1. トップページ
    2. サステナビリティトップ
    3. 環境
    4. 環境マネジメント
ページトップへ
環境マネジメント 環境マネジメント

環境マネジメント

アサヒグループは、アサヒグループホールディングス(株)のCSR担当役員が責任者を務める「グループ環境会議」を組織し、アサヒグループの環境中期計画 の策定および環境活動の進捗把握・評価を行っています。「グループ環境会議」で策定した方針・計画は、最高責任者であるアサヒグループホールディングス(株)の社長に承認されます。

環境マネジメント体制

環境マネジメント体制

環境マネジメントサイクル

環境マネジメントサイクル

方針・計画の策定と伝達

「グループ環境会議」で策定した方針・計画は、「グループCSR推進会議」に諮り、アサヒグループホールディングス (株)の社長を最高責任者とする「経営戦略会議」で承認を受けた後、「グループ環境会議」の事務局であるアサヒグループホールディングス(株)CSR部門から各事業会社へ伝達されます。

各工場での取り組み

各工場では、工場長をトップとする「環境管理委員会」が、アサヒグループの環境中期計画、年次計画、ISO14001等の環境マネジメントプログラムなどに基づく環境活動などを推進しています。
また、各工場が個別に活動するだけでなく、グループ内で成功事例を共有化するなど、活動をグループ全体に水平展開するための工夫をしています。

成果や進捗の把握・評価

環境活動の成果や進捗状況は、各事業会社および各拠点の「事務局」が四半期ごとに把握・解析し、その結果は次四半期・次年度の計画立案に活用しています。

社内環境教育

アサヒグループの各事業会社では、ISO14001やエコアクション21(EA21)などに則り、環境方針や環境目的・目標に関する教育を実施しています。
また、環境啓発ツールの活用により社員の環境意識醸成を図っています。
2017年の全グループ会社の環境担当者を対象とした環境リスクマネジメントセミナーは、廃棄物管理をテーマに開催しました。

  • 2017年開催の環境リスクマネジメントセミナー

    2017年開催の環境リスクマネジメントセミナー

環境教育実績

実施テーマ 内容 実施形態 受講対象者 実施時期 受講人数 教育時間
環境リスクマネジメントセミナー 廃棄物管理 講義・ワークショップ・検定 全グループ会社の環境担当者 2016年11月 約110人 5時間
2017年11月 約100人 5時間

関連情報

環境関連法規の遵守

アサヒグループの各工場では、環境関連法規の遵守はもとより、排水処理やボイラー設備などの環境設備に関しても法定基準よりも厳格な自主基準を設定するなど、環境管理に努めています。

環境関連法規一覧

1.公害・エネルギー・土地利用
  • 環境基本法
  • 大気汚染防止法
  • 水質汚濁防止法
  • 浄化槽法
  • 下水道法
  • 悪臭防止法
  • 騒音規制法
  • 振動規制法
  • 工業用水法
  • 工場立地法
  • 省エネルギー法
  • 土壌汚染対策法
  • 特定工場における公害防止組織の整備に関する法律
  • 地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)
  • 瀬戸内海環境保全特別措置法
  • 公害健康被害の補償等に関する法律
2.リサイクル・廃棄物
  • 循環型社会形成推進基本法
  • 資源有効利用促進法
  • 廃棄物処理法
  • 容器包装リサイクル法
  • 食品リサイクル法
  • 家電リサイクル法
  • 建設リサイクル法
  • グリーン購入法
3.その他
  • 食品衛生法
  • 水道法
  • PRTR法
  • 労働安全衛生法
  • 消防法
  • 高圧ガス保安法
  • 毒物及び劇物取締法
  • ダイオキシン類対策特別措置法
  • PCB廃棄物特別措置法
  • フロン排出抑制法
  • 自動車リサイクル法
  • 自動車NOx・PM法
  • 建築基準法
  • 自然環境保全法
  • 肥料取締法
  • 環境の保全のための意欲の増進及び環境教育の推進に関する法律(環境保全活動・環境教育推進法)
  • 生物多様性基本法
CSRマネジメント
環境
人権・人材マネジメント
責任ある事業活動
アサヒの強みを活かした価値創造