1. トップページ
    2. サステナビリティトップ
    3. 環境
    4. 気候変動への対応
    5. 温室効果ガスの削減
ページトップへ
温室効果ガスの削減 温室効果ガスの削減

温室効果ガスの削減

中長期目標「アサヒカーボンゼロ」

SBT国内事業会社において、持続可能な地球環境の実現を目指し、環境経営における気候変動に関する新たな中長期目標「アサヒ カーボンゼロ」を設定しました。
この温室効果ガス削減の中長期目標である「アサヒ カーボンゼロ」は、パリ協定の2℃目標を達成するための科学的な根拠ある水準であると認められ、「Science Based Targets (SBT)イニシアチブ」からの承認を取得しています。

『アサヒ カーボンゼロ』目標

2050年 温室効果ガス排出量“ゼロ”を目指す。
2030年 Scope1,2 30%削減
Scope3 30%削減

(2015年基準)

今回設定した目標は、2050年に温室効果ガス排出量“ゼロ”を目指すものであり、2030年にScope1,2及びScope3にて(2015年比)30%削減を目標とするものです。
目標達成に向けては、製造工程における蒸気などの排熱回収利用、缶列常温充填化などの冷熱利用、コジェネレーション設備の導入、燃料転換、ISO14001を活用した全事業場での活動など様々な省エネ・環境施策を実施していきます。

CO2排出量実績

アサヒグループにおける2017年CO2排出量実績は、東日本大震災以降、原子力発電所の停止による電力のCO2換算係数の大幅な悪化や主要グループ事業会社の活動量の増加、飲料事業新規グループ会社参入などの影響により、2008年比(基準年比)3.7%増(前年比3.4%減)となりました。なおCO2排出量原単位は前年比7.2%減と着実に削減しています。
グリーン電力証書によるCO2排出削減貢献量反映
CO2排出量原単位の基準年比較は従来の国内会計基準の売上高原単位で比較

今後もアサヒグループは、2020年までにCO2排出量を2008年比で30%削減する目標に向けて積極的に取り組んでいきます。

国内事業 CO2排出量・原単位の推移

国内事業 CO2排出量・原単位の推移

集計範囲は国内事業のスコープ1、2、3(物流荷主+自販機)です。

2014年、国の「グリーンエネルギーCO2削減相当量認証制度」により、グリーン電力証書によるCO2削減貢献量を「地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)」に基づく温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度等に活用できるようになったため、2013年実績分からCO2削減貢献量を反映した数値で表しました。なお、CO2排出量、原単位の( )内は、グリーン電力証書によるCO2削減貢献量反映前の数値です。
【CO2削減貢献量:2013年12.8千トン 2014年12.3千トン 2015年13.3千トン 2016年12.6千トン 2017年11.9千トン】

国内事業 CO2排出量実績 内訳

単位:千トン

2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
スコープ1+2 498 531 535 534 525
スコープ3(物流荷主+自販機) 370 399 402 386 363
グリーン電力CO2削減貢献量 12.8 12.3 13.3 12.6 11.9
合計 855 918 924 907 876

国際事業(オセアニア) CO2排出量実績

単位:千トン

2014年 2015年 2016年 2017年
オーストラリア 75.7 76.4 79.8 85.3
ニュージーランド 6.0 5.7 5.8 6.1
合計 81.7 82.1 85.6 91.4

2014年よりスコープ1+2検証実績

対象組織

国内事業 エネルギー使用量・原単位の推移

国内事業 エネルギー使用量・原単位の推移

集計範囲は国内事業のスコープ1、2です。

環境・省エネルギー設備の導入

アサヒグループの工場では、燃料転換や、排水中のメタンガスを有効利用できる嫌気性排水処理設備など、環境・省エネルギー設備の導入を継続的に進めています。

  • コ・ジェネレーションシステムコ・ジェネレーションシステム
  • 嫌気性排水処理システム嫌気性排水処理システム

アサヒグループの主な環境・省エネルギー設備の導入状況(2017年12月末現在)

技術項目 効果の内容 導入工場
コ・ジェネレーションシステム 燃料(ガス)の燃焼により発電を行うと同時に、燃焼排ガスを利用して蒸気をつくることで、エネルギーを有効利用します アサヒビール(株)
福島工場、茨城工場、神奈川工場、名古屋工場、吹田工場、博多工場

アサヒ飲料(株)
明石工場、群馬工場

アサヒグループ食品 (株)
栃木さくら工場
燃料転換 従来、燃料に重油などを使用していた工場で、燃料を天然ガスに転換することにより、CO2排出量を抑制します。当初から天然ガス利用も含む アサヒビール(株)
北海道工場、福島工場、茨城工場、 神奈川工場、名古屋工場、吹田工場、 博多工場

ニッカウヰスキー(株)
弘前工場、柏工場、西宮工場、門司工場、さつま司蒸溜所

アサヒビールモルト(株)
小金井工場、野洲工場

アサヒ飲料(株)
富士山工場、明石工場、六甲工場、北陸工場
富士吉田工場、群馬工場、岡山工場

(株)エルビー
蓮田工場、東海工場

アサヒグループ食品 (株)
栃木小金井工場、茨城工場、大阪工場
栃木さくら工場、岡山工場第1プラント

和光食品工業(株)
長野工場

Asahi Holdings (Australia) Pty Ltd
Laverton、Papakura(NZ)、
Tullamarine、Huntingwood、Albury、Goodna、
Ipswich、Welshpool、Henderson(NZ)

北京啤酒朝日有限公司
北京工場

Etika Beverages Sdn. Bhd
Bangi
嫌気性排水処理設備 排水中の有機物からメタンガスを取り出し、燃料として使用することで、熱や電力エネルギーの使用量、CO2排出量を削減します アサヒビール(株)
北海道工場、福島工場、茨城工場、 神奈川工場、名古屋工場、吹田工場、 四国工場、博多工場

ニッカウヰスキー (株)
栃木工場、門司工場

アサヒ飲料(株)
明石工場、富士山工場、北陸工場、群馬工場、岡山工場

Asahi Holdings (Australia) Pty Ltd
Henderson(NZ)

北京啤酒朝日有限公司
北京工場

太陽光発電設備 太陽光エネルギーを電力に変換して利用し、CO2排出量を削減します アサヒビール(株)
名古屋工場、博多工場

ニッカウヰスキー(株)
柏工場

アサヒ飲料(株)
富士山工場
アサヒグループカルピス恵比寿ビル

新たなクリーンエネルギーモデルの開発

固体酸化物形燃料電池(SOFC)試験

アサヒグループでは、ビール工場の嫌気性排水処理設備から得られたバイオガスに含まれる不純物を除去するための精製プロセスを構築し、高純度かつ低コストで導入可能なシステムを開発しました。2018年5月現在、このプロセスで得られた精製バイオガスを用いて、固体酸化物形燃料電池(SOFC)発電装置による長期連続発電試験を行っています。この発電は、アサヒグループと九州大学が共同で開発した試験用SOFC発電装置にて実験したもので、2018年5月時点で、2,000時間を超えて発電を継続しています。今後は、精製バイオガスによる季節変動などの影響を評価するため、最長10,000時間の長期連続発電を目指しています。

固体酸化物形燃料電池(SOFC)試験

グリーン電力の活用

ビール製品製造への活用

アサヒビール(株)では、2009年当時、食品業界としては最大となる年間4,000万kWhの風力発電およびバイオマス発電によるグリーン電力に関する契約を日本自然エネルギー(株)と締結しました。現在は、全工場で製造する全ての『アサヒスーパードライ』缶350ml及びギフトセットの全てのビール類の製造に、環境に配慮したエネルギーである「グリーン電力」を使う取り組みを行っています。
グリーン電力とは、風力やバイオマスといった地球環境への負荷が少ない自然エネルギーで発電された電力です。
『アサヒ スーパードライ』缶350mlの缶体や包装資材、ギフトセットの外箱などには、グリーン電力を使用して製造された製品であることを示す「グリーン・エネルギー・マーク」を記載しており、2009年から2016年までにグリーン電力を活用した量は、グリーンエネルギー(GE)マーク商品で日本No.1※1になりました。また本取り組みにより、累計で約86,000トン※2のCO2削減貢献量を実現しています。

グリーン電力証書の活用

「グリーン電力証書システム」を活用して、アサヒグループ本社ビルおよび隣接する飲食店ビル「アネックス」「フラムドール」においても使用する電力のすべてをグリーン電力で賄っています。「グリーン電力証書システム」とは、自然エネルギーにより発電された電力の環境付加価値を「グリーン電力証書」というかたちで取引するものです。証書を保有する企業や団体は、証書に記載されている発電電力相当分の環境改善を行い、自然エネルギーの普及に貢献したものとみなされる仕組みです。

※1 2009年5月〜2017年12月における、グリーンエネルギーマーク商品の中でグリーン電力活用量が日本No.1(【JQA】日本品質保証機構確認)
※2 CO2排出係数は電気事業連合会より毎年公表される最新係数を使用
2016年以降は電気事業低炭素社会協議会の係数を使用

  • グリーン電力
  • 本社
CSRマネジメント
環境
人権・人材マネジメント
責任ある事業活動
アサヒの強みを活かした価値創造