若武者育成塾 若武者BLOG

若武者BLOGとは?

若武者育成塾とは、地元の地域の環境・食の課題を考え、解決に向けて行動できる未来のリーダーを育てる高校生向けプロジェクト。このブログでは、若武者育成塾での合宿の様子や、参加した高校生が各地域において活動する様子をお伝えしていきます。

宮城県仙台三桜高等学校

各高等学校のみなさん、発表会お疲れ様でした。

発表会の質疑応答の際に応答した内容に補足と訂正があります。

1つ目にアブラナ科植物の知識についての補足です。
審査員の方から頂いたご質問に「(大学等の研究機関で)アブラナ科植物それぞれの除塩効果について結果を出しているのか」というご質問に対して、「把握していなかった」とお答えしました。今回頂いたご質問を機に、再確認を致しました結果を、ここに報告させて頂きます。

東北大学の資料によると、アブラナ科の植物は塩分に強く、吸収量も比較的多いと言われています。また、ハクサイとコマツナについては、他のアブラナ科植物(例えば大根)よりもNaClに対して弱いが吸収力は強いことが分かります。このようになる理由としては、アブラナ科植物は一般に他殖性(他個体との交雑によって子孫を残す)のものが多いため、種内で形態などに変異が大きく、耐塩性のような生理的特性で種内変異が大きいと考えられるようです。

また、仙台市で平成23~24年度に塩害土壌にアブラナ科の植物などを植えて、その後の生育状況を観察したデータがあり、その中にもハクサイとコマツナについてのデータがありました。その結果によるとハクサイは生育が良好であり、コマツナについては、一部で発芽・活着不良になったが、生育は良好であったとの記載がありました。このことからもハクサイとコマツナは一定の耐塩性があると分かります。

ラディッシュについては、詳しいデータがなかなか見つからなかったのですが、鹿児島県立錦江湾高等学校が発表した内容によると、塩水を含んだろ紙でアブラナ科などの植物種子の発芽実験を行ったというものがありました。その結果によると、発芽率においてラディッシュの耐塩性が最も強かったと報告されています。また、成長の面でも桜島大根やカザフ辛味大根に続く結果を残したようです。発芽後の成長について詳しく記載されていないことからその詳細がわかりませんが、私たちが実験したときにもラディッシュの成長が良かったことと、発芽率が高いということからもラディッシュの耐塩性の強さが認められると私たちは考えます。

以上、私たちが実験で用いたハクサイ、コマツナ、ラディッシュについて、より詳しい知識を得ることができました。今後もアブラナ科植物に関する情報をもう少し調べていきたいと思います。これで補足調査についての説明を終わります。

※参考 『塩害に強いアブラナの作出に向けて』 (東北大学 西尾 剛より)
『耐塩性アブラナ科植物を使った塩害対策』 (植物遺伝育種学分野 教授 西尾 剛
准教授 北柴 大泰より)
『農業早期復興プロジェクト/耐塩性作物による早期経営改善対策/現地試験における除塩処理後の施肥方法の検討と生育確認/野菜栽培現地試験』(宮城県HPより)
『目指せ!土壌浄化~ダイコンの耐塩性について~』(鹿児島県立錦江湾高等学校 SSH生物研究部耐塩性班 荒木祥代・中村奨・西薗俊直・日高明日香より)


2つ目に、沿岸部での除塩についての訂正です。
審査員の方から頂いたご質問のなかに
「すでに除塩は済んでいるのか」というご質問に対して「区画整理が終わっていない土地に関しては除塩も済んでいない」と返答しました。このことについて訂正します。

現在も仙台市沿岸部の復旧工事として壊れた用水路の整備や除塩作業などが行われています。しかし、平成26年の春にはこの復旧工事は除塩も含めて全て完了する予定で、来春からは仙台市沿岸部での作付が可能になります。しかし、その後には復興に向けて、大規模農場を目指すための区画整理事業が控えています。

質疑応答の中で、曖昧な表現で返答いたしましたこと、深くお詫び申し上げます。

  • 発表内容の補足と訂正

  • 宮城県仙台三桜高等学校

  • 2013.12.30

  • 各高等学校のみなさん、発表会お疲れ様でした。発表会の質疑応答の際に応答した内容に補足と訂正があります。1つ目にアブラナ科植物...

  • 続きを読む

11月16日(土)私たちはソバの実の収穫ボランティアに参加してきました。ソバの実を見たのは初めてで、実のつき方にとても驚きました。

収穫は一粒一粒丁寧に手作業で行いました。また、収穫後の畑の整地作業を行い、再び作物が植えられる状態に戻しました。

今回のボランティア活動の参加者の中には、岐阜県から車で来仙した団体がおり、その中にはブラジル人の参加者がいました。

ボランティア精神の輪は日本人だけに留まらず、外国の方にまで及んでいることに驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。
今後もこの輪が広がり、より早く復旧・復興が進んで欲しいと願います。


ここでお知らせがあります。

Yahoo!ブログを作成し、植物の実験の様子を掲載しています。
まだ日が浅く、ブログ内容も充実しておりませんが、是非ご覧下さい。よろしくお願いします。

アクセスはこちらから↓↓
http://blogs.yahoo.co.jp/delacroix924

2013112501.jpg
一粒一粒丁寧に。


2013112502.jpg
再び力作業!!大分要領がわかってきました。

  • ソバの収穫ボランティアに参加してきました!!

  • 宮城県仙台三桜高等学校

  • 2013.11.25

  • 11月16日(土)私たちはソバの実の収穫ボランティアに参加してきました。ソバの実を見たのは初めてで、実のつき方にとても驚きました...

  • 続きを読む

仙台三桜高等学校より、活動レポートが提出されました。

2013年度月次活動レポート10月仙台三桜.pdf

■【チームアシスタントからのコメント】

ボランティア活動を通じて復旧から復興に進んでいる現状を知ることが出来たのは、
前線に自分たちが参加したからこその発見で、すばらしいと思います。
発表まで残すところ1ヶ月となりましたが、今回新たに分かってきた部分も含め
来年以降も継続して行える自分たちの関わり方を考えてみるのも良いかとに思います。
体調管理に気をつけて活動頑張ってください。
                   アサヒビール 岡田

  • 活動レポート

  • 宮城県仙台三桜高等学校

  • 2013.11.14

  • 仙台三桜高等学校より、活動レポートが提出されました。2013年度月次活動レポート10月仙台三桜.pdf■【チームアシスタント...

  • 続きを読む

私たちは10月13日(日)にボランティア活動に参加してきました。大学生が中心となり宮城県仙台市の沿岸部で活動している団体「ReRoots(リルーツ)」による災害復旧ボランティアです。

今回の活動内容は、畑の土の移動です。ビニールハウスを作って冬野菜を栽培したいという農家さんの要望があり、現在使っていない土地を掘り起こして、ハウス設置予定となっている場所まで運ぶという作業を行いました。

実際に私たちが行った作業としては、ボランティアに参加した人たちが手作業で土を堀り、一輪車を使って路上に待機する軽トラックの荷台まで押し上げるというものでいた。

単純で簡単な作業に思えるかもしれませんが、とても力のいる作業です。掘る人、運ぶ人で分担して作業し、主に私たちは運ぶ方を担当しました。重い土を一輪車に乗せて運ぶというのは今まで経験したことがなかったので、最初は苦労しましたが,徐々に慣れていき、スムーズに作業ができるようになりました。強風の中での作業でしたが、参加した人たちと協力して無事作業を終えることができました。

今回の活動を通して感じたことは、仙台の沿岸部では農業ができるような日常を取り戻しつつあるということです。さらに、ReRootsの皆さんのモットーが「復旧から復興へ」というものでした。この先もボランティア活動を通して、復旧から復興へと関わっていきたいと思います。


20131016.jpg
土運びに熱中してます!!


201310161.jpg
季節の移ろい、枝豆(ずんだ)⇒大豆へ

■コメント

ボランティア活動の参加お疲れ様でした!
土を、しかも慣れない一輪車で運ぶのはとても大変だったと思います。
翌日は、腕や腰がひどい筋肉痛だったのでは!?

聞取り調査をしたり、今回のようにボランティア活動に参加したり、
色々と経験が増えてきましたね。
それらの経験も踏まえて、お二人自身が中心となって地域のために
どんな活動をするのか、明確になってきましたか?

これまでは、どちらかというと他の団体さんや組織が実施している活動を
知る、参加するといった内容が多かったように思います。
他の団体さんの活動に参加するのとは異なり、お二人自身が中心となって
発案して、実行した活動の成果も楽しみに待っています!!

成果発表会は、お二人自身が発案した活動の成果を発表していただく場
ですので、チームで地元に貢献できるどんな活動を実施するのか、若武者の
パワーでどんどん進めていってくださいね。

事務局 臼杵裕之(ししょう)

  • ボランティア活動

  • 宮城県仙台三桜高等学校

  • 2013.10.16

  • 私たちは10月13日(日)にボランティア活動に参加してきました。大学生が中心となり宮城県仙台市の沿岸部で活動している団体「ReR...

  • 続きを読む

仙台三桜高等学校より、活動レポートが提出されました。


2013年度月次活動レポート仙台.pdf

【チームアシスタントからのコメント】
現地視察、又関係者へのヒアリングを通して、現在の状況を今まで以上に認識することが出来たと思います。
学校の試験も終わり、今月は実験、ボランティア活動と時間の余裕も出来、色々と行動できると思いますので
身体に気をつけながら頑張ってください。
          アサヒビール 岡田

  • 活動レポート

  • 宮城県仙台三桜高等学校

  • 2013.10.01

  • 仙台三桜高等学校より、活動レポートが提出されました。2013年度月次活動レポート仙台.pdf【チームアシスタントからのコメン...

  • 続きを読む

9月27日(金)夕方、私たちは沿岸部地域における農地の現状について深く知る為に、仙台市経済局農林部東部農業復興室を訪ね、岡田真之さんと小野光貴さんの2名の方からお話を伺いました。(長時間に渡り応対して頂きありがとうございました)

お話によると、塩害の被害を受けた田畑の整備及び区画整理については平成26年の3月に完了する予定であり、復旧作業が大分進んでいると感じました。また、震災以前の環境を取り戻すことはもちろんのことより良い農業環境へと発展させる為に6次産業の普及化、つまり1次2次3次産業を統合化した事業を行うことで産業化の強化を目指すといった内容を伺いました。

今回取材した中で、新たな発見が他にも多くありました。これらの内容は12月の発表会でより詳しく説明したいと考えます。今回の活動を通してさらに深く沿岸部地域の現状について把握することができたので、この知識を踏まえてボランティア活動にも参加していきたいと思います。

MTTQ2JIG9Q_LSC_0VFM_5C4O144S.jpg

打ち合わせ室にて丁寧な説明をして頂きました!!

■コメント

復興の未来に向けた色々な取り組みのお話を聞けたみたいですね。

区画整備事業が来年3月に完了する予定とのこと、想像していたより
早い完了ですね。

その後、6次産業化による地域の活性化を目指しているとのこと、
どのような楽しい取り組みが待っているのか、それにお二人が
どのように関わっていくのか、とても楽しみです!

ちなみに、整備事業が完了する3月がもうすぐやってきますが、
具体的にどのような取り組みが始まりそうか聞けましたか???

お二人がどのようなボランティア活動に参加されるか、決まったら
ぜひこちらで教えてくださいね☆

事務局 臼杵(ししょう)

  • 仙台市経済局農林部の方からお話を伺いました!

  • 宮城県仙台三桜高等学校

  • 2013.09.30

  • 9月27日(金)夕方、私たちは沿岸部地域における農地の現状について深く知る為に、仙台市経済局農林部東部農業復興室を訪ね、岡田真之...

  • 続きを読む

9月8日(日)私たちは,津波による大規模な被害があった仙台市~名取市沿岸部地域の視察を行いました。

沿岸部に広がる田園地帯の多くが雑草で覆われ,そこに水田や住宅があったことを思わせない光景が広がっていました。

海岸から3キロほど内陸にあり,津波で浸水被害のあった仙台市農業園芸センターに立ち寄り,その売店にたまたま居合わせた職員の方からお話を伺うことができました。

「塩害による影響で,当初は収穫した野菜に塩味を感じるほどだったという声を地元の農家さんに聞いたことがあります。しかし,現在は大分正常に育っているようです。」

さらには,仙台市が大規模に区画整理事業を行っているので,それが完了するまでは農家の方々が水田を活用できないという話しも伺いました。

今回の現地視察を終え,今後は市役所や大学などに話を伺いつつ,私たちがすべき行動を実際に起こしていきたいと思います。

MSWLDO12CR_C4J_1LCB_5C4O144T.jpg
まだ手つかずの水田

MSWLDO20AV_C4J_1BVY_5C4O144T.jpg
来年の作付けを祈って

MSWLDO2NHO_C4J_1PG0_5C4O144T.jpg
除塩作業と区画整理事業が進行中!


■コメント

こんにちは!
視察お疲れ様でした!!

改善は見られつつも、販売農家として生計を立てるためには、解決していかなければ課題がまだ残されている様子が感じられますね。

市が行っている除塩作業と区画整備が終わらないと、本格的な農作業の再開は難しいようですが、農家の方は再開できるまでは何をされているのでしょうか???今度ぜひ教えてください!!

市の方や大学の方のお話の結果、楽しみにしています。ぜひ、農家の方にも色々とお話を聞いてみてくださいね。

お二人の背中には、若武者Tシャツがぴったりですね。
次回の報告を楽しみにしてます!

事務局 臼杵(ししょう)

  • 沿岸部地域の視察を行いました

  • 宮城県仙台三桜高等学校

  • 2013.09.10

  • 9月8日(日)私たちは,津波による大規模な被害があった仙台市~名取市沿岸部地域の視察を行いました。沿岸部に広がる田園地帯の多く...

  • 続きを読む

8月31日(土),9月1日(日)の2日間の日程で,宮城県仙台三桜高等学校の文化祭"三桜祭"が開催されました。
この機会を使って私たちは若武者育成塾の合宿で学んだことを模造紙にまとめて展示・発表しました。

現地での行動を振り返りながら来場者に説明することで,循環型社会への取り組みが今の日本をより良い社会へ導いてくれるということを改めて実感することができました。

一般の来場者の中には,今後私たちが活動する上でのアドバイスを与えて下さる方もおり,多くを学ぶことができました。この様なアドバイスも含めて,宮城県での活動を積極的に進めて行きたいと考えます。

蛇足ながら,私たちの所属する生物部では,今回の文化祭でウニの発生実験や在来種タンポポの分布調査,魚の骨格標本などの展示の他に,食虫植物の展示及び販売を行いました。食虫植物のシーズンはほぼ終わりということで入手に手間が掛かりましたが(今回の企画のために3種類の食虫植物を揃えていただいた花屋さんには感謝します),来場者には好評で,幅広い年代の方々に喜んでいただきつつ完売することができました。
今回の展示で食虫植物の性質や特徴について学ぶことができたことで,興味は食虫植物にとどまらず,より多くの動植物についても研究・調査していきたいと感じました。

以上,三桜祭における活動報告でした。

MSL2Z32TJO_2H2_0D29_5C4O144S[1].jpg

若武者育成塾コーナーを設置して,活動について説明しました。

■コメント

若武者育成塾の成果の発表ありがとうございます!

たくさんの来場者に説明するのはとても大変だったと思います。その代り、賛同してくれる嬉しい意見や、自分たちだけの視点では気づけなかった多様な意見をもらえて有意義な発表になったようですね。

本当にお疲れ様でした。

ぜひ、除塩に効果がありそうな植物も教えてください!!

事務局 臼杵(ししょう)

  • 三桜祭より

  • 宮城県仙台三桜高等学校

  • 2013.09.04

  • 8月31日(土),9月1日(日)の2日間の日程で,宮城県仙台三桜高等学校の文化祭"三桜祭"が開催されました。この機会を使って私...

  • 続きを読む