1. トップページ
    2. サステナビリティトップ
    3. 環境
    4. 環境方針・目標
ページトップへ
環境方針・目標 環境方針・目標

環境方針・目標

環境基本方針

アサヒグループはグループ理念“Asahi Group Philosophy”の施行に伴い、「アサヒグループ環境基本方針」を見直しました。
アサヒグループ環境基本方針」は、アサヒグループが「自然の恵み」による多くの商品の原材料を使用する企業グループとして環境に対する方針を定めるものです。アサヒグループ全従業員が本方針を遵守することで、環境の課題に対して積極的に取り組むことを目的としています。

アサヒグループ環境ビジョン2050

アサヒグループは、水や農作物など「自然の恵み」を享受して事業活動を行っています。最高の品質を追求し、期待を超えるおいしさを創造し続けるために、この度、取り組むべき環境に関わるリスクを整理し、改めて課題を設定しました。そして2019年、これまでの環境ビジョンを刷新し「アサヒグループ環境ビジョン2050」を策定しました。

アサヒグループは、2050年までに、事業活動における環境負荷ゼロ(ニュートラル)を目指すとともに、アサヒグループの独自技術を活かし、社会により多くの環境価値を創出(プラス)を目指すことで、事業成長とともに持続可能な社会の実現に挑戦します。

取り組むべき環境に関わるリスクと課題

取り組むべき環境に関わるリスクと課題

アサヒグループ環境ビジョン2050全体像

アサヒグループ環境ビジョン2050全体像

重点施策の目標(KPI)と達成に向けた取り組み

重点施策 目標(KPI) 達成に向けた取り組み
気候変動への対応(アサヒカーボンゼロ)
  • 2030年目標 CO2排出量30%削減(2015年比)
  • 2050年目標 CO2排出量ゼロ(カーボンニュートラル)
国内より取り組みを開始
  • さらなる省エネルギーの実施
  • 再生可能エネルギーの積極的活用
  • バリューチェーン上におけるCO2の排出量削減
持続可能な資源利用
  • 2025年目標 国内ビール工場「ウォーターニュートラル」
  • 2050年目標 持続可能な資源利用100%(水・原料・容器包装)
国内より取り組みを開始
  • 水使用量の削減
  • 水資源涵養量の拡大
  • 持続可能な調達に向けた取り組み強化
微生物・発酵技術の活用
  • 強みを活かした新たな価値創出
  • 酵母細胞壁事業による農業分野の社会的課題解決
  • 副産物を活用した新たな素材開発
プロセスイノベーション
  • 画期的な技術・仕組みの創出
  • バイオガスによる燃料電池システムの開発
  • サステナブルな容器包装の開発

容器包装2030(アサヒ飲料(株))

アサヒ飲料(株)では、持続可能な容器包装の実現に向けて、2019年に「容器包装2030」を制定し、2030年までに達成する目標として、以下の3つを定めています。

重点施策 目標(KPI)と達成に向けた取り組み
リサイクルPET、環境配慮素材の使用 2030年までに、プラスチック製容器包装(PETボトル、ラベル、キャップ、プラスチックボトル)の全重量の60%にリサイクルPET、植物由来の環境配慮素材などを使用することを目指します。
リデュース ラベルレスボトルを拡大するなどプラスチック製容器包装の重量削減を目指します。
環境に配慮した新容器開発 プラスチック以外の容器や、新しい環境配慮素材の研究開発を目指します。

関連情報

TCFDへの賛同

アサヒグループホールディングス(株)は、「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD:Task Force on Climate-related Financial Disclosures)」の提言に賛同しています。
TCFDの提言に賛同することにより、気候変動が事業に及ぼすリスクと機会についての分析と対応、関連する情報の開示を進めていきます。

TCFDロゴ

生物多様性に関する考え方

地球が誕生して以来、長い時間をかけて私たち人間も含めた様々な生物が生まれ、繋がりあって生きてきました。この生物多様性がもたらす恵み(生態系サービス)によって、私たちの命や暮らしは支えられています。
将来にわたり、私たちが生物多様性の恵みを享受していくためには、社会を構成する私たちが連携して生物多様性を守り、その恵みを使い尽くすことのないよう持続可能な利用をしていかなければなりません。事業者も社会の一員として、重要な役割を担っていくことが期待されます。
1992年のリオデジャネイロサミットで「地球温暖化防止」と並ぶ世界的な条約として採択された「生物多様性保全」は、地球上の生態系バランスを保っていく上で必須の課題です。アサヒグループは生物多様性に配慮した事業活動を実践していくために、生物多様性保全活動の基盤となる考え方や方針をまとめ、国内酒類業界では初となる「生物多様性宣言」を2010年3月に策定・公表しました。

アサヒグループ 生物多様性宣言〜自然の恵みを守ろう〜

地球上のさまざまな生きものは、それぞれが役割をにない、バランスを保ちつつ、相互につながって生きています。
きれいな空気や水、おいしい食べ物や飲み物、私たちが日々生きていくために必要なすべてのものは、さまざまな生きものたちが与えてくれる自然の恵みです。
水や穀物など、自然の恵みを用いて事業活動を行う私たちアサヒグループは、生物多様性を尊重し、より豊かな自然の恵みを守り、育み、次の世代へ伝えていきます。

アサヒグループ 生物多様性宣言に係る3つの基本方針と9つの行動指針

1. 生きものたちのすむ自然を守ります。

  • 1. 生きものがすむ、豊かな川や海を守ります。
  • 2. 生きものがすむ、豊かな森を守り、育てます。
  • 3. 生きものがすむ、豊かな環境を工場周辺でつくります。

2. 自然の恵みを大切に活かします。

  • 1. 自然の恵みを正しく利用します。
  • 2. 自然の恵みを、より有効に利用します。
  • 3. 自然のつながりを学び、生かす研究開発をすすめます。

3. 世界中の人々と一緒に取り組みます。

  • 1. この宣言をグループ全体で共有し、社員とともに取り組みます。
  • 2. 商品やサービスを通じて、自然の恵みの大切さをわかりやすく伝えます。
  • 3. ビジネスパートナーなどと協力し、グローバルに活動します。

社団法人日本経済団体連合会(経団連)生物多様性宣言を参考に、アサヒグループ独自の生物多様性宣言を策定しました。

CSRマネジメント
環境
人権・人材マネジメント
責任ある事業活動
アサヒの強みを活かした価値創造