環境方針 環境方針

環境方針

環境基本方針

アサヒグループはグループ理念“Asahi Group Philosophy”に基づき、「アサヒグループ環境基本方針」を定めています。
「アサヒグループ環境基本方針」は、アサヒグループが「自然の恵み」による多くの商品の原料を使用する企業グループとして環境に対する方針を定めるものです。アサヒグループ全従業員が本方針を遵守することで、環境の課題に対して積極的に取り組むことを目的としています。

アサヒグループ環境基本方針

私たちアサヒグループは、水や農作物など「自然の恵み」を享受して事業活動を行っています。
最高の品質を追求し、期待を超えるおいしさを創造し続けるために、「自然の恵み」を育む地球環境を次世代に引き継ぐ責任があります。
目指していくのは、環境負荷を低減させるだけでなく、革新的な取組みによって、環境へプラスとなるような循環を生み出すこと。
事業成長とともに持続可能な社会の実現に挑戦し続けます。

  • 1. 私たちは、各国および各地域の環境法規制を遵守します。
  • 2. 私たちは、環境負荷低減に向けてマネジメントシステムを構築するなど、継続的な改善に取り組みます。
  • 3. 私たちは、エネルギーや水、原材料などの事業活動に必要な資源の使用効率の改善を図り、温室効果ガスや廃棄物の抑制、汚染防止や環境保護に努めます。
  • 4. 私たちは、バリューチェーン全体の環境負荷低減に向けて働きかけます。
  • 5. 私たちは、適切な情報開示により、透明性や信頼性を高め、ステークホルダーとの積極的なコミュニケーションを図ります。

アサヒグループ環境ビジョン2050

アサヒグループは、水や農作物など「自然の恵み」を享受して事業活動を行っています。最高の品質を追求し、期待を超えるおいしさを創造し続けるために、2019年に「アサヒグループ環境ビジョン2050」を策定し、取組みを進めています。

アサヒグループは、2050年までに、事業活動における環境負荷ゼロ(ニュートラル)を目指します。それとともに、アサヒグループの独自技術を活かし、社会により多くの環境価値創出(プラス)を目指すことで、事業成長とともに持続可能な社会の実現に挑戦します。

取り組むべき環境に関わるリスクと課題

取り組むべき環境に関わるリスクと課題

アサヒグループ環境ビジョン2050全体像

アサヒグループ環境ビジョン2050全体像

目標(KPI)

関連ページ

関連情報

CSRマネジメント
環境
コミュニティ
健康
責任ある飲酒
データ集