1. トップページ
    2. サステナビリティトップ
    3. CSRマネジメント
ページトップへ
CSRマネジメント CSRマネジメント

CSRマネジメント

アサヒグループのCSR

アサヒグループでは、グループ理念“Asahi Group Philosophy”、「アサヒグループ行動規範」 に基づいてCSR活動を推進しています。
具体的には、“Asahi Group Philosophy” の Our Principlesで示している以下の考え方をCSR活動の指針としています。

Our Principles

すべてのステークホルダーとの共創による企業価値向上

  • 顧客:期待を超える商品・サービスによるお客様満足の追求
  • 社員:会社と個人の成長を両立する企業風土の醸成
  • 社会:事業を通じた持続可能な社会への貢献
  • 取引先:双方の価値向上に繋がる共創関係の構築
  • 株主:持続的利益成長と株主還元による株式価値の向上

中期経営方針とCSR

グループ理念“Asahi Group Philosophy”の施行に伴い、2016年から取り組んでいる「中期経営方針」の内容を更新し、新しいステージへの成長を目指すこととしました。

2019年に更新した『中期経営方針』では引き続き、重点課題の一つとして、ESGの取り組み強化を掲げています。

「E」では、「環境ビジョン2050」の設定やアサヒの強みを活かした価値創造を通して、サスティナビリティの向上を目指します。「S」では、グローカルタレントマネジメントやダイバーシティを推進すると共に、人権マネジメント体制の構築に力を入れていきます。「G」では、リスクマネジメントや成長を支えるガバナンス改革を強化します。これらESGの取り組みに力を入れることで、“Asahi Group Philosophy”に基づく”グローカルな価値創造経営”を推し進めていきます。

今後も、ESGを経営戦略そのものに織り込むことで、持続可能な企業価値の向上を目指していきます。

CSR推進体制

グループ横断のCSR推進体制を構築

アサヒグループでは、アサヒグループホールディングス(株)のCSR担当取締役がグループのCSR推進に関する責任を担い、その直下に置かれたCSR部門がグループ全体のCSRマネジメントを行っています。また、「グループCSR推進会議」を開催し、グループ横断でCSRを推進する体制を敷いています。
「グループCSR推進会議」は、国内外それぞれ、また議題ごとに年数回開催し、CSR施策の方向性の策定や進捗確認、統合報告書のレビュー、CSR関連の情報共有などを行っています。決定事項については適宜アサヒグループホールディングス(株)の経営戦略会議に諮り、経営とコミットすることを重視しています。

グループ横断のCSR推進体制を構築

関連情報

CSRマネジメント
環境
人権・人材マネジメント
責任ある事業活動
アサヒの強みを活かした価値創造