若武者育成塾 若武者BLOG

若武者BLOGとは?

若武者育成塾とは、地元の地域の環境・食の課題を考え、解決に向けて行動できる未来のリーダーを育てる高校生向けプロジェクト。このブログでは、若武者育成塾での合宿の様子や、参加した高校生が各地域において活動する様子をお伝えしていきます。

2012年04月

平成24年4月15日(日)は定期健康診断の日です。午前9時から始まった検診はほぼ午前中に終了しました。昼食を食べ、午後1時に環境緑化科の温室に集合し、補植用の苗を自転車に詰めました。苗の種類はサンジャクバーベナ、フジバカマ、ヒヨドリバナ、コクサギ、タチツボスミレ、スミレです。
自転車通学をしている生徒はこれらの苗を持って箕面昆虫館に向かいました。電車通学の生徒は中村先生と3人で電車で箕面駅に行き、そこから昆虫館に歩いて向かいました。ネーチャーセンターに寄って昆虫採集用のネットを購入後、昆虫館に行きましたが、すでに自転車組は着いていました。
早速、これらの苗を植栽したり、雑草を抜いたりして無事作業を終えることができました。昆虫館の久留飛館長も作業に加わっていただきました。4月29日に昆虫館でイベントがあるので、本校で栽培したポット苗をこのときに配布することになりました。
作業終了後、昆虫館の標本や蝶温室を見学させていただき、帰路に着きました。

201204308_rs.jpg
ビオトープ部の部員総出でバタフライガーデンに植物を植えつけたり、雑草を抜く作業をしました。

201204309_rs.jpg
今回植えたスミレの苗は小さいですが、来年には多くの花が咲き、滝道を歩く人達に喜んでいただけると思います。もちろんヒョウモンチョウの仲間が飛来することが期待されます。

  • 箕面昆虫館バタフライガーデンの補植に行きました

  • 大阪府立園芸高等学校

  • 2012.04.30

  • 平成24年4月15日(日)は定期健康診断の日です。午前9時から始まった検診はほぼ午前中に終了しました。昼食を食べ、午後1時に環境...

  • 続きを読む

皆様、こんにちは。
事務局の日本環境教育フォーラム・臼杵(うすき)です。

4月20日(金)より、2012年度 第7期若武者育成塾の参加者の募集が開始されました。
本年度は、西日本地区の高校生を対象に、滋賀県・大阪府を舞台にした自然体験や企業訪問を実施いたします。

応募の詳細につきましては、以下のウェブサイトをご覧ください。

第7期若武者育成塾応募要項→
http://www.asahibeer.co.jp/csr/eco_v/edu/wij/2012/guideline.html
応募書類提出の締切は、6月20日(水)までとなっております。
皆様のご応募を心よりお待ちしております。

201204306_rs.jpg
2012年度 第7期若武者育成塾のチラシ(表)です。

201204307_rs.jpg
2012年度 第7期若武者育成塾のチラシ(裏)です。
これまでにご参加いただきました卒塾生のコメントも掲載しておりますので、是非ご覧ください。

  • 2012年度 第7期若武者育成塾 【参加高校生 募集開始】

  • 事務局

  • 2012.04.30

  • 皆様、こんにちは。事務局の日本環境教育フォーラム・臼杵(うすき)です。4月20日(金)より、2012年度第7期若武者育成塾...

  • 続きを読む

園芸高校にもようやく春が訪れ、ソメイヨシノの花も満開を迎えました。それと同時にアゲハチョウ、モンシロチョウ、キチョウも飛来するようになりました。なお、この時期に発生するアゲハチョウは大きさが小さいのが特徴です。
園芸高校にも蝶が飛来したのだから、梅田スカイビルにも蝶が飛んでいると思い、さっそく訪れましたが、残念ながらモンシロチョウ1頭しか確認できませんでした。ただ、花野の名に恥じないくらい、様々な花が咲き始めました。3月は7種類しか咲いていませんでしたが、今月は15種類もの花が咲いていました。特にユキヤナギの白花とムラサキハナナの紫花がとても印象的でした。これらの植物が植えられていることから、コミスジ、ツマキチョウという蝶が飛来することが期待されます。
雑草の種類も多くなり、ヒメオドリコソウ、オランダミミナグサ、タネツケバナ、カンサイタンポポ、ハコベなどの花が咲いていました。雑草の調査でびっくりしたのはムラサキケマンの花が咲いていたことです。今回の調査で25種類もの雑草の生息が確認されました。花野では見苦しくない程度に雑草管理をするため、必要以上に雑草を抜かないため、多くの雑草が生息していると思われます。
5月12日、13日に梅田スカイビルで「バードウイーク&5本の樹フェスティバル」が開催されます。本校は12日に参加し、バタフライガーデン用植物や野菜の苗等を配布する予定です。ぜひご来場されることを期待しております。

201204304.jpg
園芸高校でもシャガが満開ですが、花野でも白い花がたくさん咲いていました。

201204305.jpg
花野では落ち葉を集め、腐葉土を作っています。落ち葉を集める容器もわらで作っています

  • 梅田スカイビル花野の四季 -- 卯月 --

  • 大阪府立園芸高等学校

  • 2012.04.30

  • 園芸高校にもようやく春が訪れ、ソメイヨシノの花も満開を迎えました。それと同時にアゲハチョウ、モンシロチョウ、キチョウも飛来するよ...

  • 続きを読む

メリケントキンソウとは
日本では和歌山県で1930年に発見された南アメリカ原産の帰化植物である。キク科の一年草で,草丈は5~10cmと低く,地面をはうように生えている。公園,河川敷,ゴルフ場などの日当たりの良い場所に生える。小さな花の集まった頭花を作るが,1個1個の花は実(痩果)になると大きな刺があり、カブトガニのような形になる。 この刺が皮膚にささると大変痛いため、問題になっている。

猪名川での分布状況
猪名川運動公園には芝生が張られ、休日には野球やサッカーなどでにぎわっている。この場所は定期的に芝刈りが行われているが、このことによってメイケントキンソウが侵入し、優占群落を形成するようになった。
管理用の道路を挟んで川側には本種は侵入できない。それは草丈の高い他の植物や特定外来生物のアレチウリをはじめとしてカナムグラ、クズ等のつる性植物が繁茂しているため、草丈の低い本種は侵入できないと考えられる。つまり、運動公園では芝刈りという作業によって本種が繁殖しているわけである。
そこで、芝生地に1*1mの方形枠を設置し、この中に生えている植物を調査した。5ヶ所の調査では本種が優占する傾向が見られたことと、5ヶ所すべてで本種の生息が確認された。ただ、サッカーのゴールネット周辺では本種が優占しないことから、踏圧には弱いと思われる。
本種は6月頃に結実して枯死する越年草である。そこで、本種の種子生産量を調査するとともに、除草剤を用いるのではなく環境にやさしい防除法について1年間研究したいと考えている。

201204301.jpg
猪名川河川敷での雑草群落の調査
河川敷ではメリケントキンソウの生息は確認されませんでした

201204302.jpg
猪名川運動公園芝生地で繁茂するメリケントキンソウ
90%以上繁茂している場所がかなり見られました

201204303.jpg
猪名川運動公園芝生地に生える植物の種類
メリケントキンソウ優占していました

  • 猪名川運動公園に発生するメリケントキンソウ

  • 大阪府立園芸高等学校

  • 2012.04.30

  • メリケントキンソウとは日本では和歌山県で1930年に発見された南アメリカ原産の帰化植物である。キク科の一年草で,草丈は5~10...

  • 続きを読む