若武者育成塾 若武者BLOG

若武者BLOGとは?

若武者育成塾とは、地元の地域の環境・食の課題を考え、解決に向けて行動できる未来のリーダーを育てる高校生向けプロジェクト。このブログでは、若武者育成塾での合宿の様子や、参加した高校生が各地域において活動する様子をお伝えしていきます。

2010年02月

P1010183.JPG P1010195.JPG
P1010205.JPG scenery_1024.jpg

2月は逃げるように時が過ぎ去っていくと言いますが、
我々は若武者らしくさわやかな風を巻き起こしながら日々精進しております。

さてさて、まずは近況をお知らせいたしますが、
島農若武者は先週、校内プロジェクト発表とストップ温暖化「一村一品大作戦」全国大会の2つの発表がありました。

なので部活の活動は発表準備で、部室からは発表練習の声が途絶えることなく響いていました。

私ことパンちゃん[若武者ネーム〕は(いつものだらしない男軍団が必死に練習してる・・!あぁこれこそ私が求めていた部活の風景だわ)
と、感激しておりました。
・・・実は最近、私は、マネジメントに凝って野菜部をマネジメントしようとしていたのです・・・(「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」という小説を読んで、見事に感化されまして・・・)。

校内プロジェクト発表は農事部などが日頃の研究を発表する場であり、農業クラブ大会に向けた予選でもあるのです。

我々島農若武者が所属する野菜部は【環境】の部で参加しました。
今回は、「顧客識別」として、「聴衆の生徒」を顧客として設定して、生徒に「感動」(商品、便益としての)を与えられる発表をしようと目標を立てました。

 いつもの発表は聴衆向けに作っているというわけではない(専門知識を持った審査員向けに作っている)ので、専門用語など難しい言葉も多く、研究内容を淡々と述べていくというものが多いので、生徒視点からは、むずかしい→分からない→聞かない、ということになっていたような気がしました。

 なので、専門用語には吹き出しをつけて説明文を添えたり、分かりやすく少々ジョーク混じりの言葉で発表したり、若武者本発表でもお披露目した実演を取り入れてみたりしました。

 発表を終えた今は、生育調査のデータなど、科学的な情報が不足していたという反省点もあるのですが、・・・見事、優秀賞を頂いて県大会への切符を手に入れることができました!・・・結果として良かったと思います。みんなの力もついたことですし・・・。

息をつく間もなく、2月13日にはストップ温暖化「一村一品大作戦」全国大会がありました。
長崎県温泉バイオディーゼル燃料研究会の代表としての参加でした。
代表を任されたのはパンちゃんとわたる[若武者ネーム〕、そして島原工業から1名の計3名の高校生です。

 重要なポイントである製造時の二酸化炭素排出量が90%という顔出しパネルを作成しました。ちょっとお茶目な「90%削減くん」は会場でバカ受けしました。やった本人も「みんなが俺を見て笑ってくれたことに感動した・・・」と満足感があったそうです。
私は、ひたすら発表原稿と戦いながら熱弁を奮いました。最近ますます自分を捨てて演技ができるようになりました・・・!
翌日は意見交流会とポスターセッションがあり、老若男女と幅広く交流しました。同じく環境をまもる高校生たちとも友情が芽生えました。
人脈も広がり、そのおかげで色々な方から良いものを学ばせてもらいました。それと同じように将来的には自分たちも人に何かしら影響を与えて人を育てていかなければならないということを感じました。ということは、今は「育てられた若武者」ですが、将来は「若武者を育てる」に変わらなければならないということかな、と思います。
話を元に戻しますが、結果は優秀賞と審査員特別賞を頂きました。良い成績だったので長崎に胸を張って帰ることができました。

↓その時の発表風景が本校ホームページでみることができますので、どうぞご覧下さい。
http://www7.ocn.ne.jp/~simanou/

  • 活動報告21

  • 長崎県立島原農業高等学校

  • 2010.02.25

  • 2月は逃げるように時が過ぎ去っていくと言いますが、我々は若武者らしくさわやかな風を巻き起こしながら日々精進しております...

  • 続きを読む

事務局です。

若武者育成塾2期卒塾生の山内さん(学報石川高校卒)から、

「高校時代に作成した『セイタカアワダチソウの被害について』
を改訂しました。
先日、アワダチソウグンバイの生息域を調べたところ、
福島県には平成20年には既に侵入していたことがわかりました。
これが、主な改訂の動機です。」

との連絡をもらいました。

改訂した『セイタカアワダチソウの被害について』を掲載します。

『セイタカアワダチソウの被害について』

山内さん、同期会を行ったら、また連絡下さい!

  • 第2期卒塾生からその後の活動報告をもらいました。

  • 事務局

  • 2010.02.25

  • 事務局です。若武者育成塾2期卒塾生の山内さん(学報石川高校卒)から、「高校時代に作成した『セイタカアワダチソウの被害について...

  • 続きを読む