1. トップページ
    2. サステナビリティトップ
    3. 環境
    4. 持続可能な水資源の推進
ページトップへ
持続可能な水資源の推進 持続可能な水資源の推進

持続可能な水資源の推進

考え方

現在、世界人口の増加や開発途上国の経済成長、気候変動などにより、世界規模での水資源問題が発生しています。世界の水需要は年々増加し、今後、水不足の状態で生活を送るエリアが拡大する恐れがあります。
水は、アサヒグループの事業活動に欠かすことのできない大切な資源です。そのためアサヒグループでは、水資源を守ることを重点課題のひとつに掲げ、水を扱うすべての拠点において水利用の効率性の向上を追求するだけではなく、取水や排水においては、環境への負荷を低減した適切な対応や管理に努めています。また、事業活動を通じてサプライチェーン全体への水の使用量管理を進めるとともに、水をはぐくむ森林の保全活動も積極的に行っています。

マネジメント体制

目標

2017年度の主な実績

今後に向けて

水資源を守ることが事業の継続には不可欠であることを認識し、今後も水利用効率の向上など利用する水の適正管理はもちろんのこと、水源保全活動など積極的に取り組んでいきます。

関連情報

CSRマネジメント
環境
人権・人材マネジメント
責任ある事業活動
アサヒの強みを活かした価値創造