1. ホーム
  2. サステナビリティトップ
  3. 責任ある飲酒
  4. 方針と体制(責任ある飲酒)
方針と体制(責任ある飲酒) 方針と体制(責任ある飲酒)

方針と体制責任ある飲酒

基本方針

アサヒグループは「酒類を取り扱う企業グループとしての飲酒に関する基本方針」(以下、グループ飲酒方針)のもと、すべての従業員が、酒類を取り扱う企業グループの一員としての責任を自覚し行動するとともに、不適切な飲酒の撲滅と酒類文化の健全な発展に向けて課題に取り組んでいます。

グループ飲酒方針の概要

  • 方針1従業員の自覚と行動
    酒類を取り扱う企業グループの一員としての責任を自覚し、行動する
  • 方針2不適切な飲酒による問題の撲滅と予防
    飲酒運転、未成年者飲酒、妊産婦飲酒、大量飲酒など
  • 方針3責任あるマーケティング活動
    関連法令や業界自主基準、アサヒグループ各社の社内規定の遵守
  • 方針4適切な情報開示と啓発
    商品等を通じて社会に対し、適切な情報開示を行うとともに、消費者にも責任ある飲酒を求めるメッセージとアドバイスを普及、知識の啓発に努める
  • 方針5ステークホルダーとの連携
    不適切な飲酒の撲滅に向けて、さまざまなステークホルダーとともに連携して取り組む
  • 方針6革新的な商品の展開
    自然の恵みを活かしつつ、アサヒグループの知見と技術を結集し、おいしさに誇りを持ちながら、酒類文化の健全な発展に寄与する革新的な商品を展開する

グローバルスローガン「Responsible Drinking Ambassador」

アサヒグループは、グループ飲酒方針の実現に向け、2020年に「Responsible Drinking Ambassador」というグローバルスローガンを策定しました。
これは、アサヒグループの従業員で共有し、一目で従業員としての使命を思い出すことができるように作成されたスローガンです。従業員一人ひとりが「責任ある飲酒」に責任を持ち、グループ飲酒方針の実現に向けた行動をすることが、方針の実現への第一歩であるとの考えから「Ambassador」(大使)という言葉をスローガンに入れました。
「Ambassador」としての意識の醸成や知識の修得のため、これまでは酒類を扱う事業会社のみで行っていた適正飲酒に関するeラーニングを、酒類以外の事業会社にも拡大するなどの取組みを開始しています。

マネジメント体制

アサヒグループでは、アサヒグループホールディングス(株)のSustainabilityが事務局を担い、各Regional Headquartersの担当役員や担当者が参加するグローバルアルコールポリシー会議を隔月で開催しています。同会議がサステナビリティタスクフォースの役割を担い、グループ全体における酒類関連の課題対応の協議や成功事例の共有などを実施しています。同体制の中で、責任ある飲酒の目標達成に向けた協議を行っています。

マネジメント体制

  • アサヒグループの酒類事業を担う会社ごとに、製造から販売に携わる部署が横断的に連携するマネジメント体制を敷いています。
  • 不適切なアルコールの使用に起因する諸問題は多岐にわたっていることから、特定組織のみが対応するのではなく、アサヒグループ内の各地域にそれぞれの役割を与え、グループ一丸となってアルコール関連問題に取り組むための体制を講じています。事業活動のあらゆる局面で、コンプライアンスを最優先とする行動を徹底しています。

CSRマネジメント
環境
コミュニティ
健康
責任ある飲酒
データ集