若武者育成塾 若武者BLOG

若武者BLOGとは?

若武者育成塾とは、地元の地域の環境・食の課題を考え、解決に向けて行動できる未来のリーダーを育てる高校生向けプロジェクト。このブログでは、若武者育成塾での合宿の様子や、参加した高校生が各地域において活動する様子をお伝えしていきます。

2012年01月

平成23年9月23日に自転車で猪名川に行き、アレチウリ群落の植物調査を行いました。群落内に1*1mの方形枠を設置し、この中に生えている植物の被度を調査しました。なお、被度とはある種類の植物の茎葉が地表面を被っている割合を示したものです。被度階級を用いて表すことが多い(第1表)。

2012013103.gif

この調査ではアレチウリが優占する場所と在来のつる植物であるクズやカナムグラが優占する場所が見られた。外来種と在来種の競争が起こっていることが確認された(第2表)。

2012013104.gif

平成24年1月21日に再びこの場所を訪れ、これらの群落の地上部をすべてのこぎり鎌で刈り取った。この時期にはすでにアレチウリの種子は脱粒しているため、地上部に生えている植物を除去すれば、地上部に落ちている種子を見つけることができる。5ヶ所に方形枠を設置したところ、アレチウリの種子が29個確認できた場所が2か所、10個確認できたのが1ヶ所、3個確認できたのが2ヶ所であった。平均すると、14.8個の種子が落ちていることになる。これらの種子が来年度以降発芽し、この場所にアレチウリ群落を形成する可能性が高いと思われる。

2012013101.jpg
猪名川河川敷でアレチウリ群落を刈り取るクラブ員

2012013102.jpg
1*1mの方形枠を設置し、アレチウリの種子を探しています。

  • 猪名川でのアレチウリ群落調査

  • 大阪府立園芸高等学校

  • 2012.01.31

  • 平成23年9月23日に自転車で猪名川に行き、アレチウリ群落の植物調査を行いました。群落内に1*1mの方形枠を設置し、この中に生え...

  • 続きを読む

2012年1月15日(日)
東北大学で行われた「海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト」の会議に
盛岡農業の3名が参加し、昨年の若武者育成塾で最優秀賞を受賞した
除塩の研究について説明を行いました。

DSCF2729.JPG     DSCF2731.JPG
 
東北大学の先生たちやNPO、企業の参加者約40名の前での発表でした。
皆さん、高校生の活動に大変感心されていました。

このプロジェクトへの参加は夏の合宿で「震災と生物多様性」についての講義をしていただいた日経BP社の藤田さんの紹介で参加しました。
生徒の皆さんも参加してとても学ぶところが多かったようです。

20120115__.JPG
チームアシスタントの八木さんも参加してくれました。

「海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト」のホームページです。

               アサヒビール 高橋

  • 「海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト」に参加

  • 事務局

  • 2012.01.16

  • 2012年1月15日(日)東北大学で行われた「海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト」の会議に盛岡農業の3名が参加し、昨年...

  • 続きを読む

平成23年12月26日(月)に大阪府教育センターにおいて研究フォーラムが開催されました。ビオトープ部は午後1時45分から開催されたB-3分科会(確かな未来を切り拓くものづくり教育)で発表しました。
発表テーマは園芸高校におけるバタフライガーデンづくりの取組~企業・地域との連携~であり、本校が積水ハウス、地方公共団体、昆虫同好会、環境NPO等と連携した活動について報告しました。
研究フォーラムの参加にあたっては大阪府教育センターより環境緑化科の中村先生に実践報告依頼がありましたが、先生は生徒が発表するという許可を得て、私たちビオトープ部が発表することになりました。
研究フォーラムで生徒が発表することは未だかってないということです。私たちの発表時間は10分であり、その後、先生から補足説明がありました。
私たちは午後1時に発表者控室に集合し、ここで最後の練習を行い、午後3時からの発表に備えました。
発表はたいへんうまくでき、発表を聞かれた先生方の評判もたいへんよかったそうです。また、このフォーラムに参加されていた先生方から農業高校がこのような取組をしていることにたいへんびっくりされていました。
なお、この発表のための私たちの交通費(梅田~あびこ間)は積水ハウスのマッチングプログラムの助成金を使用しました。

201201112.jpg
研究フォーラムで発表するビオトープ部

  • 平成23年度大阪府教育センター研究フォーラムでビオトープ部が発表しました

  • 大阪府立園芸高等学校

  • 2012.01.11

  • 平成23年12月26日(月)に大阪府教育センターにおいて研究フォーラムが開催されました。ビオトープ部は午後1時45分から開催され...

  • 続きを読む

第55回全国サイエンスコンクールで銅賞を受賞しました
本校ビオトープ部の宮地 歩君(副部長)が自然科学部門に応募し、みごと銅賞を受賞しました。研究テーマは「特定外来生物アレチウリの生態的防除に関する研究」です。
本種は法律(外来生物法)で栽培が禁止されている植物のため、環境省近畿環境事務所に栽培申請を出し、許可を受けて栽培・研究しました。
研究成果として剪定枝を破砕して作ったチップを20cmの厚さにマルチングすると、まったく発芽が見られないことがわかりました。しかし、10㎝のマルチングではわずかに発芽がみられました。発芽した個体は胚軸が伸びて発芽していました。
実験レベルでは本種の発芽は抑制されますが、本種の生息地である河川敷に大量のチップを敷くことは不可能だと思われます。
そこで、現在はプラグトレイに本種の種子100粒を播種し、発芽を抑制できそうなものを散布して発芽抑制効果を調べています。この実験で発芽抑制効果が見られたものを圃場試験する予定です。そこで、長さ60cmの地先境界ブロックを四角に囲み、この中に土を入れ、平成23年12月15日に本種の種子を50粒づつ播種しました。なお、この種子は11月に猪名川河川敷で採取したものです。プラグトレイで発芽抑制されたものを4月に散布する計画です。この圃場試験で発芽抑制効果が見られたら、猪名川河川敷で実証試験をしたいと考えています。


201201111.jpg
アレチウリの圃場試験の様子
ブロック内にアレチウリの種子を播種する宮地君

  • 全国学芸サイエンスコンクールで銅賞を受賞しました

  • 大阪府立園芸高等学校

  • 2012.01.11

  • 第55回全国サイエンスコンクールで銅賞を受賞しました本校ビオトープ部の宮地歩君(副部長)が自然科学部門に応募し、みごと銅賞を...

  • 続きを読む

リーダーシップ 編集部ブログ
若武者育成塾 成果発表会が紹介されましたsign03

  • 若武者育成塾が紹介されました

  • 事務局

  • 2012.01.06

  • リーダーシップ編集部ブログに若武者育成塾成果発表会が紹介されました...

  • 続きを読む