている人もいました。

「いじめ問題」「消費税増税」「生活保護費不正受給」など、子育てや老後不安が浮彫り

次に2位は「滋賀の中2いじめ自殺問題、県教委対応に批判も」(34.0%)。「責任転嫁ばかりで決着が着かない。内容を知れば知るほど自殺した子が可哀想で、イジメと言う言葉が事件を軽くしている」(女性40代)など、「隠ぺい体質」「自己保身」等々、子ども同士のいじめ問題以上に大人たちの対応に腹を立てる声。自由回答の中には「我が家には小1、5年生がいるのでいじめ問題が話題に…」(男性50代)、「飲み友だちは、皆子どもがいるので、いじめが他人事ではない」(女性40代)など、身近な話題として家族や友だち同士で「いじめ問題」を真剣に話し合ったという声も寄せられました。


さらに「消費税が上がると年金受給者は生活に困る」(女性70代)など、4位に「消費税増税、社会保障・税一体改革法案の採決をめぐる国会のせめぎ合い」(20.9%)。同様7位にも「氷山の一角、生活保護費の不正受給問題」(16.8%)が挙げられ、少子高齢化が加速し日本の将来に暗雲が漂っている中でありながら、「いじめ問題」「社会保障制度の崩壊」が顕在化するなど、「子育て」や「老後」に不安を与える課題が浮き彫りとなりました。

「ウナギ価格高騰」「生レバー禁止」など、日本の食文化を揺るがす一大事!

「政治・社会問題」に加え、多くの人びとにショックを与えたのが3位の「稚魚不漁などで、ウナギ価格高騰」(22.0%)です。「土用の丑に(ウナギが)食べられない」(男性30代)など、夏バテ対策に古くから親しまれてきた「ウナギ」が食べられず、元気が出ないという声。さらに「生レバーが食べられなくなり、個人的にがっかりした」(男性50代)など、5位にも「食中毒でユッケ、レバ刺し禁止」(19.2%)が挙げられ、多彩で豊かな日本の食文化に大きな影響を与えかねないニュースとして注目を集めました。

「東京スカイツリー」「渋谷ヒカリエ」など、大型商業施設の誕生で景気復調へ

総合ランキングでは「ロンドン五輪」「大津いじめ問題」「消費税」など、「スポーツ」や「政治経済・社会問題」部門の話題が上位を占めましたが、では「芸能文化・トレンド」部門ではいかがでしょうか。最も回答が多かったのは「『東京スカイツリー』オープン、早くも(天望デッキへの)来場者100万人突破」(14.2%)でした。「東京スカイツリーのオープンは久しぶりに世界一の(電波塔)出現で、明るい話題として弾んだ」(男性70代)など、オープン以来、連日多くの観光客で賑わう「新観光スポット」の誕生に高い支持。同様9位にも「お台場・ダイバーシティ東京、渋谷ヒカリエ、東京ソラマチなど、新商業施設が続々オープン」(2.7%)が挙げられ、スカイツリーをはじめ、次々に大型商業施設が出現し、景気低迷を吹き飛ばす起爆剤として期待する人が目立ちました。

■この夏の印象深いニュースは?<芸能文化・トレンド編>

1 「東京スカイツリー」オープン、
早くも(天望デッキへの)来場者100万人突破
14.2%
2 上野動物園の赤ちゃんパンダの悲報 11.5%
3 「ちい散歩」で知られる俳優・地井武男さんが死去 8.8%
4 「ワイルドだろう〜」のお笑いタレント・
スギちゃんが大ブレーク
6.4%
5 iPhone派?Android派?スマホブーム到来 4.4%
6 AKB48指原莉乃さん、騒動で九州HKT48へ完全移籍 3.3%
7 NASA火星探査機キュリオシティが無事着陸 3.0%
7 「AKB48選抜総選挙」大島優子さんが首位奪還 3.0%
9 お台場・ダイバーシティ東京、渋谷ヒカリエ、
東京ソラマチなど、新商業施設が続々オープン
2.7%
10 お笑い芸人コンビ・タカアンドトシ、磯野貴理子さんなど、
テレビ公開プロポーズで結婚へ
1.9%

MA(複数回答)/n(有効回答数)

「パンダ赤ちゃん」「地井武男さん」など、動物や著名人の悲報に惜しむ声

2位は「上野動物園の赤ちゃんパンダの悲報」(11.5%)。「赤ちゃんパンダ誕生というニュースを聞き、日本全体が明るいムードに包まれてきた感じがしました。家族で公開の日を楽しみにしていたのに…」(女性40代)など、余りにも短か過ぎる命を悼む声。さらに「地井さんのフレンドリーに町に溶け込む姿が見られないのは、寂しい」(女性30代)など、同様3位にも「『ちい散歩』で知られる俳優・地井武男さんが死去」(8.8%)が挙げられ、動物や著名人の突然の悲報に悲しみ嘆く声が多数寄せられました。


そのほか、「スギちゃんをテレビで見ない日はない」(女性50代)など、4位の「『ワイルドだろう〜』のお笑いタレント・スギちゃんが大ブレーク」(6.4%)。さらに「予想通り大島さんが一位を獲得したなという印象」(女性40代)など、同様6位に「AKB48指原莉乃さん、騒動で九州HKT48へ完全移籍」(3.3%)、7位にも「『AKB48選抜総選挙』大島優子さんが首位奪還」(3.0%)が挙げられ、時代を反映するお笑いスターやアイドルの話題で盛り上がった人も多かったようです。

今夏のキャッチフレーズは「オリンピックの夏」―メダルラッシュで記憶に残る大会

ここまで「2012年夏、話題のニュース」を振り返ってきましたが、では今夏にマッチするキャッチフレーズを付けるとしたら、一体どんな言葉がふさわしいでしょうか。特に回答が目立ったのは「オリンピックの夏」でした。「選手の頑張りに感動し、涙しました。特にチームワークが際立ったオリンピックでした」(女性40代)など、過去最多のメダル数を獲得した「ロンドン五輪」は今夏一番の興奮だったという声。さらに「朝方まで見てたりして、寝不足な日が続いたから」(女性40代)など、「寝不足な夏」のほか、「大和撫子の夏」「夢に歓喜した夏」「スポーツに感動の夏」「興奮の夏」…とオリンピックに関連したキャッチコピーが数多く挙げられ、今回のロンドン五輪は記憶に残る大会の一つになりそうです。


熱気が冷めやらぬオリンピックと共に、お盆を過ぎても衰えないのが猛暑です。「毎日、毎日蒸し暑い日が続くので…」(男性60代)など、皆さんから寄せられた回答の中には「酷暑な夏」「暑すぎる夏」「サウナのような夏」「グダッとする夏」というコピーが並び、連日の厳しい暑さに精も根も尽き果てたという声が目立ちました。さらに「節電のため職場ではエアコンの設定温度を緩くしている。熱中症に気をつけつつ、頑張っている」(女性40代)など、昨年からの夏場の電力不足を懸念し「節電の夏」「エコの夏」「忍耐の夏」「我慢の夏」を過ごしたという人もいました。


今回は「この夏、お酒の席で話題になった印象深いニュース」をテーマに皆さんのご意見を聞いてきました。今夏の注目度ナンバーワンのニュースは「ロンドン五輪」が圧倒的。日本とロンドンとの時差が8時間、競技のテレビ放送が深夜にも及んだものの、連日の日本人選手の活躍に眠気も忘れ、夢中になって応援をした人が大変多かったことがうかがえます。中でもメダル獲得が多かったのは、レスリングや柔道、重量挙げをはじめ、日本人女性アスリート。さらに体操男子団体やサッカー女子、バドミントン女子ダブルス、卓球女子団体、バレーボール女子、フェンシング、競泳メドレーリレーなど、チームプレーが必要とされる「団体競技」での好成績が目立ちました。海外選手に比べて体格で劣る日本人選手が個人技ではなく組織的なプレーで、そうした劣勢を跳ね返す姿は、「チームワーク」や「人との絆」を重んじる日本人の良さがたくさん出た大会であったことを改めて認識させられます。つい先日、消費税増税を含む「社会保障と税の一体改革法」が成立し、今後、日本は東日本大震災からの「復興」や「領土問題」、「エネルギー政策」等々、重要な課題が山積していますが、スポーツ同様に持ち前の「チームワーク」と「結束力」で、この難所をなんとか乗り切っていくことを期待します。


最後に皆さんから寄せられた「この夏、身の回りに起こった印象深いニュース」の中からいくつかご紹介します。


■自分や家族など身の回りに起こった印象深いニュース

ビールの美味しさを知った
  • 「27歳にしてはじめて『ビールが美味しい!』と感じました。甘くないのは苦手で。いつもは梅酒やカクテルばかり飲んでいましたが、真夏日にビアガーデンで気心知れた友人と飲んだ時、『こんなに美味しかったのか!』と、今までの飲まないでいた自分に後悔。今後は様々なビールを飲み比べして自分の好きなビールを探したい」(女性20代)
不死身犬
  • 「17歳になる愛犬が、下痢が続き食欲がなく、もう長くないだろうと獣医師から宣告。タレ無しのうなぎを焼いて食べさせたら、みるみるうちに元気になりカムバック!ご近所さんからも不死身犬として一目置かれる存在に」(女性40代)
息子の彼女
  • 「息子の彼女が初めて家にやってきた。今まで恋愛なんて知らない息子に彼女ができて、とても素晴らしい」(女性40代)
社長を恐れない男
  • 「会社で市の祭りに参加し、その後打ち上げに。その席でかなり酔っ払ってしまい、社長を呼び捨てして楽しんでいたそう…。翌日からは『社長を恐れない男』として社内で話題に!」(男性30代)
初登頂で自信に
  • 「槍ヶ岳に登頂!恐怖を感じたポイントも多々あったが、制覇したことで自信につながった。絶対に忘れられない経験となった」(女性20代)
台風で足止め
    「沖縄旅行に行ったら、台風で帰りの便が欠航。2日も足止めをくらい、仕事も休まざるを得ず、延泊代金も自腹だし、暴風雨でどこにもいけずホテルにこもりきり。さんざんな目に遭ったが上司に『ゆっくりできてよかったやん』と言われた」(女性40代)
弟の結婚
  • 「弟が婚約しました。私より早くゴールするので、嬉しいやら、○○しいやら…、複雑な気持ちですが、『おめでとう』と祝いたいと思う」(女性30代)
暴雨で倒木
  • 「実家の木が豪雨の影響で、ブロック塀と共に倒れた」(女性40代)
ビールの摂取量が倍増
  • 「暑くて暑くて扇風機だけで過ごしている私ですが、ビールの摂取量が去年より倍増。ビールで暑さを乗り切るぞ!」(女性30代)
ついに内定がもらえた
  • 「娘、就活中ですが、なかなか内定がもらえずにいました。受ける会社の数は増えていくのに一つも内定がなく、頑張ってもなかなか内定はもらえない時代なのかなと思っていた時、つい先日初めて内定もらえました」(女性40代)