循環型社会の構築 循環型社会の構築

循環型社会の構築

考え方

世界的な人口増加や経済成長にともなう大量生産・大量消費型の経済構造により、資源消費が加速しつつあります。この状態が続けば、天然資源の枯渇や廃棄物の増加による環境汚染など資源利用が危機的状態に陥るため、資源の有効利用や廃棄物の排出量削減はあらゆる産業分野における喫緊の課題となります。

アサヒグループでも、製品の製造工程でさまざまな廃棄物や副産物が発生しており、資源の有効利用や廃棄物の排出量削減は重要な課題として認識しています。そのため、天然資源の消費が抑制され、環境への負荷ができる限り低減された社会である「循環型社会」の構築を推進しています。

マネジメント体制

目標

アサヒグループでは、これまでに培ったさまざまな技術や知見を活用し副産物の新しい利用に関する研究を進め、アサヒグループ独自の強みを活かした環境価値を創出する取組みを事業として拡大します。また、廃棄物の3R(リデュース、リユース、リサイクル)をさらに進め、汚染防止の取組みを推進し、「循環型社会」の構築を目指します。
日本においては副産物・廃棄物の再資源化100%を達成しているため、今後はその対象を海外の製造拠点にも拡大し、グループ全体での副産物・廃棄物再資源化100%達成を目指します。

日本の製造拠点およびアサヒグループ本社ビル

KPI

関連するSDGs

関連ページ

CSRマネジメント
環境
コミュニティ
健康
責任ある飲酒
データ集