1. トップページ
    2. サステナビリティトップ
    3. 人権・人材マネジメント
    4. 人材育成
    5. 人材育成体系
ページトップへ
人材育成体系 人材育成体系

人材育成体系

アサヒグループは、従業員の成長を促すために、評価制度の見直しを進めるとともに、各種研修を実施しています。 各研修は女性の参加枠を確保しています。

アサヒグループの育成体系

アサヒグループの育成体系

グローバル人材育成

関連する主な研修プログラム

制度 内容
グローバル・リーダーシップ・ディベロップメント・プログラム(GLDP) 海外事業会社の部長クラスを対象に、将来の海外事業をけん引する現地幹部候補を育成するため、約1年間をかけグローバルでの視座・視野の習得やアサヒグループの歴史・経営方針などに対する理解を深める。
アサヒネクストリーダープログラム(NLP) 国内の各事業会社の管理職(35〜45歳)を対象に、将来の経営者を強く志す人材を公募か指名制で選抜し、グループ内人脈づくりや多様な視点の習得など、中期的な視点で経営者を育成する。
グローバル・チャレンジャーズ・プログラム(GCP) 勤続3年(入社4年目)以上10年以下、かつCASECのスコアが730点以上の一般社員から希望者を選抜し、原則1年アサヒグループの海外事業会社にてOJT(On the Job Training)を実施する。

CASEC:(財)日本英語検定協会が開発した、インターネットで受験できる英語コミュニケーション能力判定テスト。

キャリア支援

キャリアデザイン面談

アサヒビール(株)では、年に1度、社員自身がキャリアを考えて記入する「キャリアデザインシート」があります。このシートをもとにした上司と部下の面談は全社員に義務付けられており、これを通じて上司は部下のキャリア支援を行っています。

ブラザーシスター制度・キャリアアドバイザー制度

ブラザーシスター制度・キャリアアドバイザー制度アサヒビール(株)では、新入社員がスムーズに会社に溶け込めるように、所定の研修を修了した先輩社員が配属後の新入社員を指導する「ブラザーシスター」制度を運用しています。また、若手従業員が今後のキャリアを考えていくための一助として、キャリアカウンセラー資格を取得したアドバイザーが若手従業員と個別面談し、親身になってキャリア形成についての相談に乗る「キャリアアドバイザー」制度を運用しています。

キャリアデザインセミナー・キャリアカウンセリング

アサヒグループでは40代、50代の従業員を対象に、「キャリアデザインセミナー」開催や、希望者と個別にキャリアアドバイザーとの面談を行う「キャリアカウンセリング」など、定年後も含めたキャリア自立支援の機会を提供しています。

教育・研修実績

平均研修費(従業員一人当たり平均)の推移(アサヒビール(株))

2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
社員1人当たりの平均研修費 約72,000円 約64,000円 約52,000円 約71,000円 約69,000円
CSRマネジメント
環境
人権・人材マネジメント
責任ある事業活動
アサヒの強みを活かした価値創造