1. トップページ
    2. サステナビリティトップ
    3. CSRマネジメント
    4. ステークホルダーとのコミュニケーション
ページトップへ
ステークホルダーとのコミュニケーション ステークホルダーとのコミュニケーション

ステークホルダーとのコミュニケーション

主なステークホルダーとのコミュニケーション

アサヒグループは世界中のあらゆる事業活動を通じて、持続可能な社会の発展に貢献していきます。
そのために私たちは何ができるかを、グループ理念“Asahi Group Philosophy”、「アサヒグループ行動規範」に基づいて、行動していきます。

主なステークホルダー 内容 主な接点機会
顧客
  • 1. 「お客様満足」の追求

    アサヒグループは、お客様の安全・安心を最優先に考え、商品・サービスの品質に関する法令・ルールを遵守し、お客様の期待を超える商品・サービスを提供することで、お客様の満足を追求します。
  • 2. 適切な情報提供と誠実な言動

    アサヒグループは、お客様に役立つ商品・サービスの情報を提供します。
    また、お客様からのご指摘・お問い合わせに対し、迅速かつ誠実に対応します。
社員
  • 3. 社員の成長と安全で働きやすい職場環境づくり

    アサヒグループは、全ての社員の人権や価値観の多様性を尊重し、社員一人ひとりが自己の能力や適性をいかし、成長できる企業風土の醸成に努めます。そして、社員の成長を会社の成長へつなげていきます。また、各国・各地域で適用される労働関連法令、就業規則や雇用契約を遵守し、社員の安全・健康を確保した健全な職場づくりに取り組みます。
社会
  • 4. 持続可能な社会への貢献

    アサヒグループは、事業活動を通じて社会的課題の解決に取り組み、持続可能な社会の発展に貢献します。また、全ての事業活動を通じて、人権を尊重します。
  • 5. 贈収賄の禁止

    アサヒグループは、何人に対しても贈収賄行為を行わず、公正で健全な関係を維持します。また、政治的中立の立場を維持します。
取引先
  • 6. ビジネスパートナーとの公正・健全な関係の構築

    アサヒグループは、サプライヤーを含むビジネスパートナーを、品質、価格などの条件を基に総合的に評価し、選定します。また、ビジネスパートナーと公正で健全な関係を維持し、お互いの価値向上に努めます。
  • 7. サプライヤーとのCSRの推進

    アサヒグループは、持続可能な社会の発展に貢献するために、調達活動においてもサプライヤーと共にCSRを推進し、人権への配慮・環境への配慮・適用のある法令の遵守に努めます。
  • 8. 公正な競争関係の維持

    アサヒグループは、各国・各地域で適用される競争法などの公正な市場競争に関する法令・ルールを遵守し、公正かつ透明な取引をします。
株主
  • 9. 企業価値の向上と会社資産の管理

    アサヒグループは、持続的な利益創出と株主への適正な利益の還元により、企業価値向上を図ります。それを実現するためにも、有形・無形の会社資産を社内ルールに従い管理し、その価値を守ります。
  • 10. 適時・適切かつ公平な情報開示

    アサヒグループは、株主が正しく理解し評価するために会社情報を適時・適切かつ公平に開示し、重要な未公開情報の漏洩やインサイダー取引を防止します。
  • 株主総会
  • 決算説明会
  • 個人投資家向け説明会
  • 株主様向け報告書「アサヒスーパーレポート」

関連情報

外部のイニシアティブの支持

アサヒグループは、業界団体、国際機関、NPO・NGOなど、さまざまな団体への参加を通じてステークホルダーとの連携に取り組んでいます。

国連グローバルコンパクトの支持

国連グローバルコンパクトの支持アサヒグループは、2002年6月に日本企業として3番目に「国連グローバル・コンパクト」の支持を表明しました。
「国連グローバル・コンパクト」は、1999年1月31日に開かれた世界経済フォーラムの席上、コフィー・アナン国連事務総長(当時)が提唱したもので、各企業に対して、それぞれの影響力の及ぶ範囲内で、人権、労働基準、環境、腐敗防止の4分野、10の原則を支持し、実践するよう要請しています。その狙いは、各企業がそれぞれの事業を遂行するなかで、これらの規範を遵守し、実践することを通じて、世界に積極的な変化をもたらすことです。
また、アサヒグループはグローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンにおいて、SDGs分科会・ESG分科会・CSV分科会・WEPs分科会・人権教育分科会・ ヒューマンライツデューデリジェンス(HRDD)分科会に参加し、日本の先進企業とともに10原則の実現に取り組んでいます。

「国連グローバル・コンパクト」の10原則

人権

企業は、

  • 原則1:国際的に宣言されている人権の保護を支持、尊重し、
  • 原則2:自らが人権侵害に加担しないよう確保すべきである。

労働

企業は、

  • 原則3:結社の自由と団体交渉の実効的な承認を支持し、
  • 原則4:あらゆる形態の強制労働の撤廃を支持し、
  • 原則5:児童労働の実効的な廃止を支持し、
  • 原則6:雇用と職業における差別の撤廃を支持すべきである。

環境

企業は、

  • 原則7:環境上の課題に対する予防原則的アプローチを支持し、
  • 原則8:環境に関するより大きな責任を率先して引き受け、
  • 原則9:環境に優しい技術の開発と普及を奨励すべきである。

腐敗防止

企業は、

  • 原則10:強要と贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗の防止に取り組むべきである。

SDGsの支持

アサヒグループは、「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)」に賛同しています。2015年に国連では150以上の加盟国首脳によって「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。このアジェンダは、人類、地球および繁栄のために2030年までに達成すべき行動計画として宣言と目標をかかげています。これが、17の目標と169のターゲットから成り立つ、持続可能な開発目標(SDGs)です。アサヒグループはCSRの重点テーマの取り組みを通じて、SDGsの達成に貢献していきます。

関連情報

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 世界を変えるための17の目標

CSR関連団体への参加

参加している団体

  • 国連グローバル・コンパクト
  • 公益社団法人 企業市民協議会(CBCC)
  • 特定非営利活動法人 ジャパンプラットフォーム(JPF)
  • 一般社団法人 企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)
  • International Alliance for Responsible Drinking (IARD)
  • 経団連自然保護協議会
  • 日本TCGF
  • 公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会
  • 公益社団法人 消費者関連専門家会議 ACAP(エイキャップ)
  • 一般財団法人 食品安全マネジメント協会
  • 世界広告主連盟 World Federation of Advertisers(WFA)

団体への支出額

目的 支出先 金額
2015年 2016年 2017年 2018年
アルコール関連問題への対応 IARDなど 約2億3,200万円 約2億5,400万円 約2億6,300万円 約2億6,900万円
経済活動とサステナビリティの共生 国連グローバルコンパクトなど 約340万円 約640万円 約740万円 約770万円
CSRマネジメント
環境
人権・人材マネジメント
責任ある事業活動
アサヒの強みを活かした価値創造