若武者育成塾 若武者BLOG

若武者BLOGとは?

若武者育成塾とは、地元の地域の環境・食の課題を考え、解決に向けて行動できる未来のリーダーを育てる高校生向けプロジェクト。このブログでは、若武者育成塾での合宿の様子や、参加した高校生が各地域において活動する様子をお伝えしていきます。

2011年02月

梅田スカイビル公開緑地『花野』はその名が示すように春~秋にかけて様々な花が咲き、多くの蝶が飛来しています。真冬はさすがに花が少なく、ウインターコスモス、寒咲花菜、ツバキ等しか咲いていません。ただ、この時期になると、ススキの株が目に付くようになります。
 ススキはジャノメチョウ科およびセセリチョウ科の蝶の食餌植物であり、ススキを植栽したおかげでイチモンジセセリだけでなく、キマダラセセリという珍しい蝶が飛来するようになりました。10種類のジャノメチョウ科の蝶、11種類のセセリチョウ科の蝶がスススキを食べるので、これらの蝶以外の種類が飛来する可能性もあります。
 また、花野にはエコスタッフと呼ばれている装置も作られています。その一つが石積みであり、石と石の隙間にトカゲが生息するようになります。剪定した枝を積むことで、カブトムシやクワガタムシが発生することもあります。花野で発生した落ち葉やわらも積んで腐葉土が作られています。これを野菜畑にすき込み、土壌改良がおこなわれています。この中にもカブトムシが発生します。
 花野はいつ見てもその表情が異なります。花の咲く時期はたしかにきれいですが、冬には冬のよさがあります。サクラバハンノキという落葉広葉樹が植えられていますが、この時期は葉を落としており、実が目立つようになっています。ぜひ花野にお越しください。


201101196.jpg     201101197.jpg

梅田スカイビル 花野             ススキの株

201101198.jpg     201101199.jpg

剪定枝の積んだもの             腐葉土やわらを積んでいる

2011011910.jpg
石積み

  • 冬の梅田スカイビル 花野

  • 大阪府立園芸高等学校

  • 2011.02.19

  • 梅田スカイビル公開緑地『花野』はその名が示すように春~秋にかけて様々な花が咲き、多くの蝶が飛来しています。真冬はさすがに花が少な...

  • 続きを読む

彩都バタフライガーデンの工事が平成23年1月29日に行われます。この場所に使用する用土(池泥)を本校が供給することになりました。そのため昨年12月頃より池の水を抜き、ユンボで池泥を除去しました。池の外に出した池泥はスコップと一輪車を使用し、人海戦術で庭園の通路に出しました。この作業のために環境緑化科2年生と1年生が総動員され、30立法メートルもの池泥を移動しました。
 通路に出した池泥はフロントローダを使用し、4tトラック6台に詰め込み、現地に移動しました。
 また、庭園内で作っている腐葉土もフゴや土嚢袋に詰め込む作業も私たち生徒が行いました。土嚢袋の総数は200個、フゴ4袋にもなりました。これも4tユニック車に詰め込み、現地に移動しました。
 現地で池泥、真砂土、浄水発生土(水道残渣)を等量混合し、さらに本校が作った腐葉土を混合したものを植栽用土として使用する予定です。混合した用土を1月29日にバタフライガーデン予定地に入れます。この作業に本校ビオトープ部が協力します。
 植栽場所が完成後、3月(時期未定)に植物を植栽する予定です。バタフライガーデン完成後は、箕面公園昆虫館と共同で蝶をはじめとする昆虫類の調査を実施する予定です。


201101191.jpg 201101192.jpg
ユンボによる池泥の除去       池泥の移動

201101193.jpg 201101194.jpg
池泥の積み込み作業         腐葉土の移動

201101195.jpg
土嚢袋に詰めた腐葉土の移動

  • 池泥・腐葉土の搬出が始まりました

  • 大阪府立園芸高等学校

  • 2011.02.19

  • 彩都バタフライガーデンの工事が平成23年1月29日に行われます。この場所に使用する用土(池泥)を本校が供給することになりました。...

  • 続きを読む