ダイバーシティ ダイバーシティ

ダイバーシティ

考え方

アサヒグループは、人材の多様性が組織をより強くし、よりイノベーティブな企業風土につながると考えているため、ダイバーシティ&インクルージョンは国内外において最重要課題のひとつと捉えています。
グローバルレベルでダイバーシティ&インクルージョンに対する価値観や考え方を共有、取組みを推進するために、「グループ人事基本方針(ピープルステートメント)」に基づき「ダイバーシティ&インクルージョン グローバルステートメント」を2021年3月に策定しました。世界各国の多様な文化、民族、性別、個性を尊重し、従業員一人ひとりが、高い目標に挑戦し続けられる環境づくりを推進しています。

ダイバーシティ&インクルージョン グローバルステートメント

東京からローマ、メルボルンからプラハ、オークランドからクアラルンプールまで、アサヒグループは、商品・サービスへの誇りと社員の情熱で結ばれたグローバルな企業グループです。
日本にルーツを持ちながら、グローバルに豊かで多様な伝統をもつ企業グループであり、地球やコミュニティとの関係を大切にし、ビジネスを展開しています。そして何よりも社員を大切にする企業グループです。私たちは、社員一人ひとりが尊重され、個性が認められる企業風土を醸成します。
私たちは、多様で多文化な組織であることが、当社をより強く、より革新的にするとともに、長期的な成功への鍵となることを確信しています。そのため、一人ひとりが尊重され、その個性が受け入れられ、個人としても企業人(プロフェッショナル)としても成長できる未来を目指します。誰もが自由に発言でき、いたるところからアイデアが生まれ、社員全員でより良い未来に貢献できる企業風土を醸成します。

マネジメント体制

アサヒグループでは、アサヒグループホールディングス(株)と各Regional Headquartersの人事担当者とのグローバルHRミーティングを開催し、人材育成、ダイバーシティ&インクルージョン、ウェルビーイング、グローバルでの取組みなどに関して情報交換、ディスカッションなどを行っています。グループ会社が一体となって、ダイバーシティの取組みを積極的に推進しています。

ダイバーシティ推進体制

ダイバーシティ推進体制体制図

目標

アサヒグループは、グループ理念“Asahi Group Philosophy”の実現のために、各種KPIを設定し、ダイバーシティの推進に取り組んでいます。

KPI

関連するSDGs

関連ページ

CSRマネジメント
環境
コミュニティ
健康
責任ある飲酒
データ集