若武者育成塾 若武者BLOG

若武者BLOGとは?

若武者育成塾とは、地元の地域の環境・食の課題を考え、解決に向けて行動できる未来のリーダーを育てる高校生向けプロジェクト。このブログでは、若武者育成塾での合宿の様子や、参加した高校生が各地域において活動する様子をお伝えしていきます。

愛媛県立伊予農業高等学校

久しぶりのブログ更新です。

第5期日本の環境を守る若武者育成塾のみなさん、合宿が終わり、地元へ帰っての活動に熱が入っていると思います。私は第4期の伊予農業高等学校の西山です。近況を報告いたします。

7月24日には、約20人のクラブ員とため池へ行き、炎天下の中、セイタカアワダチソウ、ワレモコウ、センダングサ、タヌキマメの4種の希少種のトータルステーションで位置座標を測り、その後、一本一本草丈を測っていきました。セイタカアワダチソウは前回よりも株数が減っていたと感じました。カワラケツメイは株数がとても増加しており減少の可能性はなく、先生も私たちも安堵しております。今回の調査ではとても良いデータが取れたので今後が楽しみです。

7月30日に愛媛県総合科学博物館で行われた「生物多様性キャラバンセミナー 生き物語り」に参加し発表させていただきました。これからの活動の手がかりをたくさん得ることができ満足しています。また、わたしたちの活動が多くの方に知ってもらい、美しい環境を守る輪が広がればと、今後も活動を続けて行きたいと思います。

若武者育成塾2期生の山内さんへ、
セイタカアワダチソウの駆除の件ですが返事が大変遅くなってしまいすません。

セイタカアワダチソウは自家中毒(アレロパシーのことでしょうか)では、おそらく10年くらいは死滅しないと考えています。重信川河口のヨシ原に混在するセイタカアワダチソウを、現在まで7年間調査していますが、植生分布面積は減少するもののすべては死滅はしていません。ただ、セイタカアワダチソウがなくなると、チガヤやテリハノイバラへ植生が遷移している場所も確認できますので、推測ですが、おそらく10年くらいではないかと思います。

そこで、ため池の堤体では、私たちはセイタカアワダチソウを一本一本手で抜き取りました。効果は良かったものの人手と時間がかかるため、地元農家の持続可能な管理としては現実的でない、ということで、廃案になってしまいました。管理手法を違えた4区画の実験では、年1回の草刈りをすると株数が増加することがわかりました。しかし、「年3回草刈りをすると効果がある」という御指導もいただきましたが、希少種も一緒に刈ることになり、保全できなることも予想されたため、年3回の草刈りは実験ができていません。

駆除後の利用方法ですが、私たちは基本的には利用することは考えていません。
刈り取った後の草をマルチングにし、外来種の発生抑制に利用する程度です。

不十分な返答ですが何かのお役に立てたらと思います。

第5期の若武者育成塾のみなさんのブログも楽しみにしています。

草刈り.jpg         草刈り後.jpg
草刈り                        草刈り後

生物多様性キャラバンセミナー1.jpg         生物多様性キャラバンセミナー2.jpg
生物多様性キャラバンセミナー1           生物多様性キャラバンセミナー2

セイタカアワダチソウの火入れ・草刈りの効果.jpg         ヨシ原に侵入したセイタカアワダチソウの植生分布.jpg
セイタカアワダチソウの火入れ・草刈りの効果   ヨシ原に侵入したセイタカアワダチソウの植生分布

  • 活動報告21

  • 愛媛県立伊予農業高等学校

  • 2010.08.18

  • 久しぶりのブログ更新です。第5期日本の環境を守る若武者育成塾のみなさん、合宿が終わり、地元へ帰っての活動に熱が入っていると思い...

  • 続きを読む

御無沙汰しております。

2月6日 今日もいつものようにため池へ行き、テンシオメーターで土壌の水分状態を調べました。普段よりかは乾燥していました。そして、ベンリーゼの状態を確認し今回の作業を終了しました。もう少し暖かくなったら、ベンリーゼのマルチングも変化が現れると思うので楽しみです。

2%8C%8E6%93%FA.JPG  <ベンリーゼ確認>

2月13日 今日は朝から塩屋海岸の清掃をしました。いつもよりごみの量は少なかったように思いました。でも、ペットボトルやビン類のごみが多かったです。今日は参加人数が少なく拾えたごみが少なかっただけかも知れないので参加の呼びかけをしたいとおもいます。その後、ため池へ調査に行きました。水分状態はほぼ1.6だったので堤体土壌は湿潤状態であることがわかりました。ベンリーゼはちょっと気になったことがあったので調べたいと思います。結果も報告します。

2%8C%8E13%93%FA.JPG  <生成分性農園芸用マルチフィルムの分解の様子>


2月20日 今日は金子くん、西川さんの2人での調査でした。テンシオメーターで土壌の水分値を測定し、いつもと変わらない値でした。途中テンシオメーター内の水が少なくなっていたものがあったので水を補給しました。その後ECとpHを測定するため4ヶ所の土壌を採取し活動を終えました。

2%8C%8E20%93%FA.jpg  <土壌採取>


3月5日 今回も金子くん、西山さんの2人での調査となりました。pF値を測定しましたが、雨天の日が多く堤体の土壌水分は湿潤状態が続いています。ヨモギやカワラマツバ、
セイタカアワダチソウが萌芽していました。日没の調査だったのでpF値を調べるのに苦労しました。次回からはもっと早く活動出来るようにしたいです。

3%8C%8E5%93%FA.JPG  <日没の中での調査>


3月12日 いつものようにため池へ行き調査してきました。土壌水分を示すpF値は相変わらず、1.6前後と湿潤状態が続いていますが、堤体のり面上部よりも下部の方が、pF値が高く乾燥しているので疑問に思いました。疑問に思ったことをそのままにしておかず、調べて解決し次に生かしたいと思います。

3月19日 今日の活動は、ため池に行きテンシオメーターの値を測定し、その後、土壌のpF値とpHを測定しました。土壌は以前と変わりはなく、乾燥していないことが分かりました。その後、ベンリーゼの確認をして活動は終わりました。

3%8C%8E19%93%FA.JPG  <土壌調査>

若武者二期、学法石川高校OBの山内さん、御指導をいただきありがとうございます。
若武者ブログにもあったように、私たちもセイタカアワダチソウの駆除に苦労しました。
最終的には、1本1本手で抜く作業をしましたが、この作業は私たち若者が大勢で行うと
負担は軽くなりますが、地元の方が行うのは難しいです。そんため、現在、最も良い駆除法を見つけるために実験をしています。これからもその実験を続けますが、良い方法が見つかれば報告します。

  • 活動報告20

  • 愛媛県立伊予農業高等学校

  • 2010.03.24

  • 御無沙汰しております。2月6日今日もいつものようにため池へ行き、テンシオメーターで土壌の水分状態を調べました。普段よりかは乾...

  • 続きを読む

IMGP0968.JPG IMGP0971.JPG IMGP0973.JPG

IMGP0975.JPG


1月23日 ため池に行ってきました。今日は南海放送の方が私たちのため池での活動を取材に来られました。まず、3カ所に設置しているテンシオメータのpF値を測り、その後、4区画に分割した実験区、対照区の土壌のpHとECを測定しました。全体的にpF値は高く、堤体の土壌が乾燥していることがわかりました。また、pHとECは6カ所測定しましたが、1カ月前の測定値とあまり変化がありませんでした。最後にトータルステーションと電子平板を用いて、植物の位置座標を測定する方法を実演しました。私たちの活動の様子がテレビで放送され、多くの人に知ってもらうことができると思うと大変うれしく思います。

  • 活動報告19

  • 愛媛県立伊予農業高等学校

  • 2010.01.25

  • 1月23日ため池に行ってきました。今日は南海放送の方が私たちのため池での活動を取材に来られました。まず、3カ所に設置して...

  • 続きを読む

0114.jpg 0115.jpg 0115%90%D4%8F%BC.jpg

0115%96%BC%8C%C3%89%AE.jpg 0116.jpg 0118.jpg

1月14日・15日 平成21年度愛媛県学校農業クラブ連盟第2回各種発表県大会が愛媛県内の14校、約150人が参加して行われました。意見発表の区分環境で、西川さんが優秀賞、プロジェクト発表の区分環境で西山さん、金子君が最優秀賞を受賞しました。いずれの発表も若武者育成塾での活動を取り入れており、私たちの活動が多くの人に知ってもらえることが出来て良かったです。

1月16日の鳥類調査では、多くの種類の鳥が観察でき、ツクシガモやクロツラヘラサギなどの珍しい鳥やオオサギがコサギを捕食する瞬間の珍しい場面も観測することができました。今後も暖かい春に向けて鳥たちがたくさん飛んでくると思うので、注意しながら観察していきたいと思います。
また、1月15日には、平成21年度田園自然再生コンクールin名古屋for COP10で先輩達がポスターセッションを実施し、「子どもと生きもの賞」をいただき、農林水産大臣から励ましのお言葉をいただきました。

1月18日には、南海放送のテレビ局が来られ、私たちが若武者育成塾に参加したことや、日頃行っている活動についての取材がありました。みんな慣れてない取材でしたが、自分が思っていることを伝えることができたと思います。今後、現地のため池で取材が予定されています。

  • 活動報告18

  • 愛媛県立伊予農業高等学校

  • 2010.01.19

  • 1月14日・15日平成21年度愛媛県学校農業クラブ連盟第2回各種発表県大会が愛媛県内の14校、約150人が参加して...

  • 続きを読む

%83x%83%93%83%8A%81%5B%83%5B%82%CC%95%AA%89%F0%8Am%94F.JPG %8EQ%89%C1.JPG %83%7B%83%89%83%93%83e%83B%83A.JPG

%8FW%82%DF%82%BD%83S%83~.JPG %93W%8E%A6%82%B5%82%C4%82%A2%82%E9%83g%83%8D%83t%83B%81%5B.JPG %93y%8F%EB%90%85%95%AA%92%B2%8D%B8.JPG

1月8日にはため池に行き、土壌水分調査とベンリーゼの様子を確認してきました。
1月9日は塩屋海岸の清掃ボランティア活動を行いました。今回は、本校の生徒が30人、地元の方2人と協力し清掃を行いました。冬の季節風の影響のためか、落ちているゴミがいつもより多く、そのほとんどがプラスチックや缶などで、清掃にはかなりの手間がかかりましたが、人数が多かったため1時間ほどで大体のゴミを拾い、終了することができました。今回集めたゴミは、可燃物63.9kg、プラスチック42.08kg、空き缶45.02kg、PETボトル5.14kg、漂着物16.3kgの合計172.44kgでした。
ところで、最終考査の発表にて頂いたトロフィーは、本校の玄関の陳列ケースに展示しました。

  • 活動報告17

  • 愛媛県立伊予農業高等学校

  • 2010.01.15

  • 1月8日にはため池に行き、土壌水分調査とベンリーゼの様子を確認してきました。1月9日は塩屋海岸の清掃ボランティア活...

  • 続きを読む

IMGP0777.JPG IMGP0790.JPG

先日の最終報告会ではお世話になりました。アシスタントの阿部様をはじめ、ご指導いただきました皆様のご協力があったからこそ、私たちの発表がうまくいったと思います。本当にありがとうございました。
若武者育成塾での発表は終わってしまいましたが、私たちはこれからも引き続き活動を続けています。12月26日の午前中は、重信川河口域で日本野鳥の会愛媛県支部のかたと鳥類調査をしました。ウミアイサやキョウギョシギなどの珍しい鳥類、重信川河口域では初めて確認するシノリガモなどを見ることができました。写真撮影も試みましたが失敗し、12月31日に再度、写真撮影に挑戦してみることにしています。午後からはため池へ行き、堤体の水分状態を調べているpF値測定とベンリーゼの様子を観察して帰りました。
今後ともよろしくお願いいたします。

  • 活動報告16

  • 愛媛県立伊予農業高等学校

  • 2009.12.27

  • 先日の最終報告会ではお世話になりました。アシスタントの阿部様をはじめ、ご指導いただきました皆様のご協力があったからこそ、私た...

  • 続きを読む

%89%84%8F%C4%96h%8E~%82%CC%90%85%8EU%95z.JPG seisou1.JPG seisou2.JPG
延焼防止の水散布         塩屋海岸清掃1           塩屋海岸清掃2

%89%CE%93%FC%82%EA%82P.JPG %89%CE%93%FC%82%EA%82Q.JPG %8F%C1%96h%8F%90%82%E0%8B%EC%82%AF%82%C2%82%AF%82%E9.JPG
火入れ1               火入れ2               消防署も駆けつける

%8EQ%89%C1%8E%D2.JPG %8FW%82%DF%82%BD%82%B2%82%DD179.7kg.JPG
参加者                集めたゴミ179.7キロ

12月12日 毎月第2土曜日に行われる海岸清掃の日でした。この塩屋海岸の清掃活動は、地元新聞に参加を呼びかける記事を載せながら、2004年から実施し、6年間続いている活動です。今回は本校の高校生42名、地域の人が3名来てくださりました、人数が多かったのでとてもきれいになりました。100mの定点観測している区間での集めたごみは、可燃物65.1 kg、漂着物86.0kg、ビン1.5 kg、プラスチック16.3kg、カン10.8 kgで、合計で179.7kgでした。花火などのごみは減りましたが、ペットボトルなどのごみが目立ちました。この活動はこれからもずっと継続し、かいがんや河川を利用する人たちが、貴重な生態系を保全していけるようにしたいと思います。

12月13日 今日はため池に行き火入れを行いました。まず、火入れをする区域周辺にポンプアップして水を撒き、延焼を防止する処置をしたのち、約3時間をかけ、先週草刈りして枯らしておいたA区間とC区間の2区間に火を付けました。火入れはバーナー1台を用いて行いました。「火災と紛らわしい行為の届け出」をしていた関係で、途中で火入れの様子を見に消防署の方が来られて、「火の取扱には十分気を付けるように」と言われ、注意して作業を行いました。これで、今年度の草刈りと火入れはすべて終了しました。この堤体から、今後、どのように希少種、外来種が発生するかを調査していきます。そのため、地元土地改良区の了解をいただき、堤体の伝統的管理の約束は、2010年3月までから、1年延長し、2011年3月までできるようになりました。

それでは、東京での発表会でお会いしましょう。愛媛のおみやげを持って行きます。

  • 活動報告15

  • 愛媛県立伊予農業高等学校

  • 2009.12.14

  • 延焼防止の水散布塩屋海岸清掃1塩屋海岸清掃2火入れ1...

  • 続きを読む

%83z%81%5B%83%80%83y%81%5B%83W%82%C9%83A%83b%83v.jpg %8F%B2%8E%AE%8Fo%90%C8_rs.jpg
ホームページにアップ         表彰式出席

「12月9日 活動報告のホームページを作成し、学校のホームページにリンクさせている伊予農希少植物群保全プロジェクトチームのページをアップしました。http://www.esnet.ed.jp/iyo-ah/または、「伊予農業」で検索して閲覧してみてください。
画像の大きさは、後日、もう少し工夫したいと思います。
また、この日は、私たちが取り組んでいるもう一つのプロジェクト「重信川感潮域におけるヨシとセイタカアワダチソウの植生界標高に関する一考察」の第53回日本学生科学賞愛媛県大会表彰式があり、出席してきました。」

  • 活動報告14

  • 愛媛県立伊予農業高等学校

  • 2009.12.14

  • ホームページにアップ表彰式出席「12月9日活動報告のホームページを作成し、学校のホームページにリンクさ...

  • 続きを読む

%89%CE%93%FC%82%EA%8F%80%94%F5%82%CC%82%BD%82%DF%82%CC%91%90%8A%A0%82%E8.JPG %8A%A0%82%C1%82%BD%91%90%82%F0%8FW%82%DF%82%E9.JPG
火入れ準備のための草刈り    刈った草を集める
%90%DD%92u%82%B5%82%C4%82%A2%82%E9%8E%C0%8C%B1%8B%E6%81E%91%CE%8F%C6%8B%E6%82%CC4%8B%E6.jpg %83%7D%83%8B%83%60%8C%F8%89%CA%82%CC%8A%CF%8E%40.JPG
設置している実験区・対照区の4区   マルチ効果の観察


12月6日 今日は朝から2,3年生の先輩と一緒に、総勢15名でため池へ行き、火入れの準備のため、草刈りをしてきました。来週に火入れをする予定なので堤体を4区に分けたうちの3区を約2時間かけて準備をしました。草刈りの方法は手で刈るのではなくて、効率の良い草刈り機を2台使って行い、私たちも草刈りの体験をさせてもらいました。
初めて体験しましたが、とても器械が重く、支えるのに必死でとても重労働な作業だと感じました。同時に伝統的管理は希少種を守るために必要だと言われていますが、今回の体験を通して希少種を守るのはとても大変なことだと改めて感じさせられました。
来週の火入れも先輩方に教わりながら頑張ります。

※写真をクリックすると拡大表示されます。

  • 活動報告13

  • 愛媛県立伊予農業高等学校

  • 2009.12.08

  • 火入れ準備のための草刈り刈った草を集める設置している実験区・対照区の4区マルチ効果の観察12月6日今...

  • 続きを読む