1. トップページ
    2. サステナビリティトップ
    3. 環境
    4. 資源循環・汚染防止
    5. 環境汚染の防止
ページトップへ
環境汚染の防止 環境汚染の防止

環境汚染の防止

大気汚染物質の低減

アサヒグループでは、大気汚染物質であるNOx(窒素酸化物)やSOx(硫黄酸化物)の排出量低減に取り組んでいます。

NOx、SOx排出量の推移(国内事業)

2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
NOx 188トン 154トン 145トン 151トン 157トン
SOx 32トン 11トン 10トン 12トン 14トン

対象組織

化学物質管理

PRTR法に該当する物質の量の把握・管理を適切に実施するとともに、品質検査に用いる毒物および劇物取締法で指定されている試薬などについても、その受入・使用・廃棄については、「試薬取扱標準」「毒物・劇物取扱標準」などを定めて厳重に管理しています。
2018年度は、化学物質の重大な漏洩事故は発生していません。

土壌汚染対応

工場では、洗浄剤などの薬品類の受入口や貯蔵タンクに防液堤を設け、土壌への浸透防止を図っています。万が一、タンク類などから漏洩した場合には、確実に工程排水として自社排水処理設備で処理する体制を整えています。
また、アサヒグループでは、土壌調査が必要な場合は適正に対応します。

CSRマネジメント
環境
人権・人材マネジメント
責任ある事業活動
アサヒの強みを活かした価値創造