1. トップページ
    2. サステナビリティトップ
    3. 環境
ページトップへ
グリーンボンド グリーンボンド

グリーンボンド

アサヒグループは、国内市場において公募形式によるグリーンボンド(第14回無担保社債)を2020年10月に発行する予定です。
当該グリーンボンドの発行により調達する資金は、主にリサイクルPETやバイオマスプラスチックの調達、再生可能エネルギーの購入、社有林「アサヒの森」の維持等に充当します。
当グループは、水や農作物など「自然の恵み」を享受して事業活動を行っています。その大切な「自然の恵み」を後世につないでいくため、さまざまな環境課題への取組みを推進すべく、2019年に「アサヒグループ環境ビジョン2050」を策定しました。その中で、気候変動への対応として2050年までにCO2排出量“ゼロ”を目指すことや、農作物原料、容器包装、水について持続可能な資源利用100%を目指すことを掲げております。この度のグリーンボンドの発行により、事業成長とともに持続可能な社会の実現に向けた取組みをより一層加速させていきます。

グリーンボンド概要

発行体 アサヒグループホールディングス株式会社
発行年限 5年(予定)
発行額 100億円(予定)
発行時期 2020年10月(予定)
資金使途
  • リサイクルPETの調達
  • バイオマスプラスチックの調達
  • 再生可能エネルギーの購入
  • 社有林「アサヒの森」の維持 等
主幹事証券会社 野村證券株式会社、大和証券株式会社、SMBC日興証券株式会社、みずほ証券株式会社
グリーンボンド・ストラクチャリング・エージェント 野村證券株式会社

グリーンボンドのフレームワークの策定およびセカンドパーティ・オピニオン取得の助言等を通じて、グリーンボンドの発行支援を行う者。

グリーンボンド適格性に関する第三者評価

アサヒグループは、「グリーンボンド原則2018」および「グリーンボンドガイドライン2020年版」への適合性および透明性の確保ならびに投資家への訴求力向上のため、第三者評価として、株式会社日本格付研究所よりセカンドパーティ・オピニオンを取得いたしました。

関連情報

投資表明投資家一覧(五十音順)

発行後に更新予定です。

フレームワーク

アサヒグループは、グリーンボンドの発行にあたり、国際資本市場協会(ICMA)による「グリーンボンド原則2018」および環境省「グリーンボンドガイドライン2020年版」に定められている4つの要素(1.調達資金の使途、2.プロジェクトの評価と選定のプロセス、3.調達資金の管理、4.レポーティング)に関する方針を記載したグリーンボンドフレームワークを策定しました。

調達資金の使途
  1. (1) 「アサヒ カーボンゼロ」への取組み:再生可能エネルギー電力の購入、工場における省エネ設備の導入、ヒートポンプ自販機の導入
  2. (2) 持続可能な容器包装に関する取組み:リサイクルPETの調達、バイオマスプラスチックの調達
  3. (3) 持続可能な水資源を推進する取組み:社有林「アサヒの森」の維持
プロジェクトの評価と選定プロセス グリーンボンドの調達資金が充当されるプロジェクトは、グローバルサステナビリティ委員会において決定されたアサヒグループのサステナビリティ戦略に基づき、経営戦略会議またはグループ各社の経営会議で評価、選定します。
調達資金の管理 グリーンボンドで調達された資金は、アサヒグループホールディングス(株) Financeによりグリーンボンド専用の口座にて管理され、Financeは、内部管理システムを用いて四半期末毎に追跡・管理を行います。調達資金が適格事業に充当されるまでの間は、現金または現金同等物にて管理します。
レポーティング グリーンボンドにより調達した資金の全額充当まで、またはグリーンボンドの発行残高がある限り、年次にてアサヒグループのウェブサイトおよび統合報告書にて、適格事業への資金充当状況について公表いたします。また、グリーンボンドの発行残高がある限り、適格事業の環境改善効果について、資金充当状況と同様に年次にてアサヒグループのウェブサイトおよび統合報告書にて公表いたします。

関連情報

レポーティング

2020年の資金充当状況および環境改善効果に関するレポートは、アサヒグループのウェブサイトおよび統合報告書にて2021年6月頃公開予定です。

CSRマネジメント
環境
健康
コミュニティ
責任ある飲酒