1. トップページ
    2. サステナビリティトップ
    3. 環境
    4. 気候変動
ページトップへ
気候変動 気候変動

気候変動

考え方

地球温暖化により、これまで経験したことのない気候の変化や、熱波による干ばつ、台風や豪雨による洪水など異常気象が世界各地で発生し、生命や財産に大きな被害をもたらしています。自然の恵みを原料として事業を行うアサヒグループにとって、気候変動問題は重要な環境課題です。アサヒグループは、パリ協定や国連の持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)を踏まえ、2050年及びその過程における2030年の温室効果ガス排出量削減の目標「アサヒカーボンゼロ」を新たに設定しました。この目標達成のための取組みを通じて、気候変動へ対応していきます。

マネジメント体制

目標

2019年度の主な実績

今後に向けて

今後は、ISO14001を活用し、工場における熱及び電気エネルギーについて、製造工程の改造・改善による全事業場での省エネルギーの推進、排水処理におけるバイオガスの利用、再生可能エネルギーの導入、水素エネルギーの将来利用などの研究開発の推進、これら活動の技術の開示など様々なCO2排出量削減への取組みを積極的に推進し、目標の達成を目指します。
また、2019年に「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」提言への賛同を表明し、シナリオ分析を通じて気候変動へ対応した事業戦略の策定を進めています。リスクと機会を把握し、対応することで事業の強靭性(レジリエンス)を向上させ、ステークホルダーと共に社会の持続可能性を高めることに貢献してまいります。

関連情報

関連するSDGs

関連情報

CSRマネジメント
環境
健康
コミュニティ
責任ある飲酒
データ集