1. トップページ
    2. サステナビリティトップ
    3. 労働安全衛生
ページトップへ
労働安全衛生 労働安全衛生

労働安全衛生

考え方

従業員の職場での安全・健康を確保することは、会社の重要な責任のひとつです。アサヒグループでは、労働組合と締結した労働協約や就業規則に基づいて、安全で衛生的な環境の維持・整備に努めています。
各事業所では、安全衛生について統括・管理する委員会を労使で設置し、それぞれの職場における問題点・改善点を確認して対策を講じています。

労働安全衛生に関わる労働協約・就業規則(一部抜粋)(アサヒビール(株))

労働協約第56条 安全衛生

会社は、組合員の職場における安全と健康確保の重要性を認識し、 労使協力して労働環境の整備に努める
2.前項の方針・基準については組合と協議する

就業規則第63条 安全衛生の基本

会社は、社員の職場における安全と健康確保の重要性を認識し、労働環境の整備に努める(後略)

マネジメント体制

アサヒグループでは、各工場で月1回、労使の代表が数名ずつ集まる「安全衛生委員会」を開催しています。
また、「リスクアセスメント」による潜在的リスクの撲滅、低減活動を中心に、「すべての事故とケガは防ぐことができる」という強い信念のもと、全員参加の安全衛生活動を推進しています。今後は、労働安全面のさらなる向上に取り組むとともに、メンタルヘルスに重点を置いて衛生・健康面の取組みを強化していく予定です。

リスクアセスメント

リスクアセスメント

リスクアセスメント
設備や作業の危険・有害要因をすべて特定して、そのリスクを評価し、優先順位を付けて低減策を講じる手法。

目標

2019年度の主な実績

  • 残業時間 21.1時間・有給休暇取得率 71.75%(アサヒビール(株))

今後に向けて

従業員の職場での安全確保のための活動を徹底するとともに、健康推進に向けた取組みも積極的に推進していきます。

関連するSDGs

CSRマネジメント
環境
健康
コミュニティ
責任ある飲酒