若武者育成塾 若武者BLOG

若武者BLOGとは?

若武者育成塾とは、地元の地域の環境・食の課題を考え、解決に向けて行動できる未来のリーダーを育てる高校生向けプロジェクト。このブログでは、若武者育成塾での合宿の様子や、参加した高校生が各地域において活動する様子をお伝えしていきます。

2013年12月

各高等学校のみなさん、発表会お疲れ様でした。

発表会の質疑応答の際に応答した内容に補足と訂正があります。

1つ目にアブラナ科植物の知識についての補足です。
審査員の方から頂いたご質問に「(大学等の研究機関で)アブラナ科植物それぞれの除塩効果について結果を出しているのか」というご質問に対して、「把握していなかった」とお答えしました。今回頂いたご質問を機に、再確認を致しました結果を、ここに報告させて頂きます。

東北大学の資料によると、アブラナ科の植物は塩分に強く、吸収量も比較的多いと言われています。また、ハクサイとコマツナについては、他のアブラナ科植物(例えば大根)よりもNaClに対して弱いが吸収力は強いことが分かります。このようになる理由としては、アブラナ科植物は一般に他殖性(他個体との交雑によって子孫を残す)のものが多いため、種内で形態などに変異が大きく、耐塩性のような生理的特性で種内変異が大きいと考えられるようです。

また、仙台市で平成23~24年度に塩害土壌にアブラナ科の植物などを植えて、その後の生育状況を観察したデータがあり、その中にもハクサイとコマツナについてのデータがありました。その結果によるとハクサイは生育が良好であり、コマツナについては、一部で発芽・活着不良になったが、生育は良好であったとの記載がありました。このことからもハクサイとコマツナは一定の耐塩性があると分かります。

ラディッシュについては、詳しいデータがなかなか見つからなかったのですが、鹿児島県立錦江湾高等学校が発表した内容によると、塩水を含んだろ紙でアブラナ科などの植物種子の発芽実験を行ったというものがありました。その結果によると、発芽率においてラディッシュの耐塩性が最も強かったと報告されています。また、成長の面でも桜島大根やカザフ辛味大根に続く結果を残したようです。発芽後の成長について詳しく記載されていないことからその詳細がわかりませんが、私たちが実験したときにもラディッシュの成長が良かったことと、発芽率が高いということからもラディッシュの耐塩性の強さが認められると私たちは考えます。

以上、私たちが実験で用いたハクサイ、コマツナ、ラディッシュについて、より詳しい知識を得ることができました。今後もアブラナ科植物に関する情報をもう少し調べていきたいと思います。これで補足調査についての説明を終わります。

※参考 『塩害に強いアブラナの作出に向けて』 (東北大学 西尾 剛より)
『耐塩性アブラナ科植物を使った塩害対策』 (植物遺伝育種学分野 教授 西尾 剛
准教授 北柴 大泰より)
『農業早期復興プロジェクト/耐塩性作物による早期経営改善対策/現地試験における除塩処理後の施肥方法の検討と生育確認/野菜栽培現地試験』(宮城県HPより)
『目指せ!土壌浄化~ダイコンの耐塩性について~』(鹿児島県立錦江湾高等学校 SSH生物研究部耐塩性班 荒木祥代・中村奨・西薗俊直・日高明日香より)


2つ目に、沿岸部での除塩についての訂正です。
審査員の方から頂いたご質問のなかに
「すでに除塩は済んでいるのか」というご質問に対して「区画整理が終わっていない土地に関しては除塩も済んでいない」と返答しました。このことについて訂正します。

現在も仙台市沿岸部の復旧工事として壊れた用水路の整備や除塩作業などが行われています。しかし、平成26年の春にはこの復旧工事は除塩も含めて全て完了する予定で、来春からは仙台市沿岸部での作付が可能になります。しかし、その後には復興に向けて、大規模農場を目指すための区画整理事業が控えています。

質疑応答の中で、曖昧な表現で返答いたしましたこと、深くお詫び申し上げます。

  • 発表内容の補足と訂正

  • 宮城県仙台三桜高等学校

  • 2013.12.30

  • 各高等学校のみなさん、発表会お疲れ様でした。発表会の質疑応答の際に応答した内容に補足と訂正があります。1つ目にアブラナ科植物...

  • 続きを読む

12月15日(日) アサヒビール本社横の、アサヒ・アートスクエアにて

若武者育成塾 成果発表会を行いました。

7チーム16名(1名欠席)の若武者たちが、地元での活動成果を発表しました。

審査結果は以下のとおりとなりました。

今年はこれまでの最優秀賞、優秀賞等の表彰は行わず、

それぞれの活動内容を評価して、表彰を行うことといたしました。

これは「若武者育成塾」はコンテストではなく、あくまで「塾」として開催をしていることを改めて確認した結果です。


イニシアティブ賞
旭川大学高等学校 AKAN BE...~外来種を駆除せよ~

オリジナリティ賞
秋田県立大曲農業高等学校 田沢湖の未来の為に~私たちが出来る事~

パートナーシップ賞
八戸工業大学第二高等学校 種差海岸の景観を取り戻せ!!

プロモーション賞
青森県立青森南高等学校 私たちがホタテを救う
藤女子高等学校 Ecoクッキング×鹿肉を食べよう

マネジメント賞
該当なし

地域ソリューション賞
神奈川県立中央農業高等学校 絶滅危惧種カザグルマを救え!

サスティナビリティ賞
宮城県仙台三桜高等学校 復旧から復興へ ~今、私たちにできること~

成果発表会集合写真.JPG

今後も皆さんの活動の様子をブログで紹介してください! 待っています!

                            アサヒビール 高橋

  • 成果発表会

  • 事務局

  • 2013.12.17

  • 12月15日(日)アサヒビール本社横の、アサヒ・アートスクエアにて若武者育成塾成果発表会を行いました。7チーム16名(1...

  • 続きを読む

八戸工業第二高等学校より、活動レポートが提出されました。

11月活動レポート八戸工業第二.pdf

■【チームアシスタントからのコメント】

八戸工業大学第二高校のみなさんへ

たくさん駆除したオオハンゴウソウ枯らしてしまって残念でした。

再利用する際に、生もの(生きていたものや新鮮なもの)を
加工する際にはスピードが要求されるのでここをクリアするのが
難しいところでもあります。

今回の取り組みで何を感じ、何を学んだか成果を楽しみにしていますよ!

㈱アサヒビールフィード 堀内

  • 活動レポート

  • 八戸工業大学第二高等学校

  • 2013.12.09

  • 八戸工業第二高等学校より、活動レポートが提出されました。11月活動レポート八戸工業第二.pdf■【チームアシスタントからのコ...

  • 続きを読む

お久しぶりです!
定期試験が終わり、活動が二つ続いたので、さっそく報告しまーす。

~11月30日~
市内の小中学生10団体が出場する、「さっぽろこども環境コンテスト2013」に、私たち藤女子高校も特別参加として発表させていただきました。
「エゾシカ増加と環境との関わり」を発表しました。
「さっぽろこども環境コンテスト」は、環境意識を高めるために毎年開催されている札幌市主催のものです。
私たちも小中学生の最優秀賞他に加わり、特別賞をただけました。賞をいただいて、励みになりました。
ダーキー先生が東京からわざわざに来て、サポートしてくれたおかげかも。

~12月6日~
学校のそばにある保育園で、手作り紙芝居を披露しました。
シカ、人間、オオカミの生態系をわかりやすくお話にしました。
シカはどうして増えているのかを小さな子にも知ってもらうためです。
子どもたちは真剣に聞いてくれて、(反応もいい!)終わったら大きな声でお礼を言ってくれました。
未来の大人達に、伝わったかな(^O^)v

  • 11月、12月の活動

  • 藤女子高等学校

  • 2013.12.07

  • お久しぶりです!定期試験が終わり、活動が二つ続いたので、さっそく報告しまーす。~11月30日~市内の小中学生10団体が出場...

  • 続きを読む

皆様 こんにちは。

事務局のししょうこと臼杵です。

成果発表会まで残すところ9日!
どんな発表を準備しているのかとても楽しみにしています☆

ご希望の発表方法などをお知らせいただくシートの提出が12月11日までとなっておりますので、皆さんの提出をお待ちしています。

ところで、、、

昨日、その成果発表会の準備に向けて、アサヒビール本社にて打合せをしてきました☆

そしてそこで、、、

皆さんの成果発表会の発表順番が決定いたしました!!!

発表順は以下の通りです。

①八戸工業大学第二高等学校
②宮城県仙台三桜高等学校
③旭川大学高等学校
④秋田県立大曲農業高等学校
休憩
⑤青森県青森南高等学校
⑥藤女子高等学校
⑦神奈川県立中央農業高等学校

です!

発表時間は、1チーム10分+質疑応答5分 厳守です!!

ではでは、皆さんにお会いできるのを楽しみに会場にてお待ちしています☆


201312071.jpg
打合せを行ったのはアサヒビール本社


201312072.jpg
厳正なる方法にて発表順を決めています

  • 成果発表会 発表順 決定!!

  • 事務局

  • 2013.12.07

  • 皆様こんにちは。事務局のししょうこと臼杵です。成果発表会まで残すところ9日!どんな発表を準備しているのかとても楽しみにし...

  • 続きを読む

青森南高等学校より、活動レポートが提出されました。

2013年度11月次活動レポート青森南.pdf

  • 活動レポート

  • 青森県立青森南高等学校

  • 2013.12.06

  • 青森南高等学校より、活動レポートが提出されました。2013年度11月次活動レポート青森南.pdf...

  • 続きを読む

旭川大学高等学校より、活動レポートが提出されました。

11月次報告_旭川大学高校.pdf

  • 活動レポート

  • 旭川大学高等学校

  • 2013.12.06

  • 旭川大学高等学校より、活動レポートが提出されました。11月次報告_旭川大学高校.pdf...

  • 続きを読む

大曲農業高等学校より、活動レポートが提出されました。

2013年度月次活動レポート11月_大曲農業高校.pdf

  • 活動レポート

  • 秋田県立大曲農業高等学校

  • 2013.12.05

  • 大曲農業高等学校より、活動レポートが提出されました。2013年度月次活動レポート11月_大曲農業高校.pdf...

  • 続きを読む

皆様お久しぶりです!
青森南のホタテチームですよ~(●^o^●)

先日お知らせしたイベントが無事終了いたしましたので、
ご報告にあがりました~!

古川市民センターにて、
参加者約15人という小規模なものではありましたが...。

運営を手伝ってくれた友人らとともに、
ホタテ丼を作り、参加者の方に振る舞い、
私達が作成したチラシを使ってホタテと植樹の関係についてもしっかりとお話させていただきました!

話の最後には、
「今回のイベントを通して、青森の誇りであるホタテや、そのホタテを守る植樹について少しでも考えていただけたら嬉しいです」
と締めくくりました。
青森で起きていることは決して人ごとではありませんから、それを心に訴えかけることが出来ていたらいいなと思います。

さらに、実はイベント中に東奥日報さんの取材を受けることが出来ました!
その取材内容、イベント内容が東奥日報に掲載されまして、様々なところからの反響がありました。

そのうちのひとつとして、青森県ほたて流通振興協会の方から是非話がしたいとおっしゃっていただきまして、7日にお会いすることが決定しました!
いやあ、メディアの影響はすさまじいものがあるなと実感しました...。

今回のイベントを通して、私達が直接もしくは間接的に伝えられたことは多かったのではないかと思います。
私達も企画・運営の難しさや、人を巻き込むことの難しさなど、多くのことを学び、経験することが出来ました。

参加してくださった皆様、ご協力くださった方々、応援してくださった皆さん!
ありがとうございました!(@^^)/~~~


201312054.jpg
どうですか?美味しそうでしょう(●^o^●)


201312055.jpg
ちなみに配ったチラシがこちら!

  • イベント終了しました!&ご報告!

  • 青森県立青森南高等学校

  • 2013.12.05

  • 皆様お久しぶりです!青森南のホタテチームですよ~(●^o^●)先日お知らせしたイベントが無事終了いたしましたので、ご報告に...

  • 続きを読む