1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート

青山ハッピー研究所 ハピ研

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える"しあわせ探しの情報サイト"

PR&Informations

出版物のご案内

ラウンドエッジRound-Edge

現代の高感度消費者は「バランスのいいオタク」。
今の時代の気分やリアルコンシューマーを読み取る一冊。

Symbol of Happiness 〜しあわせのシンボル〜

あなたのしあわせのシンボルは何ですか?ぬいぐるみ?あんこのつまったたいやき?現代の日本人が考えるしあわせの姿を形にした必読の一冊。

毎週アンケート 生活の中のちょっとしたことや、旬な話題をタイムリーに調査!

2013 WORLD BASEBALL CLASSIC™、果たして日本は3連覇できる?

4年に一度に行われる野球の世界一決定戦「2013 WORLD BASEBALL CLASSIC™(WBC)」がいよいよ間近に迫ってきました。2006年、2009年の本大会で見事に2連覇を成し遂げた日本ですが、米大リーグ(MLB)に所属するトップ選手が各国ともに参加する中で、果たして3連覇の快挙を達成することが出来るのでしょうか。そこで今回は、3月初旬から始まる第一ラウンドを控え、WBCに対する関心や、侍ジャパンの3連覇に向けた期待について聞きました。

全体の7割近くが「WBCに関心がある」と回答−特に男性の注目度が目立つ

2013WBCに関心がある?

SA(単回答)

さて、どのくらいの皆さんが「2013 WBC」に関心を持っているのでしょうか。「厳しい戦いになると思いますが、きっと(日本代表チームは)期待にこたえてくれると思う」(女性40代)など、「関心がある」と回答した人は67.5%。自由回答の中には「日本の野球の強さを世界に見せつけてほしい」(女性40代)、「緻密さが世界一だから」(男性40代)など、オリンピック種目から除外された野球にとって、WBCは唯一の世界大会となり、日本野球の強さを世界に向けて見せつけて欲しいという声が寄せられました。性別で「関心がある」という声を見てみると、女性は57.6%。一方、男性は75.3%にも上り、「野球」に対する興味・関心は男性の方が断然高いことがうかがえます。


その反面、「野球は全く興味がないので分かりません」(女性40代)など、「関心はない」という声も21.4%を占めました。

6割以上が「観戦したいと思う」と回答−特に中高年・シニア層で応援意識が高まる

WBCを観戦する?

SA(単回答)

では、来月3月から始まるWBCを実際に観戦したいと思っている人は、一体どのくらいいるのでしょうか。「家族揃って応援する。カッコイイところを見せてください」(女性30代)など、「(観戦したいと)思う」という声は61.7%を数え、関心度と同様に6割以上の高い割合を占めました。自由回答の中には「3月2日(に福岡で始まる第一ラウンド)は観戦に行くので、ぜひ勝って欲しい!」(女性50代)など、スタジアムでの生観戦を楽しみにする声も寄せられました。


世代別ではいかがでしょうか。「(観戦したいと)思う」という声は20代、30代では50%台で推移していたものの、40代で60.3%、50代で63.3%、60代で70.3%と徐々に上昇。さらに70代以上ではピークの76.3%まで達し、世代と共に応援意識が高まる傾向が明らかとなりました。

世代別:WBCを観戦する?

MA(複数回答)/n(有効回答数)

試合結果は「テレビ」がトップ−20〜50代で「ネット」、60代以上で「新聞」の活用も

■試合結果をどのように知る?

1 テレビのニュース 94.2%
2 ネット 47.0%
3 新聞(一般紙) 45.4%
4 スポーツ紙 12.8%
5 ラジオ 8.5%

MA(複数回答)/n=1567人

大変多くの人びとが「WBC観戦の意向」を持っていることが判りましたが、WBCの試合結果を皆さんはどういう手段で得るのでしょうか。最も回答が多かったのは「テレビのニュース」(94.2%)でした。「テレビでの試合観戦」(男性30代)、「テレビの前で家族皆でそろい応援する。あの感動をもう一度」(女性30代)など、テレビで生観戦、またスポーツ番組でダイジェストを観るという声が多数寄せられました。2位には「ネット」(47.0%)が挙げられ、「テレビ」同様に即時性の高いオンラインニュース等で、侍ジャパンの奮闘を随時チェックする人が多くなりそうです。以下、3位に「新聞(一般紙)」(45.4%)、4位に「スポーツ紙」(12.8%)、5位に「ラジオ」(8.5%)が続きました。


世代別ではいかがでしょうか。「テレビのニュース」は全世代で断トツ。「ネット」は20〜50代で50%前後を推移していたものの、60代で44.3%と減少傾向。さらに70代以上で18.6%まで落ち込み、シニア層ではオンラインニュースの活用があまり見られませんでした。その一方、「新聞」は20代〜40代で40%前半を推移していましたが、50代で49.0%に増加。さらに60代ではピークの59.5%まで上昇し、シニア層では「ネット」に代わって「新聞」が情報源として重視されていることがうかがえます。

世代別:WBCの試合結果を知るメディアは?

MA(複数回答)/n=1567人)

6割以上が「日本の3連覇!」予想−「チームワーク」「綿密な野球」で優勝間違いなし

■優勝するのはどこの国?

1 日本 64.2%
2 アメリカ 17.0%
3 キューバ 9.7%
4 韓国 4.6%
5 ブラジル 1.2%

SA(単回答)/n=2259人

ここまでWBCの関心度や観戦方法を皆さんに聞いてきましたが、次に今大会の優勝チームの行方について占ってみたいと思います。ではズバリ、2013WBCの優勝国は果たしてどこでしょうか。最も回答が多かったのは「日本」(64.2%)でした。「日本は投手力、守備力が安定。大量点を取られる可能性が一番低く、優勝する確立が高いと思う」(男性30代)など、ペナントレースとは異なり、短期決戦では投手力の優劣が勝敗を分けることが多いため、日本屈指の投手陣が集結した侍ジャパンにつけいるスキはなしという声。中には「今回はダルビッシュやイチローなどのメジャー組が参加しないので厳しい。でも、チームが一つとなった緻密な日本野球で必ず3連覇してくれると信じている」(男性30代)、「小粒と言われている日本だがチームワークは随一」(女性40代)など、「メジャー不在」「得点力不安」という懸念もある中、国内組のみで構成された「チームワークの良さ」「緻密な野球」で、3連覇間違いなしと太鼓判を押す人もいました。


次に回答が多かったのは「アメリカ」(17.0%)。「日本は大リーガーなしで大会に臨むのでとても厳しいと思う。アメリカは選手層が厚いと感じました」(男性40代)、「アメリカが今回は力を入れている感があるので、油断できないと思う」(女性40代)など、過去2回で優勝を逃している「パワーに勝るアメリカ」が本気を出しそうという声が目立ち、優勝候補に名乗りを上げました。続いて、優勝予想で目立ったのは「キューバ」(9.7%)でした。「キューバがダントツの強さだと思う」(男性60代)、「キューバの打撃はとても怖い」(女性30代)など、パワフルかつ柔軟で、走攻守そろった野球が持ち味の中南米屈指の強豪国を挙げる声。さらに4位に「韓国」(4.6%)が続き、「日本」を含めて「アメリカ」「キューバ」「韓国」の4カ国で、優勝争いが繰り広げられると予想する人が目立ちました。

最大の強敵は「アメリカ」−名将トーリ監督のもと、大リーガーが本気で優勝を狙う!

■日本のライバルや強敵の国は?

1 アメリカ 69.6%
2 キューバ 58.4%
3 韓国 53.3%
4 ドミニカ共和国 7.1%
5 ブラジル 4.0%

MA(複数回答)/n=2233人

全体の6割以上の人びとが「日本の3連覇」を予想していましたが、では日本を苦しめそうな最大のライバルとなるのは、どのチームでしょうか?最も回答が多かったのは「アメリカ」(69.6%)でした。「最強、最大のライバルはアメリカだと思う。元ヤンキースのトーリ監督のもと名立たるメジャーリーガーがどんどん出場表明。過去に無いほど本腰を入れていると思われる。(日本が)優勝できるかはアメリカとの対決次第!」(男性30代)など、ワールドシリーズを4度制覇した名将トーリ監督が指揮を務めるアメリカ代表はメジャーリーガーを擁したチームで、日本の3連覇に立ちはだかる最大の強敵となりそうです。

リベンジに燃える「キューバ」「韓国」も侮れない!−一進一退の壮絶な戦いを予想する声

次に回答が多かったのは「キューバ」(58.4%)。「キューバは親善試合で日本に負けているのでかなり研究してきているはず…」(女性40代)など、第一ラウンドで対戦するキューバとの一戦は、昨年11月に行われた親善試合で日本に惜敗を期しているだけに警戒が必要という声。さらに前大会のリベンジに燃えているのは「韓国」(53.3%)も一緒。「毎回、韓国と死闘を繰り広げているので、今回も韓国が手強い」(男性30代)、「韓国の気迫に負ける可能性がある」(男性40代)と予想を立てる人もいました。


そのほか、「大リーグ選手の出場を見込むドミニカが強敵」(男性80代)など、4位に「ドミニカ共和国」(7.1%)、5位に「ブラジル」(4.0%)が続きました。自由回答の中には「ブラジルの曲尾マイケ選手は、ヤクルト・スワローズを戦力外となった選手。日本戦で実力を見せてほしい」(男性30代)、「外国チームなら(日本ハムに所属する)陽 岱鋼(よう だいかん)選手。日本チームのことを完璧に分析できているだろうから手ごわい」(男性50代)など、日本野球を学んだ外国人選手たちの活躍を期待する人もいました。さて、強力なライバルたちを迎え撃つ日本代表は、前回、前々回チャンピオンの意地をどこまで見せられるか、第一ラウンドからプレッシャーのかかる試合が続きそうな気配です。

期待度ナンバーワンは「田中投手」−真っ向勝負で外国人バッターをねじ伏せて!

■最も注目する選手は?

1 田中将大 26.9%
2 阿部慎之助 19.5%
3 前田健太 11.3%
4 中田翔 5.8%
5 稲葉篤紀 4.7%
6 糸井嘉男 3.5%
7 杉内俊哉 3.2%
7 能見篤史 3.2%
9 坂本勇人 2.8%
10 澤村拓一 2.6%

SA(単回答)/n=924人

では、皆さんが今大会で活躍を期待するプレーヤーは誰でしょうか。堂々の人気ナンバーワンは「田中将大投手(楽天)」(26.9%)でした。「エースとしてチームを引っ張るような力強いピッチングの試合が見たい」(女性30代)、「マーくんの気合が漲る投球を期待している。頑張れ!!」(男性40代)など、田中投手らしい真っ向勝負の投球スタイルで、外国人バッターをねじ伏せて欲しいという声。さらに「カーブ、スライダー、得意の変化球で打者を振り回して欲しい」(女性30代)など、3位にも「前田健太投手(広島)」(11.3%)が挙げられ、厳しい試合が予想される中で日本を代表する頼もしい投手陣に大きな期待が寄せられました。

短期決戦を勝ち抜くキーマンは「阿部捕手」−投手・チームをけん引するリーダーに期待

次に2位は、その投手陣をリードする女房役の「阿部慎之助捕手(巨人)」(19.5%)でした。「攻守ともに抜群だと思う。投手を落ち着かせ、持ち前の実力を引き出してやってもらいたい」(男性50代)、「キャプテンとしての彼の統率力に期待」(女性30代)など、短期決戦を勝ち抜くには投手陣の踏ん張りと、チームワークの良さが欠かせず、キャプテンである阿部選手のリーダーシップがチームの力をけん引するポイントになりそうです。バッテリーのほか、打撃陣では4位に「中田翔選手(日本ハム)」(5.8%)。「外国選手に負けないパワーで豪快な一発を!」(男性40代)など、ゲームを変える長打力を持つ最年少の中田選手に注目する声。さらに5位には頼れる最年長の「稲葉篤紀選手(日本ハム)」(4.7%)が挙げられ、昨年パ・リーグを制した日本ハムの若手とベテランに侍ジャパンの要を託す人も目立ちました。


今回はWBCの第一ラウンドを控え、皆さんに優勝国の予想、及び侍ジャパン3連覇達成に向けたライバルについて聞きました。まず、「(WBCに)関心がある」と回答した人は7割近くを占め、「野球世界一」を決める唯一の大会であるWBCに高い注目が寄せられていることが明らかとなりました。中でも侍ジャパンの「3連覇」を予想する声は6割以上を数え、前回、前々回の感動を今一度味わいたいと考えるファンが大変多いことがうかがえます。外国選手のパワーにあふれる豪快なプレーに対し、投手を中心とした守備や機動力を使った攻撃など、「スモールベースボール」を特徴とする日本野球が世界を相手に対等以上に渡り合う姿に期待を寄せる声が多く集まりました。


さて、いよいよ3月2日から福岡・ヤフオクドームで第一ラウンドが始まり、しばらくは手に汗にぎる興奮の日々が続きそうですね。侍ジャパンの3連覇を信じて、皆さんで熱い声援を送りましょう!


最後に皆さんから送られた侍ジャパンに向けた応援メッセージをいくつかご紹介します。


■応援メッセージ

  • 「選手の中では稲葉選手などベテランが若手選手達をひっぱり、勝利に貢献してくれると期待している。選手のみなさん、怪我のないように最後まで全力でがんばってください」(女性60代、愛知)

  • 「それぞれ個性を生かした奇跡的なプレー。チームワークの良さが見えるプレー。頑張って優勝してください!!」(女性30代、東京)

  • 「ピッチャー陣は三振の山を築いて欲しいし、バッター陣はホームランといかなくても日本の繋ぎのバッティングを披露してくれたら必ず勝てると思う」(男性30代、福岡)

  • 「野球が好きなのでWBCも期待楽しみにしている。連覇とか気にしないで、自分達の持てる全てを出して全力で闘ってください。応援しています」(女性30代、宮城)

  • 「阿部捕手はピッチャーのリードもうまいが、精神的にコントロールもうまい!A組グループのブラジルのメンバーは日系が多く、またキューバも勝ちにきそうなので、技術面と精神面でがんばって。優勝旗目指してがんばれ〜!」(女性60代、広島)

  • 「阿部選手に外国の選手が打てないようにリードしてもらいたい。ホークスの選手たちに、ガンガン打ってほしい。子どもたちが応援しています」(女性30代、福岡)

  • 「(田中投手には)正攻法で投球してほしい。逃げないで立ち向かっていくことで、たとえ苦い経験になっても大きな財産になると思う」(男性50代、兵庫県)

  • 「優勝を願っていますが、その前に大事なことは怪我なく全力でプレーしてくれることを一番願っている。自分を信じて無理をしないように頑張ってください」(男性40代、長野)

  • 「(山本監督には)どの投手をどの場面で起用するかに注目している。 過度な期待に引きずられ投手交代が遅れて手遅れにならぬように見極めてほしい。日本野球の本物の底力を見せつけろ!」(男性50代、神奈川)

  • 「(井端選手の)守備はピカイチなので、華麗なグラブさばきを見せてほしい。そして天性のバッティングセンスで得意の右打ちを期待している」(女性50代、愛知)

  • 「日本のプロ野球は世界中を魅了できる素晴らしいものなんだということを、知らしめてください」(男性40代、大阪)

  • 「全員好プレーを期待している。日本に元気をもってかえってください。最近はせちからい世の中、日本に明るい話題を」(女性30代、奈良)