若武者育成塾 若武者BLOG

若武者BLOGとは?

若武者育成塾とは、地元の地域の環境・食の課題を考え、解決に向けて行動できる未来のリーダーを育てる高校生向けプロジェクト。このブログでは、若武者育成塾での合宿の様子や、参加した高校生が各地域において活動する様子をお伝えしていきます。

北海道岩見沢農業高等学校

CIMG5812.JPG
みなさんこんにちは。
 前回紹介した、リーダーシップ10月号に若武者育成塾のことが載りました。若武者育成塾のことが分からない人にでも、これを読めばどんな活動をしているか分かる内容でした。
 農業高校生の人は、リーダーシップが学校にあると思いますのでぜひ見てみてください。リーダーシップがない人のために記事の写真を載せます。ぜひ見てください。
                      
                      岩見沢農業高校 蓮田 真吾

  • リーダーシップ10月号

  • 北海道岩見沢農業高等学校

  • 2008.10.31

  • みなさんこんにちは。前回紹介した、リーダーシップ10月号に若武者育成塾のことが載りました。若武者育成塾のことが分からない人...

  • 続きを読む

10月9日に若武者育成塾の今後の活動について話し合うためにアシスタントの中嶋さんが本校を訪れてくれました。この日は天候が悪くものすごく雨が強い日でした。
 まず、始めに本校を紹介するため学校の中の施設を案内しました。若武者の取り組みで行っている雪冷熱の紹介し、説明することができました。中嶋さんは本校の大きさと様々な取り組みに驚いていた様子でした。
 施設の見学が終わり、今後の活動内容についての確認と話し合いを行いました。今まで私達が取り組んできた活動を説明し、今後の取り組みについても説明しました。説明したことについて中嶋さんが「こんなことをしてみたらどう?」「こんなこと出来ないかな?」などいろいろなアドバイスをもらうことができ、大変勉強になりました。今後の活動に活かせることと思います。
私達の今後の活動の第一歩としては、全校生徒を対象に環境に対してのアンケートを実施し、その結果をまとめたいと思っています。また、雪冷熱を利用して花の栽培をしている本校の生徒が北海道庁や岩見沢市役所に訪問する予定になっています。
大変お忙しい中、私達の取り組みのために中嶋さんにはいろいろなアドバイスをいただき大変ありがとうございました。

P1060252.JPGP1060250.JPG
話し合いの様子               岩農ショップでの記念撮影
P1060240.JPG
雪冷熱を使った栽培実験

  • 中嶋さん来校!

  • 北海道岩見沢農業高等学校

  • 2008.10.10

  • 10月9日に若武者育成塾の今後の活動について話し合うためにアシスタントの中嶋さんが本校を訪れてくれました。この日は天候が悪くもの...

  • 続きを読む

みなさんこんにちは!
どの学校も活動が順調に進んでいるようで
「すごいな~」と関心しつつこのブログを読ませていただいています。

岩見沢農業高校はというと、
9/27~30まで秋休みとなっていました♪
(秋休み・・・他の学校にはあるのでしょうか??)
その関係もあり、今週は報告する活動が出来ませんでした、、。
来週は何か報告できればと思っています。
ではまた(^^)

岩見沢農業高等学校 野々村梨沙

  • 秋休み終了!

  • 北海道岩見沢農業高等学校

  • 2008.10.03

  • みなさんこんにちは!どの学校も活動が順調に進んでいるようで「すごいな~」と関心しつつこのブログを読ませていただいています。...

  • 続きを読む

日本学校農業クラブ連盟が発行している『リーダーシップ』の「学園ズームイン」という記事に、
北海道岩見沢農業高等学校蓮田君の「若武者育成塾に参加して」が掲載されることになりました!

写真はリーダーシップ8月号(表紙は岩農)ですが、この10月号に載る予定です。農業高校の人はぜひ手にとって見てください。また農業高校ではない高校の方にも是非見てもらいたいので、ブログにエントリーしました。
                                               アサヒ 高橋


CIMG5665.JPG

若武者育成塾に参加して

北海道岩見沢農業高等学校  農業土木工学科2年 蓮田真吾

 現在、地球規模で考えなければならない環境問題とは、どのような問題が挙げられますか。私は、環境問題と言えば、オゾン層の破壊・地球温暖化・酸性雨・熱帯雨林の減少・砂漠化など様々な問題が頭に浮かんできます。その問題を解決するために、私たち人間は、どのような取り組みを行わなければならないのでしょうか。そのヒント見つけるために今回私は、8月5日~8月8日の4日間、アサヒビール株式会社で行なっている環境問題について考える会である「第3期日本の環境を守る若武者育成塾」に参加してきました。
この若武者育成塾へ参加するためには、環境についての論文を提出し、その論文の趣旨が認められることによって、選出されたチームのみが参加することができます。私達の学校では、農業クラブの執行部で4つチームを作り、それぞれのチームで環境問題を考え、学科の特性を生かし、研究活動を中心に論文の作成をしました。私達のチームでは、雪冷熱の利用の関する研究テーマを中心に論文をまとめ、その結果が認められ、私達のチームのみが参加することが出来ました。
この育成塾の目的は、環境問題を実際に肌で体験したり、その解決方法を企業の取り組みを通じて学びつつ、参加者自らが環境への取り組みを企画・実践することで、課題を乗り越える力を身につけることです。この育成塾は、環境に係わる様々なプログラムが組まれており、北海道の札幌市にある青少年会館で合宿が行なわれました。今回応募資格のあった北海道・東北・関東・甲信越地区の高校から7校選ばれ、27名がこの合宿に参加しました。
 合宿1日目は、アサヒビール北海道工場の施設見学と工場が環境についてどのような取り組みを行っているかの説明を受けました。また、その取り組みに関連して、ビール等を作る工程に出てしまう産業廃棄物を堆肥化する目的で取り組んでいる再資源化工場(ジャパンリサイクル)も見学しました。環境問題を企業では、どのように考えているのかを学ぶことが出来ました。また、企業同士で連携を図るなどの取り組みも見ることが出来、環境について考えることが出来ました。
 合宿2日目は、森と川を知る体験がありました。実際に森に行って植物に触れたり、川に入り魚を取ったりして、自然に触れることが出来ました。この自然に触れる体験を通して、恵まれた地球の自然環境について、実感させられました。
 合宿3日目は、富良野でフィールドワークを行いました。ここでは富良野自然塾で行っている環境教育プログラムを体験し、環境問題について再度考える機会を与えてもらいました。そこでは、地球の誕生から現在までの過程を学んだり、植樹体験などもありました。その中で、「地球は子孫からの借りもの」という言葉を教わりました。これは、これから生まれてくる子供たちのことを考えず、今のことだけを考えていてはいけない。という意味です。私はこの言葉に感動し、環境問題へどのように取り組むべきか真剣に考えたいと思いました。
 宿舎に戻り、3日間学んだことを活かして、自分たちの地域でどのような活動ができるか各班で話し合いを行いました。私達は、様々な意見を出し合いましたが、豪雪地帯という特徴を生かし、雪冷熱を使って活動する取り組みを行うことに決めました。
 最終日の4日目は、各班で各地域に戻りどのような活動をするかという内容で、発表会がありました。各高校で色々な活動案が出されていました。それは自分の地域に関係のある活動や、学校での活動など様々でした。
 今回私は、育成塾に参加して今までとは違うたくさんの視点で環境問題について体験したり、考えたりすることが出来ました。また、他校の人との交流から、他校のさまざまな活動を知ることも出来ました。いろいろな学習を通して環境問題が身近な問題だと気づくことも出来ました。この合宿に参加できたことは本当に良かったと思っています。これから、環境についての取り組みを実践し、少しでも環境問題を解決するための努力をしていきたいと考えています。

  • リーダーシップに!!

  • 北海道岩見沢農業高等学校

  • 2008.09.29

  • 日本学校農業クラブ連盟が発行している『リーダーシップ』の「学園ズームイン」という記事に、北海道岩見沢農業高等学校蓮田君の「若武...

  • 続きを読む

CIMG5641.JPG CIMG5644.JPG CIMG5649.JPG
CIMG5652.JPG CIMG5658.JPG
みなさん、こんにちは!
北海道岩見沢農業高等学校の山本です。
合宿から帰ってきて1ヶ月が経ち、
更新が遅れましたが、岩農での取り組みを報告します。

8月28日の第9号「えふえふ愛通信」に育成塾に参加し、経験した内容を掲載しました。
まず「えふえふ愛通信」とは・・・
毎月1、2枚をめどに全校生徒800名のクラブ員に向けて発行している通信のことです。
「えふえふ愛」の意味は、“えふ=Future”“えふ=Farmers”“愛=Iwamizawa”の略のことです。主に掲載する内容は、農業クラブの行事や大会結果報告、学科内での取り組みの紹介
などです。
ブログの更新と連動に、クラブ員にも育成塾の内容を報告していきたいと思っています。
以下の、第9号「えふえふ愛通信」の写真と内容を添付します。

また、
雪冷熱による各学科の取り組みは順調に進んでいます。
「雪冷熱」という言葉を聞きなれない人が多いと思います。
北海道に降る雪のエネルギーを活用し、集めた雪から冷風や雪解け水を各学科で利用し、農畜産物や草花を栽培しています。
現在残っている“雪”は残りわずかです。
写真に写っている草花は、合宿でも紹介した生活科学科で栽培している「プリムラ」です。
現在は冷風をあてハウスで育てている段階です。

他は後日報告いたします! 北海道岩見沢農業高等学校 山本萌美

<写真 左上から>
第9号えふえふ愛通信の写真   雪 山の写真       プリムラの花の写真
コンテナに貯蔵してある雪の写真 えふえふ愛通信の写真

※写真をクリックすると拡大表示されます。

  • えふえふ愛通信発行!クラブ員へ紹介☆

  • 北海道岩見沢農業高等学校

  • 2008.09.16

  • みなさん、こんにちは!北海道岩見沢農業高等学校の山本です。合宿から帰ってきて1ヶ月が経ち、更...

  • 続きを読む

皆さん、お元気ですか?
アサヒビールの中嶋です。
早いもので「合宿」から1ヶ月が過ぎましたね!
活動の進捗状況はどうですか?
テストなどで忙しかったと思いますが、頑張っていきましょう!

岩見沢農業高校の皆さん!
農業クラブ発行の「えふえふ愛通信」に掲載した内容について
報告お願いします。

アサヒ 中嶋

  • 皆さん!お元気ですか?

  • 北海道岩見沢農業高等学校

  • 2008.09.08

  • 皆さん、お元気ですか?アサヒビールの中嶋です。早いもので「合宿」から1ヶ月が過ぎましたね!活動の進捗状況はどうですか?テ...

  • 続きを読む