ASAHI キッズプロジェクト since 1997

諸々の事情により親元を離れ施設で生活している子どもたちに、
社会と接点を持たせ将来生きていくための社会性を身につけるお手伝いを目的としている活動。
子どもたちのほとんどは、施設の外に出る機会が非常に限られているため、
世の中に順応する事が苦手な子供たちが多いということをNPO・行政などの研修会で知り、
社員の間でも「子どもに関わるプロジェクト」に関心が高く、全国8ヶ所で1997年からスタートしました。

人のイラスト

2018年8月4日〜5日

首都圏

首都圏KIDS 『夏の楽しい思い出をつくろう』

今回は8月4日(土)〜5日(日)に1泊2日でバスツアーを開催し、里親家庭で暮らすお子様6名と、アサヒグループ5社従業員17名が参加しました。今回は初参加の従業員が多く(17名中8名)、会社を超えた繋がりが広がりました。 1日目は『足立区こども未来創造館』で、大きなネットで思い切り遊び、プラネタリウムを鑑賞。2日目は『ふなばし三番瀬環境学習館』で、船橋産の食材を使った「カラフルうどん」をみんなで手作りしたり、三番瀬の貝殻を使って工作をしたりしました。 里親さんから離れてのお泊り体験。最初は緊張していた子も、すぐに打ち解けてみんなで楽しく2日間を過ごすことができました。今後も、ご参加くださるお子様たちの安全を第一に、笑顔を大切に、運営してまいります。

合計

23

おとな

17

こども

6

  • 集合写真
  • 「カラフルうどん」作りの様子
  • お食事の様子

2018年6月30日

北海道

北海道KIDS 『小樽でとんぼ玉アクセサリー作り&水族館見学』

本年第1回目の北海道KIDSを小樽にて開催しました。 梅雨かと思うほど、連日雨が続いていましたが、この日は奇跡的な快晴、気温も急上昇と、まさにKIDS日和となりました。 まず午前中は北一硝子にてとんぼ玉のストラップ作りを行ないました。好きな色のとんぼ玉と紐を選んで制作しますが、それぞれの個性がはっきり…単色で攻める子もいれば、様々な色を組み合わせる子もおり、世界に一つだけのストラップが出来上がりました。 そして午後はおたる水族館に移動し、様々なショーや動物とのふれあいを楽しみました。中でもイルカショーは大盛り上がり!というのも、子供たちはショーが始まる前から客席の最前列でレインコート着用という準備万端さ。イルカの水しぶきを思う存分受けて楽しみました。 帰りのバスでアサヒメンバーはすっかりお休みモードでしたが、楽しく充実した一日となりました。

合計

24

おとな

5

こども

19

  • とんぼ玉アクセサリー作り
  • 集合写真

2018年6月16日

中国

中国KIDS 『ボウリング&野球観戦 』

今年の中国KIDSは、マツダスタジアムで野球観戦を企画しましたが、マツダスタジアムでウエスタンリーグの試合数が少なく、6月16日ソフトバンク戦に行いました。梅雨時期の為、雨で試合が中止だった時も考え、ボウリングと一緒の企画になりました。当日は雨の心配もなく、とても快晴でした。ボウリングは初めての児童もいて投げ方の質問等もあり、一緒に楽しく行う事が出来ました。ボウリング終了後、マツダスタジアムに移動しましたが、ウエスタン試合でもカープ人気はすごく、入場にも時間がかかるほどの人の多さでした。みんなの応援もむなしく、カープは負けてしまいましたが、全員で野球観戦という貴重な体験ができました。慌ただしくも楽しい一日を過ごす事が出来ました。

合計

61

おとな

34

こども

27

ページのトップへ