1. トップページ
    2. サステナビリティ
    3. 環境
    4. 環境目標・実績
ページトップへ
環境目標・実績 | 環境 環境目標・実績 | 環境

環境目標・実績

「環境ビジョン2020」で設定した4つの重点課題

アサヒグループは、水や穀物などの自然の恵みを活かした事業を展開しており、地球環境と共生し、次世代へつなげていくことが使命だと考えています。「環境ビジョン2020」では、グループ全体で取り組むための4つの重点課題を設定しています。

重点課題 目標 主な取り組み実績
気候変動問題への取り組み 事業拠点におけるCO2排出量削減に向けた取り組み推進 コジェネレーション設備、燃料転換、嫌気性排水処理設備、太陽光発電設備等の導入、 PIE煮沸製法の導入、モーダルシフトの推進、各種省エネ施策の展開
自然エネルギーの活用・推進 グリーン電力の推進(2,214万kWh 11.9千トンのCO2排出削減貢献量)
省エネ自販機等の導入推進 省エネ型(ヒートポンプ式)自販機導入率向上、ピークカット自販機、LED自販機等の積極導入 自動販売機ヒートポンプ導入率85%
循環型社会構築への貢献 廃棄物再資源化100%の取り組み推進 国内グループ工場廃棄物再資源化100%維持継続(国内36生産拠点)
副産物・排出物の3Rの推進と有効利用促進
容器包装の環境負荷低減 等 容器包装・資材の軽量化、薄肉化 (PETボトル、キャップ、段ボールカートン等)、バイオ素材の採用
研究開発による環境貢献型商品の開発 乳酸菌や酵母を活用した「堆肥化促進剤」や「植物成長剤」の開発による循環型農業プロセスへの貢献
生物多様性の保全 「生物多様性宣言」に基づく生物多様性に配慮した活動の推進 ①アサヒビール(株)の社有林「アサヒの森」における森林経営
②国内グループ会社製造拠点での水源地の森林保全活動の展開 アサヒビール(株)、ニッカウヰスキー(株)、アサヒグループ食品(和光堂(株))、アサヒ飲料(株)北陸工場、富士山工場(行政連携)
③ビオトープ運営他
・アサヒビール(株)神奈川工場、アサヒビールモルト(株)野洲工場、カルピス(株)群馬工場、岡山工場
・ニッカウヰスキー(株)仙台工場 新川川でのヤマメの放流
自然の恵みの啓発 環境への取り組み発信と社会全体の活動推進 アサヒの森自然学園、アサヒ森の子塾などの環境教育の推進
「三ツ矢サイダー」ジュニア環境授業の展開
環境人材の育成 若武者育成塾による環境人材の育成

関連情報

代表的な環境関連の受賞・認定経歴

アサヒグループはこれまで、環境関連のさまざまな表彰・認定を受けています。また、2016年には環境経営度の観点からの融資格付も取得しました。

日本政策投資銀行の「環境格付」で最高ランクを獲得

アサヒグループHDは、日本政策投資銀行(DBJ)が設定する「DBJ環境格付」に基づく融資において、「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」とする最高のランクを2年連続で獲得しました。また、評価が特に優れるモデル企業として、特別表彰されました。アサヒグループが特別表彰されるのは今回がはじめてです。

DBJ環境格付

DJSIの構成銘柄に10年連続で採用

アサヒグループホールディングス(株)は、世界的な社会的責任投資(SRI)指標のひとつである「Dow Jones Sustainability Indices(DJSI)」のアジア・太平洋版「DJSI Asia/Pacific」に、2017年度の構成銘柄として採用されました。「DJSI Asia/Pacific」におけるアサヒグループホールディングス(株)の採用は、2008年以来10年連続となります。
今回、アサヒグループホールディングス(株)が採用された「DJSI Asia/Pacific」には、対象となるアジア・太平洋地域の152社(うち日本企業72社)が採用されました。アサヒグループホールディングス(株)は、この地域の「飲料(Beverages)」セクターにおける、唯一の採用企業となりました。

Dow Jones Sustainability Indices(DJSI)
会社名 主催団体名 表彰受賞または
認定年月
表彰受賞名または認定内容
アサヒグループホールディングス(株) 日本政策投資銀行(DBJ) 2018年1月 日本政策投資銀行の「環境格付」で最高ランクを獲得
アサヒグループホールディングス(株) CDP 2017年10月 CDP気候変動に関する調査でリーダーシップレベルに選定
アサヒグループホールディングス(株) CDP 2017年10月 CDP水資源管理に関する調査でリーダーシップレベルに選定
アサヒグループホールディングス(株) S&P DJI RobecoSAM 2017年9月 社会的責任投資指標「DJSI」の構成銘柄に10年連続で採用
アサヒグループホールディングス(株) FTSE Russell社
RobecoSAM
2017年7月 『FTSE Blossom Japan Index』構成銘柄に選定
アサヒ飲料(株) 公益財団法人 日本デザイン振興会 2017年10月 オールバイオ素材の「三ツ矢サイダー」PET1.5L、美粧性を追求した「カルピスウォーター」PET500ml「グッドデザイン賞」W受賞
環境負荷・美粧性・持ちやすさを考慮した形状の容器成形技術を評価
CSRマネジメント
CSR活動領域:食と健康
CSR活動領域:環境
CSR活動領域:人と社会
活動事例・トピックス
コーポレートガバナンス
アサヒグループの食育