若武者育成塾 若武者BLOG

若武者BLOGとは?

若武者育成塾とは、地元の地域の環境・食の課題を考え、解決に向けて行動できる未来のリーダーを育てる高校生向けプロジェクト。このブログでは、若武者育成塾での合宿の様子や、参加した高校生が各地域において活動する様子をお伝えしていきます。

2011年11月

■タイトル   
 「マイクログリッド プラン」
 ~未来の技術者と共に、環境保全,自然エネルギー活用に取り組む~

■概要
私たちは環境保全と自然エネルギーの利用について考えており、特に地域を流れる用水路を利用した「小水力発電」に取り組んでいます。今年は地域の人々の意識調査や小学生との学習会を実施し、地域を再確認した。

  • 成果発表会 タイトルと概要

  • 山形県立米沢工業高等学校

  • 2011.11.30

  • ■タイトル「マイクログリッドプラン」~未来の技術者と共に、環境保全,自然エネルギー活用に取り組む~■概要私た...

  • 続きを読む

■タイトル   
メダカ保護の方策とその普及活動

■概要
メダカは外来種のカダヤシに駆逐されつつある。そこで現状を調査しメダカを保護するための方策を考えた。また、小学生を対象に環境学習会を開き、絶滅の危機に瀕しているメダカを保護していく活動の普及を図った。

  • 成果発表会 タイトルと概要

  • 早稲田大学本庄高等学院

  • 2011.11.30

  • ■タイトルメダカ保護の方策とその普及活動■概要メダカは外来種のカダヤシに駆逐されつつある。そこで現状を調査しメダカを...

  • 続きを読む

10月9日、10日の2日間、NPO法人「川・まち・人プロデューサーズ」が主催する「小学生との川での体験学習」に参加しました。この体験学習は小学5・6年生約50名が参加しました。私たちは、日頃川の研究班で学んだことを生かし、魚の取り方や川の汚れの測定の仕方を教えるなど、少しながらお手伝いさせていただきました。地域の人に自分たちの活動を還元できた、貴重な経験になりました。

○1日目  小山川と元小山川(埼玉県本庄市)の調査
 まず、小山川千本橋付近で調査を行いました。初めに、代表の小学生たちに、DOやCOD、NO3やPO4や透視度を測定してもらいました。子供たちは、測定に対して難しそうなイメージがあったようでしたが、パックテストなどで簡単に調べられることを知って驚いていました。水生生物の調査では、魚が取れず苦戦していましたが、NPOの方に取り方のコツを教えてもらうと、すぐたくさんの魚が取れるようになりました。小学生たちはあまり川に入ったことのない子でも、網に魚を追い込む足さばきが素晴らしかったです。調査が終わると、取れた魚の種類と数を数えました。今まで見たことのないくらい、多くの魚を捕る方ができ、中には絶滅危惧種のギバチの姿も見られました。最後に、魚の内臓とってからあげにして、おひるごはんとしていただきました。気持ち悪がっていた女の子たちも、夢中になって内臓をとっていたのが印象的でした。川魚は肉厚でふわふわしていておいしかったです。
 次に、元小山川の調査をしました。小山川と同様に川の汚れを調べ、水生生物の調査をしました。元小山川は、DO、COD...どれにおいても小山川より汚かったです。元小山川は水質が悪く川幅が狭いため魚がいないかと思いましたが、小学生たちは草の陰を中心的に狙って魚を取っていました。アメリカザリガニで遊んでいる子供たちもいて、近くに遊び場となる川があってうらやましく思いました。

○2日目 結果の発表と最後の川遊び
 2日目は、1日目の調査結果を班ごとに発表しました。班員で協力して大きな模造紙に、取れた魚の数と種類、水質などデータを書き込みました。小学生たちから「ギバチがぬるぬるして気持ち悪かった。」「元小山川が汚くて、魚が少なかった。」「シマドジョウはきれいな川にしかいなかった。」など様々な意見が出ました。すべての班の発表が終わると、NPOの方にお話しをいただきました。
 2日間の締めくくりに、小山川で水生生物を取りました。昨日の調査で小学生たちは魚の取り方をマスターしていて、魚がいそうな場所を考えながら、もくもくと網を動かしていました。私たち川の研究班では、きれいな川にしかすまないサワガニと大きなゲンゴロウブナがとれて、嬉しかったです。

  今回の体験学習のねらいは、「知識的なことよりも先に、まず川を感じてもらうこと」でした。川に入り、魚を取って触れて、自分で調理して食べる。川に入ったことのない子はもちろん、何度か川に入ったことのある子にとっても、普段はできない興味深い経験となったようです。
 私も、ここまで長時間で大規模な調査に参加したのは初めてでした。魚の名前や見分け方に関する知識も付き、自分自身も以前より成長できたのではないかと感じています。ボランティアとしての参加でしたが、小学生の質問に答えられないなど至らない点がたくさんありました。詳しく教えられるよう、川の調査1回1回で出来るだけより深い理解をしていきたいです。 また、小学生たちの素直な感想を聞いたり、川での楽しそうな様子を見たりして、川の心地よさを感じる気持ちがさらに強くなりました。これからも調査の際は、研究対象としての視線だけではなく、ひとや生物の生活に結びついている川という姿勢を持ち続けたいと思います。

  • 小学生との川の調査 報告

  • 早稲田大学本庄高等学院

  • 2011.11.30

  • 10月9日、10日の2日間、NPO法人「川・まち・人プロデューサーズ」が主催する「小学生との川での体験学習」に参加しました。この...

  • 続きを読む

平成23年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰 環境教育・普及啓発部門において、

昨年若武者育成塾に参加した 静岡県立富岳館高等学校 が表彰されました。

       (活動名:富士山麓の環境を元気にする富岳館高校生の挑戦)

昨年は、神奈川県立相原高等学校が受賞していますので、

若武者育成塾参加高校が連続受賞いたしました。


富岳館高校の皆さん、おめでとうございます!

                          高橋

  • 富岳館高校が地球温暖化防止活動環境大臣表彰

  • 事務局

  • 2011.11.30

  • 平成23年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰環境教育・普及啓発部門において、昨年若武者育成塾に参加した静岡県立富岳館高等学校...

  • 続きを読む

■タイトル   
農村の原風景を次世代に
~里山の伝統工芸を守り野生動物との共生を目指した村おこし活動~

■概要
全国で唯一残されている麻の里山は、山間地農業の低迷と共に過疎化が進み農地は荒れはて、村が寂れてきた。そこで山村の自然環境を復活させ、農村の原風景をとりもどす村おこしプロジェクトに取り組んでいる。

  • 成果発表会 タイトルと概要

  • 栃木県立栃木農業高等学校

  • 2011.11.30

  • ■タイトル農村の原風景を次世代に~里山の伝統工芸を守り野生動物との共生を目指した村おこし活動~■概要全国で唯一残さ...

  • 続きを読む

■タイトル   
地球温暖化が与える産業への影響

■概要
温暖化は地球規模の大きな問題です。対策を講じなければ、各種産業が影響を受けます。私達は、まず、地元八戸の1次産業(漁業と農業)について調査を進めました。そして未来に向けて何をすべきか考えてみました。

  • 成果発表会 タイトルと概要

  • 八戸工業大学第二高等学校

  • 2011.11.29

  • ■タイトル地球温暖化が与える産業への影響■概要温暖化は地球規模の大きな問題です。対策を講じなければ、各種産業が影響を...

  • 続きを読む

■タイトル   
「盛農の岩手復興計画」
  ~塩性植物を活用した被災農家の復興と特産品づくりを目指した活動~

■概要
私達は、東日本大震災で被災した農家や環境の問題を農業高校生の視点からその解決に少しでも役立つよう小さな活動からやがては復興に向けた市民運動へ発展することを目指して活動に取り組むことにしました。

  • 成果発表会 タイトルと概要

  • 岩手県立盛岡農業高等学校

  • 2011.11.29

  • ■タイトル「盛農の岩手復興計画」~塩性植物を活用した被災農家の復興と特産品づくりを目指した活動~■概要私達は、...

  • 続きを読む

【プロジェクト名】    盛農の岩手復興計画

【今月の活動】
日付 活 動 担当者
11月 2日 被災地採取土壌のアイスプラント塩分吸着試験 全員
11月 7日 夢農業たかはしさんに訪問 全員
11月14~15日 栽培試験のまとめ 全員
11月16日 若武者発表役割決め 全員
11月17~20日 栽培試験のまとめ 全員
11月21日 岩手県農林水産部訪問 全員
11月22~25日 試験結果のまとめと発表の準備 全員


2011112801.jpg      2011112802.jpg
岩手県農林水産部を訪問し、被災状況を調査しました。

2011112803.jpg
(有)夢農業たかはし 高橋志洋さんを訪ねました。


【今月の活動を通じて感じたこと、学んだこと】
11月7日に夢農業たかはしを訪問し、高橋志洋さんからアイスプラントを使って被災復興への協力を得た。被災地土壌でのアイスプラントの生育は良好であることが栽培試験からわかる結果を得られ、今後の活動に期待が持てて嬉しかった。また、岩手県農林水産部を訪問し、被災状況を学んだほかに私達の研究について評価して頂き、大きな自信となったと同時に新たな改善点が見つかり励みとなった。再び考えなければならない問題にも気づくことができた。

【今月うまく行かなかったこと(課題)と、それに対して来月どうしたいか】
●今月うまく行かなかったこと
・被災地土壌に海水を加えた試験区の準備がスムーズにいかず実験が遅れた。
・定期考査により実験やまとめ、発表の準備の時間が不足した。
○来月どうしたいか
・余分な海水処理をし無事対応して実験を継続できた。
・お互いにできる限り協力し合い時間を設け、発表に向けて練習をし、素晴らしい発表になるようにしたい。

【チームアシスタントからのコメント】
生きた声を聞きながら、というのはこれからに向けても為になりますね。協力してくれる方・理解して下さる方が増えたのも良かったですね。この取り組みの重要な要素の一つだと思います。
元々良いチームワーク。忙しい中での取組みと思いますが、来年、それ以降を見据えて討議し、今回の発表を迎えて下さい。まとめるという作業はまた次を見出してくれます。
先ずは12月を楽しみにしています。
八木

  • 【11月度 活動レポート】

  • 岩手県立盛岡農業高等学校

  • 2011.11.28

  • 【プロジェクト名】盛農の岩手復興計画【今月の活動】日付活動担当者11月2日被災地採取土壌のアイスプラント...

  • 続きを読む

河川関係の活動を行っている先生・生徒の皆さまへ

財団法人 河川環境管理財団の「平成24年度河川整備基金助成事業」の募集が行われています。この助成金は高校の活動も対象となっていますのでご興味のある方は検討してみてはいかがでしょうか。

申請受付は平成23年11月30日(水)18時までです。
詳細は下記ご参照ください。
http://www.kasenseibikikin.jp/grant/joseiboshu24/

日本環境教育フォーラム 塚原

  • 参考情報:平成24年度河川整備基金助成事業

  • 事務局

  • 2011.11.16

  • 河川関係の活動を行っている先生・生徒の皆さまへ財団法人河川環境管理財団の「平成24年度河川整備基金助成事業」の募集が行われて...

  • 続きを読む