1. トップページ
    2. サステナビリティトップ
    3. 責任ある事業活動
    4. 責任ある飲酒の促進
    5. 適正飲酒の啓発
ページトップへ
適正飲酒の啓発 適正飲酒の啓発

適正飲酒の啓発

アルコール関連問題への対応

アサヒグループは、多くの人が適切にお酒とつきあっていくことができるよう活動しています。

アルコール研究の発表

アサヒグループでは、飲酒による社会的・健康的諸問題の発生予防と、より良い飲酒文化の構築を目指して、アルコール代謝やその生理的な影響を明らかにする研究を推進しています。その取り組みについてステークホルダーに広く知っていただくとともに、アルコールの生理・医学的な研究を専門に行っている研究者の方々からご理解やご意見をいただくために、研究成果については積極的に社外に発表しています。

個々人のアルコールに対する体質や飲酒に関する諸条件が、アルコールの代謝や生理的な変化にどのように影響するのかを詳しく解析し、その研究成果をもとにしてお客様へ適正飲酒を啓発していきます。

関連情報

WEBサイト「人とお酒のイイ関係」

アサヒビール(株)は、お酒とのつきあいが始まる前の20歳未満の方から、お酒に親しんだ高齢者の方まで、お酒が身近にあるすべての人にお読みいただけるWEBサイト「人とお酒のイイ関係」を運営しています。文章とイラストを具体的なデータを基にした研究事例を織り交ぜながら、危険な飲酒方法を戒め、健康的に楽しくお酒を飲むためのポイントを、わかりやすくご紹介しています。

関連情報

小学生向け啓発ツール『どうする?どうなる?お酒のこと』

アサヒビール(株)では、20歳未満飲酒防止の啓発活動の一環として、小学生向け啓発ツール『どうする?どうなる?お酒のこと』を2007年7月に制作し、希望者に無償で配布しています。4ページからなる手軽なツールであり、教科書の副教材として学校での啓発活動などに活用できます。
2017年11月に、読みやすさ・分かりやすさの向上を目指し、ツールをリニューアルしました。保護者へのメッセージも増やし、大人と一緒に学べます。
発行以来、小学校のほか中学校・高等学校でも活用され、2017年末までに約72万1,000部(累計送付部数)を配布しました。
なお、この冊子は2008年3月に、(公財)消費者教育支援センターが主催する「第6回消費者教育教材資料表彰」において優秀賞を受賞しました。さらに、2009年には2008年度優秀賞のなかから「特別賞」を受賞しました。

「どうする?どうなる?お酒のこと」発行数

2015年 2016年 2017年
43,484部 32,294部 72,264部

関連情報

「アルコール関連問題啓発週間」に連動した取組み

アサヒグループでは、2014年に施行されたアルコール健康障害対策基本法にもとづく「アルコール関連問題啓発週間」を、社員全員が責任ある飲酒の推進に向けて意識と行動を考える契機として捉えています。アサヒビール(株)では、社員への適正飲酒啓発のためのe-ラーニングもこの期間に合わせて実施しています。

責任あるマーケティング活動

他の酒類事業者・酒類業界団体との協働

アサヒグループでは、かねてから日本国内のみならず、グローバルな視点からの取り組みも必要だと認識しています。2001年より、アサヒビール(株)は国際NPO「International Center for Alcohol Policies(ICAP)」に加盟し、他の酒類事業者や酒類業界団体と連携して、政策提言を行うなど、アルコール関連問題の解決に向けて取り組んできました。

2015年1月、ICAPは、世界の大手酒類製造業者や酒造組合が世界保健機関(WHO)との対話の場を創出するために2005年に設立された任意団体「Global Alcohol Producers Group」と統合し、新たに International Alliance for Responsible Drinking (IARD) となりました。以来、IARDは適正飲酒啓発活動、各国アルコール政策研究調査、出版事業、フォーラム開催などを中心としたプロジェクト事業に取り組んでいます。

2018年9月、IARDは、不適切な飲酒の防止と業界での自主基準強化に関する取り組みについて、報告書を発行しました。この報告書では、アサヒビール(株)による20歳未満飲酒防止の啓発活動や、アサヒブリュワリーズヨーロッパの妊産婦飲酒防止に関する取り組みを紹介しています。また、アサヒヨーロッパとアサヒブリュワリーズヨーロッパのマーケティング方針も掲載しています。

関連情報

20歳未満飲酒防止キャンペーンの実施(アサヒビール(株))

ビール業界では、20歳未満飲酒防止の取り組みとして、キャンペーン「STOP!20歳未満飲酒プロジェクト」を2005年から開始し、国内の主要なビールメーカー5社が歩調を合わせて推進しています。

「STOP!20歳未満飲酒」マーク

関連情報

従業員への啓発強化

アサヒビール(株)では、多くの方に適正飲酒の大切さを伝え、日常の中で適正飲酒の取り組みを実践すべく、全国の従業員自らが適正飲酒の意識を高めるための取り組みを行ってきました。これまで実施してきた適正飲酒推進に関する社内勉強会に代わり、アルコールに関する正しい知識と不適切な飲用がもたらすリスクに関する理解をあらためて深めるため、2016年から全社員に向けて「アルコールに関するe-ラーニング」を開始しました。

CSRマネジメント
環境
人権・人材マネジメント
責任ある事業活動
アサヒの強みを活かした価値創造