環境実績 環境実績

環境実績

マテリアルバランス

事業活動にともなう環境負荷の実績

アサヒグループは、事業活動にともなって発生する環境負荷を把握し、その低減に向けて取り組んでいます。

マテリアルバランス

マテリアルバランス

INPUT 2017年 2018年 2019年 2020年
カテゴリー 項目
エネルギー 燃料・熱(千GJ) 6,438 6,252 6,289 5,857
電力(千GJ) 3,486 3,319 3,141 3,096
合計(千GJ) 9,924 9,571 9,430 8,953
<主な内訳> 都市ガス(千㎥) 109,909 106,508 109,011 100,485
液化天然ガス(LNG/t) 9,530 9,570 9,497 9,361
A重油(KL) 8,904 8,431 6,610 6,271
購入電力(千kWh) 357,553 340,526 322,177 318,463
水使用量 使用量(千㎥) 23,723 22,777 22,280 20,584
原料 ビール類(千t) 338 283 271 255
飲料類(千t) 237 264 283 263
容器包装資材 ビール類(千t) 325 297 278 184
飲料類(千t) 187 143 129 133
OUTPUT 2017年 2018年 2019年 2020年
カテゴリー 項目
温室効果ガス CO2排出量(千t) 528 495 469 447
大気排出 NOx(t) 151 157 215 179
SOx(t) 12 14 18 13
水排水量 排水量(千㎥) 16,779 16,615 16,428 15,312
排水水質 BOD(t) - - 354.7 294.6
COD(t) - - 125.3 92.3
副産物・廃棄物
(国内生産拠点+本社)
発生量(千t) 307 287 257 250
再資源化量(千t) 307 287 257 250
再資源化率(%) 100 100 100 100

集計範囲:国内グループ会社
集計期間:2020年1-12月
排水水質については、2019年より定義を見直して算出しております

環境会計

環境保全コスト

単位:百万円

分類 主な取組みの内容 2017年 2018年 2019年 2020年
投資額 費用額 投資額 費用額 投資額 費用額 投資額 費用額
1.事業エリア内コスト※1 2,239 6,552 2,030 6,759 2,703 6,267 1,403 6,258
内訳 ①公害防止コスト
  • 大気汚染、水質汚濁防止活動
  • 公害防止設備の保守・点検
  • 大気・水質などの分析・測定
653 2,474 577 2,796 1,441 2,550 879 2,665
②地球環境保全コスト
  • オゾン層破壊防止(脱フロン)
  • 省エネルギー活動
953 1,771 1,007 1,600 720 1,566 306 1,506
③資源循環コスト
  • 工場における廃棄物再資源化
  • リサイクル推進活動
  • 廃棄物処理設備の導入
633 2,307 446 2,363 542 2,151 218 2,087
2.上・下流コスト※2
  • リサイクル推進・支援活動(容器包装再商品化委託料など)
  • グリーン購入、グリーン電力購入
- 549 - 761 - 520 - 617
3.管理活動コスト※3
  • ISO14001/EA21の維持
  • 環境監査の実施
  • 環境教育の実施
- 428 - 361 - 484 - 437
4.研究開発コスト※4
  • 環境関連の研究開発
32 177 47 249 40 255 213 1,900
5.社会活動コスト※5
  • 環境美化活動、公害賦課金
  • アサヒの森運営費
  • 環境保護団体などへの寄付、広告
- 220 - 224 - 444 - 476
6.環境損傷コスト※6 - - - - - - - -
合計値 2,271 7,926 2,077 8,353 2,743 7,970 1,616 9,688

環境保全対策にともなう経済効果

単位:百万円

効果の内容 2017年 2018年 2019年 2020年
廃棄物再資源化による有価物の売却収入総額 291 279 265 225
省エネルギー施策による費用削減額 104 142 273 119

集計範囲:アサヒビール(株)、アサヒ飲料(株)
集計期間:2017年、2018年、2019年、2020年(いずれも1月1日〜12月31日)
※1主なる事業活動により事業エリア内で生じる環境負荷を抑制するための環境保全コスト
※2主なる事業活動にともなってその上流または下流で生じる環境負荷を抑制するための環境保全コスト
※3管理活動における環境保全コスト
※4研究開発活動における環境保全コスト
※5社会活動における環境保全コスト
※6環境損傷に対応するコスト

環境監査

アサヒグループは、ISO14001/エコアクション21に基づき、外部認証機関による外部環境監査を実施しています。また、日本の各事業場内の内部監査チームによる内部環境監査を定期的に実施しています。さらに、これらの監査とは別に、各社本社の監査部門が定期的に内部監査を実施し、各拠点における環境活動の妥当性を監視しています。

本社内部監査実績(2020年)

監査対象(日本)

グループ各社 アサヒビール(株)
アサヒドラフトマーケティング(株)
エノテカ(株)
(株)なだ万
アサヒフードクリエイト(株)
アサヒ飲料(株)
アサヒ飲料販売(株)
ミチノク(株)
九州アサヒ飲料販売(株)
アサヒオリオン飲料(株)
アサヒグループ食品(株)
日本エフディ(株)
和光食品工業(株)
アサヒロジ(株)
アサヒカルピスウェルネス(株)

監査結果(環境管理)

要改善以上の指摘 39件
主な指摘事項 廃棄物関連(契約書・マニフェストなど)の管理方法の不備 17件
環境設備関連(排水処理など)の管理方法の不備 0件
フロン関連管理方法の不備 9件
その他、環境関連法関連対応・管理の不備 13件

重大な事故および違反の発生状況

アサヒグループにおいて、2020年度は水質や有害化学物質等に関する環境に影響する重大な事故や違反は発生していません。また、国内事業会社において2020年度は環境関連の罰金・違約金は発生していません。

  • 重大な事故発生件数 0件

社外からの評価

アサヒグループはこれまで、環境関連のさまざまな表彰・認定を受けています。

CDPが実施した調査においてアサヒグループが高評価

アサヒグループホールディングス(株)は、国際的な非営利団体CDPが実施した調査において、2019年に続き、2020年も“気候変動”で最高評価となるAリストに3年連続で選定されました。また、CDPが実施する「サプライヤー・エンゲージメント評価」において最高評価となる「リーダー・ボード」企業にも認定されました。今回の結果は、アサヒグループが新たな気候変動に関する目標「アサヒ カーボンゼロ」を設定し、再生可能エネルギーを活用した商品の製造や、ラベルレス商品の展開、バイオガスを活用した燃料電池の導入など、その実現に向けて、日々、さまざまな挑戦と革新を続けてきたこと、データの第三者による検証などが評価されたものと考えています。

CDP

第2回ESGファイナンス・アワード・ジャパン「銅賞」ダブル受賞

環境省が主催する「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」は、ESG金融やグリーンプロジェクトに関して積極的に取り組み、環境・社会に優れたインパクトを与えた投資家・金融機関など、また環境関連の重要な機会とリスクを企業価値向上に向け経営戦略に取り込み、企業価値と環境へインパクトを生み出している企業の取組みを評価・表彰するものです。
アサヒグループは、第2回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」において、資金調達者部門と環境サステナブル企業部門の2部門で銅賞を受賞しました。

2021 ESG FINANCE AWARDS JAPAN BRONZE

第三者保証

アサヒグループは、海外も含めたグループ全体の環境情報・データの一元的集約と第三者保証による透明性・信頼性の高い情報開示は必須であると考えています。特に重要である温室効果ガス排出量(Scope1、2、3)、エネルギー使用量、水使用量および排水量について第三者検証を受け、検証機関であるロイドレジスタークオリティアシュアランスリミテッド(LRQA)による保証書を取得しています。

第三者保証の取得

対象データ 準拠する規格 対象組織 検証開始時期
温室効果ガス排出量(Scope1、2) ISAE3000 ISO14064-3 日本国内事業 2014年〜
オセアニアのグループ会社 2015年〜
欧州のグループ会社 2018年〜
東南アジアのグループ会社 2019年〜
温室効果ガス排出量(Scope3) ISAE3000 ISO14064-3 アサヒビール(株)およびアサヒ飲料(株) 2015年〜
欧州およびオセアニアのグループ会社 2020年〜
エネルギー使用量 ISAE3000 日本、欧州およびオセアニアのグループ会社 2018年〜
東南アジアのグループ会社 2019年〜
水使用量・排水量 ISAE3000 日本、欧州およびオセアニアのグループ会社 2018年〜
東南アジアのグループ会社 2019年〜

関連情報

CSRマネジメント
環境
コミュニティ
健康
責任ある飲酒
データ集