若武者育成塾 若武者BLOG

若武者BLOGとは?

若武者育成塾とは、地元の地域の環境・食の課題を考え、解決に向けて行動できる未来のリーダーを育てる高校生向けプロジェクト。このブログでは、若武者育成塾での合宿の様子や、参加した高校生が各地域において活動する様子をお伝えしていきます。

栃木県立栃木農業高等学校

栃木農業の茂串です。
3年生のみなさん3年間お疲れ様でした。そして、ご卒業おめでとうございます。栃農高は先日卒業式が行われました。今まで一緒に活動してきた先輩方が卒業してしまい、とても寂しいです。ですが、先輩方が一生懸命に活動してきたことを受け継いでいきたいと思います。先輩方新たな進路先で頑張って下さい。


栃農高は今、市役所の環境課の方々から文化会館での発表をお願いされ、準備をしています。初めて先輩方抜きの準備で分からないこともたくさんありますが、部員全員で協力して頑張っていきたいと思います。

  • お疲れ様でした。

  • 栃木県立栃木農業高等学校

  • 2009.03.07

  • 栃木農業の茂串です。3年生のみなさん3年間お疲れ様でした。そして、ご卒業おめでとうございます。栃農高は先日卒業式が行われました...

  • 続きを読む

お久しぶりです。
先日、私は足利工業大学研究センターの「風と光の広場」に風力発電と太陽エネ
ルギーなどの見学会に行き、渡良瀬川を通りました。
色々活動してますね。
盛岡農業高校の若武者さん達とも同じような問題が絡んでいますね。そして、函
館水産農業さんのレポートに、“ヨシは水質改善に役立つので、大沼の問題にも
利用できるが、ちゃんと管理し、刈ったヨシをどのように有効活用していくかを
考えていかないといけない。”とありましたね。
メンテナンスの面などコストはどこの分野でも気にしなくてはなりませんね。
環境問題改善の一つの策として、「つながり」が非常に重要となると思います。
21日に各高校の若武者さん達と、さらに情報の共有が出来そうですね。
そして、ドングリの苗達も含めて次の世代へと受け継いでいってくださいね。
21日の最終発表も楽しみにしていますね。
                           事務局 柴田 真友子

  • 栃木農業の皆さん  柴田です

  • 栃木県立栃木農業高等学校

  • 2008.12.20

  • お久しぶりです。先日、私は足利工業大学研究センターの「風と光の広場」に風力発電と太陽エネルギーなどの見学会に行き、渡良瀬川を...

  • 続きを読む

足尾の山を昔のドングリの森によみがえらせる活動をしています。
今までの足尾銅山の復活には岩やヤセ地に強い「里松」などが植えられていましたが、地元の人達から、昔の足尾の山はブナ林やドングリの雑木林でおおわれていたので、これからはドングリの森を育てていきたいとの要望が多くなって来たので、私達がドングリの苗を育てて、足尾の森に届ける活動をしています。

また、11月2日には、NPO法人の方達と渡良瀬遊水地から刈り取ったヨシを利用し作った腐茎土の袋詰めをおこないました。
この堆肥を学校祭で販売するため、400袋用意しました。
さらに、県立公園の桜やアジサイなどの老化対策として、市の環境課と協力しヨシ堆肥を利用する計画も進められています。
今日は2年生40人が1人30個のドングリの種まきをおこない、春になったら足尾の小中学校に配る予定です。


栃木農業高校 3年 小暮麻那実

  • 足尾の山を昔のドングリの森に

  • 栃木県立栃木農業高等学校

  • 2008.11.10

  • 足尾の山を昔のドングリの森によみがえらせる活動をしています。今までの足尾銅山の復活には岩やヤセ地に強い「里松」などが植えられて...

  • 続きを読む

%D7%CD%DE%D9%82%CC%8AG.JPG    %D7%CD%DE%D9.JPG

10月29日
渡良瀬遊水地のくずヨシを使ったヨシ腐茎土作り
ヨシの腐茎土を商品化するために今年は25リットル入りの袋に美術部の友達がデザインしたラベルを張り付けました。
また、ヨシの腐茎土の成分調査を行った成分検査結果も表示しました。
この腐茎土を1000袋製作し、地域農家や栃木市の観光課さらに足尾銅山の緑の森復活運動に利用します。

%8F%AC%95%E9.jpg

茂串香里・増田三恵子

※写真をクリックすると拡大表示されます。

  • 活動報告

  • 栃木県立栃木農業高等学校

  • 2008.10.31

  • 10月29日渡良瀬遊水地のくずヨシを使ったヨシ腐茎土作りヨシの腐茎土を商品化するために今年は25リットル入りの袋に...

  • 続きを読む

昨年、足尾銅山から拾ってきたドングリの実を学校の農場で種まきを行いました。1年経った現在、長さ30センチ太さ5ミリになりました。足尾銅山に植えるためには、岩だらけの山でも育つように根が強くないと枯れてしまいます。なので、ポットにヨシ堆肥を入れ根毛の発育をよくしています。この苗をたくさん育てて足尾の地域の小中学生に配りたいと思います。

毎日先輩方とドングリ苗の育成を頑張っています。 栃農高 茂串香里

今私達は堆肥作りに取り組んでいます。堆肥作りは、米ぬかを中心とした、自然の素材を使った熟成方法で行うことにした。まずヨシを、4ヶ月くらい水に浸しておいた。その後米ぬかとの配合実験を繰り返し行いました。まず、予備実験として米ぬかの配合割合を検証するため、何度も容器を用いた試験を行った。1リットルの容器に米ぬかの配合割合を、5~20パーセントまで設定し、一ヶ月放置しました。その後、私達の研究開発した自家製土着菌を混入させると、2週間位で発行が始まり放線菌など有効な菌糸おおわれてきた。その結果、1立方メートルあたり50キログラムの配合割合がヨシと米ぬかの熟成基準となった。
とりあえず今はヨシ堆肥作りを頑張っています!!  栃農高 増田三恵子

  • 活動報告2

  • 栃木県立栃木農業高等学校

  • 2008.09.29

  • 昨年、足尾銅山から拾ってきたドングリの実を学校の農場で種まきを行いました。1年経った現在、長さ30センチ太さ5ミリになりました。...

  • 続きを読む

%83C%83%81%81%5B%83W%20-%20%20%91%AB%94%F61.jpg%83C%83%81%81%5B%83W%20-%20%20%91%AB%94%F62.jpg

━活動テーマ━ 
足尾の山にドングリの苗木を植える活動
━目的・内容━ 
緑が減った足尾の山を復活させる。
━結果・考察━ 
足尾の山は有名な銅山として採掘作業が行われていました。そのため、足尾の山にもともと生殖していたドングリの木は伐採されて、山の半分の木が無くなってしまいました。その後、足尾鉱毒事件の発生により採掘は終わりました。そして、足尾の山を昔と同様に緑豊かな山に復活させようと、学校の裏山からドングリを集めて、今月は種を植える活動を行いました。
━考察・次回の計画━ 
昨年植えたドングリの苗木もだいぶ大きくなっており、順調に育っています。今後も、観察を続けて行きたい。

  • プロジェクト活動日誌

  • 栃木県立栃木農業高等学校

  • 2008.09.08

  • ━活動テーマ━足尾の山にドングリの苗木を植える活動━目的・内容━緑が減った足尾の山を復活させる。━結果・考察━...

  • 続きを読む

20080812180421.jpg
こんにちは!合宿お疲れ様でした。みんな無事に帰りましたか?地元に帰ってから、疲れと暑さで体調を崩したりしてませんか?ハードな3泊4日でしたね。私の地元は蒸し暑いし、帰り道で雨に降られるし、北海道の気候が良かったなぁと改めて思いましたよ。
その後どうですか?2週間に1回くらい近況報告してくださいね。こちらに書き込みでもいいし。個人的な相談はメールでお願いします(笑)。
写真ができました。「写るんです」で撮った分なので、後日焼き増ししてお渡しします。今日はまとめてチラッとお見せします。(ケータイで撮ったので、写りが悪くてゴメンなさい。)
では、みんなからの書き込み、メールお待ちしてます!(^。^)ノ
アサヒビール 佐々木

  • 合宿お疲れ様。無事帰りましたか?

  • 栃木県立栃木農業高等学校

  • 2008.08.13

  • こんにちは!合宿お疲れ様でした。みんな無事に帰りましたか?地元に帰ってから、疲れと暑さで体調を崩したりしてませんか?ハードな3...

  • 続きを読む