1. トップページ
    2. サステナビリティ
    3. アサヒ若武者育成塾
    4. 第12期活動報告2017

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

アサヒ若武者育成塾 第12期 活動報告

若武者育成塾TOPへ

photo

若武者育成塾TOPへ

2017/12/22 UP! 成果発表会で受賞校が決定! 2017/12/22 UP! 成果発表会で受賞校が決定!

12月17日(日)、第12期「アサヒ若武者育成塾」の活動の総まとめとして、「成果発表会」を開催。
各校とも夏合宿後、約5ヶ月の活動とその成果を発表し、今期の受賞校を決定いたしました。

堂々と発表会に臨んだ高校生の皆さん。
今後も切磋琢磨を続け、
たくましい「若武者」へと成長を続けてください。
またご来場いただいた皆様、
本当にありがとうございました。

最優秀賞

栃木県立栃木農業高等学校

走れ!とちのうマリアージュ
~地域資源を活用した農山村地域の活力向上~
農業高校生による会社「とちのうマリアージュ」が、土地と農業を、農家と消費者を、自然と都市をつなぎます。衰退する農山村で失われつつある「ひと・もの・こと」を見直し、地域の活性化に取り組みました。

優秀賞

岐阜県立恵那農業高等学校

恵那の里山に花咲かみつばち
〜みつばちとともに里山の調査・保全・活用〜
農業と環境が調和した里山が残る岐阜県恵那市。里山の農作物と野生植物にとって必要な訪花昆虫みつばちと協力し、生態と自然環境の調査から、農業・自然環境の保全と養蜂生産物を活用したPR活動に取り組みました。

オリジナリティ賞

山口県立宇部高等学校

山口宇部発 ベジ活プロジェクト
食文化の違いに困っている外国の方の手助けをしたい!ベジタリアン対応のお店が少ない山口県で、私たちは立ち上がりました。地域の方々の理解を深めるために、地元のレストランやJA(農協)、NPOと協力して活動しました。

周りを巻き込む力賞

山梨県立甲府第一高等学校

Oh, Dear! Deer!
〜おやまぁ鹿!おお山梨か〜
鹿による被害の増加、および捕獲された多くの鹿の廃棄という現状を打破することが必要です。そのために、私たちは学校給食での提供やWeb作成、チラシ配布などで鹿の魅力を多くの人に広めることに取り組みます。

地域ブランド貢献賞

東京都立大島高等学校

ちゅばき発信
本校の椿園は、教育機関として世界で初めて「国際優秀つばき園」に認定されました。他にも椿油などの商品開発、椿炭の活用、里山の保全など、様々な取り組みをしています。私たちの活動で地域を元気にしていきます。

地域活力向上賞

熊本県立牛深高等学校

「アオサ」で守る「海の青さ」
「アオサ」の養殖を通して経済的にも環境的にも、私たちの地元である“牛深”を元気にすることができるのではないかと考え、アオサ養殖による海洋環境美化の研究と、アオサ食品の開発に取り組みました。

サステナビリティ賞

島根県立吉賀高等学校

高津川魅力化計画
学校のすぐそばを流れる高津川はかつて清流日本一に輝いたことがある川ですが、ここ数年、水質が悪化し日本一を逃しています。この日本一を奪還し、再び清流とするために、私たちが取り組んできたことを発表します。

2017/10/11 UP!夏合宿に行ってきました!

全国7つの高校から総勢19名のメンバーが勢揃い!
今後「地域の環境」「地域の食」の問題を解決するべく、
フィールドワークなどを通じて活動計画を
練り上げてきました!

今年の合宿地は・・・アサヒの森

「アサヒの森」は、アサヒグループの社有林。
広島県庄原市と三次市の大小15ヵ所に点在しています。
その総面積は2,165ヘクタール。
水質の浄化や、土砂の流出など災害防止、
自然や野生動物の保護など、
豊かなくらしを守る上で、
大切な役割を果たしています♪

詳しくはコチラ詳しくはコチラ

DAY1 8/3

アサヒの森に集合!アサヒの森に集合!

  • day01_photo
  • “食”や“環境”に問題意識を持ち「この夏、何か新しいことに“挑戦”したい!」と思っている、全国から論文で選抜された高校生7チーム(19名)がアサヒの森に集合。
    高校生による個性豊かな学校紹介、アサヒの森の自然観察とアサヒの森が果たしている役割の講義、森里川海のつながりと森の多面的な機能について学ぶワークショップを実施。
    夜は翌日のスタディツアーに向けて、インタビューの準備や方法などロールプレイングを交えて学びました。

day01_photo

day01_photo

day01_photo

参加生徒の声 参加生徒の声
  • 体験して学べる! 水の循環を学んだことが一番心に残っています。体験型だったので印象に残ったし、今まで考えたことのないお題で、楽しかったです。
  • 森の楽しみ広がる! アサヒの森を案内していただき、初めて見る植物、食べられる植物があって楽しかった。
  • 知らないこといっぱい! 知らなかったさまざまなことを知れた。例えばそよご、はないかだ、黒文字、イヌ(がつくとニセもの)。今後、森の中に入っていきたいと思ったし、森の見方が変わった!
  • やり方いろいろ! インタビューの心構えで、質問の仕方、考え方、話の聞き方からメモの取り方まで新しく知ることが多くあった。
体験して学べる! 水の循環を学んだことが一番心に残っています。体験型だったので印象に残ったし、今まで考えたことのないお題で、楽しかったです。
森の楽しみ広がる! アサヒの森を案内していただき、初めて見る植物、食べられる植物があって楽しかった。 知らないこといっぱい! 知らなかったさまざまなことを知れた。例えばそよご、はないかだ、黒文字、イヌ(がつくとニセもの)。今後、森の中に入っていきたいと思ったし、森の見方が変わった! やり方いろいろ!インタビューの心構えで、質問の仕方、考え方、話の聞き方からメモの取り方まで新しく知ることが多くあった。
もっと見る閉じる
DAY2 8/4

スタディツアーDAYスタディツアーDAY

  • day02_photo
  • 合宿地である広島県庄原市・三次市の問題・課題を知り、その課題に向き合い、地域のために活動をされている方々にインタビューを行う一日。

    まず庄原市役所を訪問し「庄原市が抱える課題と施策」についてお話を伺った後、みんなで観光課題解決のための施策アイデアを考え、提案。獣害対策が行われている現場も視察し、お話を伺いました。
    次に、2グループに分かれ、Aグループは“食テーマ”で平田観光農園と道の駅たかのへ、Bグループは“自然環境テーマ”で庄原さとやまオープンガーデンと国営備北丘陵公園いこいの森へ。たくさんの素敵な方々にインタビューができました。

day02_photo

day02_photo

day02_photo

  • 平田観光農園1
  • 平田観光農園2
  • 道の駅たかの
  • 庄原さとやまオープンガーデン
  • 東城木の駅プロジェクト
  • 国営備北丘陵公園「森の楽校」
スタディツアー参加生徒の声 スタディツアー参加生徒の声
  • ヒントが得られる! 庄原が抱える課題(人口減少・高齢化)が僕の住んでいる地域の課題でもあり、庄原の課題解決を考えていく上で地元地域の課題解決のヒントが得られた。
  • 友好的! 庄原の方々がとても友好的で、質問に一生懸命答えてくださり、とても楽しかった!
  • 地域を盛り上げる! こんな風に地域を盛り上げていくことができるのか、と思いました。地域の人の声を聞いて実現できるなんてすばらしいなと思いました。
  • 好きであることが大切! 何よりも、好きであることの大切さを教えてもらいました。好きである気持ちが、みんなを動かすということも学べました。
  • 視野が広がる! 自分たちの研究の視野がこんなにも広がるとは思わなかった。
  • 参考になる! 新しい観光のカタチが参考になった。
  • 深く考えるように! 地域のことを知る大切さが分かったことで、地域の良さをどのように生かすのかなど、地域についてより深く考えるようになった。
ヒントが得られる! 庄原が抱える課題(人口減少・高齢化)が僕の住んでいる地域の課題でもあり、庄原の課題解決を考えていく上で地元地域の課題解決のヒントが得られた。
友好的! 庄原の方々がとても友好的で、質問に一生懸命答えてくださり、とても楽しかった! 地域を盛り上げる! こんな風に地域を盛り上げていくことができるのか、と思いました。地域の人の声を聞いて実現できるなんてすばらしいなと思いました。 好きであることが大切! 何よりも、好きであることの大切さを教えてもらいました。好きである気持ちが、みんなを動かすということも学べました。 視野が広がる! 自分たちの研究の視野がこんなにも広がるとは思わなかった。 深く考えるように! 地域のことを知る大切さが分かったことで、地域の良さをどのように生かすのかなど、地域についてより深く考えるようになった。
もっと見る閉じる
DAY3 8/5

スタディツアーまとめ発表&アクションプラン作成スタディツアーまとめ発表&アクションプラン作成

  • day03_photo
  • 3日目のスタートは早朝ハイク。1日目とは違う朝の清々しい森を体験しました。 その後、グループに分かれてスタディツアーで学び感じたことをまとめ、発表。地元地域の活動で取り入れることができるアイデアを整理し、様々な出会いを通じて深めた考えや思いを、午後からの地元地域の課題設定、課題解決に向けた活動計画(アクションプラン)作成に活かしました。
    夕方にアクションプラン一次発表を行った後、参加者からのフィードバックを元に、プランを練り直しました。

day03_photo

day03_photo

day03_photo

スタディツアーのまとめ・発表で感じたこと スタディツアーのまとめ・発表で感じたこと
  • 学校を超えて協力できた! 初めは他校の人との交流で、うまく打ち解けられるか心配でしたが、まとめる際に話し合い、協力できた時はとても嬉しかったです。
  • 自分の課題が見つかった! 自分たちの見てきた事など自分たちの言葉で発表したのが楽しかったし、今後の自己課題も見つけられたため、色々な意味で印象深かった。
  • 他校の発表が勉強に! 人前で発表(プレゼン)する機会がないので、他校の仕方を見ていてすごく勉強になった。
学校を超えて協力できた! 初めは他校の人との交流で、うまく打ち解けられるか心配でしたが、まとめる際に話し合い、協力できた時はとても嬉しかったです。
自分の課題が見つかった! 自分たちの見てきた事など自分たちの言葉で発表したのが楽しかったし、今後の自己課題も見つけられたため、色々な意味で印象深かった。 他校の発表が勉強に! 人前で発表(プレゼン)する機会がないので、他校の仕方を見ていてすごく勉強になった。
もっと見る閉じる
DAY4 8/6

平和学習&アクションプラン発表!平和学習&アクションプラン発表!

  • day04_photo
  • 最終日は8月6日。被爆体験をされた方に原爆当時の貴重なお話を伺い、全員で8時15分に黙とうしました。
    その後、各校がアクションプランを発表。合宿中の様々な場面での発表経験や、高校生同士での切磋琢磨、チームアシスタントの問いかけやヒントを起点にした活発な意見交換などを通じて、たくましくなっていく高校生の変貌ぶりは目を見張るものでした。「地元地域への想い」が伝わったくる堂々としたプレゼンでした!

day04_photo

day04_photo

day04_photo

アクションプラン作成・発表を通じて学んだこと・感じたこと アクションプラン作成・発表を通じて学んだこと・感じたこと
  • アイディア! 深く掘り下げていくこと。アイディアをとにかく出してみること。
  • しっかり向き合う! 自分たちの計画としっかり向き合う。班員と協力する。
  • 多くを学べる! 自分たちの活動の課題はもちろんのこと、他の学校と協力できるかもしれないという可能性やKP(紙芝居プレゼンテーション法)などの発表の魅せ方も学ぶことができた。また他校の発表を通して、「こうした活動もあるのか」「こうした地域活性をするのか」とより様々な視点で物を見ることを学んだので、自分たちの発表と同じくらい、他校の発表は勉強になった。
  • わかりやすい発表って何? 他校の発表を聞いて、こんな発表の仕方があるのか、見やすい発表って何だろうと考えるきっかけになった。
  • 「活動のストーリー」が魅力になる! 自分たちが行っている活動の一つひとつの物ごとのつながりや、ストーリーを考えたことがなかったと気が付けました。そのつながりが見えてないと説明していても意味が分からなくなってしまい、聞いてくださる方にも魅力が伝わらないと分かりました。
  • 話し合いも手順が大切! どのような手順で話し合いを進めていくかということ。話の広がり方で見えてくるものが違うし、方向性を見失わずに話し合いを進めることで、時間の使い方が変わる。思ったこと、言われたことはきちんとメモに残すこと。
  • 枠にとらわれない! 視野をもっと広げること。ひとつの小さな枠にとらわれずに、一歩ひいて物ごとを見てみること。いつもゴールを明確にしてアクションプランなどを作成すること。
アイディア! 深く掘り下げていくこと。アイディアをとにかく出してみること。
多くを学べる! 自分たちの活動の課題はもちろんのこと、他の学校と協力できるかもしれないという可能性やKP(紙芝居プレゼンテーション法)などの発表の魅せ方も学ぶことができた。また他校の発表を通して、「こうした活動もあるのか」「こうした地域活性をするのか」とより様々な視点で物を見ることを学んだので、自分たちの発表と同じくらい、他校の発表は勉強になった。 しっかり向き合う! 自分たちの計画としっかり向き合う。班員と協力する。 わかりやすい発表って何? 他校の発表を聞いて、こんな発表の仕方があるのか、見やすい発表って何だろうと考えるきっかけになった。 「活動のストーリー」が魅力になる! 自分たちが行っている活動の一つひとつの物ごとのつながりや、ストーリーを考えたことがなかったと気が付けました。そのつながりが見えてないと説明していても意味が分からなくなってしまい、聞いてくださる方にも魅力が伝わらないと分かりました。 話し合いも手順が大切! どのような手順で話し合いを進めていくかということ。話の広がり方で見えてくるものが違うし、方向性を見失わずに話し合いを進めることで、時間の使い方が変わる。思ったこと、言われたことはきちんとメモに残すこと。 枠にとらわれない! 視野をもっと広げること。ひとつの小さな枠にとらわれずに、一歩ひいて物ごとを見てみること。いつもゴールを明確にしてアクションプランなどを作成すること。
もっと見る閉じる
  • 合宿中で一番うれしかったことは?合宿中で一番うれしかったことは?
    将来も語り合えるような全国的な友達ができた!将来も語り合えるような全国的な友達ができた!
    多くの人と関われたこと。普段あんなに多くの人と話して、意見をもらったり、応援してもらったりすることはないのでうれしかったです。多くの人と関われたこと。普段あんなに多くの人と話して、意見をもらったり、応援してもらったりすることはないのでうれしかったです。
    知らない人(他校の人)と話し合いができたこと。いろいろな意見や考え方を知ることができて刺激になったし、その中で話すことができて、「自分、話せるんだ」と思いました。知らない人(他校の人)と話し合いができたこと。いろいろな意見や考え方を知ることができて刺激になったし、その中で話すことができて、「自分、話せるんだ」と思いました。
    合宿中にたくさんの発表の場があったので、発表後に「すごいね!」と言ってもらえて自信がついた。合宿中にたくさんの発表の場があったので、発表後に「すごいね!」と言ってもらえて自信がついた。
  • 自分の気持ちや態度に変化はあった?自分の気持ちや態度に変化はあった?
    自分は学校の中でも早いうちから地域についての活動を始めていたので充分に頑張っていると思っていた。合宿に参加すると地域のためにもっと自主的に動いて、頑張っている方達ばかりで、自分はまだ足りなかったと感じた。自分は学校の中でも早いうちから地域についての活動を始めていたので充分に頑張っていると思っていた。合宿に参加すると地域のためにもっと自主的に動いて、頑張っている方達ばかりで、自分はまだ足りなかったと感じた。
    アクションプランを明確にできたので、やる気が出た。人にアドバイスや指摘をするのはすごいことで大変なことであると実感したし、そのような人に私もなりたいと思った。アクションプランを明確にできたので、やる気が出た。人にアドバイスや指摘をするのはすごいことで大変なことであると実感したし、そのような人に私もなりたいと思った。
    自分を“人見知り”と決めつけて、壁を作るのをやめようと思った。自分の限界を決めつけない、自分にもう少し自信を持つ、相手の意見を大切にすることを心がけるようになった。自分を“人見知り”と決めつけて、壁を作るのをやめようと思った。自分の限界を決めつけない、自分にもう少し自信を持つ、相手の意見を大切にすることを心がけるようになった。
    発表とか苦手で、いつも声が小さかったり、不安で仕方なかったけれど、最後には、前よりもちょっと堂々とやることができた。発表とか苦手で、いつも声が小さかったり、不安で仕方なかったけれど、最後には、前よりもちょっと堂々とやることができた。

メンバーの今後の活動にご注目! 最新情報は若武者ブログでチェック♪ アサヒ若武者育成塾 若武者BLOG 若武者ブログTOPへメンバーの今後の活動にご注目! 最新情報は若武者ブログでチェック♪ アサヒ若武者育成塾 若武者BLOG 若武者ブログTOPへ