若武者育成塾 若武者BLOG

若武者BLOGとは?

若武者育成塾とは、地元の地域の環境・食の課題を考え、解決に向けて行動できる未来のリーダーを育てる高校生向けプロジェクト。このブログでは、若武者育成塾での合宿の様子や、参加した高校生が各地域において活動する様子をお伝えしていきます。

山形県立米沢工業高等学校

【プロジェクト名】 マイクログリット プラン

【今月の活動】
1~30 用水路観察開始(通年で観察) 全 員
1~ 5 アンケート調査の打ち合わせ  全 員
7~10 小学校での学習会の反省と今後の活動について  全 員
11,14,15 アンケート調査の実施(地域への配布)  全 員
25~28 アンケート調査の実施(回収)  全 員
28~ アンケート結果の整理  全 員

【今月の活動を通じて感じたこと、学んだこと】
 以前から準備をしてきたアンケート調査が、やっと実施できた。初めは簡単なアンケート調査と考えていた
が、学校だけでなく地域も考えた調査となると多くのいろいろな問題があり大変苦労した。計画では地域全ての家(約1200戸)で調査する予定であったが、様々な問題があり小学校・高校周辺の約240戸と小規模な実施になったが、学校以外の人と一緒に行うための手順や人との接し方・話し方が大変勉強になった。また、
10月で今年度分の小学校での学習会が終了し、これからの活動を計画している。早いうちに、小学校から地域に向けて情報発信をしていければと思っている。

【今月うまく行かなかったこと(課題)と、それに対して来月どうしたいか】
●今月うまく行かなかったこと
アンケート調査は実施できたが、自分たちが考えていたような地域の人たちとの交流が上手くいかなかった。
○来月どうしたいか
地域の人たちとの交流を行うには大きな問題があるので、もう一度計画を立て直したい。また、発表会ではしっかり説明して相手に伝わるよう、発表の準備をしたい。

【チームアシスタントからのコメント】
11月もアンケート調査という新しい活動によって、いろいろな経験を得ることができたようですね。地域の人たちとの交流について、来月計画を立て直しとのことですが、自分たちの考える交流の目的や内容が、地域の人達にきちんと伝わっているのか、伝わっていないならどこに問題があるのか等々、もう一度見直すとよいかもしれないですね。また、アンケートの実施によって、「地域の人達」という顔の見えない漠然とした対象であった人々が、顔の見える一人一人として捉えることができるようになったと思います。もし自分たちがその人々の立場だったら、どういう活動なら協力できるか、あるいは参加したいと思うのかなど、相手の立場にたって考えてみるとよいかなと思います。
発表まで残り5日となりましたね。合宿の時の練習でいただいたアドバイスや本番で皆さんが感じたことなども思いだして、準備・練習に取り入れて下さいね。この数カ月間でみなさんは、新しい事にいっぱい挑戦し、いろんなことを学び、感じ、確実に大きく成長したと思います。何を伝えたいか、どんな発表をしたいか、強くイメージして、自信をもって本番を迎えて下さいね。当日、楽しみにしています!
                     村田

  • 【11月度 活動レポート】

  • 山形県立米沢工業高等学校

  • 2011.12.13

  • 【プロジェクト名】マイクログリットプラン【今月の活動】1~30用水路観察開始(通年で観察)全員1~5アンケー...

  • 続きを読む

地域の人々が「環境に関心があるのか,環境に目が向いているのか」などについて、アンケート調査を実施するために計画してきました。しかし、学校や地域の様々な問題が多く、1ヶ月以上も待たされたりしてアンケートの実施が予定より2ヶ月も遅れてしまいました。始めは軽い気持ちで取り組んでいたのですが、社会は多くのつながりや仕組みで動いているのだと初めて気付きました。多くのわずらわしい手続きや段取りでイヤになったことが何度もありましたが、何とかアンケート調査を出来たことでホッとしています。
この調査を通して、地域や他の人々と連携することの難しさを実感しました。

2011120101.jpg
地域にある郵便局にもアンケートをお願いしました。

2011120102.jpg
地域はお年寄りも多く、説明には時間がかかりました。長いと一軒あたり10分以上の説明が必要です・・・

2011120103.jpg
回収にも時間がかかりました。協力してもらうのが大変で、何度行っても居留守の家もありました・・・

  • アンケート調査を実施しました

  • 山形県立米沢工業高等学校

  • 2011.12.01

  • 地域の人々が「環境に関心があるのか,環境に目が向いているのか」などについて、アンケート調査を実施するために計画してきました。しか...

  • 続きを読む

■タイトル   
 「マイクログリッド プラン」
 ~未来の技術者と共に、環境保全,自然エネルギー活用に取り組む~

■概要
私たちは環境保全と自然エネルギーの利用について考えており、特に地域を流れる用水路を利用した「小水力発電」に取り組んでいます。今年は地域の人々の意識調査や小学生との学習会を実施し、地域を再確認した。

  • 成果発表会 タイトルと概要

  • 山形県立米沢工業高等学校

  • 2011.11.30

  • ■タイトル「マイクログリッドプラン」~未来の技術者と共に、環境保全,自然エネルギー活用に取り組む~■概要私た...

  • 続きを読む

【プロジェクト名】 マイクログリット プラン

【今月の活動】
  1~31 用水路観察開始(通年で観察) 全 員
  1~ 7 アンケート内容及び方法の再考  髙 橋
  7~15 小学校での学習会内容の検討と打合せ  全 員
 17 米沢市立上郷小学校で合同学習会(2回目)  全 員
 18~21 合同学習会のふり返りと次回学習会(3回目)の内容検討  全 員
 24,25 上郷コミュニティーセンターと打ち合わせ 由井,髙橋
 25~27 次回学習会(3回目)の内容検討  全 員
 31 米沢市立上郷小学校で合同学習会(3回目)  全 員

【今月の活動を通じて感じたこと、学んだこと】
 継続実施している用水路の観察では、稲作の収穫前と後では予想以上に水量が大幅に減少して水深が浅く
なることがわかり、今後の水車設置について予定変更も含めて考えさせられた。
小学校での学習会は、失敗と新しい発見の連続でした。特に初めて小学生の前で授業をした2回目の学習
会は3時間という長時間で、緊張のあまりに頭が真っ白になって何を話しているのか自分でもわからずに
思ったようには全く進みませんでした。その反省から3回目学習会前の打ち合わせには多くの時間をかけ
ましたが、やはり予定通りに上手くはできませんでした。しかし、私たちの上郷地区や環境への思いを、
少しは伝えられたと思います。

【今月うまく行かなかったこと(課題)と、それに対して来月どうしたいか】
●今月うまく行かなかったこと
今月は文化祭等があり忙しい日が続いたが、計画通りに実施はできた。しかし、初めての経験が多く、実施内容には多くの反省点があった。また、アンケート調査については、地域との連携がうまくいかずに進んでいない。

○来月どうしたいか
地域との連携をとるのに想像以上の手間と時間がかかって進んでいないので、コミュニティーセンターを使わない情報発信を考える。また、アンケート調査(聞き取り調査)を数日かけて実施するので、失敗しないように入念に打ち合わせる。

【チームアシスタントからのコメント】
文化祭等で忙しい中、着々と活動を進めているようですね。小学校での学習会は、来年以降にも計画があるようなので、うまくいかなかった部分、うまくいった部分のそれぞれを振り返って、次回につなげて下さい。(できれば、10月31日の様子もぜひブログにアップしてください!)
来月の調査は、どのような目的で、誰に対して、どういった形、内容で行う調査なのでしょうか?目的や対象によって、調査の方法や質問の内容が変わってくるかと思うので、しっかり整理して行う必要があるかと思います。アンケートやインタビューは、簡単そうにみえて、いざ実施するとなると難しいものと思います。ネットや本などで、調査手法について確認しておくのもよいかと思います。
また、地域との連携がうまくいっていないという点ですが、地域との連携にあたって、地域側のメリット(例えば、環境先進地域であると宣伝できるetc.)も考えて、地域側に活動の魅力をアピールできるともしかしたらスムーズに行くかもしれません。あるいは、地域のキーパーソン(例えば市長さん、BNOの関係者等)に話を持って行くと、その方が協力してくれて、物事が一気に進むということもあるかもしれません。それから、マイクログリッドは電力会社や大学などでも研究、実証試験が行われていると思いますが、高校生のみなさんが行う事の意味や意義をしっかり説明できると協力者が増えるかもしれません。なぜ地域との連携が必要なのか、地域と連携することで地域にとってどのようなメリットがあるのか等々、もう一度整理して、いろんな可能性を考えてトライしてみてください。頑張って下さいね!
村田

  • 【10月度 活動レポート】

  • 山形県立米沢工業高等学校

  • 2011.11.08

  • 【プロジェクト名】マイクログリットプラン【今月の活動】1~31用水路観察開始(通年で観察)全員1~7...

  • 続きを読む

10月17日(月)、先生という役割を初めて経験しました。
当日は3時間の学習会を行い、給食も小学生と一緒に食べてきました。
一時間目はネイチャーゲームのフィールドパターンを使い、いつもは気付かない小さなものの発見をしてもらいました。二時間目と三時間目は「若武者育成塾」夏合宿で経験したプロジェクトワイルドの「まんだらカードゲーム」と「みんなのとんぼ池」で、自分の意見を話すことと周りを見て考えることを学んでもらい、みんなで上郷地区を考えていこうと話しました。
学習会の始めから、説明不足で何をするのか分からないでウロウロする小学生が多く出てしまいました。また、時間配分がうまくいかずに作業ができなかったり途中で終わってしまったり、中途半端になったモノもありました。最後は先生に少しだけ助けてもらい、「みんなのとんぼ池」の大切なことや自分たちの気持ちを、少しは伝えられたように思います。
前回の経験を生かして準備をしてきたのですが、今回の学習会でも小学生からいろいろ学んで多くの反省点を教えてもらいました。次回の学習会でも自分たちでやる授業があるので、みんなで話し合って改善して授業に臨みたいと思います。

画像1.JPG
「フィールドパターン」。いろいろな形があるが、見つけようとするとなかなか見つかりません。

画像2.JPG
「まんだらカードゲーム」。みんなの意見を出し合って物語をつくると、何か変な話しになります・・・

画像3.JPG
「みんなのとんぼ池」。自分のことだけ考えてしまい、なかなか上手く計画できません・

  • 小学校で初めて授業をしました!

  • 山形県立米沢工業高等学校

  • 2011.10.19

  • 10月17日(月)、先生という役割を初めて経験しました。当日は3時間の学習会を行い、給食も小学生と一緒に食べてきました。一時...

  • 続きを読む

報告が遅くなりましたが、9月12日(月)に米沢市立上郷小学校4年生(48名)と、1回目の合同学習会を行いました。
今回は学習活動が中心で、災害→防災・減災→世界の環境→上郷の環境の流れで学習し、最後は保護と保全について考えて終了しました。2時間という短い時間での実施なので大変でしたが、子ども達とうち解けるために生徒は必死にコミュニケーションをとっていました。また、生徒は補佐としての役割でしたが、次回からはメインとして学習会を行っていかなければならないので、それぞれ新たな決意を持ったようです。
次回からの活躍に、期待が大といったところです。
[感想](抜粋)
学習会を行って、小学生が震災の事に興味があり、環境についても多くの知識があることに驚きました。また、私たち高校生とは違った見方や考え方を知ることができ、貴重な体験ができたと思います。これからが、ますます楽しみになってきました。

2011101201.jpg

1回目の学習会風景。鉄太くんは笑顔ですが、内心はドキドキものです。

2011101202.jpg

学習会全体の風景。それぞれのパートで必死にサポートしますが、なかなかうまくいきません・・・

2011101203.jpg

工業クラブのメンバー。この10名で小学生をサポートしながら、学習会から地域への働きかけと提案を行います。

  • 小学校との合同学習会1回目終了

  • 山形県立米沢工業高等学校

  • 2011.10.12

  • 報告が遅くなりましたが、9月12日(月)に米沢市立上郷小学校4年生(48名)と、1回目の合同学習会を行いました。今回は学習活動...

  • 続きを読む

【プロジェクト名】 マイクログリット プラン

【8月の活動】
17~19 プロジェクト名とプロジェクトプランの練り直し 全 員
22~26 プロジェクトプランの練り直しと進度表の作成,地域地図の作成  全 員
23 上郷小学校で趣旨説明  由 井
29~31 地域地図の作成  全 員
29~31 アンケート内容の検討  齋 藤

【今月の活動】
1~ 用水路観察開始(通年で観察) 全 員
1~ 7 上郷地区縮小地図作成成  全 員
2 上郷小学校で事前説明と学習会の依頼  由 井
3~ 9 上郷地区の水系(流路)調査  全 員
5~16 アンケート内容と依頼分の作成,用水路調査用紙の作成 齋藤・髙橋
7~10 小学校での学習会内容の検討と打合せ  全 員 
12 米沢市立上郷小学校で合同学習会(1回目)  全 員
13~16 合同学習会のふり返りと次回学習会(2回目)の内容検討  全 員
20~24 次回学習会(2回目)の事前調査(フィールドワークと観察内容の検討)  全 員
26,27 アンケート内容の最終検討  全 員
28~30 アンケート用紙と封筒の印刷  全 員

【今月の活動を通じて感じたこと、学んだこと】
長期の計画を考えるということは初めての経験だったので、なかなかうまくいかずに苦労した。また、いろいろな事を考えながら一つのものを組み立てていくには、多くの違う考えや意見をまとめる大切さがわかった。
小学校で合同の学習会を行ってみて、小学生が災害や防災について予想以上に多く知識があったのには少し驚いた。それと、私たちにはない見方や考え方をするので、逆に私たちが小学生から学んだ事がたくさんあった。
作業の一つ一つが重要で、少しでも遅れると他の作業にも遅れが生じるので、一人一人の責任が大切だと改めて感じた。

【今月うまく行かなかったこと(課題)と、それに対して来月どうしたいか】
●今月うまく行かなかったこと
十分に話し合ったつもりだったが、連携がうまくいかずに小さなミスや失敗が多かった。

○来月どうしたいか
十分だと感じても再度の打ち合わせを行い、些細なミスを無くしていきたい。特に、今度の学習会は自分たちが小学生に教える立場なので、気をつけたい。

【チームアシスタントからのコメント】
9月の一ヶ月間に、ものすごく多くのことを発見し、学んだようですね!
次の活動に向けた再度の打ち合わせ、とても大事だと思います。常に問題点を発見して、改善しながら次につなげると、次回はどんどんよくなっていくと思いますよ。また、実際の現場では、いろいろなことが起こる可能性があるので、リスク管理として、「どんな問題が起こる可能性があるか?」、また「その問題が起こった場合はどうしたらよいか?」、なども、あらかじめ考えておくとよいかもしれません。
10月17日は、いよいよ小学生に教える立場、緊張しそうですね。教えることや発表することの出来栄えは、事前の準備が8~9割ですので、準備をしっかり行った分だけ、本番もうまくいくと思います。それから、教える人の表情、声のトーン、姿勢などで、同じ内容の説明でも、全く印象が変わってくるものです。小学生に、「面白そう!」とか「カッコいい!」と思わせるよう、楽しそうに授業を進められるとよいですね。鏡の前とかビデオに撮ってみたりして練習してみるのも、ちょっと恥ずかしいですが、役に立つかもしれません。
では、次回の報告も楽しみにしています!
                                            村田

  • 【9月度 活動レポート】

  • 山形県立米沢工業高等学校

  • 2011.10.11

  • 【プロジェクト名】マイクログリットプラン【8月の活動】17~19プロジェクト名とプロジェクトプランの練り直し全員...

  • 続きを読む

10月1,2日に「万世大路開通130周年記念行事」が開催され、各方面からの要請もあり参加してきました。
「万世大路」とは、明治初期に「福島-米沢」間を結ぶ「米沢街道」の代わりに造られた「栗子新道」(現国道13号栗子ハイウェイの初代)をいいます。明治天皇が東北・北海道を巡幸した際、「万世大路」(四書五経の尚書より引用されたと言われている)と命名されました。昔は技術が乏しいため、自然を理解して自然を利用した構造物でした。しかし、江戸→明治→大正→昭和と技術が進歩すると、自然を利用するのではなく人間に都合の良いモノに造り変えるようになりました。今回の「万世大路」にもその変遷が残っている構造物があり、生徒達は色々と考えさせられたようです。
往復で約9km,高低差が約400m,往路2時間30分で復路1時間40分の大変なでしたが、有意義な散歩になりました。
昨日から通常の活動に戻り自然エネルギーについて取り組んでいますが、最先端は自然を壊すのではなく利用する技術であることを再認識したようです。

2011100501.jpg
標高が高くても、人が運んだオオバコが道一面に群生。やはり、人が入れば自然環境への負荷は少なからず・・・

2011100502.jpg
道は明治初期、石垣は明治後期、コンクリートは昭和初期。技術が進歩すればより良くなるが、自然環境への負荷は増加する。

2011100503.jpg
当時では最長のトンネル。土木技術としては、すばらしいの一言。

  • 昔の土木技術を見てきました

  • 山形県立米沢工業高等学校

  • 2011.10.05

  • 10月1,2日に「万世大路開通130周年記念行事」が開催され、各方面からの要請もあり参加してきました。「万世大路」とは、明治初...

  • 続きを読む

小学校と連携した学習及び取り組みが正式に決定し、動き始めました。コンビを組むのは米沢市立上郷小学校4年1,2組の子ども48名です(以前も連携して環境教育に取り組んでいましたが、行事等で忙しく5年前に自然消滅してしまいました・・・)。今年度は時期が遅れたため、合計3回(9/12,10/17,10/31)で授業時間約10時間の予定です。しかし、来年度からは年回6回で約20時間の実施で、無理なく継続していく予定で調整しています。特に2,3回目は高校生が環境について小学生に学習を展開するのですが、小学生に教えられる事の方が多いと思いますので、楽しみ倍増というところです。
先週末から、上郷地区の調査も始まりました。アンケート内容が定まらず四苦八苦しており現在は水系調査のみとなってますが、ここ3~4日のうちには動きだす予定です。上郷地区の戸数を数えたところ、何と約1100戸もありました・・・。地道な活動が、人々に理解してもらえるよう務めたいと思います。

2011090501.jpg

米沢市立上郷小学校(新校舎建築真っ最中)
旧い校舎は木々があり、グランドにはムシもいたのですが・・・
新校舎はソーラーパネル装備で、バリアフリー等etcです

2011090502.jpg

米工も風力+ソーラーを装備していますが、実用性は・・・

2011090503.jpg

上郷地区の水系調査中。考えてる方向に流れておらず、田畑の中を右往左往です。

  • 小学校との連携授業、決定!

  • 山形県立米沢工業高等学校

  • 2011.09.05

  • 小学校と連携した学習及び取り組みが正式に決定し、動き始めました。コンビを組むのは米沢市立上郷小学校4年1,2組の子ども48名です...

  • 続きを読む