1. トップページ
    2. サステナビリティトップ
    3. 人権・人材マネジメント
    4. 人材育成
ページトップへ
人材育成 人材育成

人材育成

考え方

アサヒグループは、「グループ人事基本方針」を定め、従業員が活き活きと働き、能力を伸ばしていける環境づくりに努めています。また、多様な個性を持つ従業員一人ひとりが自分の能力や適性を存分に活かして働けることが企業全体としての成長につながると考えています。多様性を尊重し、国籍や性別、年齢などに関係なく活躍できる企業風土づくりを推進しています。

グループ人事基本方針

アサヒグループで働くすべての人の人格・人権・個性を尊重する

  • 国籍・人種・性別等による不当な差別は行わず、多様な価値観を尊重する

グループの成長の最大の源泉は「社員の成長」であり、
社員の挑戦・革新する姿勢に対し、最大限の支援をする

公平な機会の提供と、下記のサイクル推進を通じてグループ社員を活かす

  • 公正で透明性のある評価を実施し、(評価)
  • 評価に基づく適切な成長支援を行うとともに、(育成)
  • 社員の能力を最大限引き出す配置を行いながら、(活用)
  • 挑戦・革新する姿勢に厚く報いる(処遇)

個々人の価値観やライフプランの多様化に応じた、ワーク・ライフ・バランスの実現を支援する

  • 多様なワーク・ライフ・バランスのあり方を尊重し、日常業務のみならず、トータルライフにおいて社員が思い描くワーク・ライフ・バランスが実現できるよう、支援に努める

マネジメント体制

アサヒグループでは、アサヒビール(株)、アサヒ飲料(株)、アサヒグループ食品(株)などの主要な国内事業会社の人事部門と連携して各種人事施策を推進しています。グループ人事部長会議を定期的に開催し、従業員一人ひとりが成長に挑戦し続けられるよう、ノウハウの共有やグループ横断の課題に取り組んでいます。
また、グローバル化の進展に伴い、主要な海外事業会社の人事部門との連携を進めています。各社において、経営層の任命、サクセッションプラン、報酬制度等を決議する人事委員会を設置し、アサヒグループホールディングス(株)の経営層が議長もしくは委員として参画しています。
また、1年に1〜2回、主要な海外事業会社の人事担当役員とのグローバル人事会議を開催し、人事施策の方針や課題の討議を定期的に行っています。

目標

  • エンゲージメントサーベイ活用による人的資本の高度化
  • 2021年までにグローバルサクセッション会議を設置

2017年度の主な実績

エグゼクティブリーダーシッププログラム(ELP)

  • グループの経営幹部人材創出を目的として、国内主要事業会社から約10名を選抜し、8か月にわたるプログラムを実施

ネクストリーダーズプログラム(NLP)

  • 次世代の経営者養成を目的として、国内主要事業会社から約15名を選抜し、経営に必要な知識を身に着けるプログラムを実施

グローバルリーダーシップディベロップメントプログラム(GLDP)

  • 2017年5月から2018年5月にかけて、将来の経営者候補を対象とした研修プログラムを実施
  • 第二回目となる今回は、欧州から3名、オセアニアから4名、東南アジアから3名、日本から2名の、計12名が参加
  • ケーススタディや役員との討議・プレゼンテーションなど計4回のセッションを実施

キャリア開発支援

  • 国内グループ会社の40代及び50代の社員を対象に、外部専門家によるキャリアデザインセミナーを実施。2018年は計720名が受講
  • 自律的なキャリア開発を目的として、オンラインで業務に必要な知識を身に着けるメニューを豊富に取りそろえた学習支援ツールを展開

グローバルチャレンジャーズプログラム(GCP)

  • グローバルで活躍できる人材を早期且つ計画的に育成することを目的として、2010年から海外事業会社で1年〜1年半派遣するプログラムで、これまでに50名を超える若手社員を派遣
  • 2018年からは、新たに買収した欧州ビール事業会社への派遣や、より実践的な実務能力の習得を目的として、中堅社員を数カ月間派遣するプログラムを新たに開始

グローバルHRミーティング

  • 2017年は7月と12月にグローバルHRミーティングを開催し、グローバル化に対応すべく人事面の課題を討議

今後に向けて

主要な海外事業会社を含めた経営層のサクセッションプラン体制の構築に向け、諸制度の整備を進めていきます。また、グローバルでのキャリア開発・育成機会の提供を通して、人材育成を推進していきます。

関連情報

CSRマネジメント
環境
人権・人材マネジメント
責任ある事業活動
アサヒの強みを活かした価値創造