1. トップページ
    2. サステナビリティトップ
    3. 人材育成
ページトップへ
人材育成 人材育成

人材育成

考え方

アサヒグループは、「グループ人事基本方針(ピープルステートメント)」を定め、世界各国の多様な従業員が安全な職場環境で、健康にいきいきと働き、一人ひとりがともに成長できる環境づくりに努めています。従業員個人およびチームで成長する機会にあふれ、失敗に寛容な学習する企業風土づくりを推進しています。人材の採用においては業務遂行に必要な知識や経験のみが求められ、「アサヒグループ人権方針」に則り、国籍・人種・民族・宗教・思想・性別・年齢・障がい・性自認・性的指向・雇用形態その他各国・各地域の法令で保護されている特性による差別を一切行いません。
今後は、グローバルでのキャリア開発・育成機会の提供を通して、人材育成を推進していきます。

マネジメント体制

アサヒグループでは、世界各地のRegional Headquarters(以下、RHQ)と連携して各種人材マネジメント策を推進しています。毎年グローバルHRミーティングを開催し、従業員一人ひとりの成長に向けて、ノウハウの共有やグループ横断の課題に取り組んでいます。
また、各RHQにおいて、経営層の任命、サクセッションプラン、報酬制度などを決議する人事委員会を設置し、アサヒグループホールディングス(株)の経営層が議長もしくは委員として参画しています。

人材育成推進体制

マネジメント体制図

目標

アサヒグループは、グループ理念“Asahi Group Philosophy”の実現のために、各種KPIを設定し、従業員の育成に取り組みます。

KPI

関連するSDGs

関連ページ

CSRマネジメント
環境
コミュニティ
健康
責任ある飲酒
データ集