若武者育成塾 若武者BLOG

若武者BLOGとは?

若武者育成塾とは、地元の地域の環境・食の課題を考え、解決に向けて行動できる未来のリーダーを育てる高校生向けプロジェクト。このブログでは、若武者育成塾での合宿の様子や、参加した高校生が各地域において活動する様子をお伝えしていきます。

2011年09月

【プロジェクト名】 盛農の岩手復興計画

【今月の活動】
9月12日 活動計画立案 全員
9月14日 耐塩性植物の検索 全員
9月21日 アイスプラントの種子購入先の検討と栽培方法の調査 全員
9月26日 アイスプラントの栽培計画立案 全員
9月28日 アイスプラントの播種と栽培試験 全員
9月29日 アイスプラントの生育調査と栽培管理 八重畑
9月30日 アイスプラントの生育調査と栽培管理 佐藤

【今月の活動を通じて感じたこと、学んだこと】
耐塩性植物で販売可能な植物(アイスプラント)があることがわかった。これは、土壌中の塩分を吸着し成長する野菜として被災農家にとって救援処置として役立ちそうなことも分かり、塩分濃度別の土壌試験区において栽培生育調査を実施し、被災農地での有効性を探る事前調査を開始した。ただ、実際の被災のうちの土壌を入手することが困難なため入手経路をアシスタントの八木さんの協力を得て早期実現したい。

【今月うまく行かなかったこと(課題)と、それに対して来月どうしたいか】
●今月うまく行かなかったこと
アイスプラントの栽培環境条件が岩手の風土に適しているのか不明のため、まずは一般的な野菜と同様の方法で栽培してみることから始めた。

○来月どうしたいか
露地栽培での生育状況から判断して温室や人工気象器などでも生育良好な環境条件を栽培実験を通して進めたい。また、塩分濃度別の土壌栽培試験もその後順次試していきたい。

【チームアシスタントからのコメント】
作物は育ち判断するまでに時間を要します。
次のアクションまでに何回実験が行えるか、そのためにはいつまでにどんな実験が必要かを、高校でのこれまでの経験から上手く導き出して進めていけるといいですね。
計画表に合わせて進捗管理表を作ると更に進めやすいと思います。皆さんの忙しさの中、あっという間に時間が過ぎていくと思いますので、都度の課題抽出と目的・目標の再確認を行い、優先付けを明確にして進めていって下さい。

  • 【9月度 活動レポート】

  • 岩手県立盛岡農業高等学校

  • 2011.09.30

  • 【プロジェクト名】盛農の岩手復興計画【今月の活動】9月12日活動計画立案...

  • 続きを読む

地球温暖化に対する意識の変化を調査するためのアンケートを学校内で実施しました。第一回と第二回の結果報告をしたいと思います。

第一回目のアンケートは、校内発表などを行う前に実施しました。第二回目のアンケートは水産研究所で学んだことを元に通信を作成し、アンケートと同時に配布しました。第二回アンケートは、通信を読み地球温暖化の影響を理解して意識してもらうのが意図だったのですが、アンケートの結果から見るにあまり読んでもらえていませんでした。人に何かを伝えることが大変なのを痛感しました。次回はちゃんと読んでもらえるような工夫をし、ちゃんとデータがとれるようにしたいです。

2011092601.jpg
  ↑
「地球温暖化と産業」の第一回アンケート結果
1回目のアンケート結果です。人数の割合と、皆さんからの特に多かった意見を掲載しました。
1.自分の身の周りに地球温暖化の影響を感じたときはありますか
340人中「はい」182人 「いいえ」158人
・とにかく暑い   ・気温上昇   ・異常気象

2.地球温暖化が県の産業に影響を及ぼしていると思いますか
345人中「はい」112人 「いいえ」223人
・ 農業へ対する心配    ・漁業へ対する心配    (その中でも特にリンゴ、ホタテに対する心配)

3.親や家族と地球温暖化について話したことはありますか
345人中「はい」99人 「いいえ」246人

4.地球温暖化が進むとどういう状況になると思いますか
・海面上昇   ・暑くなる   ・気温上昇

5.地球温暖化を防ぐためにしていることはありますか
343人中「はい」171人 「いいえ」172人
・エアコンを使わない   ・リサイクル   ・節水

2011092602.jpg
  ↑
「地球温暖化と産業」のアンケート結果
2回目のアンケート結果です。人数の割合と、皆さんからの特に多かった意見を掲載しました。
1.自分の身の周りに地球温暖化の影響を感じたときはありますか
360人中「はい」193人 「いいえ」167人
・とにかく暑い   ・気温上昇   ・異常気象

2.地球温暖化が県の産業に影響を及ぼしていると思いますか
366人中「はい」135人 「いいえ」231人
・農業へ対する心配    ・漁業へ対する心配    (その中でも特にリンゴ、ホタテに対する心配)

3.親や家族と地球温暖化について話したことはありますか
359人中「はい」99人 「いいえ」260人

4.地球温暖化が進むとどういう状況になると思いますか
・気温上昇   ・海面上昇   ・地球に生物が住めなくなる

5.地球温暖化を防ぐためにしていることはありますか
365人中「はい」168人 「いいえ」197人
・エアコンを使わない   ・リサイクル   ・節水

2011092603.jpg


東北区水産研究所八戸庁舎に行ってきました

    ⊂二二( ^ω^)二⊃ ブーン
ここは、海水温や水産資源について調査、研究している施設です。私たち
はここで働いている山田さんに「地球温暖化が水産業に与える影響」につい
てお聞きしてきました。そこで、お聞きしてきた地球温暖化が与える影響に
ついて、みなさんにもお伝えしたいと思います。

地球温暖化が海、漁業に影響すること
・海水温の上昇によって、魚の分布がかわる
これによって獲れる魚の種類がかわったり、漁獲が減ったりする。
・海の水の上下での循環が悪くなって、栄養が豊かな下の層の水が上にま
で回ってこなくなり、魚の成長に悪影響がでる。
・二酸化炭素が海に溶け込み、貝類やサンゴに悪影響(奇形がでたり)
する。

獲れる魚が変わるということは、もともと需要があった場所で獲れなくな
るということであり、必要とされていないところで獲れても食べる文化がな
ければ資源が資源として活用されず害にしかならなくなります。輸送するに
もコストがかかるため現実的ではないそうです。また、漁業以外にも、それ
に付随した加工業や運送業にも影響がでるため、被害を受ける人は多くいま
す。地球温暖化は文化にも影響をあたえることが新たにわかりました。

  • 第1回・第2回アンケート結果報告

  • 八戸工業大学第二高等学校

  • 2011.09.26

  • 地球温暖化に対する意識の変化を調査するためのアンケートを学校内で実施しました。第一回と第二回の結果報告をしたいと思います。第一...

  • 続きを読む

【プロジェクト名】 栃木農業 地域おこしプロジェクト

【今月の活動】
8~9日    栃木農業高校環境科学部部員みんなで話し合いをする
10~12日  伝統工芸品である麻に刺激臭のある植物
         トウガラシ・ハーブ・ドクダミなどの抽出液を染み込ませ
         刺激臭のある麻縄を作成
15~16日 作成した刺激臭のある麻縄を地元農家で使ってもらい
         野生動物の調査中
24日     横浜へ麻の発表会へ行く
         ※刺激臭の麻縄ロープ⇒どうぶつロープ

【今月の活動を通じて感じたこと、学んだこと】
 今月、8/1~8/4の若武者育成塾に参加して、環境について深く学び、
すごく充実したものでした。若武者育成塾の活動が地元での活動の強みに
なっています。
 丹沢山系で経験したことを部活のみんなに伝え、これからの活動について
話し合いました。そして、どうぶつロープを作り地元農家に使ってもらい
野生動物の調査を行っています。
 8/24横浜の麻の発表会へ行き私達の活動を広めることができました。
私達もあさについてさらに知ることができました。
 これからも村おこし活動を続けていきたいです。

【今月うまく行かなかったこと(課題)と、それに対して来月どうしたいか】
●今月うまく行かなかったこと
雨が多かったため、里山へ行く回数が少なかった。

○来月どうしたいか
来月は、土日などの休日を利用して野生動物の調査をし、結果をまとめ、これからについて
皆で考えていきたい。

【チームアシスタントからのコメント】
<8月のコメント>
さっそく地元農家で使ってもらい効果を調べているんですね。
どうぶつロープを使用したことでどれだけ被害が減ったかを
数値で表すことができれば研究発表をした際にも説得力が増すと
思いますので頑張ってください。

<9月以降の計画について>
9月以降の計画の中で早い段階で、「地域おこしプロジェクト」と
「環境問題」がどのように結びついているのか
皆さんで共有認識を持つと良いかもしれません。
(若武者育成塾のテーマが「日本の環境を守る」なので。)

                      チームアシスタント 西井

  • 【8月度 活動レポート】

  • 栃木県立栃木農業高等学校

  • 2011.09.20

  • 【プロジェクト名】栃木農業地域おこしプロジェクト【今月の活動】8~9日栃木農業高校環境科学部部員みんなで話し合い...

  • 続きを読む

みなさんこんにちは(・∀・)本日、東北区水産研究所八戸庁舎へ行ってきました!ここでは主に、海水温や水産資源の調査を行っています。今回はここで、地球温暖化が海にどんな影響を与えるかをお聞きしてきました。地球温暖化が海に影響を与えると、漁業はもちろんのこと、それに付随した加工業や運送業などの第二次産業にまで影響することがわかりました。1つに影響が出ると、それにかかわっている産業に連鎖的に影響でる、すべてのことがつながっていることが実感でき、二高の若武者一同(一人落ち武者含む)とてもいい勉強になりました。また、10月9日にある、水産研究所八戸庁舎の一般公開日に、私たちが研究していることについて発表させていただける場を設けてもらえることになりました。アクションプラン達成に向けた第一歩として、発表を聞いていただく皆さんに理解してもらえるように精一杯頑張っていきたいと思います!


2011090801.jpg

研究所前の海です!きれいでしたよ~

2011090802.jpg

施設の方からお話を聞いてるときの写真です。


2011090803.jpg

施設前での記念写真です。
これからもこのチームで一生懸命がんばります。

  • 東北区水産研究所八戸庁舎へ行ってきました!

  • 八戸工業大学第二高等学校

  • 2011.09.08

  • みなさんこんにちは(・∀・)本日、東北区水産研究所八戸庁舎へ行ってきました!ここでは主に、海水温や水産資源の調査を行っています。...

  • 続きを読む

小学校と連携した学習及び取り組みが正式に決定し、動き始めました。コンビを組むのは米沢市立上郷小学校4年1,2組の子ども48名です(以前も連携して環境教育に取り組んでいましたが、行事等で忙しく5年前に自然消滅してしまいました・・・)。今年度は時期が遅れたため、合計3回(9/12,10/17,10/31)で授業時間約10時間の予定です。しかし、来年度からは年回6回で約20時間の実施で、無理なく継続していく予定で調整しています。特に2,3回目は高校生が環境について小学生に学習を展開するのですが、小学生に教えられる事の方が多いと思いますので、楽しみ倍増というところです。
先週末から、上郷地区の調査も始まりました。アンケート内容が定まらず四苦八苦しており現在は水系調査のみとなってますが、ここ3~4日のうちには動きだす予定です。上郷地区の戸数を数えたところ、何と約1100戸もありました・・・。地道な活動が、人々に理解してもらえるよう務めたいと思います。

2011090501.jpg

米沢市立上郷小学校(新校舎建築真っ最中)
旧い校舎は木々があり、グランドにはムシもいたのですが・・・
新校舎はソーラーパネル装備で、バリアフリー等etcです

2011090502.jpg

米工も風力+ソーラーを装備していますが、実用性は・・・

2011090503.jpg

上郷地区の水系調査中。考えてる方向に流れておらず、田畑の中を右往左往です。

  • 小学校との連携授業、決定!

  • 山形県立米沢工業高等学校

  • 2011.09.05

  • 小学校と連携した学習及び取り組みが正式に決定し、動き始めました。コンビを組むのは米沢市立上郷小学校4年1,2組の子ども48名です...

  • 続きを読む