CSR・環境活動

地域のリーダーを育成する高校生向けワークショップ 若武者育成塾

ここから本文

高校生環境研修 日本の環境を守る
若武者育成塾

アサヒビールでは2006年に高校生を対象とした環境教育『日本の環境を守る若武者育成塾』を開講いたしました。若武者育成塾は、これから社会に巣立つ高校生たちに、体験学習や企業訪問を通じて環境問題を肌で感じてもらい、その問題解決法を自ら考え、実践することによって、 社会の課題を乗り切る力を身につけた、志の高い、たくましい「若武者」を育成しようとするものです。
第八期となる本年は、東日本地区の高校生を対象に募集し、7校から17名の高校生が、次世代を担う「若武者」として選ばれました。
選抜された高校生は、8月の夏合宿に参加し、現場体験学習を通じて地域の課題解決のために何ができるかを考えアクションプランを作成します。その後、12月にアサヒ・アートスクエア(東京)で行われる成果発表会で、各チームが地元で実施した活動報告を行います。また本合宿には、高校生に加え、各校の引率教諭、及びアサヒグループ従業員の有志ボランティアで構成される「チームアシスタント」(各チームのアクションプランのファシリテーションを行う)が参加しました。
人と自然と環境がつながっているということを体感した17人の若武者たちの様子をレポートします。

2013年若武者育成塾


一次審査発表!
計7グループの17名が選抜されました。
旭川大学高等学校 (北海道) 藤女子高等学校 (北海道)
青森南高等学校 (青森県) 八戸工業大学第二高等学校 (青森県)
大曲農業高等学校 (秋田県) 仙台三桜高等学校 (宮城県)
中央農業高等学校 (神奈川県)    
4日間の合宿の様子はこちら 地元での活動の様子はこちら 各高校の発表の様子はこちら
過去の若武者育成塾の様子

本文終わり

若武者育成塾トップへ戻る