1. トップページ
    2. サステナビリティトップ
    3. トップメッセージ
ページトップへ
CSRマネジメント CSRマネジメント

トップメッセージ

トップからのメッセージ

新たなグループ理念のもと、ESGの取り組みをさらに強化し、持続可能で豊かな社会の実現を目指す。 代表取締役社長兼CEO小路明善

ここ数年でアサヒグループを取り巻く環境は大きく変わりました。特に、欧州酒類事業の買収を機に、アサヒグループの海外における存在感や影響力は一段と高まっています。同時にそれは、目の前のチャンスやリスクがこれまで以上に広範かつ複雑化し、これまでの経験則だけでは経営できない新たなステージに入ったことを指します。

このような背景を踏まえ、2019年1月に私達は従来の経営理念を刷新し、新しいグループ理念“Asahi Group Philosophy”を施行しました。私達アサヒグループは、自然の恵みを原料として商品をつくり、ステークホルダーの皆様から信頼を得て初めて、社会の中で存在することができます。“Asahi Group Philosophy”では「すべてのステークホルダーとの共創による企業価値向上」を掲げ、顧客や社員、社会、取引先、株主、それぞれのステークホルダーと誠実に向き合うことを約束しています。

具体的な取り組みとしては、2016年から取り組んでいる「中期経営方針」の内容を更新し、3つの重点課題のひとつとして「ESGへの取り組みのさらなる強化」を掲げています。今後は、環境や人権、アルコール関連問題などにおけるリスクマネジメントをこれまで以上に強化すると共に、アサヒの強みを活かした価値創造型のCSVを通して、社会が抱える課題解決に繋げていきます。

アサヒグループの存在価値は、自らの事業を通して、社会課題を起点に、新しい価値を創出していくことだと信じています。今後も、ステークホルダーの皆様から信頼される企業を目指すと共に、持続可能で豊かな社会の実現に向けて、たゆまぬ努力を重ねていきます。

アサヒグループホールディングス株式会社
代表取締役社長 兼 CEO
小路 明善

CSRマネジメント
環境
人権・人材マネジメント
責任ある事業活動
アサヒの強みを活かした価値創造