1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研

私のママスイッチ

Vol.3 磯村 舞さん(41歳) 建築家

素材の味で勝負!宅配野菜を使ったシンプルな夕食

Vol.3 磯村 舞さん(41歳) 建築家
2014年10月25日

プロフィール

二子玉川にある設計とデザインの会社(株式会社グラディエ)を夫と共同経営しつつ、他設計事務所の広報業務を週3日程度で受託している。夫と1歳9ヶ月の娘さんと3人暮らし。昨年から職住近接暮らしを実践中。

19:00 食事作りもラストスパート!娘がいると夕飯時は……

写真あ〜それにしても本当に静か……起きる気配もない。いつもは料理中に「ママ〜」って呼ばれるんです。「な〜に」って彼女が座っているダイニングテーブルまで行って「かんぱ〜い」って。これを何度か繰り返して、飽きたなって頃にさっと離れて料理に戻る。足下から離れない時もあるのですが、そんな時は冷蔵庫に活躍してもらいます。シールをはった磁石を作っておいて遊べるようにしているんです。これで私の側にいながら、火からも包丁からも遠ざけられるかなって。

写真

お魚も焼けたし、食べる準備をしますか。今日はごはんを朝炊いたので、その残りを土鍋ごとレンジに入れて温めます。インスタントみそ汁に乾燥野菜を追加しポットのお湯を注ぎます。少しでも栄養になればと…乾燥野菜はよく使います。納豆に卵を割り入れ、海苔をもんで散らします。冷蔵庫から昨日の残りの枝豆、ひじき、ぶりの煮付を食卓に並べます。お魚を皿にのせ、ごはんが温まったら本日の夕飯が完成です。今日はちょっと寂しくもあり贅沢でもあるひとりごはん。

19:10 いただきまーす!

ちなみにこの日、娘は夜中12時頃に起きたものの牛乳を少し飲んでまた眠りました。

写真

ここにはこだわっています!

こだわり1 土鍋で炊くごはん

写真妊娠中のつわりがきっかけで土鍋に切り替えたのですが、娘の食欲がない時でも炊きたてのごはんなら食べてくれるんですね。だからできるだけこまめに少量ずつ炊くようにしています。夜炊くときは、朝、土鍋にといだお米と水を入れて冷蔵庫へ。低温なので長時間吸水でも大丈夫。帰ってきてからごはんを痛みにくくするために少しのお酢を入れて炊きます。

こだわり2 宅配野菜が強い味方

写真野菜は、「らでぃっしゅぼーや」の宅配を2週間に一回利用しています。妊娠中にいろいろ試してみたのですが、子どもが3歳まで配送料が無料なのと、ネットでの注文のしやすさ、選ぶ楽しさ、安全性で選びました。あまり料理に手間がかけられないので、素材の味で勝負!という発想に。手間のかかるものは調理済みのものを利用しています。野菜は季節のものをチョイスして送ってくれるのでバリエーションが増えて楽しいですね。

こだわり3 キッチンはスッキリ、使いやすく

写真キッチンをスッキリ美しく、広く見せるために余計なものを置かないように心がけています。場所が限られているのでモノが多いと料理がやり辛いので。キッチンカウンター上部の棚は私たち夫婦で作りました。棚の下側面にはワイングラスハンガーをつけ、グラスを収納できるなど機能性もバッチリ。その時の気分や飲み物によってグラスを変えたいので、我が家はグラス類がちょっと多めかな。

ハピ研 青山ハッピー研究所

  • 毎週アンケート
  • 二択でスッキリ、あなたはどっち?
  • 私のママスイッチ
  • ヒトトヒトサラ
  • データバンク『食と健康』
  • 研究レポート
  • ハピブログ
  • ハピ研について