1. トップページ
    2. サステナビリティトップ
    3. 労働安全衛生
    4. 従業員の安全のために
ページトップへ
従業員の安全のために 従業員の安全のために

従業員の安全のために

労働安全衛生への取組みと労働災害発生状況

アサヒグループでは各社・各事業場の安全衛生委員会が中心になって、現場に即した主体的な安全衛生活動を推進しています。重点取組方針として5S(整理、整頓、清潔、清掃、躾)活動、安全ルールの遵守、リスクアセスメントの徹底、教育・支援の強化、多発災害撲滅、PDCAサイクルの確実な実行を設定しています。
2019年度、アサヒグループの工場・研究所労働災害発生件数は28件でした。今後も安全衛生の基本を一層徹底するとともに、グループ各社間での相互査察や情報交換を強化することで、各事業場の実態に応じた効果的な安全施策を展開していきます。また、それらによる安全文化の底上げ・一層の浸透を図ることで、ゼロ災害を達成すべく取り組んでいきます。

労働災害度数率・強度率(アサヒビール(株)、正社員・契約社員)

2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
労働災害度数率 0.76 1.08 0.97 1.19 0.78
労働災害強度率 0.0118 0.0038 0.0075 0.0160 0.0242

労働安全衛生に関する表彰実績

社名・事業所名 受賞年 表彰名
アサヒビール(株)茨城工場 2013年度 無災害記録証 第一種
記録時間 450万時間
厚生労働省 労働基準局長 表彰
アサヒビール(株)神奈川工場 2016年度 厚生労働省 労働基準局長「優良賞」表彰
アサヒビール(株)名古屋工場 2016年度 愛知労働局 愛知THP推進協議会
全国THP(トータルヘルスプロモーション)推進協議会
「優良賞」表彰
アサヒビール(株)吹田工場 2017年度 厚生労働省 労働基準局長「激励賞」受賞
アサヒビール(株)四国工場 2019年度 厚生労働大臣 安全衛生に係る優良事業場表彰(奨励賞)

安全に関する研修

アサヒビール(株)では、工場の従業員を中心に、法定教育はもとより、階層別安全管理セミナーや災害調査トレーニング等の安全に関する社内教育・トレーニングを定期的に実施し、労働災害の防止に努めています。

研修の受講者数

研修名 2018年 2019年
管理者向けセミナー 25人 13人
監督者向けセミナー 53人 41人
一般社員向けトレーニング 470人 161人
CSRマネジメント
環境
健康
コミュニティ
責任ある飲酒