1. トップページ
    2. サステナビリティトップ
    3. 責任ある事業活動
    4. サプライチェーン・マネジメント
ページトップへ
サプライチェーン・マネジメント サプライチェーン・マネジメント

サプライチェーン・マネジメント

考え方

ひとつの商品を製造し、提供するまでにはとても多くの企業が関わっています。そのため、自社が直接関わる範囲だけでなく、範囲全体における管理が重要視されています。アサヒグループは持続可能なサプライチェーンを実現、維持するために、「アサヒグループ調達基本方針」、「アサヒグループサプライヤーCSR行動指針」を制定し、サプライヤーの皆様との強固な信頼関係と長期的な協力関係を構築することで、環境・社会に配慮した調達活動を推進していきます。

アサヒグループ調達基本方針

(1)安全の最優先と品質の確保

  • 安全を最優先とし、お客様にご安心いただける商品・サービスを最適な価格でご提供できるよう調達活動を推進します。

(2)コンプライアンスの徹底

  • 全ての関連諸法令と社会規範を遵守し、高い倫理感に基づいて行動します。
  • サプライヤー様への接待・贈答の要請、寄附の強要は一切行わないとともに、いかなる謝礼・贈答も受け取りません。

(3)環境への配慮

  • サプライヤー様と地球環境や地域社会に配慮した調達活動に取り組みます。

(4)公平・公正な取引

  • サプライヤー様には国内外、会社の規模を問わず、公平で公正な取引の機会を提供します。
  • サプライヤー様の選定は、品質・価格・納期・安定供給のほか、技術力、コンプライアンスに対する姿勢、環境への配慮などを総合的に評価して決定します。

(5)情報セキュリティの保持

  • 調達活動において提供を受けた情報や技術は適正に管理し、グループ内における開示先を限定します。

アサヒグループサプライヤーCSR行動指針

(1)人権への配慮

  • 安全で衛生的な職場環境を確保すること。
  • 強制労働や差別を撤廃すること。
  • 児童労働を実効的に廃止すること。

(2)環境への配慮

  • 省資源、省エネルギー及び水の有効利用を推進すること。
  • 廃棄物の削減と有効利用を推進すること。
  • 環境にやさしい技術の開発と普及を推進すること。

(3)法令の遵守

  • 全ての関連諸法令と社会規範を遵守すること。
  • 接待・贈答などに関する社内規定を遵守し、贈収賄などの腐敗を防止すること。
  • 取引上の情報や技術の機密保持を徹底すること。

マネジメント体制

アサヒグループでは、アサヒグループホールディングス(株)にグループ全体の調達戦略を担う調達部門を設置し、グループ会社と連携した最適な調達活動に取り組んでいます。調達部門で立案された方針・戦略はグループに伝達され、グループ会社の調達活動において具体的な取り組みとして展開されます。

このような方針・戦略をグループ内に伝達し、グループ全体で活動を推進するために、グループ会社の参加による「グローバル調達会議」や「グループ調達部門会議」を定期的に開催しています。
尚、調達部門及びグループ各社の調達担当者は、日本能率協会が主催する調達プロフェッショナル資格(CPP)の取得を通じて、CSR調達を含む調達知識の向上を行っています。

また、サプライヤー、あるいはお取引を希望される方の皆様に対しては、「調達クリーン・ライン制度」を設け、アサヒグループの従業員が社内の方針や法、社会倫理と照らし合わせて疑問に思われる行動を取った場合にご報告いただける仕組みを設けることで、サプライヤーの皆様との強固な信頼関係と長期的な協力関係を構築しています。2017年のお申し出件数は0件でした。

関連情報

目標

  • サプライヤーCSR調達におけるマネジメント体制の高度化
  • 2019年に“Asahi Group Philosophy”に沿ったCSR調達方針類を改訂

2017年度の主な実績

  • サプライヤーの経営者層を対象にアサヒグループの方針を説明する「アサヒグループ調達方針説明会」への参加サプライヤー数(108社)
  • 資材サプライヤーとともに品質向上に取り組む「アサヒグループ資材QA会議」へのサプライヤー参加数(45社)
  • 「サプライヤーCSRアンケート」の回答内容に関する訪問調査実施社数(13社)
  • サプライヤ評価実施(原料48社、資材55社)
  • 主要原材料調達現代奴隷リスク机上分析評価(主要原材料11品目)

今後に向けて

2019年以降も各取り組みを継続、強化してサプライヤーの皆様との強固な信頼関係と長期的な協力関係を推進していきます。

関連情報

CSRマネジメント
環境
人権・人材マネジメント
責任ある事業活動
アサヒの強みを活かした価値創造