1. トップページ
    2. サステナビリティトップ
    3. 健康
    4. 健康価値の創造
    5. 商品による健康価値の提供
ページトップへ
商品による健康価値の提供 商品による健康価値の提供

商品による健康価値の提供

消費者の健康意識の高まりを背景に、アサヒグループは自らの事業で培った強みやノウハウを活用して、健康課題解決に貢献する商品を展開しています。

酵母・乳酸菌研究などによる健康価値商品の展開

アサヒグループの各事業会社は、創業以来、幅広いリソースや知見を積み重ねてきました。それは、「アサヒスーパードライ」をはじめとするビールの醸造に必要な酵母や発酵技術、「カルピス」の乳酸菌研究などで培われた技術力などが挙げられます。アサヒグループはお客様の健康に対するニーズを考慮し、これまで培ってきた酵母や乳酸菌などの独自技術を活用して、健康価値を訴求した商品を提供しています。

体脂肪を減らすのに役立つ「カラダカルピス」(アサヒ飲料(株))

カラダカルピス

体脂肪を減らすのに役立つ「カラダカルピス」
(アサヒ飲料(株))

乳酸菌は、さまざまな形で健康に寄与する可能性をもっています。アサヒ飲料(株)では、現代社会で根強いニーズがある体脂肪の減少が期待できる「乳酸菌CP1563株」を使った商品を開発することに成功しました。それが、2017年4月に発売した「カラダカルピス」です。長年親しまれている「カルピス」ブランドを通じて、日常的に気軽にできる健康増進を提案しています。

乳酸菌の働きを活用した「カルピス」由来の乳酸菌科学シリーズ(アサヒ飲料(株))

カルピス

「守る働く乳酸菌」/「『届く強さの乳酸菌』W(ダブル)」(機能性表示食品)/「『アミール』やさしい発酵乳仕立て」(機能性表示食品)

乳酸菌の働きを活用した「カルピス」由来の乳酸菌科学シリーズ
(アサヒ飲料(株))

「カルピス」を由来とする長年の乳酸菌研究から生まれた乳酸菌や乳酸菌由来の成分を活用し、確かな健康感と信頼できるおいしさをお届けするシリーズです。
「守る働く乳酸菌」はカラダの中から強くなりたい方の体調管理に役立つ飲料として2013年から販売しています。

内臓脂肪、食後の脂肪、糖に働く“「アサヒ 十六茶プラス」3つのはたらき”(アサヒ飲料(株))

アサヒ 十六茶プラス

内臓脂肪、食後の脂肪、糖に働く“「アサヒ 十六茶プラス」3つのはたらき”
(アサヒ飲料(株))

“「アサヒ 十六茶プラス」3つのはたらき”は、東洋健康思想に基づくいいもの16素材を抜群のバランスでブレンドした「十六茶」に、葛の花由来イソフラボンと難消化性デキストリンを配合した機能性表示食品です。葛の花由来イソフラボンの働きにより内臓脂肪を減らすのを助け、難消化性デキストリンの働きにより、食事から摂取した脂肪や糖の吸収を抑えます。“「アサヒ 十六茶プラス」3つのはたらき”を通じて、日々の健康を手軽にサポートします。

砂糖使用量を低減した商品の展開

世界では貧困が社会的課題となる一方で、肥満や糖尿病に苦しむ人が増えています。WHO(世界保健機関)はこの課題を深刻に受け止め、2016年から、各国の加糖飲料に課税し、砂糖の消費を減少させるよう呼びかけています。
アサヒグループは健康意識の高まりやお客様のニーズを考慮し、アジアやオセアニアをはじめとする国際飲料事業において、各エリアの状況やお客様のニーズに合わせてノンシュガー・ローシュガー商品群の拡充を進めています。

アサヒビバレッジズでの取組み

Lipton_Kombucha、Sunkist、Schweppes Mineral Water、Solo、Pepsi Maxアサヒビバレッジズでは、加盟している業界団体「Australian Beverages Council」のコミットメントに基づき、清涼飲料商品に使用する砂糖の量を2025年までに2015年比で20%削減することを目標に掲げています。この目標を達成するため、清涼飲料カテゴリーの主力ブランドである「Schweppes」のフレーバーミネラルウォーターでは100mlあたりの砂糖量を3.4〜3.8gに減らすことで、Schweppesブランドで使用する砂糖量を24%削減することができました。今後もアサヒビバレッジズ社では、消費者のニーズに対応し、ゼロ・シュガーやロー・シュガーの飲料カテゴリーのラインアップを拡充していきます。

乳製品事業を通じた健康的な生活習慣への貢献

マレーシアでは、飲料事業に加えて2014年に乳製品事業を買収し、50年以上の歴史を持つ牛乳ブランド『Goodday』を中心に事業基盤を強化しています。生乳以外にも、チョコレートやイチゴ、抹茶といったフレーバー牛乳などもラインアップに加えることで、マレーシアにおけるNo.1生乳ブランドとしてのポジションを確立しています。そうした中で、『Goodday』のブランド力を活かし、小学生を中心に牛乳の飲用習慣を推進するなど、健康への意識向上に向けた取組みを支援しています。マレーシアで最も普及している教育雑誌とコラボレーションしたイベントを開催し、子どもたちの成長に重要であるタンパク質やカルシウムなどの栄養素を摂取できる牛乳への理解を深めてもらうなど、毎日の健康的な食習慣づくりへ貢献しています。
今後も、『Goodday』のブランド価値を強化するとともに、社会的な関心が高まっている健康増進への取組みに積極的に取り組んでいきます。

関連情報

CSRマネジメント
環境
健康
コミュニティ
責任ある飲酒