1. トップページ
    2. サステナビリティトップ
    3. 責任ある事業活動
    4. サプライチェーン・マネジメント
ページトップへ
サプライチェーン・マネジメント サプライチェーン・マネジメント

サプライチェーン・マネジメント

考え方

ひとつの商品を製造し、提供するまでにはとても多くの企業が関わっています。そのため、自社が直接関わる範囲だけでなく、範囲全体における管理が重要視されています。アサヒグループは持続可能なサプライチェーンを実現、維持するために、「アサヒグループ調達基本方針」を制定致しました。また、サプライヤーの皆様に対しても「アサヒグループサプライヤーCSR行動指針」にてCSRの取組みを求めています。サプライヤーの皆様との強固な信頼関係と長期的な協力関係を構築することで、環境・社会に配慮した調達活動を推進していきます。

マネジメント体制

アサヒグループでは、アサヒグループホールディングス(株)にグループ全体の調達戦略を担う調達部門を設置し、グループ会社と連携した最適な調達活動に取り組んでいます。調達部門で立案された方針・戦略はグループに伝達され、グループ会社の調達活動において具体的な取り組みとして展開されます。

具体的には、「グローバル調達会議」や「グループ調達部門会議」を、グループ内への伝達の場と位置付けています。これらの会議においては、「アサヒグループ調達基本方針」「アサヒグループサプライヤーCSR行動指針」といった調達活動そのものに関する方針類を始め、「アサヒグループ環境ビジョン2050」「アサヒグループ人権方針」など、関連性の強い方針類や戦略がグループ内に伝えられています。

尚、調達部門及びグループ各社の調達担当者は、日本能率協会が主催する調達プロフェッショナル資格(CPP)の取得を通じて、CSR調達を含む調達知識の向上を行っています。

また、サプライヤー、あるいはお取引を希望される方の皆様に対しては、「調達クリーン・ライン制度」を設け、アサヒグループの従業員が社内の方針や法、社会倫理と照らし合わせて疑問に思われる行動を取った場合にご報告いただける仕組みを設けることで、サプライヤーの皆様との強固な信頼関係と長期的な協力関係を構築しています。2018年のお申し出件数は0件でした。

関連情報

目標

  • サプライヤーCSR調達におけるマネジメント体制の高度化
  • 2019年に“Asahi Group Philosophy”に沿ったCSR調達方針類を改訂

2018年度の主な実績

  • 資材サプライヤーとともに品質向上に取り組む「アサヒグループ資材QA会議」へのサプライヤー参加数(46社)
  • サプライヤーCSRアンケートの実施(回答数:日本国内437社、海外33社)
  • 「サプライヤーCSRアンケート」の回答内容に関する訪問調査実施社数(5社)
  • サプライヤ評価実施(原料224社、資材100社、対象事業会社:アサヒビール(株)、アサヒ飲料(株)、アサヒグループ食品(株))
  • グローバル調達会議(全体会議1回、部門別会議2回)
  • 日本国内グループ調達部門会議(3回)

今後に向けて

2019年以降も各取り組みを継続、強化してサプライヤーの皆様との強固な信頼関係と長期的な協力関係を推進していきます。

関連情報

関連するSDGs

CSRマネジメント
環境
人権・人材マネジメント
責任ある事業活動
アサヒの強みを活かした価値創造