1. トップページ
    2. サステナビリティトップ
    3. 環境
    4. 気候変動への対応
    5. 第三者検証
ページトップへ
第三者検証 第三者検証

第三者検証

温室効果ガス排出量、エネルギー使用量、水使用量及び排水量の第三者検証

グローバルで事業展開しているアサヒグループは、海外も含めたグループ全体の環境情報・データの一元的集約と第三者検証による透明性・信頼性の高い情報開示は必須であると考え、特に重要である温室効果ガス排出量(スコープ1、2、3)について第三者検証を受け、保証書を取得しています。
2014年(2014年1月1日〜12月31日)は、アサヒグループの国内事業所から排出された温室効果ガスの算定方法や算定方法の適切性について、ISO14064-1に準拠した第三者検証を受け、その検証機関であるロイドレジスタークオリティアシュアランスリミテッド(LRQA)による保証書を取得しました。2015年よりオセアニア地区のグループ会社について対象範囲を拡大。更に2018年から欧州のグループ会社についても対象範囲を拡大し第三者検証を受け、保証書を取得しました。
また、2018年はスコープ1,2と同範囲において、エネルギー使用量、水使用量及び排水量について第三者検証を受け、保証書を取得しました。
2016年からはバリューチェーンにおける温室効果ガス『スコープ3(Scope3)』について、「サプライチェーンを通じた温室効果ガス排出量算定に関する基本ガイドライン(環境省・経済産業省発行)」に基づいて算定するとともに、ISO14064-3に準拠した第三者検証を受け、保証書を取得しました。
ISO14064:温室効果ガスの算定、報告、検証についての国際規格。3部からなる。

スコープ3のGHG排出量(アサヒビール(株)、アサヒ飲料(株))

単位:t-CO2e

CO2排出量(t-CO2e)

関連情報

CSRマネジメント
環境
人権・人材マネジメント
責任ある事業活動
アサヒの強みを活かした価値創造